『競馬』という名の推理小説

犯人が誰だったかという結果より犯人を推理することのが楽しい、それが『競馬』だ。

JC

不良馬場で軽い斬れ勝負というレースにはならないはず
となると東京2500の実績馬
◎ルックトゥワイス
○ムイトオブリガード
▲スワーヴリチャード

問題は馬場の内外でバイアスがどれぐらいあるかだ。

秋天

極悪不良馬場だった17年を除けば近年の秋天は後傾ラップが基本。
今年のメンバーも先行馬は揃ったがおそらく戸崎Jが逃げを打つことになるとスロー気味に流れる可能性は高い。

◎アーモンドアイ
安田はチグハグなレースになってしまいよもやの3着だったが、1.30.9の勝ち時計からして分かる通り前にいないとノーチャンスだった。
それでいて同タイムの3着は負けて強しの印象で次元の違う馬でもう確定。
▲サートゥルナーリア
◎を逆転可能な馬はこれしかいないと思うがテン乗りというのはやはりマイナスとみる。
(母ちゃんの格で言えばフサイチパンドラよりシーザリオなんだろうが…)
○アエロリット
馬券的にはこの馬が3着以内に入ってくるという勝負。
前半何かに絡まなければ相当粘れるはず。
3連複1点かな?

菊花賞

いよいよ南ア戦
ガチの南アとどれだけやれるか楽しみ

◎ワールドプレミア
前走上り最速も完敗
つばき賞快勝は先行してのもの
この馬斬れよりも先行持続の馬と予想、あとはユタカ次第

○ヒシゲッコウ
▲ヴェロックス

放牧中

全くの放牧中という訳ではないんですが、いかんせんゆっくり競馬している時間がありません。
ちょこちょこ馬券は買ってますが、初心に帰って買ってます。
不思議なもので2〜3頭に絞って買った方が的中率も回収率も上がります。
これは何故なんだろうと自己分析中。

参考例
01

02

03

04














時間があればツイッターに予想はUPするかもです。
でも多分そういう予想は外れる。

安田記念

今年の安田記念は2強の間に割って入ってくる馬がいるかどうかだと思います。
◎ロジクライに期待したい。
昨年の富士Sでは1.31.7の好時計で快勝していて前走1400は今の高速馬場には合っている。
大外枠がどうかだがそこはユタカさんにお任せしよう。
2強は今回ほど速い流れのレース(>になる予想)は未経験でテンで流れに乗れないと不発もある。
どちらかといえばダノンの方が不安かも。

日本ダービー

正直あまり気乗りしない今年のダービー。
(サートゥルナーリアのヤネ交代劇でかなり興醒め)
ポイントはリオンリオンが親父さんのように上手く逃げれるかどうか。
溜め逃げの可能性の方が高いと感じるが速い流れの持続テイストなレースを期待する。

◎ヴェロックス
川田に勝ってほしい。
○サートゥルナーリア
▲レッドジェニアル
△1、3、7

NHKマイルC

◎ダノンチェイサー

春天

今年は13頭立ての春天
G鞠呂皀侫エールマンのみというメンバー

ここ10年ぐらいはほぼフルゲートで、そのため1番枠の好走など紛れが生じやすい要素があったが流石に今年は勝負にならない印象。
一つ勝負が出来るとすれば現状買う気にならないミルコを切って
◎フィエールマン
○ユーキャンスマイル
の1点で勝負。

フローラS

◎フェアリーポルカ
先行馬が多くスローの瞬発戦というよりは持続戦に近い流れ想定
血統的にも東京の持続戦向きだろうし和田さんなら大外でも前目に付けてくれると思う

○エトワール
▲ジョディー
△シャドウディーヴァ

今日2勝はしてますが昨日のミルコはホント酷かった
とにかく馬を御せていない感じがします
何が原因でこうなってしまったのかは知りませんが当分買わないと決めました

マイラーズC
◎パクスアメリカーナ

皐月賞

サートゥルナーリアの過去3走はラップ的には特別強い内容ではないが、余力を持って勝っている、血統的背景など見えない部分がかなり多くオッズに含まれている。
それは十分把握してはいるが、基本的には東京>中山という馬なんだよな多分
これだけ先行馬が揃ったメンツで囲まれたらコーナーリングで若干後手踏んでも不思議はなかろう。

◎アドマイヤマーズ
前走はスロー逃げで圧勝かと思われたが斬れ負けで2着。
試し乗りってところだろう。
ダメジャなんだから斬れ勝負はやはり不向きを確認出来て今回の乗り方は決まったはず。
自身で逃げなくてもある程度流れそうなメンツなのは歓迎。

○ニシノデイジー
ここ2走は展開など恵まれなかった印象だが、札幌東京の持続戦で連勝したように舞台は合う。
ヤネはやはり不安だがオッズほど弱い馬ではない。

▲サートゥルナーリア
特になし

△クラージュゲリエ
穴はこの仔。
先行馬が多いので差し馬から穴を拾いたいところ。
前走は先行して斬れ負け、ノリさんならおそらく差しに回って一発狙うのでは。
小回り向きなので買うならここ。
Profile

本命ドリパス

またつぎがあるじゃないか

記事検索
Archives
Categories
アクセスカウンタ
アクセス解析
メールはこちら
時を越えて
  • ライブドアブログ