#外国企業、アップルvsサムスン


両社は、裁判所での訴訟だけでなく、水際取締りでも争っている。
Samsung側の国際貿易委員会(ITC)への申請について眺めてみる。

★ITCの経緯(Samsung申請)

いつ 誰が 何をした リンク
2011/6/28 Samsung 申請書提出  
2011/8/1 ITC 調査開始  
2012/9/14 ITC 初回調査による仮判決(Appleは非侵害) (記事)
2012/11/19 ITC 仮判決(Appleの非侵害)を見直すことを決定 (記事)
2013/6/4 ITC 最終判断(Appleは侵害) (記事)
2013/8/3 米通商代表部(大統領) ★ITCの決定に対して拒否権を行使
(記事)
2014/5/14 控訴裁判所 Samsungの不服を却下(記事)
(2014/6/?) 司法省 「必須標準特許」濫用の調査終了 (記事)

結局、この件では、Samusungの特許1件(US7706348)をAppleが侵害していると認定された。
でも、必須標準特許なので、ITCの決定に対して、オバマ政権から拒否権が発動された。



●US7706348
・SAMSUNG ELECTRONICS CO LTD
・”Apparatus and method for encoding/decoding transport format combination indicator in CDMA mobile communication system”

First page clipping of US7706348 (B2)

1.
 A Transport Format Combination Indicator (TFCI) encoding apparatus in a CDMA mobile communication system, comprising: 
 an orthogonal sequence generator for generating a plurality of basis biorthogonal sequences;
 a mask sequence generator for generating a plurality of basis mask sequences; and
 an operation unit for adding a basis biorthogonal sequence and a basis mask sequence selected among the basis biorthogonal sequences and the basis mask sequences according to TFCI bits.

  ↓ 対応JP特許

●JP3579027 (B2) 
・優先日:1999/7/6
・サムスン  エレクトロニクス  カンパニー  リミテッド
・「符号分割多重接続移動通信システムの伝送率情報符号化/復号化装置及び方法」

【請求項1】
 複数の基底相互直交シーケンスを発生する直交シーケンス発生器と、
 複数の基底マスクシーケンスを発生するマスクシーケンス発生器と、
 伝送率情報ビットに従って前記基底相互直交シーケンスと前記基底マスクシーケンスとの中から選択された基底相互直交シーケンスと基底マスクシーケンスとを加算する演算部と
を含むことを特徴とする符号分割多重接続移動通信システムの伝送率情報符号化装置。

 cf 分割:JP3987509、JP3987508、JP4038494、JP4038493