パストーン

日常もあれば趣味もあり。日々徒然なる書き散らし。

大変 ご無沙汰しています。
近況報告をせねばならないところですが…それは後日改めていたします(下書きに保存してあるんだけどまだ書きかけなの💦😅)


本日 夕月 50回目の誕生日であります!

キリ番?大台?メモリアル?等々 個人的には感慨深いです。
何かねー 以前は50になった自分って想像つかなかったんだけど、なってみたら普通でした。


他人さまから見たら外見も内面もババアなんでしょうけど、自分ではそんなに変わったとか老けたとか感じていないので(体力的&記憶力の衰えは自覚するところではありますが…)何か普通なの。へぇ〜50ってこんなもんか、くらい。


ただ40代後半が身体的にも状況的にもとてもしんどくて辛かったので、代が変わったここからは好転するような気がしてというか、絶対するはず!と根拠のない確信を抱いています。そのせいで息子らにはガチなババアじゃん、と言われたけど晴れやかな気分。暗くて長いトンネルを抜けたみたいな。


40代を振り返ってみるに…良いこともあったけど それ以上にしんどいこと、辛いことの方が多かった10年間だったなあと。
とくに後半は耐えて堪えてな5年間だった…。根性あるなあと我ながら思う。でももう嫌だな、あんなにしんどい思いをするのは。


まだ全て解決したわけではないし一時的な沈静かもしれないので気は抜けないけど、次男も18才を過ぎたのでこの先どうなっても取り合えず子供がネックになることはないからいいわ。むしろ老いて要介護になる両親が気掛かり…


なーんて、先を案じたところで今はどうもできないので、そのときになったら考える。なるようにしかならんのだから。


かの孔子いわく『五十にして天命を知る』だそうだけど んー。寿命が80を越えている現代では 50ではまだまだ天命を知るには至らず、ではなかろうか?そうでないと、私の天命は子育てだけになってしまう。それも悪くはないけど…ちょっと物足りない。


やっと子育てが終わった今これからが私の人生。何ができるか何をしたいか。考えるだけでワクワクする。ウィンブルドンに出る、東京五輪に出る、直木賞をとる、10億円当てる等々 とほうもない夢でも見るだけなら自由だし、何より楽しい。老け込んでいるヒマなどないのだ!

20151205_120721


やだもぅ何て可愛いお顔なんでしょ!
ファイル整理していて見つけました。

見てやって〜。

日本シリーズからこっち、我が家はプロ野球観戦で盛り上がっている。
今は言わずもがなの世界野球。
毎回 息子と あーでもないこーでもないと言いながら観戦している。

先日の世界野球の初戦のとき、ふと何気なく
「ヤクルトの山田くんって短大時代に付き合っていた彼氏にちょっと似てるわ」
と言ったら 何故か次男に大ウケした。

なんでやねん?わけわからんわってなもんだけど
それ以来、山田くんが映されるたびに
次男は「おかんの元カレだ」と言って一人面白がっている。

ヤツがあんまり元カレ元カレいうものだから
私も山田くんを妙に意識するようになってしまった。

んな30年前の元カレに未練など全くないけれど
「好み」のタイプには違いないのだろうね。
山田くんが打席に立つと そこはかとなくときめいたり…(笑)

恋って思い込み先行みたいなところがあるよね。


しかしあれよ。長男と同世代の男子にときめくなんて
二次元のキャラに恋をするのと同じレベルだ。
そのくらい現実味がない(あったらあったで困るけど)

山田くん以外には大谷翔平くんが好き。
彼のボディバランスは最高!球速も最高!
見惚れてしまうわ〜〜

何にせよ若くてイキの良い青年が活躍しているのはいい。
みんな頑張れ!


さて今宵もまたTVの前で応援だ。

76056e55.jpg



歩けば後を追い 座れば膝に乗っかってくる。
可愛いんだけど、時にちょっとうざかったり。
でもこんなかわいい顔で見つめられたら無下にはできません。

ワンコも人間も顔がかわいいと得だよね。
甘やかしてもらえるもん。


いいなぁ。そんな人生 送りたかった・・・

先日 久しぶりにエステに行ってきた。
担当してくれるエステティシャンは元職場の同僚である。
その彼女から聞いた話によると
以前、ここでも話をした困ったちゃんが
すったもんだの末、別れた男と
今は友達として食事にいったり遊びに行ったりしているとかで
とても楽しそうにしているのだそうだ。


今の友達の関係と距離感が心地いい、なんて言っているそうで
へぇそりゃよかったね、という感じなんだけども・・・


別れたときなんて、仕事中だというのに同僚一人ひとりに
ねえねえと近寄って行っては愚痴り、あげく泣き出して
仕事どころではなくなり、早退させてられ、翌日もお休みにしてもらい
翌々日は出勤はしてきたものの、挨拶もしないでずーっとうつむいて黙ったままで
スタッフ全員、仕事がし難くてし難くて、という状況だったのを思うと
何が友達じゃ!心地いいだ!どの口が言うか!と腹立たしくなるのは
私だけではないようで、ほかのスタッフも呆れ果てているのだとか。


新しい彼氏もできたから、そういう状況を元カレに見せつけて
妬かせたいんじゃないのかというのが同僚@エステティシャンの意見だった。


その気持ちも うん。まぁわからんではないけども・・・
それって、未練ありまくり、ってことだよね。
さんざん貢がされて都合のいい女にされてて
デートの約束をすっぽかされたことも何度もあって
しかもそれが他の女と会うためで
別れるときだって、電話で一言、別れると言われて
その直後から着信拒否までされたというのに
まだ好きなの?会いたいの??何かそれ、理解できん。


私なら絶対会いたくないし関わりたくない。
女としてのプライドってもんがある!


見返してやりたいとは私も思う。
だけど、それは自分の気持ちの中での問題で
実際に元カレに見せつけてどうというものではないと思う。


でもあれか・・・
そういうのは個人の考え方次第だから
私がどうこう言うことじゃないのだろうな。


いろんな人がいるんだもんね。


とはいえ、彼女 今年46歳なのよ?
恋愛に年齢は関係ないとはいえ
いい加減にしときなよ、とは言いたくなる。
21の娘がいて、その娘が高校中退してキャバ嬢になって
付き合ってる男の子供を二回も中絶しておまけにDV疑惑も・・・というのだから
自分の恋愛云々より娘のケアをちゃんとしてやれよって話よ。
娘ちゃんがこんな風になったのも母親である彼女の責任なのに。


まぁ・・・いわないけどね。言ったところで聞きゃしないだろうし
親身になるような関係でもないし。


彼氏と別れるってことは
一緒にいられない何か問題があって
それを互いに我慢したり納得したりできないから
別れたわけでしょう?
で、なんで心地よい距離感の友達になれるの??
なれるわけないよ。もしなれたとしてももっと月日が経ってからだ。
別れて2か月や3か月ではそんな境地には普通はなれない。


元カレのほうはおそらく友達とさえ思っていないよ。
だいたい付き合っているときから好きという感情は持ってなかったよ、彼氏は。


正直、負け惜しみか強がりにしか見えない。
それで正気を保っていられるというのなら
それもいいとは思うけど。


40半ばを超えた大人だよ?
もっと別の支えや張り合いがあるのではなかろうか。

お知らせというか宣伝です。


ベリーズカフェの「恋の相手は御曹司」という特集で
拙作が掲載されています。

ベリーズカフェ特集〜恋の相手は御曹司〜


かなり昔に書いたものなので、今読み返すと
妙に恥ずかしかったりするのですが・・・
書いていて楽しかったのはこの作品が初めてでした。
大切な思い出の一作です。
選んでいただけたのは嬉しいです。


当初は二次創作として書いたのですが
どうにもそれらしくないといいますか
オリジナルとしても全然いけるんじゃないか、いやむしろ
オリジナルにした方がいいんじゃないか?と思いまして
少々手直しをしてベリカフェで公開することにしました。


しかしPV数が全然増えなかったんですよ。
(読者があまりいないということです)
二次の看板を外したら、こんなにも読んでくださる方がいないのかと
現実の厳しさを痛感しました。


二次創作サイトのときは結構読んでくださる方も居て
正直、調子に乗っていたところもあったんですが(苦笑)
二次創作というのは原作という神輿に乗っかって書くものなので
原作の設定やらファンの皆さんの後押しによるところが大きいわけです。
所詮、自分だけの名前になったら こんなもんなんだと
思い知らされました。


書いている自分だけが楽しい自己満足だもんな〜仕方ないかと
あきらめていたのですが
何とここにきて大抜擢?の運びとなりました。
お話をいただいたときはびっくりポン!でした


興味のあるお方さまはぜひ。


58237767.jpg



モフモフ・・・というより、ぼっさぼさ ですねえ。

来週土曜に初トリミングに出します。
本当は先週中にトリミングに連れていくつもりだったのですが
狂犬病の予防接種を打つタイミングとかさなったので
1週間 遅らせることに。

来週 こざっぱりしましたら
また見ていただきたいと思います。


昨日24日で生後4か月になりました。
体重は2.8圈
もしかすると、もう体重はこんなもので増えないかもしれません。
とはいえ、生き物なのでその辺は何ともわからないけど
この子の両親も3キロ前後だったので、そのくらいかな、と。


あまり大きくなると抱き上げるのもしんどいので
3キロ台でおさまってくれるといいのですが。

7cb24d55.jpg



今年の8月10日頃に生後1か月半くらいでお迎えしました。
トイプードルの男の子♂ コテツと名付けました。

ちょっと早くお迎えし過ぎたので、最初のひと月は本当に大変で
子犬を育てるのってこんなに大変なの?!と正直、後悔して めげましたが
(人間の赤ちゃんを育てるのと大差ありません。ほとんど一緒です〜)
犬の成長は何と早いものでしょう。月齢が進むにつれ少しづつ手間も減り
こちらもワンコとの生活に慣れ、愛おしさが増してきました。 

a3254ffd.jpg




この画像は3ヶ月半頃のもの。
パピーのかわいらしさ全開です。
元々犬が大好きな旦那は、私や息子たちが引くくらい溺愛しています。
今年1月から単身赴任中なのですが
ワンコが来てからというもの、帰宅回数が増えた気がします(笑)


犬を飼うのは初めてなので、ワンコを迎え入れたと同時に
しつけやら飼育の仕方やらあれこれと情報を取り込み過ぎまして・・・
何がいいやら悪いやら、と困惑。もうだめ飼えないお店に返す〜〜と
パニックになりかけました。
ネットで簡単に情報が手に入るのは良し悪しですねえ・・・


とはいえ、集合住宅で暮らしているのであまり吠えさせてはいけないし
留守番ができない甘えん坊になっても困るし
トイレのしつけは言わずもがなだし
散歩も道路に飛び出したり人に吠えたり飛びついたりしないように
しなくっちゃ、等々思うところは色々とあるわけです。
飼育経験が無いので不安もいっぱい。
最初は癒されるとか愛おしいとか思う余裕もありませんでした。


実にもったいなかったですねえ・・・
2か月過ぎの子犬って、本当に可愛いのに
しつけに拘るばかりに、その時しかない貴重な可愛らしさを
あまり堪能せずに過ごしてしまいました。


しつけも大切なのですが
何も警察犬や盲導犬を育てようというのではないので
必要最低限ができていればいい、くらいに考えて
ワンコとの暮らしを楽しんだ方がいいんだなというのを
しつけ関係の本やらサイトやら経験談やらをアホほど読み漁り
実際にワンコを飼っているご近所さんたちからも話を聞いて
ようやく思い至った次第です。


何事も初めてのときは迷ってぐるぐるしてしまいますねぇ。

突然ですが・・・
拙作が電子書籍になりました。
【マカロン文庫】
試し読みもできますので、よろしければちょこっと覗いてみてください〜



夏にスターツ出版さまからお話をいただいたときは
私のでいいの?とびっくり仰天。
どうしようかなと迷ったんですけど
望んでも巡ってくるものではないですし
いい機会だと思ってお受けしました。


以前のサイトで公開していたものに
大幅に加筆修正をいたしまして
今月8日に発売の運びとなりました。


一時間で読める中短編というコンセプトなので
ページ数も多くないですし、なんせ素人の書いたものです。
値段も200円そこそこの超お手軽なものですが
商品にするということは想像以上に大変で
何度も手直しをしましたし、編集さまからのご提案や変更案を
全て納得したわけではないけれど…受け入れて書き直したりと
自分だけで好き勝手に書きたいことを書いて公開していたときには
経験できなかったことを経験させていただきました。


これは貴重な経験だったと思います。
チャンスを与えてくださった出版社さまには
心から感謝しています。


おそらくこれが最初で最後で、次はもうないだろうと思っていますが
もしまた機会があれば・・・ って、ないかな〜(苦笑)

7月の終わりにまた めまいの発作が起きまして
9月の初旬まで自宅療養をしていました。

特に原因があるめまいではなく、いわゆる
【良性発作性頭位めまい症】というやつで
8年前に発症して以来、今回で4度目になります。

何度も経験しているとはいえ、回転性の激しいめまいと
息がとまりそうなくらいの吐き気には 慣れません・・・

今回は症状がいつになくキツくて
動くどころか、体勢を変えることすらできず
このまま死ぬんじゃなかろうか?とマジで思いまして
たまたま休みで家に居た長男に救急車を呼んでもらいました。
(居てくれてホントよかった…)


このめまい症がどんな症状なのか
興味がある人は検索してみてください。
(http://www.toriko-net.com/)


で、話を戻して。
救急搬送してもらって病院に着きましたが
めまいには特効薬はないんですよ。
(ERでは点滴をしてくれましたがこれも生理食塩水というやつで
お薬ではありませんでした)
血行をよくするお薬と吐き気止めを服用するくらい。


あとは自然に治まるのを待つしかないわけです。


原因によっては(耳石が動いた等)めまい体操を推奨されますが
頭を動かすと回るし吐き気もするので
なかなかする気になれないもんです。


で、この良性発作性頭位めまい症というのは
放っておいても2週間〜1ヶ月くらい経つと治まるんですが
今回はそれ以上の日数がかかってしまいました。


治るのに時間がかかるのは、おそらく加齢のせい。
今なら、あぁそうよね、と冷静になれますが
渦中の私は らしくなくものすごく弱気になっていて
もうこのまま治らないんじゃないか、という不安に日々駆られ
時々、激しい動悸が起こったり呼吸が苦しくなったりするようになりました。

外出時にもしまたあの発作がおきたら・・・と思うと
怖くて外にも出られず、ごく最低限のみの、しかも近所への外出だけしかしない
ほぼ引きこもりの生活になってしまいました。

極めつけは 家族が バイトやら学校やら仕事やらで 
皆、家から出て行ってしまうと 心細くなって涙が出て止まらず
それ以外でも、突然涙が出てくるということもしばしば。


いやもう自分でも驚きました。こんなことは初めてです。


息子たちも 「おかーさんが何かおかしい」と思ったようで
とにかく何でもいいから外に出て〜!
テニスでも仕事でも行けるなら行ってきて!と言われました。
長男にいたっては、運転が怖いなら俺が送り迎えするからとまで言ってくれました。


息子たちに心配をかけてはいけないと、いつもの私なら
ここで猛然と奮い立つ!・・・のですが
この時は全然ダメでしたねえ。情けないんだけど。


もちろん、自分でもこんなんじゃいけないと思っていたので
息子たちの勧めに従って、少しテニスをしてみたのだけど
まわるかもしれないという不安もあるし、正直、あんまり楽しくなかったんですわ。
多少の気分転換にはなりましたが。


もともと体育会系な私は、よっぽどのことがあっても
体を動かして汗をかくと、ぱっと気持の切替ができて
前向きになれるタイプなんですが
今回はそれもできず。


一体、どうしちゃったのよ、と自分で自分を持て余してしまいました。


春から始めた着付けのお稽古にも全然行く気が起きず
何をしても楽しくないし、何を見ても面白くない。
夕食の買い物に出たある日、つらつらとウインドウショッピングもしてみたけど
秋物の出始めで品揃えも豊富なこの時期、いつもなら
うっきうきで 服も靴も試着したおして(お買い物、大好きなの)
2つ3つお買い上げ🎵なーんてことになるのに
試着どころか、欲しいとさえ思わないし、何を見ても良いとも悪いとも思わない。
どうでもいいわと思っている自分が自分でないみたいで、ちょっと怖くなりました。


何もしたくない。何も考えたくない。
どうでもいい。面倒くさい。うっとうしい・・・
そんなことばかり思う毎日が続いていました。


今思えば、更年期ウツだったかな、と。


前向きだけが取り柄だった私がこんな風になってしまうなんて
人生、どこでどうなるかわからんもんです。
気持ちというか心の問題なので、
他人はもちろん、自分でも対処のしようもなく
この「時」が過ぎるのを待つしかないわけです。


無理に頑張ろうと思いたくても、思えないし
やらなくちゃ、と思うとまた動悸が激しく呼吸も苦しくなるので
最低限の家事だけをして日々を過ごすしかありませんでした。

 
その合間に神経内科、耳鼻科、婦人科、整形外科で診察と検査をうけ
大きな疾患につながるめまいではないことが判明。
じゃあなんでこんなにめまいが起こるの??と
またウツウツしてしまったり。
 

もう、本当に苦しい日々でした。


お仕事も休職にしてもらっていたのですが
辞めることにしました。
ありがたいことに復職するのはいつからでもいいよと
言ってもらっていたのですが
待っていただいていることが申し訳ないのと
申し訳ないと思う気持ちがストレスになりそうだったから。


10月の頭までは何もかも全てを悪い方へ結びつけて考えてしまう
ネガティブ志向者になっていましたね。
本当にもう どうしようもない。


ネットや読書など同じ姿勢で居るものや
睡眠不足もめまいを誘発するというので、ドラマや映画を観るのも
止めて23時には床に就くという生活をしていたのだけど
そんなことをしていると、できることがなくなるし
好きな事がほとんどできないわけです。


その現状に、ちょっとムカつきまして。
だって、はっきりとした原因がなくても起こる発作のために
我慢と節制をしなきゃならないなんて納得いかないと思いません?


負の感情というのは時に力になりますが
この時はまさにそんな感じで
ふざけんな!ばかっやろう なめんなよ?!と
逆ギレというか開き直ったというか。


その瞬間からでしょうか。
気持が上向きになったのは。


もちろんめまい発作に対しての不安や怖さが
なくなったわけではありませんし
急に無気力になる日もありますが
一時のどん底状態からは抜け出したと思います。
まだ復職する自信はありませんが
焦ってどうとなるものでもないし
やっぱりね、そういうお年頃なんだと思います。
ほら、養命酒のCMでも言っていましたよね。
女性は7の倍数の年齢のときに不調になりやすいって。
今年、49才なので まさに7の倍数の年齢なのですわ。


そんなこんなで もうしばらくは静養と充電期間ということで
ワンコとのんびり暮らしたいと思います。


あ!そうそう。2か月前にワンコが我が家に来たのです。
今月で生後4か月になるトイプードルの♂です。
コテツと名付けました。


かわいいです。かわいいですが
子犬を飼うのがこんなに大変だとは・・・
我が家に来て一週間でお店に返そうと本気で思ってから今日までで
何度里子に出そうと思ったことか。
体調がよくなかったのもあったし
しつけについての情報を集めれば集めるほど
たくさんありすぎてワケわからなくなっちゃって。
正直、えらいもんを飼ってしまったな、と頭を抱えましたよ。


でもワンコの世話をすることで気が紛れていたのも事実。
しんどい時期に迎えてしまいましたが
この子は我が家に来るべくして来たのだと思うようにしようと。


そんなこんなで、今は息子とワンコの世話に
ほとんどの時間を費やしておりますが、それもあと数か月のことです。
子犬は成長しますからね。あと半年もすればほぼ成犬です。
息子もセンター試験まであと3ケ月。
それまでは最優先でサポートしてやりたいなと。


そんなところです。

昨日は仕事が超忙しくて腰痛&坐骨神経痛が悪化して・・・って
あれ?私、ここに今の仕事に就いたことって書いたっけか??

ちょっと過去記事見てみよう。


ああ、書いてあったね。
そりゃ書くわなー。
最近、色んなことをすぐ忘れちゃうんだよねえ。


とにかく忙しい職場で、いろいろとキツイので
何かと大変で 今日やめる明日やめると喚きつつ・・・
勤めてから丸二年が過ぎました。
結構 頑張っているなぁ。


たかが二年で何言ってるの?と思ったそこのあなた。
それもごもっともなんだけど、この二年の間に
入ってきて辞めていったパートさんが6人もいるのよ。
短い人で5日間。一番長く続いた人が1年。
それ以外の人は2〜5か月くらい。
それを思えば、頑張って続けていると思わない?


先にも書いたように 本当に忙しくてしんどいし
人が不足しているから さらにしんどいし
同僚もキツい。 安い時給で何の保証もないパートなのに
なんでこんなに我慢して働かにゃならんのよ、と
思って辞めていく人の気持ちもわかる。


私だって何度やめようと思ったことか・・・


でも仕事そのものは嫌いじゃないし
2年が過ぎて出来ることもかなり増えたし
そうなるとやりがいも多少出てくるわけで。


嫌だなと思った人間関係も
あの職場で友達を新たに作る必要はないし
稼ぐ場なのだと割り切ってしまえば全然平気で、
実際、最近まではそれで上手くやっていたのだけど・・・
最近、ちょっと厄介なことになってきていて
正直、憂鬱だ。


同僚の中に いわゆる「面倒くさい人」がいる。
仕事に関しては経験も知識もあって
できる人なので そこはいいのだけれど
人間性に問題があると言うかなんというか。


同僚の一人が言うには 「大人の着ぐるみを着た子ども」


うん、まあ確かにその通り。
とにかく構ってちゃん、で ベタベタとくっついてくる。
そして喋る。もう鬱陶しいくらい喋る。
仕事してるんだから、少しは黙っとれよと時々イラッとするくらい。


しかもその話がくどい。
おんなじことを 何度もクドクドクドと
あっちこっちで喋りまくる。
歩くスピーカーだ。


で、人の話は聞かないし
誰かが話をし始めると
そこに被せて「私はね〜」と自分の話をし始める。


私と他の同僚が話をしていると
そこに割り込んできて、突然全く違う話をまくしたてる。
私たちの会話が続いていてもお構いなしだ。
お蔭でこっちは話が中断してしまう。
それが単なる世間話の時は問題ないけれど
仕事の段取りだったり、情報交換だったりすると
困ってしまうこともしばしば。


それから職場の同僚たちを
名前に「ちゃん付け」で呼ぶのにも閉口する。
(EX:あいちゃん、とか まきちゃんとかね)
若い子ならまだしも、40代半ば以降のおばさんたちだよ?
当人も40代後半。ガキ同士じゃあるまいし
職場では苗字に「さん」付け呼びが当然でしょう?


幼馴染とか小学校の同級生同士というのなら
ババアになってちゃん付け呼びもアリだろうが
職場で、しかも勤務時間中に ちゃん付け呼びはないわ。

彼女が何を思って皆をそう呼ぶのかは知らないけど
はっきり言って聞き苦しい。


とまぁ、ここまでなら まだ我慢もできる。
でも我慢できないのは 不機嫌さをまんま職場に持ち込むこと。
プライベートで上手くいかなかった日などは
朝の就業前から人に当たり散らす。
しかもそのターゲットはパートやバイト。
その陰険さや謂れのない言いがかりに
こっちは はぁ??となるばかり。
しかも 仕事中もそれは継続して 嫌がらせをする。
私が聞いてきた注文を、後回しにして厨房に通したり
頼んだことも聞こえなかったと言い張って無視したり。


いい加減にしろよ!と私とバイトちゃんは怒り心頭。
だってね。不機嫌なのがしょっちゅうなんだもん。
仕事中に急になることもあるし。
そんな時なんか、最悪よ?態度だけでなく行動にも出るから。


たまの事なら堪えもするけど、そうでないから頭くんのよ。


日ごろからパートやバイトを見下していて
仕事でもしょっちゅう難癖をつけてくるので
最近ではこちらも開き直って、彼女とは極力関わらないよう
仕事を回したり、何を言われても冷たく対応している。
そうすると掌を返したように
猫なで声で「あおいちゃぁ〜ん」と呼んですり寄ってきては
「私、頑張ったんだよぅ〜」
「これ、やっておいたんだよ〜 偉いでしょ〜」等々
褒めてくれと言わんばかりに自己アピールを始めたり甘えたりする。
正直、滑稽だ。
若い娘さんなら可愛いけど
47のおばさんが 上目遣いで幼児語を交ぜながら話をしても
全然可愛くない。気持ち悪いだけだよ?


アピールする事がないときは
彼氏との惚気話や(彼女はバツイチ)
愚痴や悩みをグダグダと言い始めるのだけど
その内容が、とても大人の恋愛とは思えない
幼稚なことで、よくそれでここまで惚気たり
愚痴ったりできるなあと
違う意味で感心したり。
女性にありがちな 指摘、反論はお断り。
ただ聞いて同情してくれればいいのよ、私は悲劇のヒロイン!なモードなので
聞かされる側はものすごく鬱陶しいし、苦痛だ。


もう そんなん、私は知らんっちゅーの。
正直、その彼氏とどうなろうと、興味もないしどうでもいい。
未婚同士なのだから、嫌なら別れりゃいいだけのこと。
慰謝料も発生しないし、親権でもめることもない。
悩むことなんざ なーんにもない。
と、一番最初の時に言ったんだけどね。
聞いちゃいないし、聞く気もない。


だからそれ以降はまともに取り合わないことにしているし
私も何を愚痴られても惚気られても へえ、そう。としか
答えないことにしている。


それなのに、この2〜3ヶ月というもの
やたら 食事に行こうだのお茶しに行こうだのと誘われる。
嫌だよ。あの人と二人でご飯食べるのなんか。
会話が成立しないし、彼女の話は誰かの悪口か愚痴だし
ご飯もスイーツも美味しくなくなる。


適当にかわしているけれど
先週の出勤のときに 朝から何度もお茶に行こうと
しつこく誘われたのには困ってしまった。
仕事中だったし、適当にはぐらかしていたのだけど
昼勤が終わって先に休憩に行く彼女が念を押すかのように
「あおいちゃぁん、甘い物食べに行こうよー。ね?」
と壁から顔を半分だしてパチパチと瞬きしながら言ったときには
ちょっと悪寒が走った・・・


だから〜><
可愛くないって。そういうことしても。
怖いだけだって。


さてはて。どうやって断ったものか。
絶対に断るけど、二度と誘われないようにしたい。
これ以上、彼女との距離を近しくしたいとは全く思わないし
同僚だけど友だちじゃない。
そもそも生活環境もペースも違うし人生観もまるで違う。
共感できる部分が無い人なので、プライベートでは付き合えん。



 
・・・とまぁ、これが 困ったちゃん その1。
その1なのだから、当然その2があるわけで。


仕事行きたくなくなるの、分かってもらえる?

ずいぶんと間が空いてしまいました。
もう 閲覧してくださる方もいないかもしれないなあ。

Twitterが手軽なのでついつい あちらばかりを使ってしまいます。
よろしければ フォローしてくださいませね。


未更新の3ヶ月間も 特に変わりなく過ごしておりました。
息子たちはそれぞれ進級し、次男は受験生となり
何度目かの反抗期で 今はロクに口もききません。
春休みまでは ヘラヘラとよーく喋っていたのにねえ。
何なんだ?わけわからんぞ、思春期。


憎たらしや!と腹立たしいこともあるけれど
これも成長の過程。身長が伸びるのと一緒の事だと思えば
腹を立ててもしかたがないか、と。


そんな話を、次男と同じ年齢の娘さんのいる同僚と話をしていたら
「その程度の反抗で済むのなら良しとしなさいよ?
包丁でメッタ刺しとかされるよりマシよ〜」と宥められて
それもそうだと納得。


15歳の高校一年生男子が
祖母と母親を刺殺という事件のニュースを
聞いた翌日だったので 本当だよね〜と。


しかも事件のご家庭は父親が単身赴任中というではないの。
我が家と一緒だと思ったら とても他人事とは思えず・・・


ウチの息子がそこまで理性を失くすとは
どうしても思えないので、そういう事態になることは
想像すらできないけれど
刺されたお母様も 同じことを思っていただろうから
そりゃ わからんわね。


だからといって、腫物を扱うように次男に接するのは
間違っているし、何より癪に障る!!
ダメなことはダメだし、叱ったり怒ったりもする。
あんまりクドクド言うのはいけないけど
小言だってそこそこ言うさ!
母親なんざ そういうものだし そうでなきゃダメでしょ。


子どもの側も17やそこらになれば
知恵もそれなりについているわけだから
オカンに鬱陶しい事をグダグダ言われたくなかったら
言われんようにすりゃいいのよ。
こっちだって、ある程度までは目をつぶって
言わずに居るのだから。

 
長男が穏やかな子だったので
反抗期がなかった…というわけではないけれど
かなりあっさり済んでしまったので
兄弟でもこうも違うものかと驚くというかなんというか。


次男は言動が夫に似ているなと感じるところが
ちょいちょいあるので
こいつは大人になったら結構面倒くさいかもしれない…
お嫁さんになる人は苦労するかも。
結婚前に相手の娘さんに
 「本当にコイツでいいの?」と確かめた方がいいかなと
密かに思っていたり。


まあまあ、16〜18歳の頃は私にも覚えがあるけど
親に対してツンツンしていて素直ではなかったし
親と穏やかに談笑したことなんてなかったので
次男の悪態も まぁ 普通かと。


こういうときは放っておくのが一番。
とりあえず、帰ってくるし 警察のお世話にもなっていないし
ちゃんと学校に行くし(今日はサボって休んでいるけど)
弁当も持って行くし、完食してあるし 上等でしょう。


というわけで、私はこれから 友人宅でホームエステです。
お肌のお手入れはもちろんなんだけど
マッサージの気持ちよさは
職場のストレスで疲弊しきった心も癒してくれるの。


もうね・・・ ホントに人間関係が厄介な職場でねえ。
仕事そのものより、それに疲れて転職したいと思ってしまうほど。
(その辺の日々のぼやきはTwitterで呟いています)
またここにもその辺の事情を改めて書きますわ〜


あー・・・ 明日の出勤が憂鬱。
でもまたスタッフが一人辞めたので
深刻な人不足なんだよね。 

頑張る。

またえらく間が空いてしまいました。
今年はツイッターで済ませないで
ブログも更新しようと思っていますが
どうなることやら。


まぁ 気負わず ぼちぼちっとね。


年末年始のお休み明けから、夫は再度 大阪へ転勤になりました。
任期は三年。 今回も単身赴任です。


一緒に行くという選択は……無きにしも非ずだったのですが
3年前に拗れた夫婦関係が改善されたわけでもなかったし
何より次男が今春から高校三年生で受験生。
この時期に転校するのは受験に不利だという夫と次男の意見を尊重して
今回も単身赴任とあいなりました。


私としては 夫からの日々のストレスが無くなったので
喜ばしいというと 少し言い過ぎだけど 
心穏やかであるはずなのですが・・・
実は 胸騒ぎがずっとしておるのです。


別に現地妻ができるとか そういう心配じゃないですよ?(笑)
むしろ、夫の健康管理に気をつけて
衣食住に気を配ってくれるなら
そういう女性が居てもいいと思っているくらい。
夫もこの一月で50歳の大台に乗ったので
健康面が心配ですから。


じゃ、何が胸騒ぎの原因かというと
夫は単身赴任を終えて戻ってくると、モラハラ夫になるということです。
息子も その点は私と同じく 気がかりなようで
また あんな風になったら マジ勘弁!と先日 こぼしておりました。


一回目は10年前。

アメリカへの一年間の単身赴任を終えて
帰国してすぐのこと。
家族が煩わしい。離婚を前提として別居する、と言い放ち
隣市に部屋を借り、家を出ていきました。 

この時は義父母にも夫自ら話をしにいき
双方 両親を巻き込んでの離婚騒動になりました。
一か月間は毎日眠れないほど悩み苦しみ
(ブログにも綴っています)
でもこのまま悩んでいても仕方ないと
二か月目に入ったところで 私も覚悟をきめて
就職の面接に行ったのですが
それから間もなく、夫が帰ってきて とりあえず収束。

「ごめん」の一言だけで許すのはどうかと思いましたが
息子たちがまだ10歳と7歳と幼かったので、堪えました。



二回目は3年前。

大阪の関係会社への出向を終え、帰ってきてから
私への嫌がらせ いわゆる モラルハラスメントが始まりました。
(この時の苦悩も このブログに綴っています)
4月半ばくらいから始まって日ごとエスカレートしていき
年末には長男にまで及ぶ始末。
夫と衝突した長男は家を飛び出し
警察に保護されました。
そのときには夫の未成年虐待を疑われ
迎えに行った私は事情聴取を受けました。
それから3日後の大晦日。とうとう私も我慢の限界を超え
夫と対決。私がいう事に何一つまともに答えられない夫は
それ以降、私とは全く口をきかなくなりました。

それが1年以上続きまして・・・

このままではお互い不幸。離婚するしないの話を切り出したら
気に入らないなら出ていけと。お前など居なくても
息子たちと3人でやっていける、と。

すぐにでも出ていく心積もりでしたが
如何せん 息子二人が受験直前という状況。
今、私が家を出たら 少なからず彼らは動揺するはず。
進路が決まる3月まで堪えよう。耐えよう。と決めて
夫に完全無視される中、とにかく息子たちのために
毎日笑顔で頑張りました。


とはいえ、体は正直です。
夫との生活の緊張感がよほど堪えていたのでしょう。
2月の終わり頃のとある朝
着替えようと思ってパジャマを脱いだら
下着に点々どころか、ボタボタと血痕が。
おっぱいから出血していました。
痛みも何もなかったから、驚きました。

それをたまたま見た長男は血相を変えて
おかーさん!早く病院行って!と。

言われるまでもなく
慌てて乳腺外科のある総合病院へ駆け込むと
詳しい検査をしなくてはわからないが
乳腺にしこりがあるので、それが原因だろうとのこと。
悪性であればガンだと言われ
細胞検査をしたのだけど、白黒の判断がつかず
精密検査をうけることに。

乳孔から針を通して検査するのですが
これがもう 痛いのなんのって。
大変な苦痛でした・・・

結果はグレー。
今現在は悪性ではないけれど
全く問題がないとも言い切れないと。
なので、今のうちに取ってしまいましょうと言われ
手術を勧められました。

手術を受ける前にセカンドオピニオンをと思い
乳がんの専門医に見てもらったところ
悪性ではないとの診断。
でも出血が嫌なら手術してしまうというのも
もちろん良いし、経過観察でも大丈夫だと言われ
半年ごとに通院することに。

原因は定かではありませんが
ストレスも要因の一つかもしれないなと思ったら
これは早く離婚したほうがいいなと思いました。

そして3月。
受験は終わったのだけど 
進学するなら国公立大。
私立大には絶対に行かさない。
行きたければ自分で学費を出して行けという
夫のワケの分からんこだわりで
浪人することになりました。


合格していた私大の第一志望に
進学したがっていた長男ですが
「そうするしか無いじゃん」と半ば自棄で
予備校に通うことになりました。


気持ちも不安定だったようで予備校の初日までは
毎日 出かけて 夜遅くに帰宅するというありさま。
こんな息子を置いて出ていくことはできないと思い直し
来年の春まで もう一年 耐えることにしました。

でも このままではさすがに私の精神が持たない。
なのでパートで働くことにしました。
夫が家にいる土日に働ける仕事を探しました。
夫と一緒にいる時間をできるだけ減らしたかったからです。
そうすることがモラハラを避ける一番の方法だったから。


忙しい職場で、先輩たちも厳しかったですが
家の事や夫のこと、息子の心配も 
仕事中は全部忘れて集中できることが
いい気分転換になったようで、おっぱいからの出血も
ずっと続いていためまいも 治まってきました。


で、一年後。
長男はまたしても国公立大は不合格でしたが
さすがに二浪はしたくないと言い張り
夫も折れて 私大に入学。
やれやれ。これで私もケジメつけようと思いきや
今度は次男の受験が見えてきた。
次男は長男とは違って とにかく喋って発散するタイプ。
幼稚園の頃から 心置きなく愚痴が言えて
それを黙って聞いてくれる人がいないと
安定しない子です。 

しかたない。この子の大学が決まるまで
あと二年 堪えるか、と腹を括りました。


そう決めた去年の秋。
夫の転勤が決まり 図らずも三年間別居することになりました。
(もしかしたら、夫が私との距離を置きたくて
会社に希望を出したのかもしれませんが)


正直、ほっとしましたが
でもまた3年後にモラハラになるかもという
不安もぬぐいきれません。


三度目の正直となるか
二度あることは三度となるか・・・



まぁそうなれば、今度こそ迷わず離婚です。
次男も20歳になっていますし 
親権でもめることもなくなりますから。


とはいえ、その時、私は50才を超えています。
自活していける収入を稼げる仕事があるかしら?
実家の親の介護を考えたら仕事はあっても働けないかしら?
等々、不安は尽きませんが・・・
先のことは どうなるかわからないし 
わからないことを心配していても仕方ないし
明日は明日の風が吹く!と思って
過ごすことにしました。


そんなこんなで私の2015年はスタートしました。
遅ればせではありますが
今年もよろしければおつきあいくださいませ。

誕生日おめでとう🎂
なんだかもう 家族であるかのように毎年 「あ、もうすぐだ。誕生日」と思ってしまいます。

最近はリアルで手塚を見聞きすることはないのだけど
どこかでチラッと見かけたり声を聞いたりすると ドキっとします。相変わらずニクい💗奴です。

三日前の跡部さまみたいな大祭?にはならないでしょうが
全然いいの。
二人だけで小さいケーキにろうそく立ててお祝いする幸せを噛み締めるから✨

おめでとう手塚。 愛してるよ💞


半年ぶりの更新が これって…
大人としてどうなの?と思わなくもないけど😓

Twitterは毎日つぶやいてますので、よかったらフォローしてみて下さい〜🙇
アカウントは@nearpasse です。

今朝のニュースを見て ふと思ったことを 
つらつらとツイッターで呟いていたら
長くなってしまったので、こちらに移すことに。


最近の学生って自分の「身の丈」を知らなさすぎやしないか?
それとも よほど自分に自信があるのか。
一流企業や大手企業への就職が叶わなかったからといって
3年も無職ってありえないでしょ。
中小企業の求人は増えているというのになぜ?
もしかして、見下してる? だとしたら、何様よって感じだよ。
学校出ただけで責任のある仕事をしたことがない若造に
何がわかるんだって話。


企業ってところはね、実力は言うまでもなくだけど
それプラス、いかに努力をする人間か、努力ができる人間かを見て人を採るのよ。
一流企業や大手は特にそこを重視する。


この努力して目標を叶えたってのが大事で
国公立大や難関私大卒の子が有利なのは、まずその点なの。
んなそいつらは元々賢いんだし!と言いたくもなるけど
素質ってのはダイヤの原石と一緒で磨かなきゃ光らないもの。
頭がよくても勉強しなきゃ できるようにはならんし
運動ができても 練習しなきゃ 上手くはならん。


学問でも運動でも 元々できる奴ほど勉強するし練習する。
そして諦めずやり遂げる。その継続力と忍耐力も重要で
採用担当はその辺りを履歴書…じゃないや、今時はエントリーシートっていうのか。
そこから読み取るのよ。惜しまぬどころか必死で努力し
それを継続して業務を成し遂げる素質があるか否か。


一流企業での仕事ってそういう諸々の力がないと対応できんよ?
入社してからだって教えてもらえることはホンの触りだけ。
後は自分で勉強し工夫し努力しなきゃいけない。


見て聴いて倣って訊いてやってみて
成功すればそれに驕らず慢心せずに
更に努力と創意工夫を重ねていく粘りと
失敗しても真摯に向き合い反省して改善して
独創していける力がないとやっていけない。
そこで凹んで逃げるような人間は採らないよ。
そういうのって見る目のある大人が見たら分かるものなのよ。


だから国公立大卒や難関私大卒じゃない者は
一流企業や大手を希望するなとは言わない。
チャレンジしてみればいい。
別に大学の名前で採用不採用を決めるわけじゃないから。
ただ、そういう大学に合格して卒業したというのは
人並みならぬ努力をした目に見える証しになるってだけの話だからね。


話戻して、就活において一流企業や大手ばかりを狙って、他を見ないというのはいかがなものかと思う。
中小企業はそりゃ基本給だって大手に比べりゃ安いでしょうし条件も良くないかもしれない。


でもそれってあくまで大手と比べて、ってことでしょう?
一般的にはどうなのかってことを見ているのかしらね?
サービス業関係なら土日祝が休みじゃないとか朝が早いとか夜が遅いとかあるけど
それって仕事の本質じゃないでしょう?
だいたいね、大手や一流企業だって9時〜5時の週休二日ってわけじゃないのよ?


その一流企業に勤めているウチの旦那様。
若い頃は日付が変わらないと帰宅しなかったし(もちろん仕事でよ)
繁忙期になると午前2時や3時に帰宅して
朝は7時に出ていくなんて時期もあったし
当時から土日休みだったけど
どっちか一日は必ず朝から夕方まで会社に行って仕事していたわよ?


無能で仕事ができないから時間外で働いていたわけじゃない。
でもそこまでしなきゃ仕事が回らないほど当時は忙しい部署にいたの。


30代40代になって部署が変わっても
22時前に帰宅したことはほとんどなかったわね。
休日出勤も、毎週ではなくなったけど、今もしているし。
一流企業に勤めると苦労も並大抵じゃないのよ?


理系卒の夫が30代後半に会社から
米国の大学へ社会人留学を命ぜられたときは本当に大変だった。
そのために通常業務をこなしながら
帰宅後 寝ずに明け方まで英語を勉強していた夫。
大変なんて言葉じゃとても足りない大変さだった。
傍で見ていた私も辛くて、そんなの断ってしまえばいいのに、と何度も思ったものだ。
サラリーマンだからやれといわれたら嫌とはいえないし
できないとも言えない。そんなことを言えば評価は下がるし
断れば子会社か関係会社へ飛ばされる。


それを何より嫌がった夫は、あの時、本当に身を、命を削るようにして頑張って
TOEICで900点以上を取り、2年間留学しMBAを取得して帰国した。
向こうでも相当勉強したようだ。人生で一番勉強したと言っていたよ。
大学受験の時なんて比べ物にならんとも。
社会人になって、しかもこの年齢でこんな苦労をすることになろうとは、ともね。


まぁ… でもそれは仕事の面ではものすごくプラスになっているようで
本人もますます自信をつけてしまったのだけど
人として、家庭人としてはものすごくマイナスになっている…というのは事実。


だからね、一流企業に就職するっていいことばかりじゃないよ。
夫を見ていると、しんどいことの方が多い。
その評価は稼ぎに出てくるっちゃ出てくるけど
人間としての情とかあったかみとか思いやりとかが無くなっていくのは確実。
今年で勤続27年になるけど、今や夫は人の形をした、人ならぬ生き物のように思える。


実際、夫の会社ではうつ病になる人も多くカウンセラーが常勤しているし
昔から自殺する人も多い。報道がされないのはおそらく会社が抑えてしまうからだろうけど
社屋からの飛び降り、自室での首つり等は私が新入社員の頃でも何件かあったし
今でもあるんじゃないかなあ。私の友人のお父さんも、私たちが小学生だったから
40才になるかならないかくらいだろうねえ。社屋から飛び降りて亡くなったし。
当時はうつ病なんて言葉はまだ聞かなくて、ノイローゼって言ってたなあ。


諦めて「私にはできません」と言えたなら
そこまで追い詰められずに済むのだろうけど
そこは基本、子供のころから努力と忍耐と真面目さで生きてきた人たちだから
そう簡単には諦められないし、これまでの自分にプライドもあるから 
「できません」の一言がなかなか言えないのだろうな。本当に大変だと思う。


私の手には余るから助けて、と言えれば楽なのに
できない奴だと思われたくないから言えないのよね。
周りはできる奴ばかりだし、プライドに負けず嫌いも加わるから
そりゃもう 凌ぎを削る毎日だと思うわよ?
一流企業ばかりを希望する子ってそういう中でやっていける自信、あるのかな?


私は結婚してから今日まで、夫が会社を辞めたいと言ったら
いつでも二つ返事で いいよって言うって決めていた。
夫は相当な見栄っ張りで負けず嫌いだから
絶対やめるとは言わないだろうけど、その夫が辞めたいというときは
限界を越えた時だと思っていたから。
そうなったら、肉体労働でも何でもして働いて家計を助けるって
覚悟もしていたし、夫にも話をしていた。
だから飛び降りる前に絶対 言って!と(苦笑)


確かに夫はエリートの部類だろうけど
その妻だって大変なのよ。苦労もするし覚悟もいるし。
優雅な奥様でいられるわけじゃない。・・・って 話が別の方向へ逸れたねえ。


嫌なことだって難しいことだって
歯を食いしばってやり遂げる根性と精神力がないと
一流企業じゃ勤まらんよ?
就職するのも厳しいけど、就職してからはもっと厳しい。
まぁ それは会社の大小に関わらず、だけどね。


人と競わない、優劣をつけずなんでも横並びで
出る杭になるな的な教育で育ってきた世代の我が家の息子たちは
社会に出てちゃんとやっていけるのか、心底心配だ。


その辺は夫も同じ思いのようで、私と同じく
ニュースを食い入るように見ていた。


そうなのよねえ・・・
いまじゃ夫とは家庭内別居みたいな状態で
まるで他人の共同生活みたいになってるけど
考え方や価値観が同じって事が多々あるのよね。
そこだけで見れば、とても相性は良いのよ。
社会的見解の相違って今までほとんどなかったから。


だから、自分本位で思いやりがなくて冷酷で
人を見下し虐げるところがなければ・・・と思うけど
こればっかりはどうにもならんわね。
持って生まれた性格だし。


ああ、でもあれか。冷酷非情で人を見下すくらいじゃないと
一流企業で生き残ってはいけない、ってことか。


天は二物を与えず、だもんね。


4月1日の入学式から新学期がスタートした長男に続いて
今日から次男も新学期が始まった。


正式には7日が始業式なのだけど
今日は春休みの宿題の提出と、テストを受けるための登校日だ。
新クラスで受けるとかで、実質今日から高校二年目がスタートする。


幼稚園児の頃から毎年4月の新学期になると
「クラス替えが嫌だ」と決まって言いだす次男。 
今年も一昨日くらいから、ウダウダ言いだした。


幼稚園児の頃からだから・・・かれこれ13年か。
飽きるほど聞いた私にしてみれば、まだ言うかってなものだけど
次男曰く 「クラス替えからひと月くらいは ものすごく気を遣うから大変」なのだそうだ。


面白くないことを言われても、笑わないといけないし
言いたいことも加減して言わないといけないし
色々と面倒くさいし 気を使うしめっちゃ疲れるんだよ等々
母を相手に愚痴る。毎年春の恒例行事だ。


あんた、毎年同じこと言ってるねぇと笑ったら
本人も自覚していたらしく「そうだけどさ〜」と苦笑い。


まぁ 気持ちはわからんでもない。
一年間 狭い教室で毎日顔を合わせるのだからね。
今年は修学旅行もあるし 大事だよね、クラスの雰囲気やノリの良し悪しは。


毎年次男のこのウダウダを聞かされるたびに
人生はどこまでいっても人間関係に一番悩まされるな、とつくづく思う。
学生時代のクラス替えだけではない。
社会に出ても、やっぱり人間関係の問題は常について回ってくる。


上手く熟せるようになるまでには 
失敗して苦い思いもすれば耐えてやり過ごすことも必要になる。
衝突もあれば対抗もしなければならないし、譲歩も逃避も必要だ。
そういう事を経験して、自分なりの術と距離感を身につける。


私は次男の3倍は生きているけれど、50近くなってようやく
何とか熟せるようになってきた。
上手い具合に熟しているかはわからないけど
先述した「自分なりの術」がやっと身についた気がしている。


この年になると もう無理して大勢の人と付き合う必要も
我慢しながら嫌いな人と付き合う必要もないという思うようになった。
なので 一昨年あたりから、付き合う人を
信頼できる人、一緒にいて楽しい人
長く付き合っていきたいと思う人に限定してしまった。


要は自分が心地よい人としか付き合わないことにしたのよ。
そうするとね、意識しないでも 相手に対して気遣いも配慮もする。
相手も、そういうことをされて悪い気は絶対しないし
同じように心遣いをしてくれる。好循環が良い関係を持続させる。
お互い、何処にも無理な力の入っていない付き合いは楽でいい。


職場の同僚との付き合いも、無いに等しい。
生活状況も年齢も違うし、既婚未婚、子供の有無などの家庭環境も違うし
趣味も全く違う。主婦パートは私だけで、あとは派遣のフルタイム勤務者。
それもあってプライベートな付き合いは無理だからしていない。
相手も同じように思っているのだろう。こちらのプライベートには一切踏み込んでこない。
だけど職場ではいろんな話もするし、冗談も軽口も言い合う。
関係は至って普通で穏やかだ。
職場は働いて稼ぐところ。友達を作るところではないと割り切れるのが
パート勤務者の強みかな。


毎日出勤のフルタイム勤務では、そうはいかないかもしれないけど
オンもオフも人間関係が同じになってしまっては
上手くいっていても 息苦しくなってくるかもしれないよ?


そうやっておつきあいの範囲を狭めていったら、とても楽になった。
もちろん 浅いおつきあいの人もいるけど
接点になる「会」やら状況だけのピンポイントなおつきあいだから
苦にも負担にもならない。


それと付き合いが悪いと言われようと
行きたくないなと思ったら行かないし
楽しめないなと思う行事には参加しないことにした。


これまでは 誘われたら他に予定がかぶっていない限り
なるべく断らないようにしていたのだけど
行きたくないと思ったことなんだから、2度と声がかからなくなっても 
別にいいんじゃね?と割り切ったら とっても楽になった。
誰からもいい人だと思われたいし
誰からも好かれたいけど、そんなの絶対無理だからね。


職場の同僚にも すごく人間関係で悩んでいる人がいるけど
彼女も45だ。もっと割り切って もっと自分の世界を大事にすればいいのにと
話を聞くたびに思う。嫌なところもある人だけど繋がっていないと寂しい、と
彼女は嘆くが、繋がっていることで、泣くほど嫌な思いをしているのだから
スパッと断ってしまえ!と私は思うけどねえ・・・


40代以降からの人間関係って
いかに断つか、減らすかがポイントだと私は思う。



さてさて。次男の新しいクラスはどうだっただろうか。
理系だから男子が多いのだろうな。
私の高校の理系@男子クラスは
ノリと調子のいい奴が多い面白いクラスだったけどね。
あ〜最近の理系はオタク系が多いとかって
友人の娘が言ってたなー。それだと次男は嫌がるな。
あいつ、オタクを毛嫌いしているから。


ま、次男は長男と違って、聞かなくても言うタイプだから
今日も帰宅と同時に寄ってきて 話をするはず。
こういうところは幼稚園児の頃からちっとも変っていなくてかわいい。


よーし。2回目の洗濯も終わった。干して出かけましょうかね。

息子の受験であたふたしている間に
今クールのドラマも 先週今週が最終週。
ここで何も触れないまま、終わりがきてしまったのは残念。
今クールは面白いドラマが多かったのになあ。

今更 ああだこうだと語っても遅いので
次の春ドラマで頑張る!←頑張ることでもない?


長男の進学先が決まったのは先日、ここでも書きました。
で、決めたら 次にやることはお金の振込み。
十万単位なので 一気に口座の残高が減っていく。
心積もりは十分できていたけれど、実に侘しく切ない。
昨日も二次手続で、諸経費とともに前期の授業料を納めてきた。60万。
明後日には大学生協で買ったパソコンが届く。20万。
こいつは現金払いだから、今日またお金を引き出さないと。
一時手続の入学金と合わせたら100万だ。

本当なら学資保険で賄えるのだけど、それは昨春 予備校代になったからなぁ。
入塾と年間の学費で70万。で、夏季と冬季の講習は別料金。
講義の選択の仕方にもよるけど、それぞれ10万〜15万くらいかかる。
それに年末になるとセンター直前講習なるものも受講するから
最低で4〜5万は要る。ウチの息子は2教科だか3教科しか受講しなかったから
そのくらいで収まったけど、5教科受講すれば、10万仕事だわねえ。

何だかんだでトータルすると予備校へ一年行くと
100万以上になるのよ。交通費もいるしね。
それに今回の大学の受験料。30万くらいかかってるからねえ。
学資保険が200万円あったけど、残りなんてわずかなもんよ?


で、9月にはまた後期の授業料を払うでしょ。


は〜… これから数年はお金のやりくりが悩ましい。
学費も長男一人のうちは何とかなりそうだけど
次男が進学する二年後からは大変だ。


せめて家のローンが終わっていれば、と思うけど
まだ終わってないのよねぇ。なんせ35年ローンだから。


買ったときは若かったし、35年ローンに何の躊躇もなく判子ついたけど
よく考えたら、多少月額払いがしんどくても子供が大学に入る頃までに 
あらかた払い終えるような設定にしておくべきだったわ。


20年・・・じゃさすがに厳しいか。25年ローンにしていたとすれば
残りがあと5年だった。
5年分くらいなら、定期解約して一括で返済することもできたのに。


家のローンって、月額の支払はまだしも、賞与時の支払が大きいの。
(我が家はそういう設定にしました)
だからローンが無くなると、その分を学費に回せるし
ほんっとに楽になるのよ〜〜


途中でそれに気が付いて
頑張って繰り上げ返済で年数を短縮したんだけど
結局まだ9年分くらいは残ってるし。


仕事、増やそうかしら・・・
所詮パートだからね。少々出勤日数増やしたところで
大した額にはならないけど 無いよかましだよねえ。


それよりも もう少し時給のいいところに転職するか?
でもな〜〜 この年齢じゃ 時給どころか転職先だってあるかどうか。



いやはや、次から次へと人生は悩ましいこと続きだねえ。

我が家の長男、第一志望は 予想通り 不合格だった。
受験に奇跡はないというのは昨年でよーくわかったので
もしかしたら、などという儚い望みも 今年は抱くことはなく
落胆もしなかった。


それよりも やっと終わったという
解放感の方が大きかった。
たかが息子の受験如きに、と笑われてしまいそうだけど
我が家の場合は夫の圧力に耐えるのが本当にしんどくてねえ。
そのプレッシャーから解放されると思うと、心底楽になったというか安らいだというか。


昨年のように また私立はダメだ。
私立に行くなら自分で勝手に行け。一銭も出さない、などと
言いだすのではないかと日々気をもんだ。
二浪させるなどと言いだしたら、それこそ離婚を覚悟で
抗議するつもりだった。


けれど、そんな頑ななことは言わず
冷静に長男の実力と性格を見極めて
私立への進学を認めてくれたのには心から安堵した。


大学に入ったからといって、全てが終わったわけではないし
この先、就職先を決めるのに 今以上に悩ましい思いをするのは明白。


だけど・・・
それでも とりあえず今は、ひとつクリアできた、終わったという
安堵感に浸ってほえ〜〜っと脱力。やれやれだ。



長男がアホで間抜けなのはよくよく分かっていたけど
ここまでダメだったとは・・・

過日、国公立大の願書を出した話はひとつ前の記事に書きました。
そこでおマヌケな失態をしでかした話も。


で、それから5日後のこと。
前期試験の受験票とともに届いたのは後期の願書一式。


へ??何事??と訳が分からず。
何か記入漏れでもあったのかと
添付してあった書類を読んだら・・・

センター試験の成績を取り寄せたら
受験に必要な科目が1科目選択されていないので
受験資格がありませんので願書を返送します、とのことだった。


唖然。目が点。
最初は何の事だか意味が分からなかった。
長男も同じだったようで、二人で顔を見合わせた刹那、???な状態。
予期せぬ出来事が起こると、本当に一時 訳が分からなくなる。


でもそれもほんの一時。
はっと我に返ってからは、もうドタバタ。
しまった!理科の選択だ!!と叫んだ長男は
大慌てで受験科目を再確認したら
理科の選択が科学か物理だったと判明。


長男の第一志望は前期で志望した学部だったので
それに合わせて理科は生物を選択していたから
当然、化学も物理も受験していない。


おいおいおい・・・
そんなことは願書を出す前どころか
後期で受ける大学を決める前に確認することだろうが!と
怒鳴ってしまった。


願書に誤記がないかは提出前に私でも確認できるけれど
受験科目がどうとか、センター試験の選択がどうとか
そんな確認なんて願書を書く前に本人がすることで
親がすることじゃない。
つか、そんなことまで親が確認するほうがおかしい。


ばっかもーん!!! としか言葉が出てこなかった。


長男、昼間は私にさんざん叱られ、夜は旦那にこっぴどく叱られた。
(話を聞いた瞬間の旦那も訳が分からん風で、その後は大激怒だった)
あまりにもいい加減過ぎるだろう!本気で進学する気があるのか!と
怒鳴られ、延々と説教を食らっていたけど
当然だ。庇ってやる気にもならんかった。


せっかく2度チャンスがあるのに、その一回を
こんなことで失ってしまったのだからねえ。


全てを管理してやらなきゃいかんのか!あいつはっ!!と
夫の怒りもヒートアップしてしまって
大学など行かなくていいから就職しろ!とまで言いだして
私に就職先を探してやれ!なんて言い捨てて不貞寝した。
まぁ・・・ 怒りの持って行き場がなくなって
結局 最後は私に当たったんだろうな。
とばっちりは勘弁だけど、夫の気持ちもわかるだけに
今回ばかりは そこは責めないで 飲み込んでおくことにした。
私の産んだ子だしねえ・・・ はぁ・・・


時間が経って、今は夫も冷静になりましたが
それでも 家の中の雰囲気は微妙。
次男は完全に長男を軽蔑してしまっているし
(これまでの兄の言動や生活に呆れて口もきいてないのよ)
もう本当に 「しっかりしなさい!」だわよ。


過ぎたことをグダグダ言ってもしようがないし
前期はちゃんと受験できるのだから、とにかくここで後期の分も
頑張って、意地でも受かってやるぞ、くらいな気持ちで
臨んでほしいのだけど 当の本人は それほどの意気込みもなく・・・


どうしてああも 覇気がないのか。


んっとにもう!!!


このページのトップヘ