トップページ » 「ふるさと納税から全県自然放浪」・・「真逆」に 地方の活性化がある

「ふるさと納税から全県自然放浪」・・「真逆」に 地方の活性化がある

ふるさと納税では 2点しかない わがふるさと と 今

**

この国は
ー然の素晴らしさ 空気のおいしさ と 暑さ寒さ
⊆然と共生した人間の営みが千差万別なところ
3ぁ山・川・空・花・温泉・動物・の一一と混ざり合いの絶妙さ
ぐ磴ξ場 生い立ちあればこその出会い
ソゞ気封印した 過去と現在の生々しい距離
更に
γ亙の現状 いいところ 悪いところ

人間の本能が求める何かが 山ほどあるのが 知らない土地だ


殆どの日本人は 日本国全ての県を「どんな理由にせよ」
県名を記憶で連動する ことができないのが現状だろう

日本人が民主主義国として 機能する 最良の原点は「情報を共有」
することであり
地方衰退や都会偏重・人口減少・居住格差・一票の格差・日本の魅力・政治の欠陥
地方再生 どんなテーマにも「原核」となるのは
日本人誰もが 全ての都府県に「記憶=旅行経験」を持つこととなる

**

この政策は簡単に実現できる「放浪ポイント=1年期限」だ

〜看疾納圓法嵎浪ポイントシートを配布」
駅・ガソリンスタンドで「ポン」と押す 一県制覇
制覇県数=減税連動だ

これなら観光地のないところでも どこでも 
日本人の特性として もったいないがあり 

 崛憾制覇 こんな面白いことはない」ヒマなカネ持て余し老人
◆屬修猟未蠅澄(拔と真逆の勉強だ」学生
「どうしたんだ 日本人客が山ほど来てくれる」 地方
ぁ崚垈饋佑地方に住み着き始めた」市役所
そして
政治が機能し始めた 正しい問題意識を国民が共有したから

ふるさと納税の「真逆」に 地方の活性化は存在した

      
人気ブログランキングへ













  





pat11pat11  at 05:16
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星