『競馬』という名の推理小説

犯人が誰だったかという結果より犯人を推理することのが楽しい、それが『競馬』だ。

秋華賞

◎ファンディーナ
○レーヌミノル
▲モズカッチャン
△1、2、7、13、14

単勝が売れて4人気だが連はそれほど売れていない
ここは頭から買いたい

府中牝馬S

ゲッカコウに大知騎乗なので4角手前からレースが動く方に目を張りたい。
となると今年のヴィクトリアMの1&2着馬は評価下げ、平坦戦のG気鮠,辰討い襯凜ブロス、クイーンズリングを上げという感じになる。
◎クイーンズリング
瞬発戦だった昨年のこのレースも制していてどちらの展開でも信頼はおける。
というかこの馬は非根幹距離の馬だと思われる。
根幹距離  1-2-0-5
非根幹距離 5-0-0-2
根幹距離では秋華賞2着はあるものの勝利は500万下の菜の花賞しかない。
1800mの今回は巻き返しが考えられる。
○ヴィブロス
▲トーセンビクトリー
△6、7、10、12

京都大賞典

◎スマートレイアー
○ミッキーロケット
▲サウンズオブアース
△3、8、12、15

毎日王冠

逃げ馬不在なのでテンはスローでラスト4F目から11秒台に入る瞬発戦になると思われる。
斬れる脚といったらメンバー中ではマカヒキになるでしょう。
春の2走とは条件が一転します。
不安なのはヤネでリーディング6位にはいますがどうも東京の瞬発力勝負では最近乗れていない印象でここは▲とします。
ソウルスターリングは瞬発力持続力ともに兼ね備えていて1番人気も頷けますがこのオッズとなるとちょっと過剰かなと、ということで○
◎はアストラエンブレム
東京18はおそらくベストな条件でこのメンバー相手でも通用するはず。
△は7、8、12と人気どころで以外の馬が食い込めるかなぁ。

スプリンターズS

とりあえず記し投下

◎レッツゴードンキ
○ダイアナヘイロー
▲メラグラーナ
△3、4、6、8、10
注シュウジ

それほどペースが速くならない気がします

オールカマー

混戦
このコース勝利経験があるのはマイネルミラノ、マイネルサージュ、ディサイファ、ツクバアズマオー、タンタアレグリア
◎マイネルサージュ
△2、4、6、7、8、9、12、13、14、15、16
手広く行ってみる。
馬連でオール万馬券、というか総流しでもいいやと感じてきた。

神戸新聞杯

今年のダービーはエイシンフラッシュの年の様な超スローの瞬発戦でレイデオロの勝因は向正面で2番手まで押し上げたことが大きい。
基本的には外回りコースよりも小回り向きだと考えます。
(ラップギアは【瞬2平2消0】)
今回のレースは14頭立てなのでダービー同様にスローの可能性もありますがダントツ1人気というほどの信頼には欠ける印象。
◎ダンビュライト
斬れる脚はないが総合的な能力はこのメンバーでも問題なし。
ダービーでは内で動くに動けず不発に終わったが再度見直しが必要。
早めに追い出して持続戦テイストなレースに持ち込めれば。

人気どころの組み合わせになってしまうが
○サトノアーサー
▲キセキ
△8、11
で行ってみる。

ローズS

思ったほど重い馬場にはなりそうもない
ハローユニコーンから振り回そうかと思っていたが厳しそうだ
◎ミリッサ
○リスグラシュー
穴は内枠の1、3、4辺りの気がする

セントウルS

【セントウルS】
G兇覆里忘Gはちょっとメンツがイマイチ。
ならば素直に実績馬
◎メラグラーナ
○ダンスディレクター
の1点で勝負する

【京成杯AH】
マルターズアポジーが飛ばしていくからスローってことはないはず。
◎グランシルク
○ウキヨノカゼ
▲ミッキージョイ
△11、13、16

新潟記念

◎ロイカバード
○ハッピーモーメント
▲アストラエンブレム
△2、10、14
Profile
記事検索
Archives
Categories
アクセスカウンタ
アクセス解析
メールはこちら
時を越えて
  • ライブドアブログ