太宰治の映画があるようです
女と絡めた太宰治はあまり興味がないので観ないけど
もっと内面のね、内の本人と外の作り上げた本人とかの問題などなら観るけど

太宰治の本名ね、津島修治
津軽の人間が東京へ出て、この名前を発音した時
「つしましゅうじ」と聞き取れた人って少ないんじゃないかしらね

お金持ちで才能があったとしても
津島修治って自己紹介はしんどいのではないかしら
作家になる程の人は、そんな事は気にしないのかね

棟方志功の傍若無人振りは相当なものだったらしく
でも、「あれは田舎者」でやり過ごされたらしい
太宰治自身は東京の粋な仲間と方言があってどう付き合ったのかね

作家名を方言に関係なく発音出来るのを選んだのってね
勘ぐってしまうのは、私だけなのでしょうか

9日の出費  0円
食事
夜 牛肉とニンニクの芽の炒め物、卵豆腐、モズク酢、白菜の漬物
今日も美味しく頂きました。