『競馬』という名の推理小説

犯人が誰だったかという結果より犯人を推理することのが楽しい、それが『競馬』だ。

朝日杯FS

例年は中盤緩んでの瞬発戦。
今年はイッツクールの逃げか?
それよりポイントなのはディープダイバーに騎乗する川田Jだろう。
ここ2走はスローペースの瞬発戦で斬れ負けの2着2着。
未勝利戦を圧勝したレースは消耗戦だった。
ブラックタイド産駒でもあるし緩みそうになれば近走絶妙な逃げをみせる川田Jが思い切ってハナ切って強気な流れを作る可能性がある。
そこで牝馬ながら断然人気のグランアレグリアだ。
新馬サウジと圧勝、前走のサウジはテンこそ緩めだが中盤速い流れの平坦戦。
川田Jが速い流れを作ろうとも問題ない計算。
課題は前走スタートで遅れたことか。
テンが緩く少頭数だったので直ぐに出遅れはカバー出来たが今回は多頭数の内枠、出遅れたら追い込みに掛けるしかない。
但し、先行しないと駄目なタイプには見えないので最有力なのは間違いない。

◎ディープダイバー
川田Jの逃げに期待して◎を打つ。
(ま、こう印を付けると逃げれないんだろうな)
○グランアレグリア
格的には圧倒だろう。
▲マイネルサーパス
前走は福島の1800で△3▼2±0の平坦戦でレコード勝ち。
ここは距離短縮で速い流れになれば出番がある。
△ドゴール
前走の様にグランアレグリアが圧勝するようであれば2着の再現はある。
△ケイデンスコール
スローの瞬発戦しか経験がないが上りが全て1位。
カナロア×ハーツという配合で平坦戦でも対応可能とみる。
先週の阪神JFもそうだが2歳のこのコースは距離損があっても外を回して斬れる馬が有利。
この馬がその一番手。

アドマイヤマーズはスローの瞬発戦のみの経験で内枠先行。
流れが速くなると案外伸びないかも、恐いのはデム兄。
ファンタジストは外枠はいいが1400までしか経験なく先行馬。
人気を考えると危険に感じる。勝ったらユタカさん完全制覇おめ!でOK。

阪神JF

今年はファンタジーSの勝ち馬が1人気れ例年に比べるとややレベルが低いかも
(グランアレグリアが出て来ないのが大きいか)
新馬戦でそのグランアレグリアに2着に負けたのがダノンファンタジー。
但し、個人的にはミスエルテと被るイメージ。

今年のポイントは前哨戦のアルテミスSで、33.9-24.8-35.0というテン速い瞬発戦。
豪快に追い込んだシェーングランツが勝利した訳だがこれは展開がはまった印象。
そのアルテミスSは6人気だったし新馬戦は5着と大敗、今回の3人気は危険な人気馬だろう。
アルテミスSで中団から一旦は先頭に立ったが最後差されて2着のビーチサンバの方がここでは買える。
エアデールの仔はライラプス、フサイチリシャール以降しばらく走る仔が出てこなかったがビーチサンバは期待出来るか?

◎ビーチサンバ
○クロノジェネシス
▲ダノンファンタジー
△1、5、10

チャンピオンズC

過去4年を見てみると、スローの瞬発戦からハイペース消耗戦まで様々。
(基本的には)スローなら前有利、ハイペースなら後ろ有利
展開一つで有利不利が分かれるコースだと思います。
テイエムジンソクが出て来ないのでここはモレイラ@サンライズソアの思うがままのペースで行けそう。
◎サンライズソア
消耗戦でも好走可能な馬だがスローの瞬発戦の方が頭で来る可能性が高いのでは。
○ケイティブレイブ
◎の単と◎○の馬連1点で勝負する予定。
ルヴァンスレーヴは1倍台では危険な人気馬の気がします。
(と言いながら、スタート後にルヴァンスレーヴが前に付けて「あぁ〜デムにやられる」と嘆く光景が想像出来ますが…)

JC

圧倒的人気のアーモンドアイ、舞台は東京にコースはいいが2400はどうか?
オークス勝利はあるものの▼2▼11△5の超瞬発戦、目黒記念を▼4▼1△5で逃げ切り勝利、その前走東京24で▼3△5△5と快勝したウインテンダネスがいるのでスローの可能性はかなり低いとみる
例えウインテンダネスが逃げなくてもキセキ@川田がいるので今年のJCは平坦戦〜消耗戦テイストなレースになると思います。
となると東京で消耗戦テイストの鬼といえばハーツクライ。
◎スワーヴリチャード
前走の出遅れ大敗の影響がどれぐらいか、という懸念材料はあるが逆にいえばマイナス要素はそれだけとみる。
○ウインテンダネス
ここ2走はスローで逃げての敗退、ヤネがこの馬のことを把握してなかったのが敗因でしょう。
連勝時の内田に戻したのであればここは人気の盲点。
(キセキとの行った行ったも少し…)
▲アーモンドアイ
△キセキ
前走は川田の絶妙な逃げであわやの3着、その勝ち馬レイデオロ≒スワーヴリチャードと考えればここでも十分圏内。
△シュヴァルグラン
もう1頭のハーツクライは前年に比べるとパフォーマンスが落ちている印象なので押さえまで

マイルCS

日曜は所用で不在なので早めの投下。

テンはスローかもしれないが外国人Jがこれだけいるメンツで4角までゆったり流れることはないでしょう。
3角からのロングスパート持続戦想定。前有利。

◎アエロリット
先行ゴリ押しタイプの馬でダメジャのイメージ。
ストライドなので外回りは合うし東京よりむしろ京都の方がいいのかも。
○モズアスコット
1600より1400の方がベターでは?

全く面白くない人気予想なのでこれ1点勝負。
あとは3連単で
△1、2、6、7、13、14、18
を3着欄に
ペルシアンナイトは【瞬5平2消0】で瞬発タイプ。
マイルの持続戦よりも1800〜2000で瞬発力問われるレース向きではないかと。
昨年は稍重で1.33.8と時計が遅かったのも向いた印象。

エリ女

スノーフェアリーが連覇してた時代は中盤があまり緩まず上がりが35〜37秒というのがスタンダードだったが近年はスローの上り勝負という傾向。
そうなると基本的には内有利前有利となる。
今年はプリメラアスールがハナか。
2016年に幸Jでこのレース逃げた時は緩めに入って3コーナーの下りからじわりと行って持続戦、なかなか上手い作りでジョッキーはこれをイメージしてるでしょう。
上位人気馬はイマイチ信用ならんので大波乱予想で行ってみる。
◎アドマイヤリード
あまり後ろ過ぎると危険だが16〜18をずっと使われてきての距離延長なので行こうと思えば中団でレース出来るはず。
ヴィクトリアM勝利後はパッとしない成績だが京都は3-2-0-1と大のお得意さん。
(ちなみに京都以外2-1-1-10)
久々の京都と距離延長で十分変わり身を期待出来る。
○クロコスミア
去年の本命馬
▲スマートレイアー
京都の外回りならとにかく買っておけという馬。
8歳で昔ほど斬れないので前に付けることが前提。
まぁ、武さんなら分かってるはず。
△モズカッチャン
△カンタービレ
この5頭でもいいが本命が人気薄なので
×2、5、12、13
と手を広げるかも。

JBCクラシック

浦島太郎は今年のJBCが京都開催なんて全く知らなかった(汗)

さて、京都ダ1900というと平安Sと同舞台。
1コーナーまでの距離が長くなってテン速め、3コーナーの下り坂、という2点からレースレベルが上がると瞬発戦にはなりにくいと思われます。
(平安Sは過去4年全て消耗戦)
消耗度の高いレースとなると内ラチで先行して我慢出来る馬…
◎センチュリオン
○テイエムジンソク→期待を込めての対抗
▲サンライズソア
△オメガパフューム

秋天

13頭立ての秋天は寂しいかぎり

13頭という少頭数、スローペース濃厚、速い馬場
この3点から考えると今年の秋天は「斬れるマイラータイプの馬」が有力と考えられる。

◎サングレーザー
○スワーヴリチャード

の1点勝負。
スワーヴリチャードはマイラーではないと思いますが安田記念では0.秒差の3着なら今回の適性は一番のような気がします。

菊花賞

新潟記念経由のハービンジャー産駒、ステゴ産駒だがササリ癖が3000mでは致命的では?、前走出遅れて不発(>先行しないと駄目ということが露呈)、という馬が上位人気。
今年は荒れる年の菊花賞という気がする。

◎メイショウテッコン
○アフリカンゴールド
▲ジェネラーレウーノ
△2、3、5、14、17
内に5頭いるが、松山君なんとかしてインベタで回ってきてほしい。
ジェネラーレウーノ本命も考えたが、今まで上り3位以内だったのは新馬戦と未勝利戦のみなので京都よりはやはり中山(有馬)で狙いたい。
アフリカンゴールドは前走1000万クラスだけが減点、今年のメンツなら頭もある。

G気妊妊爛襯疚軌なのか…大丈夫か?

秋華賞

競馬の予想をすればアーモンドアイは頭鉄板ですよ。
しかし、馬券とすれば「ギャンブルをするかどうか?」が問題。
競馬の予想は
◎アーモンドアイ
○ダンサール
▲サラキア
△パイオニアバイオ、ラッキーライラック、ミッキーチャーム

ギャンブルで
1列目 サラキア、ラッキーライラック
2列目 サラキア、ラッキーライラック、ダンサール
3列目 5、6、7、11、13、18
の16点を追加で買うかどうかだ。
Profile

本命ドリパス

またつぎがあるじゃないか

記事検索
Archives
Categories
アクセスカウンタ
アクセス解析
メールはこちら
時を越えて
  • ライブドアブログ