Apple v. Samsung関連

(追記)

-------
今月はApple vs Samsungの事案を外部の勉強会で少し説明した。
「2014年8月6日の共同声明の内容はどのようなものだったのか」という質問をされた。
後日調べたが、詳細については非公開ということで、結局よくわからなかった。
cf Apple and Samsung settle non-US patent disputes 2014/8/6

-------
本題に戻る。

2016年12月6日に意匠(デザイン特許)の最高裁判決がでた。
米国最高裁で意匠事案が扱われたのは120年ぶりらしい。

No. 15-777. Argued October 11, 2016 Decided December 6, 2016

◆まとめ
・損害賠償額の減額をSamsungが求めている
・CACFへ差し戻しとなった(Samsungの主張が認められる)
・損害額の算定は、製品全体でなく部品に基づいてもよいと判断された


◆全体概要
世界各地で訴訟合戦が起こっていたが、現在は米国でのみ訴訟が進行

・2011年4年15日 Apple 訴状提出(地裁(カリフォルニア北部サンホセ))
 ↓
・2012年7月時点 50の訴訟事件が世界で発生
 ↓
・2014年8月6日 Apple+Samsung 共同声明(米国外の特許訴訟を取り下げ)
  ※日本、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、韓国、英国
 ↓
・2017年1月現在 米国で2つの訴訟が進行


◆第1訴訟の概要

日時 事象 備考(賠償額)
2011/4/15 Apple が訴状提出  
2012/8/24 (連邦地方裁判所)
Samsung105000万ドルの損害賠償支払いを命令
約10億5000万ドル
2013/11/21 (連邦地方裁判所)
Samsung
に追加支払い命令
93000万ドル
※追加分=
29000万ドル
2015/5/18 (CAFC)
下位裁判所の判決について一部審理を差し戻し
 
2015/8/13 (CAFC)
Samsung
の賠償金の減額請求等を棄却
54800万ドル
※デザイン特許分が
39900万ドル
2015/12/14 Samsungが最高裁判所に上訴  
2015/12/23 Appleが特許侵害の追加的損害の支払いを請求  
2016/3/21 (最高裁)
Samsungの上訴を受理
 
2016/6/8 (司法省)
最高裁に対して審理の差し戻しを要請
 
2016/12/6 (最高裁)
賠償額の見直し(
Samsungの主張)を支持
★5億4800万ドルのうち、デザイン特許分3億9900万ドルの賠償額が見直される

(参考) 第2訴訟の概要
 
日時 事象 備考(賠償額)
2012/2/8 Appleの追加提訴  
2014/5/2 (連邦地方裁判所)
損害賠償の支払い命令
Samsung側:11900万ドル
Apple側:158400ドル
2016/2/26 (CACF)
損害賠償に関し、下級裁判所の陪審判決を覆した。
Samsung側:非侵害
Apple側:158400ドル
2016/10/7 (CACFオンバンク)
損害賠償に関し、前回の判決を覆した
Samsung側への賠償金を再び認める
Samsung側:11960万ドル
Apple側:158400ドル


 ↓ 今回の最高裁判決は第1訴訟に関するもの


◆第1訴訟のデザイン特許(意匠)
まずは意匠権と侵害製品がどんなものだったのかを確認。
陪審による評決は以下のページから入手できる。
Amended Jury Verdict.pdf (.pdf, 1,022 KB) 

US D593,087 S
・出願日:2007/7/30
・登録日:2009/5/26
・CLAIM:The ornamental design of an electronic device, as shown and described.
US593087S


・出願日:2008/11/18
・登録日:2010/6/29
・CLAIM:The ornamental design of an electronic device, as shown and described.
US618677S


・出願日:2007/6/23
・登録日:2009/11/17
・CLAIM:The ornamental design for a graphical user interface for a display screen or portion thereof, as shown and described.
US604305S


◆侵害製品について
○US D593,087 Sとの比較

087対比

D087比較

Galaxy S4Gは侵害と判断されたようだ。
Galaxy SIIは非侵害と判断されたようだ。外観はこれだろうか?
Samsung Galaxy S II review

○US D618,677 Sとの比較
D677対比

D677比較

この意匠権は強力だったようだ。
非侵害と判断されたGalaxy Ace(JX1030)の外観が気になるところ。


○US D604,305 Sとの比較
D305対比

D305比較

この意匠権も強力だったようだ。
Samsung製品の全てが侵害と判断されたようだ。


----------
以下、判決要旨及び関連条文

◆判決要旨(抜粋)
The Federal Circuit affirmed the damages award, rejecting Samsung’s argument that damages should be limited because the relevant articles of manufacture were the front face or screen rather than the entire smartphone. The court reasoned that such a limit was not required because the components of Samsung’s smartphones were not sold separately to ordinary consumers and thus were not distinct articles of manufacture. 

Held: In the case of a multicomponent product, the relevant “article of manufacture” for arriving at a §289 damages award need not be the end product sold to the consumer but may be only a component of that product. 

Absent adequate briefing by the parties, this Court declines to resolve whether the relevant article of manufacture for each design patent at issue here is the smartphone or a particular smartphone component. 



◆米国特許法
35 U.S.C. 284 Damages.
Upon finding for the claimant the court shall award the claimant damages adequate to compensate for the infringement but in noevent less than a reasonable royalty for the use made of theinvention by the infringer, together with interest and costs asfixed by the court.

When the damages are not found by a jury, the court shall assessthem. In either event the court may increase the damages up to three times the amount found or assessed. Increased damagesunder this paragraph shall not apply to provisional rights undersection 154(d).
The court may receive expert testimony as an aid to thedetermination of damages or of what royalty would bereasonable under the circumstances.

第284 条 損害賠償
原告に有利な評決が下されたときは,裁判所は,原告に対し,侵害を補償するのに十分な損害賠償を裁定するものとするが,当該賠償は如何なる場合も,侵害者が行った発明の使用に対する合理的ロイヤルティに裁判所が定める利息及び費用を加えたもの以下であってはならない。

損害賠償額について陪審による評決が行われなかった場合は,裁判所がそれを査定しなければならない。何れの場合も,裁判所は,損害賠償額を,評決又は査定された額の3 倍まで増額することができる。本段落に基づいて増額された損害賠償は,第154 条(d)に基づく仮の権利には適用されない。
裁判所は,該当する状況下での損害賠償額又は適正なロイヤルティを決定するための補助として,鑑定人の証言を聴取することができる。


35 U.S.C. 289 Additional remedy for infringement of designpatent.
Whoever during the term of a patent for a design, without licenseof the owner, (1) applies the patented design, or any colorableimitation thereof, to any article of manufacture for the purposeof sale, or (2) sells or exposes for sale any article of manufacture to which such design or colorable imitation has been appliedshall be liable to the owner to the extent of his total profit, butnot less than $250, recoverable in any United States districtcourt having jurisdiction of the parties.
Nothing in this section shall prevent, lessen, or impeach anyother remedy which an owner of an infringed patent has underthe provisions of this title, but he shall not twice recover theprofit made from the infringement.

第289 条 意匠特許の侵害に対する追加的救済
意匠特許の存続期間中に,特許所有者の許諾を得ないで,(1) 販売するための製造物品に特許を付与された意匠又はそれと紛らわしい模造を利用した者又は(2) 当該意匠若しくは紛らわしい模造が利用されている製造物品を販売した,若しくは販売のために展示した者は,その利益総額を限度とし,$250 以上の額を特許権者に支払う責任を負うものとし,その回収は,当事者に対する管轄権を有する合衆国地方裁判所において行われる。
本条の如何なる規定も,侵害された特許の所有者が本法の規定に基づいて有する他の救済を妨げ,減少させ又はそれに異議を申し立てるものではないが,特許所有者は,侵害によって得られた利益を2 度に亘り回収することはできない。

(参考)
35 U.S.C. 171 Patents for designs.
(a) IN GENERAL.—Whoever invents any new, original,and ornamental design for an article of manufacture may obtaina patent therefor, subject to the conditions and requirements ofthis title.
(b) APPLICABILITY OF THIS TITLE.—The provisionsof this title relating to patents for inventions shall apply topatents for designs, except as otherwise provided.
(c) FILING DATE.—The filing date of an application forpatent for design shall be the date on which the specification asprescribed by section 112 and any required drawings are filed.

第171 条 意匠に関する特許
(a) 一般
製造物品のための新規,独創的かつ装飾的意匠を創作した者は,本法の条件及び要件に従い,それについての特許を取得することができる。
(b) 本法の適用性
発明に関する特許についての本法の規定は,別段の定めがある場合を除き,意匠に関する特許に適用する。
(c) 出願日
意匠の特許出願の出願日は,第112 条に定める明細書及び求められる図面が提出される日とする。


35 U.S.C. 101 Inventions patentable.
Whoever invents or discovers any new and useful process,machine, manufacture, or composition of matter, or any newand useful improvement thereof, may obtain a patent therefor,subject to the conditions and requirements of this title.

第101 条 特許を受けることができる発明
新規かつ有用な方法,機械,製造物若しくは組成物又はそれについての新規かつ有用な改良を発明又は発見した者は,本法の定める条件及び要件に従って,それについての特許を取得することができる。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。