年金問題、久間発言に懲りない「消費税発言」安倍首相メッセージを斬る!(その1)

2007年07月08日

安倍首相のメッセージをみんなで考えよう!

自民党の選挙に向けたキャッチフレーズは、

「成長を実感に! 改革を貫き、美しい国へ。」

である。

これは、小泉前首相の路線とほぼ同一であり、あくまでも経済成長に依存し、あくまでも改革を断行する、ということである。

国の借金は、今、1000兆円を超えるという噂もあるくらい、国家破綻レベルにある中、その穴埋めに考えている方法が水ものである経済成長依存、とは、本気で考えているとは到底思えない。

リアルタイム財政赤字カウンター

また、日本人の金融資産が1400兆円あると言われているが、まさか「預金封鎖」という荒技を使った上でのデノミネーション(通貨の単位の切り下げ)による財産没収を考えてはいるまい。もし、そういった奥の手も辞さないとの認識にあれば、これは国民に対する背任行為であり、決して許されることのない罪悪と言えよう。

残念ながら、経済成長依存型では、我々国民にとって、成長を実感することは不可能である。一部の利権者(政治家、官僚、企業家、企業の上層部、富裕層等)が得をする現行の法律体系において、大部分を占める非利権者は、底辺で喘ぎに喘ぐのが常態化した現実であり、この不公平な構図を正すには、経済成長依存型から利権者も含めた累進課税を公平にかけていくことが大事なのではなかろうか。(消費税は逆進性が問題にされている)

「改革を貫き、美しい国へ」

斯様に言われている改革とは何か、本当に改革になっているのか、そこが今問われる論点である。これは言葉の問題と言ってもいいかもしれない。なぜか、というと、「改革」という響きは、その言葉自体からとても聞こえが良く映ってしまうからだ。「何か良い方向に物事が変わりそうだ」、と思わせる麻薬的な雰囲気を醸し出しており、分からないが故に心惹かれてしまうのだ。

ところが、内実はそんな誘惑的な雰囲気とは逆に、ある思考のもとに断行されていると考えられる。ある思考とは、利益誘導主義(利益至上主義)というものである。改革というものは、利益を判断基準にやるのか、やらないのか、を決めているのだが、その利益とは、一部の利権者の懐が温まるのか否か、によってのみ決められるものであり、決して庶民には還元されない。斯様に考えるのだが、いかがであろうか。

もし、このようなカラクリのもと、改革が行われているのならば、それは、

「自利改悪」

と命名した方がよさそうだ。

自利とは、自分が幸せになりたい、という私利私欲の考えである。これの逆が、利他であり、他人を幸せにしたいとの意である。

風刺的に揶揄するならば、自民党の幸せのために悪い改革をする、とも解釈できるが、これは言い過ぎだろうか。

いずれにせよ、「改革」という言葉を使う場合は、「自利改革」ではなく、「利他改革」でなければならない。この意を汲んで政治を行う者だけが、国民から信頼を獲得できる政治家であり、そういう人物を選挙において選択しなければならない。




【お知らせ】「安倍総理のメッセージを丸裸にしてみよう!」

私のブログを読んでいる読者にお願いしたい1件があります。下記に載せました安倍総理のメッセージですが、これに対して、どう感じるのか、どういう嘘(詭弁)があるのか、どういう指摘ができるのか、等々を考えて欲しい、ということであります。

下記内容に関しては、自分のブログに転載されても結構ですから、その上で、同時期に、意見、指摘をアップすることで、自民党の実像が暴かれると同時に、打倒現政権への足がかりの一端になると考えます。

週末以降、安倍総理がテレビ等のメディアに登場してくると思いますが、その巧妙な話術による洗脳を駆逐する為にも、様々な角度での検証が急務であり、我々の武器になりうると考えます。

ご協力のほど、よろしくお願い致します。


◆ 自民党ムービーチャンネル(7月2日:5分5秒)
(安倍晋三総裁からのメッセージ)

1.自由民主党総裁 安倍晋三です。
2.総理・総裁に就任して初めての参議院選挙です。
3.私は国民の皆さんの関心の高い問題にしっかりと応え、
4.さらにはこれまでの私の内閣の実績を問うていきたいと思います。
5.私は美しい国づくりを進め、
6.そして戦後レジームから脱却すると申し上げました。
7.それはなぜか。
8.美しい国をつくっていくためには
9.21世紀にふさわしい日本をつくっていくことが必要です。
10.そのために、今までのあり方をもう一度よく見直さなければなりません。
11.時代に合うのか、国民が求めているのか、世界の変化についていけるか、
12.戦後体制と現在を正しく比較し、時代に合わせいろんな仕組みを変えていく。
13.その一つが教育改革であり、公務員制度改革であります。
14.こうした改革を次々と行い、しっかりと前に進めていかなければなりません。
15.国民そして国家のために何をなすべきか。
16.今回の年金記録問題に対する国民の皆さんの怒り、
17.そして相次ぐ官制談合 天下り問題に対する怒り、
18.これらの国民の皆さんの怒りに応えていくことこそが
19.政治の使命です。
20.社会保険庁を改革せよ 公務員制度を改革せよ。
21.これはまさしく国民の声です。
22.今回 国会の会期を延長し
23.社会保険庁改革法案、年金時効撤廃特例法案、
24.公務員制度改革法案を成立させました。
25.年金記録問題は最後のお一人までチェックして
26.必ずお支払いをすることを私はお約束いたします。
27.この問題にどう対応し責任をしっかりととっていくのか
28.説明をしてまいります。
29.また公務員制度改革は
30.官のリストラを進めながら天下り問題を根絶します。
31.教育再生では 国民の皆さんからの「待ったなし」との
32.声に応え60年ぶりに
33.公共の精神、道徳の精神、自立の精神 といったものを
34.しっかり書き込んだ改正教育基本法ができました。
35.そして教育再生関連3法案も成立をいたしました。
36.これで教育現場は一新し、
37.教育新時代を切り開いていくことが
38.できると確信をいたしております。
39.その他 地域の再生 格差の是正 成長戦略 主張する外交 環境問題
40.そして憲法改正にどう取り組んでいくか
41.国民の皆さんにしっかりと訴えてまいります。
42.経済は成長していきます。
43.公民の皆さんにこの成長という果実を
44.家計へそして地方へと実感してもらうためにも
45.新しい経済成長戦略を私の使命として進めてまいります。
46.憲法改正はしっかりと政治スケジュールにのせていきます。
47.そのことを国民の皆さんに宣言し広く国民的な議論を展開していきます。
48.私はこの選挙戦に勝利するには正攻法以外に道はないと思っています。
49.私が主張していることを堂々と国民の皆さんに
50.分かりやすく訴えていきたいと思います。
51.このことが必ず勝利に結びついていくと考えています。
52.愚直に進みそして正々堂々と勇気を持って
53.毅然と立ち向かっていきたいと思います。
54.全ての選挙区で勝つべく全力で最後まで戦い抜きます。
55.責任政党とは何か 政権を担うということは何か。
56.それは出きる事しか言わない。
57.言ったことは必ず実行していくという事であります。
58.私はお約束をしたことを必ず実行してまいります。
59.どうか ご支援を賜りますように よろしくお願いを申し上げます。
60.ありがとうございました。

(番号をふることで、ピンポイントで指摘し易くしました)


↓↓↓ 「現政権打倒!」を合い言葉に、ワンクリックお願いします!

にほんブログ村 政治ブログへ

passionmaster at 01:22│Comments(2)TrackBack(2) 政治 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 海外からの投票 + もううんざり!自公政権 「安倍内閣」  [ わんばらんす ]   2007年07月09日 00:30
人気blogランキング   日本丸のゆくえが心配!って人はクリックよろしく!^^ クリック応援ありがとうございます!^^ このまま自公政権がつづいたら国民の権利を全部奪われてしまう・・・ 一人でも多くの人に気づいてもらう??2??
2. 政権交代のメリットを非ネットユーザーに伝えるために  [ 村野瀬玲奈の秘書課広報室 ]   2007年07月16日 11:07
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 政治が本当に国民の幸福と平和と自由のためにおこなわれるためにはどうすればいいのか? 特定の政党を支持することはない人でも、政治に関心がない人でも、たとえ

この記事へのコメント

1. Posted by ココロ   2007年07月09日 00:29
こんばんは^^
あまりにも精力的なんで紹介させて
いただきました。(笑)

凄いですよ!
とってもいいブログだから
みんなに見てもらいたいです。
公示まで、もうちょっとです。
頑張っていきましょう!^^
2. Posted by see21   2007年07月10日 00:52
どうも。お世話になってます♪

いいブログとお褒め頂き、感謝です。

正直、悪戦苦闘しながらの微力な参戦ですので、この逆風をホンモノの逆風にできるか、これからが正念場です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
年金問題、久間発言に懲りない「消費税発言」安倍首相メッセージを斬る!(その1)