#大企業、東証一部、注目度【高】
#関連【150】【151】


先日、とある会合で、近年の有名な特許訴訟ということで、カプコンvsコーエーテクノの事例が紹介された。
ゲームに興味がなくて全く知らなかったが、ネットで調べると、それなりに議論されているようだ。
原告のカプコンの方がゲーマー達から随分叩かれているという印象を受ける。


本件の特許は既に消滅しているようだ。
・本権利消滅日(平26.12.9)

現在、無効審判が争われていて、そろそろ審決が出そうな状況。
いずれにせよ、既に権利が消滅しているので、コーエーテクノゲームスの製品が差し止められることはない。
過去の損害賠償を支払うのか否か、支払うならいくらになるかが争われることになる。
また、審決が出たらチェックしようかと思う。

(追記)
無効2015-800110(一部確定 20170404 [ 20170728 発行] )
 →請求項3を削除する訂正は確定したようだ。

・それ以外の点については裁判所で争っているようだ。
 平29行ケ10097 出訴日(平29.5.1) 知的財産高等裁判所 第1部

(追記2)

(追記3)
 #下記特許Aは侵害ではないと判断されたもの

【発明の名称】システム作動方法
【出願日】平成6年12月9日(1994.12.9)
【特許権者】株式会社カプコン
#外国出願ナシ

【請求項1】
 ゲームプログラムおよび/またはデータを記憶する記憶媒体を所定のゲーム装置に装填してゲームシステムを作動させる方法であって、
 上記記憶媒体は、少なくとも、所定のゲームプログラムおよび/またはデータと、所定のキーとを包含する第1の記憶媒体と、
 所定の標準ゲームプログラムおよび/またはデータに加えて所定の拡張ゲームプログラムおよび/またはデータを包含する第2の記憶媒体と
が準備されており、
 上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータは、上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータに対し、ゲームキャラクタの増加および/またはゲームキャラクタのもつ機能の豊富化および/または場面の拡張および/または音響の豊富化を達成するように形成されたものであり、
 上記第2の記憶媒体が上記ゲーム装置に装填されるとき、上記ゲーム装置が上記所定のキーを読み込んでいる場合には、上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータと上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータの双方によってゲーム装置を作動させ、
 上記所定のキーを読み込んでいない場合には、上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータのみによってゲーム装置を作動させる
ことを特徴とする、ゲームシステム作動方法。

 ↓

構成要件目録訂正A-1
([ ]は訂正事項の番号である。)
A´ ゲームプログラムおよび/またはデータを記憶する[1]とともに所定のゲーム装置の作動中に入れ換え可能な記憶媒体[2](ただし,セーブデータを記憶可能な記憶媒体を除く。)を[3]上記ゲーム装置に装填してゲームシステムを作動させる方法であって,
B´ 上記記憶媒体は,少なくとも,
B-1´ 所定のゲームプログラムおよび/またはデータと,所定のキーとを包含する第1の記憶媒体と,
B-2´ 所定の標準ゲームプログラムおよび/またはデータに加えて所定の拡張ゲームプログラムおよび/またはデータを包含する第2の記憶媒体とが準備されており,
C´ 上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータは,上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータに[7]加えて,ゲームキャラクタの増加および/またはゲームキャラクタのもつ機能の豊富化および/または場面の拡張および/または音響の豊富化を達成[8]するためのゲームプログラムおよび/またはデータであり,
D´ 上記第2のROMが上記ゲーム装置に装填されるとき,
D-1´ 上記ゲーム装置が上記所定のキーを読み込んでいる場合には,上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータと上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータの双方によってゲーム装置を作動させ,
D-2´ 上記所定のキーを読み込んでいない場合には,上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータのみによってゲーム装置を作動させることを特徴とす,
E´ ゲームシステム作動方法。

構成要件目録訂正A-2
([ ]は訂正事項の番号である。)
F´ ゲームプログラムおよび/またはデータを記憶する[9]とともに所定のゲーム装置の作動中に入れ換え可能な記憶媒体[10](ただし,半導体ROMカセットを除くとともに,セーブデータを記憶可能な記憶媒体を除く。)を[11]上記ゲーム装置に装填してゲームシステムを作動させる方法であって,
G´ 上記記憶媒体は,少なくとも,
G-1´ 所定のゲームプログラムおよび/またはデータと,所定のキーとを包含する第1の記憶媒体と,
G-2´ 所定の標準ゲームプログラムおよび/またはデータに加えて所定の拡張ゲームプログラムおよび/またはデータを包含するとともに所定の制御プログラムを包含する第2の記憶媒体とが準備されており,
H´ 上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータは,上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータに[12]加えて,ゲームキャラクタの増加および/またはゲームキャラクタのもつ機能の豊富化および/または場面の拡張および/または音響の豊富化を達成[13]するためのゲームプログラムおよび/またはデータであり,
I´ 上記第2の記憶媒体が上記ゲーム装置に装填され[14],かつ,上記所定のキーが読み込まれていないときのみに,この第2の記憶媒体中の上記制御プログラムは,上記ゲーム装置に他の記憶媒体を装填させるインストラクションを表示させ,
I-1´ このインストラクションにしたがって装填された他の記憶媒体が上記所定のキーを包含する上記第1の記憶媒体である場合には,上記第2の記憶媒体中の上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータに加えて上記拡張ゲームプログラムおよび/またはデータの双方によってゲーム装置を作動させ,
I-2´ 他の記憶媒体が装填されない場合または装填された記憶媒体が上記
所定のキーを包含する上記第1の記憶媒体でない場合には,上記第2の記憶媒体中の上記標準ゲームプログラムおよび/またはデータのみによってゲーム装置を作動させることを特徴とする,
J´ ゲームシステム作動方法。