2006年05月16日

GINGAを感じたい

GINGA。


それは、ブラジル人の心と体に染み付いている。


それは、サッカー、サンバ、カポエィラ…などに主立って表現されることが多いが、ブラジル人が、若しくはブラジル人を問わずブラジルで生きていく上での本質そのものである。いや、むしろGINGAはブラジルそのものなのかもしれない。


なんとなく感じることはできるかもしれないが、日本人の僕らには理解しがたい。


先日渋谷のQ‐AXシネマでGINGAという映画を見てきた。


映画の中で「プレーするだけではなくサンバを踊れ」という言葉が出てくる。


これが僕らが知っているスポーツ、同じサッカーなのかと度肝を抜かれた。


まさにブラジルの真骨頂。


世界のサッカーの潮流がどんなに科学に向けられようとも、どんなに組織や戦術といったものが崇められようとも、ブラジルのサッカーは変わることはないんだと思う。GINGAがある限り。


W杯で日本がブラジルと戦えるというのは最高の喜びであり夢のようだ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/passion1986/50541577
この記事へのコメント
ブラジルと戦えるのは素晴らしい☆ オーストラリアは次回からアジア枠になるわけだしアジア王者として絶対に勝ってもらいたい!クロアチアは、、、にも勝って欲しい! んで、ゴタゴタしてるイタリア倒してベスト8ゲッツ☆ とにかく何かと言われがちなアジアのサッカーって弱くね?という意識を変えさせたい(-_-;) あとGOALって映画の3作目に中田が出演するみたいだけど、W杯の結果も映画に反映されるらしいから、やっぱグループリーグは突破して欲しい! ベスト4は、、キツイかなぁ??
Posted by ジョー at 2006年05月24日 19:24