トップページ » 「作り続け」高騰する野菜時価で東電・政府が買い取るのが「責任」 

「作り続け」高騰する野菜時価で東電・政府が買い取るのが「責任」 

日本の中心(負)は福島原発だ

昨日 森議員(自民)が泣きながら 4重苦を訴えていた
小沢命の私は「敵ながら天晴れ」と感じた

「心が泣いているから」

枝野長官が 演技者となり 演技者と観衆という「騙し」に明け暮れている〜〜〜

福島・茨城・他の農家に責任はない

食べちゃいけないなら福島も茨城も疲れ果てた被災地域の人たちが最優先にたべちゃいけない=食べていいものをたべさせなくては(***が

自分がつくったもの、枝野は食ってもいいという こんないいかげんなアナウンスなら
「もったいない」と「郷土愛」が重なり食う
ミソもクソも混ぜて演技するからややこしくなる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

野菜農家の背骨は野菜を作ること
つくればいいじゃないか!

そこからの行く先が変わるだけだ


全食用拒否だから福島県の野菜が1番不足する 
「物々交換する」これが1の必然
「放射能確認データ=つくらなきゃわからない 今も明日も」これが2の必然
「働かざるもの食うべからず」これが3の必然だ

「土壌汚染防止・吸収 これが4の必然
だから 世の空騒ぎに関係なくいままでどおりつくればいい 懸命に
 
この努力の結晶が復興のシンボルだ
農家の家計を守り、すばらしい野菜・野菜農家の復活

東電・政府・渡部コーゾー(再考)顧問の生き様の反省の為に

***************
石油に似て 不足し高くなればなるほど被災農家への東電・政府買取価格が増える 
福島野菜農家の懐が暖かくなるシステムだ
神が許してくれる

放射能が全国平均値以下の野菜地域が犠牲となった今回の出荷停止措置だ
細分表示し被災県内優先流通をさせることこそ最優先だ
すぐにセーフ分は県内供用できるじゃないか

人気ブログランキングへ

被爆被害県に野菜高騰による儲けを廻すのが政治

人気ブログランキングへ



pat11pat11  at 04:27
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星