2006年11月10日

魅惑のフレンチトースト

32c95137.jpg料理人のケンタロウさんが好きです。

あの小林カツ代の息子さんです。
もう「ケンタロウ」で結構有名ですよね。デリデリキッチンにも出てるし。

お料理は豪快なのに、すっごくおいしそうなんです。


そのケンタロウさんが出している本で、つい衝動買いしてしまったのが
ケンタロウんちの食卓。つい食べたくなるものばかり。
その中で一番最初に作ったのがフレンチトーストです。
これがおいしいんですよ!簡単だし。

それに、今までは独学で作っていたので
作り方を間違っていたことにも気付きました・・・。


独自レシピの場合、厚めのパンに砂糖を入れた牛乳をしっかり浸して
その後、溶いた卵に両面を浸けて焼く というもの。

まあ、それほど間違いでもないですよね・・・。

これはこれで、牛乳が浸みているから、ふんわりとろとろでおいしいんですけど♪


一般的には、牛乳、砂糖、卵を一緒に混ぜて、それに浸けるんですね〜
早いですね〜

ああ、私要領悪すぎる〜


しかもケンタロウさんのフレンチトーストは、8枚切りの薄い食パンを使うんです。
(これも普通?!)

写真は4枚作って、つい1枚ペロッと食べちゃって
「いけない!日記用写真!写真!」と無理矢理とったもの。

全部食べる前に気がついてよかった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/patio_net/50935601