2010年05月26日

時計師 失敗の回復法!

1005192




先週からの続き作業となったグルーエン 手巻き
調速部分とりん列は完ぺきに仕上げた。
お客様に電話して完成を告げた途端、ゼンマイ巻き上げ機構に異常が発生。

前回の平成6年に取り換えたゼンマイ交換が強すぎたのだ。
小鉄・鼓車が摩耗して滑っている。

巻き上げ機構の部品は見つからない。お客様へ修理の失敗を告げる。
時計師の一番つらい時間だ。
私の代で、グルーエンの時間が止まる。
1005261




1005262




失敗は連続する。
セイコーマーベル 手巻き
お客様の予算は10000円まで。

早速修理しながら部品の点検。各部品を洗浄して組み上げる。

作業の途中から故障内容が分かってくる。まるアナ車ネジ折れ。
これは何とか部品があった。

「天真折れ」テンプ・てん輪を支える一番肝心の芯が折れている。
これが今回のおもな修理原因。
久しぶりの天真製作だが、お客様の予算オーバーになる。

修理の失敗。
時計をくみ上げて終了。
天真が折れている面を上に向けると、元気良く動きだす。
ただし時計としては使えない。

「天真交換」だけで動く時計なのですが、部品がありません。
修理料金が見積もりよりも高く、失敗!このような作業が増えた。

「パステーおじさんでもダメなのでは、使うのをあきらめます。」
がっかりとしてお帰りになります。







1005263





時計師の失敗回復方法。
作業中の失敗。オロオロするときがあります。
過去、シャネルのガラスを割った。ディオールのブラックダイヤルに傷をつけた。などなど、時計師は無傷で育たない。

管楽器の演奏家の「ボレロ」。トランペッターのマーラー。失敗の甘い罠が潜んでいます。

時計師の場合、失敗をしてしまった!場合。

作業をやめられない!今作業をやめたら全体が壊れてしまう。
こんな時には、失敗の原因を道具のせいにします。
ドライバー、ピンセット、左利きの手。などなど。

失敗の被害をを最小限のレベルまでおさえて、作業を終了。
作業机から離れます。
ホワイトボードに向かい、失敗の分析を即座に始めるのです。
あとは普通の企業と同じでしょう。

落ち着いたら、出来るだけ早く回復すること。
回復のスピードが大切。いつまでも暗くならないようにします。

関西の「3マリ」を使います。

藤原まり 上原まり 政田まり 関西出身の3人に助けてもらっています。

藤原まりさんはチェロ。
彼女のCDを聴きながら演奏中 後ろにひっくり返ったなど、数々の失敗にもめげず頑張ってこられた強さを思います。
癒される藤原まりさんのCDはお勧め。

上原まりさん
「平家物語」ぎおんちょうじゃのーーー。しみじみ!
筑前琵琶の名手。
彼女が宝塚出身だったのを先日の新聞記事で見つけました。

家族からは珍種の動物を見るような眼で見られました。
「お父さん!ベルばらは知っているよね!」さんざんです。
とにかく、彼女の「平家物語」はお勧め。

失敗もいつかは懐かしく思える日がきっと来ます。

最後に政田まりさん
KBS京都ラジオのレポーターさん。
昨日は島津製作所の取材です。
元気で、それでいて独特の世界観。

彼女の話を聞いていると別な面から失敗の分析が出来ることがあります。
まず元気。よく毎日いろいろな人と会って話が出来るものだと感心。

私の一番の失敗。
以前にも書きましたが障害を持つ人たちのこと。

私の兄も障害者で、死ぬまで病院を出たり入ったりした人生でした。

障害者の人たちは工場の中で働いていることが多いのですが、辞めるひともおおいのです。
理由は面白くない。
仕事が単調でつまらない。理由でした。死んでしまった人もいました。くやしい。

時計店の修理部門に来る人に毎日の通勤ラッシュの中つらくないかと聞いたことがあります。
「工場よりまし、電車ではおされる、蹴飛ばされるけど、工場よりましです。」

全国チェーンの時計店で働いて15年ほどで、なんとか経営サイドまで上がった。
駅前に小さなメンテナンスショップを企画して、実際の障害のある人たちの職場をたくさん作ろうと企画する。
ところが、実際の障害者の社員から大反対されたことは以前に書きました。

「家にも障害者がいるのに、職場でも障害者の指導はつらい」

もうひとつ、実現前の失敗。
ヨーロッパ南フランスを参考にしました。
古い街並を守るための企画として、生前買取制度があります。

お年寄りが生きている間に住んでいる家屋を売り出すのです。
本人が亡くなったのち購入者が入居ができるシステムです。

1.本人が生きている間はそのまま住んでいられること。

2.購入希望者は実勢価格の80%程度の安い価格で、住居が購入できること。

3.売却金は生きている間に手に入るので、豊かな生活が送れる。
「お金があるので孫が遊びに来てくれる。」

これを、時計店の買い取りシステムに応用しようとしました。
後継者がいない時計店を廃業前に出資します。

「バーゼル国際時計フェア」を一度でも見ていただきたい思いでした。

その後は、障害者の社員を配属して働いてもらう目的です。

「親と役人」を頼りにするな!の時代に対応しようとします。

国は障害者の50%だけが障害者として認定している現実があります。
自殺、犯罪予備軍なのです。日本では非認定の障害者は600万人と推定していました。

 仲の良い役員に相談しただけでその案は一蹴されます。

関連会社に不動産部門もあり、評価額を80%も下げるシステムなどとんでもない話です。
南フランスのシステムを日本に持ち込むことなど私は大悪人なのでした。
日本の不動産とフランスなどの農業国の不動産では商品価値が違うのです。

古い小さな時計店を大切に考えることなど、もってのほかです。
「効率よく地域のシェアーを独占しましょう」が会社の方針ですから。

15年もかけて大失敗!
お客様や、メーカーの皆様に迷惑をかけてしまった。
退職した3年後に会社は清算されてしまったことで、私の大失敗は確定しました。

「推理小説の中に出てくる時計をください」
推理小説の中に登場する時計は、ほとんど正確無比!
どんな時代でも、推理小説の中のお約束時計はしっかりと動いて事件の時刻を知らせます。

お客様が持ち込まれる時計を、止まったままお返しする時計師は腕がいのか悪いのかはともかく、「お約束時計師」の失敗話はマル秘なのです。
小説ほど時計師の人生はうまくいかない。でも面白い!

























pastiche16 at 12:51コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月19日

時計師の洛北・初夏!

1005193







1005194





シャネル
私の写真技術ではこのモデルの気品があまり出ない。

今回は電池交換。美しい時計です。傷をつけないため修理は細心の注意が必要。

18金のケースです。軟らかい金属のためオープナーを使える回数は一度だけ。
一発でやり通す技術が必要です。

パール部分は作業前に布でカバーすること!油・アルコール類が付着すると変色することがあります。

京都の春とシャネルが似合う年ごろは一瞬。
それだけに大切にしたいブランドです。

この春、上洛した新入生のみなさん。この京都の気候にご不満なようです。
「氷雨の雨ばっかりでいきなり夏になった。猛暑じゃ!なんちゅうとこや!」

京都は夏と冬の二季の街なのです。春と秋がほとんどありません。
それで、ここに住んでいる人は日々の装いや、食べ物に春や秋を演出しているのです。
うっとおしい夏に着物姿の美しい女性が心をいやしてくれるのです。
京都のいいところっでしょう。

シャネルもあっという間に過ぎてしまう陽炎のような日々を見事に演出しています。
電池交換1000円作業時間10分で終了。








1005192




グリューエン
オーバーホール(分解掃除)で修理を受けました。
平成6年に修理がされている。ゼンマイとひげゼンマイを交換した修理内容だ。

ゼンマイが強すぎて長すぎて、香箱(ゼンマイが入っている円形の箱)いっぱいに詰まっている。
技術者の中にはゼンマイを交換したらOK!のようなところがあります。
貴重な時計なので、しっかりと基本を守って修理をしましょう。

12000円修理時間60分。
ただいま経過観察中。







1005191




タグ・ホイヤー
電池交換依頼。懐かしいセナモデルです。

モナコグランプリの事故以来、F1から興味がなくなりました。
電池交換。オープナーで裏ぶたに傷をつけないこと。
シャネルとは違い力が必要。

オープナーを思いっきりぐいっと回します。この力の入れ方でプロの技術者なのかが解ります。慣れない人は少しずつ力を入れますので、工具が滑ってしまうのです。







1005195




アン・クライン
旅行用に最適。ベゼルが回転するので時差を確認するのに便利。

電池交換とオーバーホールで8000円
「ロンダ」社のスイスムーブは金属部品ばかりなので修理が楽で楽しい。
一気に洗浄が可能です。時間も30分で完了。



1005196





1005197




フランスの掛時計と日本のオルゴール時計。
「1週間で2分も進む!」などのクレームが多く機械式の掛時計修理は、ほとんど受け付けなくなりました。

掛時計を修理する事で、腕時計の修理がほぼ一日できなくなるのです。
お断りの一番大きな理由は、修理しても使っていない、使用しなくなる事です。

「週一度のネジ巻きがめんどくさいのでほっといたら動かなくなった」
などの理由で再修理になるのです。これでは面白くない!

また、写真の日本製の時計、内部の部品はプラスティックばかり、わずか数年で故障したそうだ。
今回の止まりの原因はムーブ内の基盤接触不良。

設計ミスのようだ。何とも情けない現実がある。
二つの止まった時計を見比べるとデザインの力の差が歴然としている。
フランス製の時計は止まったままでも掛けていたそうだ。

「中国製だからかなあ!」
中国製だから不良品が出ても当然のような風潮です。ところが仕様書は日本人が造っているのです。日本得意の機械設計まで信用できなくなってきている時代だ。

京都は中国製品に対して歴史的な思いがありますので、ご注意ください。
「中国製品」から恩恵を受けてきた街なのです。中国製は高級品のイメージの街!

京都のほとんどの伝統産業は中国から渡来しました。
中国から帰化され、代々伝統を受け継いでこられた「家」もあります。

北京・精華など中国からの世界トップクラスの頭脳の留学生も多く今度、京都銀行に中国から研修生が来るとのことも普通のことのように受け取られています。

 パスティーシュ工房のお客様が留学中仲良くなった人を訪ねて中国で再会した。
など時折きかされます。中国旅行が楽しみだそうです。
「機織りの技術はすごい!
 異国情緒あふれる旅だった」そうです。

ところが、人文系・芸術系の分野は評価が低いため、生活が苦しい。「辛くて、あんないい子がが頑張っているのに涙が出た!」70年代の中国共産党の失敗と回復にはまだ時間がかかりそうなのも現実だ。

「3農問題」が早く解決し、中国内陸部が持つ技術と伝統の中国製品が復活。
ヨーロッパの伝統技術を圧倒する日が一日でも早く実現してほしいと思います。


日本では、宮崎県の家畜の問題が大変。
役人と民間の時間の感覚の差が表面化した問題だと思う。初期対策がお粗末。

役人の特徴「今度やろうと思っていた。」10日間ほど何もしなかった。
「目を閉じて何もしない何も見ない!時間が回復してくれる!」

こんな人ほど、責任を指摘された時に「怒鳴る・わめく」傾向があるので注意。
早期に発見した獣医の先生は悔しくてたまらないだろう。

今回の問題は、日本全国どこでも起こりうる。ただ、地方の役人のミスに膨大な費用がかかることが今後の課題としてキャッチアップが必要だ。

「日本のトキとジャーナリストは絶滅した。」これは京都の常識。問題解決にマスコミには頼れない。役人は時間がかかる。

どちらも人工飼育でやっと生きている状態なので、トキは中国に頼っているが、ジャーナリストはロシアから生きのいいのを輸入してほしい。

官房機密費の使途公開まで、何十年かかるかわからないのでとりあえずロシアのジャーナリストなら調べてくれそうだ。彼らは命をかけて頑張っている。

日本のジャーナリストは秘密を墓場まで持っていくそうなのでただのテレビタレントだったようだ。これは「サギ」トキではない。

とにかく宮崎の皆さんは頑張ってほしい。「新鮮な魚」と元気な人たちの街、海岸沿いをドライブした思い出は一生忘れません。
また、舟時計の優秀な製作者がいた町。

パスティーシュ工房は明日もずーっと元気です。












pastiche16 at 16:21コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月12日

時計師の失敗!スピード!

1005121





人気のディ―ゼルウオッチ。

ケースがアクリル樹脂製。裏ぶたスクリュウー式防水。
オープナーで強く回すとケースが樹脂のために割れてしまう。

細心の注意が必要な電池交換でした。
少しのミスでもケースに傷をつけてしまいます。

時計を固定するホルダーには傷がつかないように緩衝材を当てて、作業開始。

5分ですべての作業を終了。電池交換1000円。
今週のテーマは、スピードです。





1005122








1005123




グッチの電池交換。1000円
ドライバーの先をねじに合わせるように削り加工する作業から開始。
幅と厚みをグッチのねじに合わせる。

カルチェは頻繁に修理が多いので専用のドライバーを用意していますが、グッチは久し振り。5分程度で作業終了。

ネジが錆びついているので慎重に始める。
ケースの裏ぶたについているシール。
販売時の傷防止シールなのですが、お客様の中にはつけたまま使いたい人も多くはがさないようにする。

ステンレスの特徴でシールの外周からさびが発生するのだが修理の際は差のままの状態にして進行。シールがじゃまで面倒。

ドライバーが用意できたらすべてのネジを1回り程度緩める。
その時にネジから、錆ホコリが出てくるので丁寧に取り除く。

一気にすべてのネジを取りはずしてアルコール洗浄。
裏ぶたを外し防水パッキンをシリコンケースに移動。パッキンの掃除だ。

裏ぶた内部についているホコリ・錆を取り除く。

電池交換。必ず電圧など一連のチェック完了する。
あとは普通の電池交換と同じだが、最後にネジを締める際は均等に締め上げることに注意する。

10分以内で作業を終了すること。
作業中に内部にゴミが入る為、スピードが要求されます。







1005124




1005125




2か月ほどかかった修理。7万円以上の修理料金になってしまいました。
部品が見つからなかったのです。

それでも一般的な高級時計では早く出来た部類だ。

高級時計の修理について、どのように指導されてきたかよく聞かれます。

時計の技術者見習いで入社すると「見て覚えろ!」
などと言われたことはほとんど記憶にありません。私が指導した人にも言ったことはないと思います。
私が左利きなので特に私の作業のまねをすると時間の無駄です。

ある時、時計の売り場でぼーっ立っていた新入社員がいました。
何をしているの?
先輩の皆さんの働き方を「見て覚えろ」と言われました。
居心地が悪そうです。

すぐ店長室に行って店長を呼びつけて厳しく注意します。
説明指導することにエネルギーが必要。また時間もとられるので一般の社員は新人の指導を嫌がるのです。

多くに人が勘違いをされています。
「見て覚える」事が必要な時は、高等な作業が何度やっても出来ない。失敗の連続。
神様にでもお願いしようか悩みます。
「もう一本腕をください!指をあと10本ください!」

そのようなときに先輩の作業を盗み見します。
後ろから背後霊みたいにくっついて見せてもらうのです。

それが「見て覚える」ことだと思います。つまりマンツーマントレーニングの事です。

売り場のレジは「見て覚える」ことなど絶対にできません。
触って覚えていきます。
「見て覚えろ!」と言われたら、「ほったらかしにされたと同じ意味!」こいつはあほじゃ!と思うことでしょう。

時計のしごとの基本!

お客様が持ち込むすべての時計に「最大の敬意」を払うこと。
それは安い1000円で販売したものでも同じ。

お客様から愛用されている幸せな時計。まして、お客様がお金をかけてもまだ使いたい時計なのです。

時計店の優先順位一番には持ち込まれた修理品の時計なのです。よく売れる新製品ではありません。
特に修理品は大切に取り扱います。

必ず大事な時計を持つ時は必ず両手を使うように指導されるのです。片手で持ったら落とします。

新人社員に「時計に敬意」を払う指導ができたら店長さんは合格です。









1005126



関西と関東ではスピードが違います。

官僚になるのだったら東大に行けばよかったのに。
公務員志望なら地方の国立大学に行ったら?

京都の大学生の基本的な考え方でしょうか?
最近の不況でも変化はないようです。

海外赴任などで、日本の公務員の弊害の歴史は痛いほど経験します。
海外の人と一緒によく出てくる会話。歴史認識の話。

第二次世界大戦前夜は特に人気内容だ。
日本の失敗。
翻訳に時間がかかり過ぎて、今でも日本人の真珠湾攻撃はだまし討ちの卑怯者呼ばわりされる。

当時、大使館の現地採用ネイティブを全員帰宅させ、日本人だけでとろとろと翻訳していた結果 攻撃開始時間に遅れた。

現地採用の職員を帰宅させないで作業をさせていても同じ結果になったようだが、
その時は「サボタージュによる遅れが発生」と責任を回避できたと言われる。

アメリカサイドの(日本を戦争に追い込んだ酷い)要求も追及されずに終わる。
日英同盟を分断させたアメリカの戦略技術もすごい。

また、真珠湾攻撃は失敗だった。
一度だけの攻撃で、2敗目の波状攻撃が用意されていたのに「チキン」艦長のおかげで攻撃は中止。主力空母は温存。弱気になったら負けです。

ミッドウエイの大敗北も同じ艦長。
アメリカのユニフォームを着ていた人がこれだけ多いと勝てません。
1回の表に1点とって、あとはコールド負け。

問題は、この責任はだれも取っていない。
海外の赴任先で時折いやな話が出てくるのは覚悟しましょう。

その2.日本で「大店法」があったころのお話。
店舗を出店する際にはその地域の県庁に行って申請書を提出するきまりでした。

約束の時間5分前に入室。
担当の人は椅子の上だ。寝ている。
約束の時間になっても寝ている。

恐るおそる声を掛けて起きていただく。
「なんでした?」
三条申請の件なのですが、、
「あそこにおいといて!起きたらやっとくよ」
ここでお待ちしていてよろしいでしょうか

「いつ出来るかわからないけど、暇ならいいよ!」
いえ!急ぐのですぐお願いしたいのですが?

このように、時間がどんどん過ぎていくのが公務員。

関西では話す会話のスピードが早い。頭の回転も速くし、会話についていきます。

「私のしごと館」の時計講師をやっていたころ、関西の団体にはスピードを上げてテンポよく話します、生徒達が寝てしまうのです。退屈するのです。

関東の皆様にはゆっくりと話します。「早口なので何を言っているのかわかりません」地域に合わせてスピードを変えていました。

関西人の持つスピード感覚は「公務員」の仕事には不向きでしょう。
ピンセット1本購入するだけでも印鑑10個以上の承認が必要な組織では「経済戦争」で大敗する事でしょう。

「官僚になるのだったら東大に行ってよ!時間の無駄でしょ。」
京都時間を大切にしましょう







1005127




勤めていた「ウオッチマン」を退職した折、関係者に案内状を出しました。
返事があったのは、日本の関係者からの返事ははゼロ。その年の年賀状もゼロ。
半ば追い出された状態でしたのでしょうがなかったとも思います。

海外からは逆に、全員返事がありました。
「君の語学力と私の技術力で世界中の女性を制覇しよう!」マルセイユのドン・キホーテ
など、少し勘違いしていましたが日本人社会の環境には驚きました。ヨーロッパの自殺率の低さはこんなところにも出ています。
「ウオッチマン」潰れなかったら、今頃はヨーロッパでアル中になっていたかもしれません。

個人主義のヨーロッパ。
悲惨な歴史もあります。
あまりに悲惨でこの本を読み終えるがつらいものでした。

「アンネの日記」のアンネフランクが収容されたベルゲン=ベルゼン。
「アンネの日記」の続編としても価値があると思います。

私は戦争体験は自分の両親からしっかりと聞いた世代です。できれば忘れたい。

今でもしっかりと事実に向き合っている人たちがいると思うと、静かに感謝したく思います。
私の父親に無責任な戦争のことを責めていました。
「どうして、負ける戦争を始めた?」

私たちの世代は次の世代から攻められると思います。
格差社会のこと、(毎年3万人以上自殺する社会のことを)責められると思います。
「フランスでは暴動を起こしたのに、日本は進んで格差を広げた!」
ジジイは何もしなかった。

最近の悪「夢」
白い砂利がひかれている。大きな神社か、御所のような広場。
向こうから嫁さんがチェロを抱えてやってきます。

広場にはイスが2脚。向かい合わせに置かれているので楽譜はその上において演奏ができます。簡易演奏会場の出来上がりだ。

いよいよ、得意の「愛のあいさつ」「白鳥」と弾きだそうとするとき、観客を見る。

皆様がやさしい顔ばかり、いい演奏会ができそう。あれっ!皆さん、足もとにはトリアージュがひらめいています。

そうか、ここは、総合避難所なのだ!懐かしい白衣の先生もいます。
どこかからビニールのテープが飛んできてなかなか演奏できない。

足に巻きついたトリアージュを見るとお客様の札は黒い。全員黒い札ばかりでした。
どこかで災害が起きたの?

うなされて、目が覚める。夢だ!よかった。

演奏できなかったのは残念でしたが、さわやかな気分の朝でした。
夢でよかった。
今週はパステーシュ工房。昼寝が出来ないくらい忙しかったのです。ぷー!









pastiche16 at 13:36コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月05日

洛北の失敗時計師!

1005051




カルチェ!!がやってきました。
洛北は今年も相変わらず冬からいきなり夏に早変わり。
時計の修理も冬期対応の修理から夏に切り替えます。

ベルトの洗浄もしっかりと防水機能に気を使います。

写真のモデルは裏ぶたがネジ止です。ネジのあったドライバーで開けること。
ネジに合わないドライバーを使用すると簡単にネジは壊れます。

ネジに合わせたドライバーを作れるようになると意外と簡単な作業となります。
エルメスも最近裏ぶたがネジ止に変わりつつあります。

専門の修理技術者でないと作業が出来ないようになってきたのでしょうか。
最近、裏ぶたが開いたままで、閉められなくて持ち込まれることが多くなりました。

この不況で、お客様からの電池交換を自分の店でやってみて失敗したようです。
裏ぶたを開けることは意外と簡単、閉めて防水機能を今まで以上に機能させることが難しいのですから、危ないと思ったら技術者に任せることだと思います。

特にシャネル、ブルガリは避けたいものです。
シャネルはガラスを割ってしまう。ブルガリはベルトを壊してしまいます。
壊してしまった時計を持ち込まれることもありますが、驚くほど手遅れのパターンが多いものです。

1005052




ジョージジェンセン
北欧のデザインは私も気に入っています。
少量生産なので日本ではあまり見かけません。

ワンピース構造。リューズを引き抜くタイプ。
堅いので思いっきり引きます。エベルスポーツと同じ要領ですがエベルより度胸が必要。
強くひき過ぎて巻真を折ってしまったら北欧修理となってしまいます。





1005053




裏ぶたのデザインまで可愛い時計です。
ワンピース構造のため汗かきの人は安心です。
夏場のお勧め使用時計。




1005054





セイコークロック
他店で修理後に持ち込まれた時計。
なんとも悲惨な状態でした。

文字盤を取り付けるネジがプラスネジ。
時代考証を考えないでただ動くようにする修理内容でした。

プロが壊した時計ほど手の着けようがないものです。
回復が不可能に近いので、とりあえず時計として使える程度の修理。


 工房には観光客はほとんど来ませんが、不思議と見学される方が増えました。

ハッピーリタイヤされた人など、ご夫婦で来られます。

「退職後は京都に引っ越して京町家に住んでみたい」
こんな希望の方に京都の状況を説明しましょう。

京都の製造業はチャイナコストにやられっぱなし。

ほとんどこの3年で中国へシフト完了するでしょう。

団塊の世代が大量に退職。その穴埋めは中国工場の中国人がしますので、京都を含め日本全体が大失業時代に入ります。

特に定年退職後80歳まで約1億円の生活費がかかるそうで不安。
また、昔は金の卵を生み続けた鶏でも、卵を生まないようになると捨てられます。

「コンビニで買ってきたおにぎりとお茶おいとくよ!」
「お父さん!隣の奥さんと芝居見物に行ってくるからね!夜までおとなしくしといてね!」
市場原理主義は奥様達も巻き込んで浸透しました。
お父さんたちは離婚されないだけ「まし」です。

恐怖感を感じたお父さんたち、京都での生活をお考えの方が増えます。
京都は歴史の街。60歳くらいから知的に楽しめる街。

京都上洛の現状。
職探しから始めます。失業手当の手続きもあります。

.魯蹇璽錙璽を使って」職探し。

公務員と民間の大きな差は「スピード」です。
やっと職が見つかる頃には介護サービスを受けるお歳頃になりそうです。

ピンセット1本買うのでも、1月以上かかる公務員。役に立ちません。

∪治家頼み
京都の政治家はほとんど東京で生活しています。
「そんな田舎のこと聞かれても!しばらく帰ってないからねー」
ベランメー調の江戸弁が帰ってきます。

ただし「政治評論家」はテレビのディレクターの指示通りお話しすると官房機密費がもらえるらしい。

寺社仏閣頼み
京都の寺社は「畏れ敬う」ところで「お願い」するところではない!のです。

そこで、夢破れてパスティーシュ工房にやってきます。自営を考えます。
「こんなオヤジでもそこそこ稼いでいる じじーじゃ!」

パスティーシュオヤジを見て自信が付きます。

「おらもやってみるか!」

京町屋を利用しよう!とおもいます。腕に覚えのある人あつまれ!
ところで失敗時計師のお勧め失敗編。

ヾ儻地は避けたい
京都にやってくる観光客は関東人、または若者。
「マナーは最悪」を覚悟しましょう。

せっかく仕入れた楽焼。ガチャガチャ、シンバルみたいに叩いて「磁器だ!」
もっと凄いのは漆工芸品まで爪ではじいて何かを確かめている。
「うるしだ!」

飲食開店編ー「千と千尋」の豚みたい!な食べ方。
京都の人は口の中に食べ物が入っている状態では「うん、うん」音を出さない。
「くちゃくちゃ」とうるさい。

もっと凄いのはバカ舌!
「味がない!」大騒ぎだ。

あの権太呂の「そば」に大さじ2杯の濃口醤油を入れてちょうどいいくらい!
そこそこ生活はできるけど面白くない。

学生相手の開業。

京都の大学生は2回生までがマーケットの対象。
三回生からは就職活動でほとんど東京住まい。

また、夏春冬の休みが長いのでほとんど京都にいません。
お客がサーッといなくなる。磯のカニみたいな学生街です。

私にもできそう!豆腐・漬物・お風呂屋

京都のおいしい水を使った仕事。
60歳から始めて3年つずいたら奇跡!「重労働」です。

私は学生時代に漬物やさんでアルバイトしていたので痛いほどわかります。

おいしいものには苦労があります。寒いし、暑いし、重い。
すぐ腰がダメになります。
このお仕事の人には感謝しています。

京町屋を利用して営業する人が増えてきました。

生活危険編
.乾ブリ、ネズミなど代表として、昆虫図鑑を見ないと何の虫かわからないような生き物が出てきます。
特に家族に若いお嬢様がいるご家庭は注意!
「キャーキャー」いいます。虫よりうるさいのです。

▲縫イ・煙は出さない。

焼き肉・バーベキューは基本ご法度。
火事について神経質です。「火事」が怖い密集地なので、
防火訓練はあちこちの町内でやっています。

訓練内容は北陸の金沢市よりもハードで、回数も多い。
「何人以上出てください!」

また町内会長の役が回ってきたら、町内の人が町家の中のどこの位置で何人寝ているのか把握したいほど真剣です。

イザという時のため新入りの人はいろいろと聞かれますが我慢しましょう。

ところで、町内会長の依頼があったら受けてほしい。楽しい経験でした。

会長になったら、町内の昔から保有している文化財のような資料も一緒に預かることになります。
行事も楽しい貴重な一年。あっという間でした。

ただし、こどもの日・海の日など煙が出ても「ああ、今日は子供の日だ!焼き肉の煙だ!」安心できる日だけOK!
それで、町中に焼き肉店が多いのも京都の特徴。

「京町屋」を見つけたら、まず住んでみて、3年ほど開業は控えます。
営業を始めたらほとんど休めません。

その間に京都の醍醐味「市」を充分楽しんでほしいのです。

 お客様から教えてもらう為に手造り市などに出店する人が居るほど、京都の人はものを作る人にはやさしい。
また、京都の作品レベルの状態がよくわかると思います。

工房では、手造り市で買ったへなちょこ時計の修理も喜んでやっています。

またアンティークの時計などの逸品が5月ころが一番出回る季節。

今月は「やすらい祭」「葵祭り」「百万遍の手造り市」と、楽しみいっぱいの京都です。
最後に
西陣地区のおうどん屋さん。
ハシでつまむと、簡単にちぎれるくらい柔らかいうどんが特徴です。
「腰がない!」と怒らないでください。
昔から柔らかいおうどんが特徴。
出前を取るとカゼ薬のカイゲンが上に乗っていたころもあります。

食文化の違いも参考に御上洛を楽しんでください。












pastiche16 at 12:26コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月28日

時計師の失敗!悪夢の連続

1004281




写真はT・HEUERとポールスミス。
同じユーザーからの修理依頼です。
防水時計として使用しているのですが、防水時計としての構造はまったく違う時計なのです。
ホイヤーは200メーター防水。ポールスミスは生活防水を少し強化した程度だ。
問題はリューズの構造にあります。
ホイヤーのリューズはネジ止めの構造。ポールスミスはリューズパッキンのゴムで水を防ぐ構造。これが3箇所なので防水性能は落ちる。

今回は、ポールスミスが水入りの修理。
お客様の依頼は
「電池交換で動くのであれば修理希望。オーバーホールが必要なら修理は中止」希望。


1004284



ポールスミスの時計に入っていた電池。リューズ部分からの入水によるさびが発生していました。
電池を交換、文字盤のくもりを乾燥させて、2000円
本来なら分解掃除ですべての部品を乾燥させたいしたいのですがユーザーの依頼により「とりあえず動く」までの修理。
ホイヤーの時計と併せて3000円の修理料金となりました。

特にスポーツタイプの時計は、使用目的によって防水性能が違うのでこれから増える季節の修理になります。

まず水が入ったら冷凍庫に入れて錆の進行を止めます。
自分の都合のいい日に工房へお持込みください。
修理料金がまったく違ってきます。

1004282







日立の掛け時計。機械交換・針軸交換3000円
綺麗な木組みの掛け時計。
「このような立派な時計は残して次世代まで使っていきたい。

セイコーの機械に交換したのであと20年ほどは安心して使えそう。




1004283






このところの寒い春です。
北の国の春を思い出します。
盛岡では、例年入学式になるとドカ雪が降ります。

車道からはね散らされた雪解け水が、新しい制服にドシャッとかかります。
親子でずぶぬれになって、入学式。

スイスでは、出稼ぎのイタリアのおばさん。「スイスは寒い、スイス人は内から寒い」
わたしを見て両手をあげてお天気を呪っていました。

その、スイス人から「ノー・フローズン・ブラッド!」血も凍らないほど冷たい奴だ!と言われた不凍液みたいな血液を持つ私は、スイス人よりも寒いのでしょうかね!


この春 都落ちされた学生さんからのお便りが時折届きます。
就職が決まらず、高い生活費がかかる京都から一時帰郷された人が特に多かったようです。

ボクシングで言うとスリップダウンのような状況でしょう。

本当に戦ってダウンしたのなら悔しくて即座に立ち上がれるのでしょうが、
スリップダウンは情けない。
本人のスキルが低いのではなく、リング上が氷で作られているのだ。

いつか必ず強敵のライバルが現れることを信じましょう。
「生きているだけで評価したい」思いです。

「人の幸・不幸はその人の死後でなければ判断してはいけない」モンテーニュ
。随想録より。

今日は悪夢のお話。
時計師が見る悪夢。ロジカルシンキングだけど、現実味に欠ける。

‘暫爾砲△觴動販売機。ふっと 下を見ると時計が落ちていた。
オメガだ!あれっロレックスもある。
地面を掘ると続々と時計の銘品が出てきた。

両手にいっぱいの時計。「これで今日の仕事が出来る」嬉しい悲鳴だ。

この辺で夢から覚める。
「さっきの時計たち。メーカーから部品の供給がないものばっかりだった。」

悪夢その
久しぶりの差し入れ。両手にケーキを持って京都店へ。
今日は自分の仕事が早く終わったので店舗の視察。

「エスカレーターで7階だ!」
「店舗がない!」小さなテーブルに申し訳なさそうに百貨店の人2人が案内のために座っている。
エスカレーターで何度も上り下りを繰り返しても店はなくなっている。

数年前の現実の出来事が未だに夢に出てくるのです。

悪夢その
「セイコーの時計が3時をお知らせします」
ニワトリがちらっと映っているCM。
今日は6月10日。時の記念日だ。
「久しぶりに時報広告を出したんだ。」懐かしく喜んでみている。

その後、セイコー営業担当の高橋君があらわれる。商品をどっさりと抱えている。

「時計がこの3日まったく売れなくなったのです。ヨドバシもビックも全滅です」私物を段ボールに入れていたのだ。私の責任のようだ。

私が開発したらしい名産「蜂蜜サプリ」。「美容と健康に」のコピーで総花的なメーカーと同じ、お年寄りから若者まで取り込んだ。

セイコーのブランドで売り出た事が原因らしい。
全国の時計商組合5000店舗でレジの横に置いてあるサプリが売れたようだ。

みんな怒っていた。次々現れる営業の人が棍棒を持っていた。

「君が開発したサプリが問題だったのです。蜂のDNAが人体に混入。人類の体内時計がミツバチの持つDNAに変化した。さっきのCMで、人体が時刻を把握しました。要するに、電波時計が脳内にあるようなものです。

おひさまがある限り人類は太陽の位置から方位と時間が読み取れるのです。もう人類は時計は必要なくなってしまったのです。私たちは廃業です」

カシオの川辺君が怒っている。
「研究していたGPS開発も中止。さらに問題は夜間勤務の人たちが一人もいなくなったのです、全員、太陽が沈むと家に帰って寝てしまうのだ。」

とうとう私は会社から追い出されたところで目が覚める。

お酒は京都の「月桂冠」飲みすぎると悪夢を見る。
時計師の夢は尽きることはありません。

もうすぐ連休。パスティーシュ工房は水曜日がお休みなのです
お隣の自転車のお店「小林少年」はカレンダー通りのお休みで、お話し相手がいなくなる連休なのです。






















pastiche16 at 12:32コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月21日

時計師と五月病

1004211




国産時計のトップクラス。
和光のオリジナルだ。
リング部分に白いオーストリッチが上品です。

梅酢、レモン酢がなぜ時計の修理工房にあるのか?
銅・真ちゅうなどの特殊金属磨きで使いますが作業が面倒なので現在はあまり使っていません。

国宝級の銅細工など、被膜を傷めないよう薄めて使用したりします。

今週は五月病。がテーマ。



1004212




この寒いのに、いつもの強敵が現れた。「初もの」だ。

今年もバトルが繰り返されることだと思うと「ワクワク」します。
同時に5月病もはじまる。

時計師の5月病は重症になることが多い。

何気なく入社したが、先輩の技術にはとてもついていけない。
大体、時計の部品が見えない。
ピンセットで掴めない。顕微鏡などでいつも船酔い状態だ。

このようなことが原因で自分に自信がなくなることは昔からありました。過去の5月病。

現代の5月病 

〃弍鎚針が目先の利益確保のみで、長期計画がない。

親会社からの出向役員「天下り」わたりさん達による経営は公務員だけの話ではない。

メーカーとの交渉現場などで、新入社員がワクワクと期待する仕事は原価交渉だ。

所が、経営者は短期で利益が出る販促費を要求する。3年一期の間で結果を出したいのだ。
取引先は喜んで応じる。
要するにベースアップと一時金の解決方法の違いだ。

短期サイトの視点で経営されると新入社員が育たない。

「パステー君!ネットを下げたら、在庫分の原価も全部下がるじゃないの!将来のことはは関係ない。現金をもらってください!現金を!」

3年後にやってくる社長・役員の数億に上る退職引当金を確保するのがバイヤーのしごと。
「3年やったら蔵が建つ」のはバイヤーでなく「わたり」の社長の話だった。

派遣社員(3年後派遣法改正実行まで)

3年後正社員に採用されるらしい。このようなうわさが嘘だとわかる時期です。
3年たったら契約解除。

新入社員を採用し、しっかりと教育します。

「将来は上場したい」「親会社の組合に入れる」なども天下り社長のでたらめのリップサービスが多い。新入社員にも嘘はすぐにばれている。

「コンプライアンス」をよく口にする経営者が危ないのです。

すぐ隣の席には本物の天下りが新聞を広げてあくびをしています。
「若い人は希望を持って働いてください」
私はこの集団からこんな風に励まされたことがあります。

職務内容が原因の病気

「自社の新人は販売現場での研修を務めていただきます」

何の教育もされず量販店に派遣されて、量販店の派遣社員から邪魔者扱い。
もっと悲惨なことは先輩に30代の人もいる。

別な新人は海外工場勤務要員で採用されたことが分かった。
団塊の世代の帰国のためだ。20年間中国勤務決定だ。

帰国した50代の社員も病気がひどい。帰国したものの、日本になじめず、またまた量販店に配属される。
家庭では席がない。
「空いていた席に座るとペットの犬にかまれた。犬にも邪魔者にされた。」

げ饉劼侶侘鮑松痢
パスティーシュ工房に来た九州出身の女性の話。
「京都の老舗。家族的雰囲気経営です。」すぐに飛びついた。

経営者は大阪人でした。がっかり!京都人と大阪人ではアナゴとウナギの違いくらい大きい。

入社後すぐに家族の為の洗濯物、掃除から始まる。
離職率が高いために九州まで求人を出していたのだ。
修学旅行生専門旅館の力仕事だ。「何が京都じゃ!」

「5月病」対策。
家電業界は地デジ対応テレビブームが終わると最悪期に入る。
コンクリートから地獄行きのゼネコン。
などなど、悪い条件が重なっています。

「どうしてこんな、あほ!ばっかりいるのじゃ!」
時々怒ってみましょう!



10019




五月病になったら「独立開業」を目指してください。資金を集めましょう。
夢を見ましょう!近未来の優良企業!

・「電動人力車・カゴ」 MKタクシー怯芯造呂香1本単位で計算します
   お茶会出席など着物が似合う乗り物。

・「電気リヤカー宅急便」 佐川急便供‘L遒痢屬箸Δ奸廚眇紊呂海椶気困貿枌。

昔、「これお駄賃や!」タバコとかコーヒーとか頂いたものです。懐かしい。

・「夜泣きそば」 電磁リヤカー 天下一品(京都産業大学仕様)ケプラー式望遠鏡がセットで1000円! ノーベル賞号(クオーク替え玉あり)!

・ゼネコン竹中工務店供 屮灰鵐リートから土へ」。酒米で海外進出。ワインやら難しいことをやるから失敗する。キッコーマンに頼んで酒造りだ。
竹中工務店の「音楽奨学金」のおかげで応援者多数参加!


・「フェリー業界」
―病院フェリー聖ロカ病院の日野原先生を乗っけて全国港めぐり。

ー楽団フェリーN響はもとより大阪の赤字楽団お勧め演奏会。音楽に乗って酔いましょう。「今年のビータはチャーター船であなたの港に行きます!」

夢は膨らみますが、早く電気バイクが出来てほしいと思います。
工房前の車道がバイクの騒音でうるさい季節になりました。トホホ。

ゴールデンウイークは暇していますので、暇な人は遊びに来てください。
水曜日だけ、お休みです。

6月10日は時の記念日!「近江神宮」スペシャルデイ!
その前に「やすらい祭」「葵祭り」と楽しみいっぱいの西陣。
5月病は吹き飛びます。財布の中身も吹き飛びます。5月病スパイラル!なのだ。













pastiche16 at 15:39コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月14日

時計師の失敗!チャイナ プライス?

1004141



写真はセイコークロック KS520
キッチンクロックのヒット商品でした。昭和61年に購入約25年間活躍。

従来の掛け時計はラーメン屋さんなど飲食店の調理場では、時計が油まみれになりすぐに止まってしまう。
このモデルは待望のキッチンクロックとして登場。
ネジ式の裏ぶたが機械をしっかりと守っている。

25年で初めての修理。よく動いたものだ。
「修理料金機械交換で3000円になります」と、お答えする。
3000円以下では採算が取れないのです。

「げっ!3000万円もするのか?そんなら、いらんわ!」
高いな!とぶつぶつ言いながら帰っていきました。

掛時計3000円の修理料金が高い時代なのだ。
今週このようなお客様が3人続いた。

この機種のお勧め後継機種KS441が定価5000円。
ヨドバシ・ビックカメラの量販店ではでは4000円弱で買える時代なのだ。

3000円の修理料金と4000円の新製品では新製品の方がお得感があるのだ。

今日の話題「チャイナプライス」
現在クロック業界はほぼ100%中国生産になっています。

10年前バイヤーをやっていたころ年間三億円ほどの仕入れ、セイコークロックとシチズン(リズム時計)が国内2大メーカー。

中国生産に移って価格がどんどん下がっていきます。
価格が下がったものの販売点数が増えない。

このままでは、クロック業界は百貨店から追い出される。
「私の店舗で価格の安いクロックの取り扱いはやめたい。」
各地の店長からの意見も多くなります。

クロックのメーカーに「チャイナプライス」の危険性を訴えていたころもありました。あれから10年たちます。

日本と中国の人件費比率等、地代比率、労働生産性、出店コストはみなさんご存じ。
これに対する対策は無策の10年間でした。

日本で「チャイナプライス」の対策が無作為だったために、現在があります。

.泪好灰漾Ε瓮妊ア
戦前は「勝った勝ったまた勝った」大本営発表
戦後、「一億総懺悔」で、経済界と軍部・戦争責任者の責任をまんまと逃れた。
敗戦後
外務省機密漏洩事件の大スクープ「西山毎日新聞記者」問題を、男女間の下世話な事件にすり替え。
最近では、「行財政改革 骨太の方針」などで、蟹工船よりひどい「派遣社員」を生み出した。

∋碧
戦前の特高と現在の地検はそれほど変わらない。
戦前は共産党・公明党の代表に人たちが獄死するなど悲惨な時代だ。

現在の東京地検も同じ民主党の人たちを片っ端から逮捕する。

戦前と違うところはマスコミ操作「天の声」が、全国に報道される。

渋いカシミヤのコートを着た地検の人がさっそうと悪者「小沢」事務所に向うところが報道される。

自動車・電機の経済界は「いつでも・必要なだけ・安い」都合のいい労働者が必要なのです。

「チャイナプライス」に対抗するためには中国の人たちのように、一日休んだら3日分の給料をペナルティとして引くようにしたい。

それで、「命を守りたい」とか、「戦争反対」と唱えた創価学会の指導者の人は抹殺されるのだ。

共産党は先日の京都知事選挙の結果。惨敗。
優秀な候補を立てても勝てない状態だ。今のところ共産党は安全パイなのです。

公明党は、先の衆院選で大阪の優秀な候補者が軒並みいなくなりました。これも安全パイ。

「おそれあり」は民主党のみ状況です。
CM収入で高給を保つ為、生き残りをかけてマスコミと、天下り司法は一斉に攻撃するのです。
チャイナプライスに対抗して安い人件費で対抗しようとする経済界の恩恵で生きている産業なのです。

こんな人たちも出てきた。
「立ち上がれ!ち○○こ党」
おじいさんたちのバイアグラ党。

後期高齢者に「バイアグラ無料配布」がマニュフェストだ。

早速、マスコミの親玉の所にあいさつにいきます。
「今度の参院選に生きのいいタレントを貸してほしい」

「三国連太郎さんが年頃も丁度いいのだが、本人が嫌がるので、四国連太郎さんではどうかね!」
「フェリーの船会社のために四国県民を見捨てた四国の知事さん達に受けると思うよ。どうせ彼らは東京出身だ。ほとぼりが冷めたら東京に帰ってくる」

そのあとに、裕次郎のお兄さんに名前を付けてもらい「東京 巣鴨」のおばあさんたちに受けたいようだ。

もともと東京の麻布の校歌を歌いたい人たちのお仲間でしょう。
「昔は、よかった、よかったよー!」の大合唱。
チャイナは文化大革命の時代。

昭和のいい思い出にもう一度東京オリンピックをやりたい!

立ち上がれ東京!党。
「チャイナプライス」の問題は、「目を閉じてなにもしない!」
そのうち、近いうちに天国からお迎えが来る。

この春就職できなかった学生さんたち皆さんのスキルと就職状況とは関係ないのです。
「派遣労働者がいなくなると、競争力が低下するので中国に工場を移す」
無能なトップが多いのです。
ここはじっくり、ヨーロッパの物造りを参考にしましょう。








1004142








スイス「ポケットウオッチ」クオーツ
すっきりとした文字盤。スイスフランと一緒に時々値上げになる。
ヨーロッパの製品に対する基本姿勢。
「モデルチェンジはやらない。」






1004143









日本では絶滅しそうなポケットウオッチの市場。
横から見ても優れたデザインです。






1004144









3冊で8600円もします。図書館から借りましょう。
時計師の一般教養お勧め。
これからライバルになるヨーロッパ人の思考方法と歴史がわかる。
難解な日本語の文章は何とかならないか?

翻訳したくなるが参考文献などの知識はすごく参考になります。
5日間で完読。あちこち参考文献を引っ張り出しながら読むので時間がかかりますよ。
チャイナプライスに「付加価値」で対抗しようとするメーカーもたくさんありますので職場探しはじっくりとやりましょう。







pastiche16 at 12:14コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月07日

時計師の失敗!洛北の春

007





セイコーワンピース構造
セイコーの時計にもワンピース構造の時計があります。
防水時計のチャレンジの歴史の注目。
1003315





この春から京都に上洛された皆様に京都案内としてお勧め。

特に立命館大学の入学された人たちは衣笠校舎に界隈の描写が昔と変わりのないことに驚きます。
立ちゃんの先輩の作品です。

「なんでこんな田舎に若いもんがいっぱいいるのじゃ!」
衣笠界隈は不思議な空間です。







1004071





ロンジン(クオーツ)
ロンジン得意の複雑時計。クオーツでも複雑時計が作れることを証明した作品。
日本未公開だった。海外で購入。
以下3点は一人のオーナー所有。


1004072




ラドー 自動巻き。

初心者の時計師は避けたいモデル。
ケースが割れやすいため取り扱いに細心の注意が必要。

特に裏ぶたを開ける際と、ベルトを取り外すときに割ってしまうことがあります。

「割れました!」と修理コーナーの人から報告がよくありました。

「割れました」ではなく「私が割りました」の言葉の使い方からスタートすることを指導されます。つらい失敗です。

1004073




オメガシーマスター
何人かの時計職人が寄ってたかって壊した!モデルだ。

文字盤とムーブメントを固定する「あし」が二つあるものが一本もない。
また、本体とムーブメントを固定するねじも2本ともない。

中のムーブメントはガタガタ動く、さすがオメガです。こんな状態でもしっかりと動いていました。振り角210°一日20秒のプラス。


1004074




3月の時計売上はかなり苦戦したらしい。
私の友人のエジソン君。(アメリカ人はみんなエジソンの心を持っているようで勝手にエジソンと呼んでいます。)

「人生における最大の失敗は努力をやめることである。」本物のエジソンの言葉。
失敗時計師のテーマです。

ところで、エジソン君が怒っています。
日本人に対する苦情処理係のようにわたしを使います。

2000年頃に彼の爆発はありました。
年末クリスマス直前のことでした。
クリスマスコンサートなど、演奏家の書き入れ時です。

朝、新聞を開くと、東海沖地震の危険性について大きく第一面に報道されていました。
彼の家族が動揺して演奏会を取りやめようと言い出しなど大騒ぎ。
私にも、当時住んでいた「星が丘」が危ないからすぐに引っ越すよう真剣でした。
断層があるそうで危ないからすぐにでも立ち退くようにと大騒ぎです。

所が年を越しても地震は起きませんでした。

「ここがアメリカなら、あの記事を書いた記者はクリスマスパーティとさよならパーティを一緒にやってもらい、年末私物を抱えて、新聞社から放り出されることになるのに、日本の新聞社はいい加減な記事を書いても平気なのか?」

そのようなことがあったのを思い出しました。
今回は津波騒ぎでした。
「日本人は風呂の水が増えてくるのをじっと見つめているのが好き」

東京大学の準教授。
「大津波になる!可能性があります」
東大の先生は信用できません!
大津波の可能性は何%あるのか最後もで言いませんでした。

京都・奈良・滋賀は津波とはまったく関係のない地域なのに一日中津波報道です。
アパレルの「梅春もの」フレッシュセールなどを見込んでいた人たちは寒い売り場で震えていた一日でした。

「解りました!日本は差別があります。士農工商で、江戸時代から今日まで小売業など最下層の身分の商業は一番無視されるのです。
だから、日本人はお役人が言うことに逆らえないのです。」

「海外のお店で、休憩をとる販売店のひとに買い物ができなかったので怒り出す日本人も多い。
実は、自分より身分の低い販売員が公務員の自分を待たせたことに怒っているのです。」

なるほど、とも思えることでした。

津波の可能性で、京都の人が災害に遭う可能性と、
私たちのアマチュア演奏会で次第に「落ちていく」演奏に笑いをこらえ真っ赤になっているお客さんが窒息死する可能性ではどちらが高いのか。
東大の準教授に教えてもらいたい。

日本の科学者にしてはお粗末なレベルだと思う。
もうひとつ
写真の、時計商組合のレベルもお粗末。
宛名の工房名が違う。不思議に思わないのでしょうね。
電話で確認すると簡単なことだ。

時計商組合の組織が変更されるらしい。
輸入時計の修理部品など、技術資格を保有している店舗に供給できる。
時計メーカー修理手数料の増額など、いいことだらけだ。

ただ、できなかった時の責任はだれが取るのでしょうか?
お金と時間をかけて修理技術を取得後、部品供給がない場合、今までの時間が無駄になることと、無残な気持ちは、だれが責任を取るのか。

SMH/リシュモンなど、主要4社は部品供給など100%不可能。

時計のプライベートブランド自社開発商品は売れません。(写真)
確実に実行できることから始めていきたい。
それからでも遅くないと思う。

気象庁と時計商組合を同格に扱われることは避けたい。
また「オオカミ少年が出た!」








1004075





お勧め。京都産業大学は天文学で有名。
一般教養レベルですが、何となく面白い。水時計の歴史などわかりやすく解説されています。
著者は京大出身。昔の学生は、京大・同志社・立命など自由に受講していたのですがこのところ出席確認が厳しいらしい。

パンキョウの理科学系は京大。人文系は同志社がお勧め。女性は同志社が知的レベルで高く、京大は不思議系統が多い。

pastiche16 at 13:50コメント(1)トラックバック(0) 

2010年03月31日

時計師の失敗!私のしごと館 閉館2


103302



私のしごと館も今日3月31日で閉館らしい。
オープン前から4年間通い続けた場所なのでさみしい限りです。

2階の関係者通用口から入り一番奥の講師控え室を目指して延々と歩く。

5分ほど歩いてやっと入室。とにかく大きな建物だ。

学校の教室ほどある控え室。
大きな会議用机が3列に並んでいる。
ここに、体験指導の各仕事のベテランたちが集まる。

一番奥の窓に近い机は、某国営放送の人たち5・6人で占有する。
電車の席取りの要領で私物を、ポンポンと置いて席を確保する。
他の講師のひんしゅくを買うのだが、構うことがない。

体験中に私用電話をかける、駐車場の係員の指示も聞かない等、クレームも多かった。

マスコミの仕事は、歴史も文化も浅い戦後始まったことから、この集団の粗野な部分はある程度仕方のないことだ。

若い人たちの離職率が高い仕事。わかるような気がする、「私のしごと館」がメディアに攻撃されていた折も、わりと平気に騒いでいました。

103306




2番目の机には、「汗をかくしごと」の講師が集まった。
パティシエ・消防士・家具職人・機械工・自転車・印刷そして私の時計。

最後の列は、きれいな仕事。
服飾デザイナー・グラフィックデザイナー・デコレーター・建築設計士などなど。

「仕事一つ」につき講師一人の謝礼金が用意されるのだが、不便な場所にあるため運転手のスタッフが付いてくる豪華な先生もいた。


7151



2番目の机にいた人たち。
パティシエ
 お昼ごはんで皆集まってお弁当を食べるのだが、この人だけは、バケットのサンドイッチ。いちどもお米のご飯を持ってきたことがなかった。

とにかく、美味しそうなサンド。一度でもいいから食べたかった!

例年フランスに行っている。国内でいくつかの賞をもらっていても、勉強はエンドレスなのだ。
この職業を選んだら米のご飯は食べられなくなるのを覚悟するのです。力が強いだけじゃダメ、パンが好き、食べることが好きな人集まれ!の職業。

消防士
火事の消火活動。一番手で指名されやすいのが食事当番の折、いちばん料理の上手な人。
一番手は危険なため、後ろから水をかけてやらないと一番手の消防士が焼けてしまう。そこで一番人望の厚い人が指名される。

「こいつを殺したら、あのマツタケご飯が食えなくなる!たすけろ!」
夜の当直が多い職業なので、男性が順番で夕食を作るのだ。
当然料理の腕前は上がる。

なんと女性からのお見合い希望かくれナンバー1らしい。

家具職人
なんとも気が長い人でした。
「木」の世界は自分より長く生きるので次の世代のために今何をするか?
生きている間は貧乏。
講師のほとんどの人から慕われる人でした。

墨つぼを使ってヨット用の曲線の出し方を教わった。授業料はただでした。

機械工作
京都ツールサービス「KTC」の元重役の人たちが担当。
京都では有名な家族経営の温かい会社です。
いったん入社したら離職しないので求人は少ない。

障害をもつ子どもたちの指導はすごい!時計業界は軽度の障害者がほとんど、ここの会社では重度の障害者も受け入れる。

Kさんの指は事故で欠落している。指導は真剣で温かいが注意するときは怖い。
「障害を持つ人たちは会社へ来るだけでも疲れています。自分一人で生きていける人は、ほんの一握り、みなで支えあっている会社です。」




04094



自転車
自転車部品メーカーのシマノさんOBが担当。
自転車で釣りに行く・山登りに行く・写真を撮る。
ヨーロッパと日本のライフサイクルをよく知っている人で趣味人。
会社のカラーがそのまま人格に出ていた。

自転車の楽しみが数倍膨れる体験。私も今は自転車生活にのめりこんでいます。

大阪の堺出身。「堺の子供たちは、何にも知らん!時計もお茶も織物も全部堺から始まった。今の子供たちは堺に生まれたプライドがない!」

時折引率の校長先生に怒っていました。「怒りんぼや!」
「京都の自転車のマナーは最低や!」京都人の私はいつも怒られていました。
気をつけましょう。

04092




印刷
大阪の印刷組合から参加。
東京から新幹線でやってきた!一線級の忙しい人たちが「印刷のしごと」を教えるために一体何時間大切な時間を使ったのか。
いつも、この業界の熱意には驚かされた。
ほとんど寝る時間がない。この業界の特徴です。

「仕事がハード」な割に感謝されないナンバー1のしごとだと思います。
版下、清刷り納期遅れはいつものことの私は深く反省しました。

番外
清水焼(きよみずやき)
関東の子供たちは「しみずやき」と呼んでいます。正しく読んで頂くために来ています。
有名な先生たちがふらっとやってきます。
伝統工芸の職人たちと近くに座れただけでも緊張しました。

「秋の叙勲はそろそろですか?」親しくなった人に冗談を言う。

「息子がそろそろでしょうねぇ。その時は記念品の手配を、、」
この先生はもうもらっていたのだった。

講師のみなさんはマスコミの批判など逆風が吹き荒れる中また、
幼児用の職業体験施設「キッザニア」などと比較される勘違いにさらされる。
面白い体験をしたことでしょう。

ここで、お客様ナンバーワンのご紹介
セレブ系職業の人気校 長崎県の「聖母の騎士学園」

純白の制服。(カレーうどんは絶対に食べない)。はきはきした答え。堀の深い顔。福山風の美男子たちの集団。

汗かき職業の人気校大阪府八尾の中学校の皆様。
「おっちゃん、も一回やってもええか!なんとかやらしてもらえへんか?」
時計造りに失敗して、ベロベロで涙と鼻水の子供。

「この子を引っさらって、工房に連れてきて鍛えたら人生楽しいやろな!」
無事に親元に帰りました。「今度、しごと館を作るときは八尾か岸和田やな!」
荒くれ者のテーブルの意見は一致しました。




pastiche16 at 12:10コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月24日

「私のしごと館」の失敗!時計師編

1003241




今週3月21日は私の誕生日でした!
バッハの誕生日とおなじ日なのです。

時計師パスティーシュは時代の感覚がおかしいので、参考にしてください。

バッハ今の歳で言うと17歳高校生のころ1702年宮廷オルガニストに採用されました。

その頃、日本では「赤穂浪士の討ち入り」
バッハと同級生の「矢頭右衛門七(えもしち)」中学生の「大石主税」さんが参戦。

そのころ、イタリアでは58歳のストラディバリウスのオヤジがせっせとバイオリンを作っています。

日本では「関孝和」フィールズ賞に値する「積分」「行列式」を発表。

討ち入りの3年後、大阪では淀屋の淀屋辰五郎が不運に見舞われます。

将軍家から借金を踏み倒されたあげく、財産没収、悲運の内にお亡くなりになりました。
所が、淀屋の従業員の一人が地元鳥取で商売を再興します。明治維新の際に官軍の財政を支えて、見事徳川家に仇討をします。
淀屋橋を渡る折は、「やったね!」と快哉して渡りましょう。

とにかく、誕生日!私と同じ55歳では「ヨーヨーマ」(チェリスト)がいます。
馬さんより、時計の修理は上手!チェロの演奏は彼が少し上手!

「バッハ」のチェロ組曲の楽譜です。



1003242



グッチのチェンジリングの修理。
ベゼルのリングを取り換えが出来て楽しい時計。
時折、修理依頼があります。

こじ開け(オープナー)は手作り。剣抜きの工具とほぼ同じ形、テコのように使います。
リングがサビで取れなくなるので、吸盤は常備しています。よく自動車のガラスなどに付けるゴム製のものです。

あとは簡単!修理が出来ます。
こじ開けとリングまわしのことが分かるまで、この時計の修理は嫌いでした。
「コロンブスの卵」の時計バージョンでした。

1003243





私のしごと館が今月で閉館。時計製作の体験は終わったようです。

体験に来ていただいた皆様ありがとうございました。
また、セイコー、シチズン、カシオ、オリエントの各メーカーの皆様試作品の提供など、ご協力ありがとうございました。
残念ながら閉館です。

閉館の要因
1、館長の不在
2、天下り校長が営業職。
3、派遣会社との癒着
この3点の要因が大きい。もちろんメディア・マスコミが、年金問題、郵政「簡保の宿」問題から視点をそらすことで活用していたことも大きい。

1、職業体験には10年以上の職歴を持つプロの集団が応援していました。ところが、「キッザニア」と対抗する子供スーパー、親子体験など幼児化路線に傾倒。
コンセプトワークがふらふら。

2、大阪の天下り校長が「営業職」
修学旅行のシーズンでは全国から関西にやってくる生徒にPRする絶好のチャンス!

ところが、大阪の団体が予約を占めていて、地方の生徒職業体験ができない。

また、校長と教員の仲が悪いのか、洗脳されている大阪の生徒の体験態度は最悪。
「おっさん!ここでナンボ儲けてんねん!」
「おほくさ!おっさん!はよやって帰らしてくれ!野球がしたいネン!」
河内、岸和田を除く大阪の団体は、今出もいやな思い出がー!

3、派遣会社が参入!厚生労働省と派遣会社の癒着ぶりが目に余った。
最後は派遣会社が占有。

オープン当時、講師は国立大学の「非常勤講師」一コマ分程度の謝礼金をいただいていた。これで交通費、研究費にはきつい。ボランティアの雰囲気で皆さん参画されていました。

ところが、派遣会社が参入すると講師のレベルが完全に低下します。
職歴が一年以下でも派遣される講師など、モラルは急激に下がり優秀な講師はひそかにやめていきます

講師の中で最後まで頑張った講師の人たちには頭が下がります。
1、近隣のヘルパーと呼ばれるパートの女性たち
レベルが非常に高い、リサーチパークの地域がら高学歴、高収入のご家庭の奥様。
驚くほど優秀でした。今まで持ったのはこの集団のおかげ。

2、消防士の皆様
1月17日5時46分の震災。
この日、いつも元気な消防士講師のみなさんが、静かでした。

「私ら、大勢の仲間も、うしないました。」
ただただ見守るだけで、何もできなかった喪失感。自分は何か出来ると思った。

講師の人たちのおおくは、阪神大震災にボランティアで活躍されていた人。
京都市内で時折出会います。

3、子どもたちに感謝!

体験して頂いた子供たちの笑顔がとてもよかった。
大阪の子供たちも、ブースへ入った時の表情と出る時の表情はまったく違っています。
夏休み、春休みなど、お休みの日に自費でやってくる子どもたちも大阪の子供たちが一番多い。
「おっちゃん!リベンジや!今度はちゃんと作るで!」
堺は時計造り発祥の地!意地のチャレンジはうれしかった。
学校ではもっと地元の歴史を教えてほしい。

4、奈良の先生!
日本の教育現場では、教師の負担が大きすぎると思います。講師をやっていて痛感します。

特に、奈良県の子供たちは障害をもつ子どもたちとみんな仲が良いのです。
助け合いながら、時計を作っていました。
昔、私が居た「時計工場」と同じ光景の再現です。

オープン後の4年間、わたしもずいぶん教えていただきました。
「宝物のようなひと時をありがとうございます!」

 写真のような、思い出の中の一コマになってしまうでしょう。
「時計」は、誇らしく気高いものを思い出に刻みます。

「チャレンジと希望」のしごと館閉館です。





pastiche16 at 14:05コメント(0)トラックバック(0)