岡本依子さんがオリンピックでメダルを取られてテレビに出ていた頃
苦手な女性でした、
話しに切れ目がなくてダラダラと言葉を垂れ流す感じで
叶和貴子という女優さんも同じタイプで
この二人がテレビに出た時は即チャンネルを変えてしまう程でした

数年経って、依子さんがクリスチャンである事を知り
お母様が主に依り頼む人間となるようにと依子と名前を付けられたと知りました
普通クリスチャンに女の子が与えられた時には
「泉」「忍」「汀」と大体は決まっています、まぁ当たり障りがない感じです
「依子」というのは案外勇気のいる名づけだと思いました

ですから依子さんよりお母さまの信仰に興味があった位でした
が、遠くの人ですしすっかり忘れていました

今回、オリンピックが近づき依子さんが所属している所での問題で
お名前を聞くようになり
テレビがないので直接はあの話し方を聞いてはいませんが
多分昔と同じなのだろうと思い、周りは相当に苛立つのではないかと想像しています

でも、不思議な事なのですが
神様は依子さんの駄目な部分を大いに用いるだろうと確信を持っています
何故なら、神は弱い人が好き、弱い部分に働くと明言されていますからね
この世的には弁が立ち、地位のある人を用いがちですが
神様は全く逆なんですよね
この世の取るに足りない者や見下されている者を選ばれましたと言われていますからね

依子さんのお母様がご存命であるなら祈りが続いている事は確かです
依子さんご自身の信仰は分かりませんが
あのお名前を選ばれたお母さまの信仰が依子さんの支えになっているでしょう
微力ながら私も祈りの輪の中に入っていきたいと思っています

もし依子さん達に頑張れって思う気持ちが湧いたなら
どうぞ、心の中で一瞬で良いのです
「正しい者が揺るがされる事のありませんように」と祈って頂けたら感謝です

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ