TBS不祥事に見るテレビ局の体質(後編4)TBS不祥事、再検証はしないのか?

2007年09月10日

TBS不祥事に見るテレビ局の体質(後編5)

(後編4の続き)

長岡アナ「TBSでは、8月6日のこの指摘を受けまして、8月7日と16日に改めて番組で謝罪と改善策についてご説明しました。」

朝ズバ!では、BPOに設置された放送倫理検証委員会の役割を説明した上、番組への見解を紹介。その後、夏休み中のみのさんに代わり、柴田アナウンサーが改めて謝罪しました。

◆改善策
・「制作過程チェックシート」の導入
企画立案から取材、そして放送に至るまでの各段階をチェックする制作過程チェックシートを導入しました。

・「MCプロデューサー」システムを取り入れる
司会者や出演者に、その日取り扱うテーマを説明し、フォローする専属のMCプロデューサーシステムを取り入れています。

さらに、私達は、今回の貴重なご指摘を真摯に受け止めて、今後の番組作りに活かしていきたい、と考えております。

そして、8月16日に番組に復帰した司会のみのもんたさんが見解を受けて、次のように謝罪しました。

みの「放送番組・番組向上機構、BPOですね。そこからですね、25ページに渡る見解分が発表されました。私も真摯な気持ちで、これを読ませて頂きました。私ども朝ズバ!の取材方法だとかですね。取り上げ方、そしてなによりも司会進行しております私のコメントの在り方などについて、色々とご指摘を頂きました。私も40年間しゃべりをやっておりますけど、まだまだ反省する点は、たくさんあると思います。こうした点についても真摯な気持ちで、このBPOの25ページに渡る文章を、私は絶えず持ちながらこれからもこの朝ズバ!で頑張っていきたいと思います。素直に、お詫び申し上げたいと思います。」

長岡アナ「さらに、TBSでは今月8日、緊急に番組審議会を開き、ご報告しました。委員の皆様からは、今回の不二家の問題を報じた時、消費期限と賞味期限の違いといった問題の本質をしっかり理解した上で作られたのかどうか、疑問だ。番組をおもしろおかしくするために、ポピュリズムに訴えて悪ノリするやり方を改める必要があるのではと感じた。おもしろい所だけ選んで作ると、受け取る側はかなり誇大にその情報を受け止めてしまうということを、作り手側は自覚して欲しい。異なった意見が出ることが大事なのに、コメンテイターが機能していなかったように思う。取材の一元化が疎かになっているのではないか、制作体制をどのようにしていくか、今回どのような対応をしたか、社会に明らかにすることが必要だ。今回のことを、なんらかの形で検証する必要があるのではないか、といったご意見とご指摘を頂きました。服部先生、今後に望むことを最後にお願いしたいんですが。」

服部先生「2つありまして、1つは、番組審議会の色々な意見が出てきたのがありますけども、その放送倫理、とりわけ倫理って問題は、外部から何か言われて、どうにかする問題ではなくて、やはり内から出てくるもの、内発的なものだと思うんですね。ですから、例えば、今の番審の意見に対して、番組制作者達はどのような形でのキャッチボールをするのか。それが出来ないのならば、倫理、倫理と言って、結局はその倫理が法によって乗り越えられて規制を受けてしまう、ということになると思いますので、番組審議会で出てきた意見をどう対応するのか、ということを局内でぜひ検討して欲しいな、というのが1つ。
2つ目が、やはり今回の事案というのは、内部告発による報道だったわけですね。そういう内部告発をメディアが取り上げ、そしてそれを社会に伝えるということは、まさに社会的責任、報道機関の責任だと思うんですね。
ですから、そのことを忘れずにして頂きたい。その延長線上に今回の番組であった食の安全についてですね。いわゆる謝罪の範囲に対して、範囲がどこからどこなのか、分からない、というのがありましたけど、もう一度、食の安全についての番組をぜひ朝ズバ!の中で、取り上げていくということですね。やはり、その中でもう一度説明をしていく視聴者に説明をする、あるいは伝えていくことがとても大事で、その2点を僕はぜひTBSの中で考えていって欲しいなと思いました。」

■ご意見・ご感想のあて先
〒107−8066
「TBSレビュー」係
FAX 03−3505−4190

★BPO 放送倫理・番組向上機構
TEL 03−5212−7333


TBS『みのもんたの朝ズバッ!』不二家関連の2番組に関する見解
http://www.bpo.gr.jp/kensyo/kettei/k001.html


「お笑いみのもんた劇場」
【スクープ】「やっぱり不二家はやっていた!」TBSプロデューサー
http://montagekijyo.blogspot.com/2007/09/tbstbs.html
(きっこのブログより情報入手)




↓↓↓ 下の2つのランキングに参加しています。

      応援クリックお願いいたします!


にほんブログ村 政治ブログへ

passionmaster at 20:40│Comments(0)TrackBack(2) メディア 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 痴漢報道の危うさ  [ そもそも どーなの? ]   2007年09月11日 15:20
最近痴漢の報道を良く目にします。以前より件数が増加しているのかどうかは分かりませんが、女性が泣き寝入りしなくなったのが大きいと思います。反面、痴漢冤罪が問題になりつつあります。被害者の主張だけで現行犯
2. 竹中平蔵とか国政調査権とか  [ とむ丸の夢 ]   2007年09月11日 17:12
昨日のエントリーでもふれた「週刊!木村剛」で、竹中氏が仲間を相手に繰り言を述べる姿に辟易したところですが、現在彼はいったい何をやっているのか? と公式サイトを覗くと、「...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TBS不祥事に見るテレビ局の体質(後編4)TBS不祥事、再検証はしないのか?