視覚障がい児のためにーNPO神戸アイフレンドー

私たちは、視覚に障がいのある子ども達とその家族の皆様のために学習支援を中心に数人の仲間とともにさまざまな活動を行っています。

神戸アイフレンドの活動内容は以下の通りです。

❀ 目の不自由なお子様の育児相談   
❀ 訪問学習支援  
❀ 視覚障がいへの理解促進活動  
❀ ご家族への情報提供
❀ その他

6月25日に、第一回研修講座を開催いたします。講師は京都の「あいあい教室」所長をなさっている古川千鶴さんです。研修講座のタイトルは『視覚障がい乳幼児の子育て支援のあり方』です。以下は古川先生からのメッセージです。「あいあい教室」は、視覚に障がいを抱えている子

視覚を使わずに遊べるおもちゃの発表会

    2月9日(土)は神戸芸術工科大学で行われた『おもちゃで遊ぼう』という催しに行ってきました。3年生の学生さんたちが作った「視覚を使わずに遊べるおもちゃ」の発表会です。8組ほどの家族が集まり学生さんの手作りのおもちゃで遊びました。工夫を凝らしたおもちゃが

あけましておめでとうございます。ってもう遅すぎますよね。もう大寒を過ぎてしまいました(泣)ところで、神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科の金井謙介先生のご指導により、学生さんが制作した『視覚を使わずに遊べるおもちゃであそぼう』というイベントが以下の要領

『2016生活創造フェスタ』に参加しました

かなり前になりますが、11月5日(土)、神戸ハーバーランドスペースシアターで開催された『2016生活創造フェスタ』に参加させていただきました。アップをサボっていてすみません(-_-;)朝から予想以上にたくさんの親子が私たちのブースを訪れてくださり、三人のメンバーは

最近の活動のことなど

■ 8月20日(土)、21日(日)、横浜で開催された『視覚障がい乳幼児研究大会』に参加しました。 眼科医の富田香先生は講演『視覚障がい乳幼児の眼科診療と教育との連携』の中で、 弱視の子どもは、いろいろな障がいとの合併があることが多く、少しでも見えているようであ

今年も『見えない見えにくい知ろう体験会』を開きます。今回は神戸生活創造センター主催の『生活創造フェスタ』に参加し、『まなぶ』コーナーに『見えない見えにくいを知ろう体験会』のコーナーを設けます。『生活創造フェスタ』は神戸生活創造センターと登録グループが協働

こべっこランドで次のようなもよおしが開催されます。✲きらきらルーム   対象:発達がゆっくりなお子さん(小学6年生まで)とそのご家族   参加費:無料    日時:平成28年7月30日(土) 8月4日(木) 8月18日(木) 8月25日(木) 9月24日(土)      

今年もNPO法人「ひょうごセルフヘルプ支援センター」さまよりアドバイザー派遣を受け、私たちの活動についてサポートを年間6回ほどしていただけることになりました。6月24日に第一回目があり、パンフレットをもっと分かりやすく作り直すこと、そしてさまざまな団体に活動を紹

ロービジョン(弱視)サポートノート

半年ごとに支援に関わってきた私たちのメンバーが保護者の方一人一人とこれからの支援のあり方について話し合うようにしています。今回は支援に関わったメンバー3人と西宮のSさんの保護者が話し合い、その内容を「ロービジョンサポートノート」にまとめてSさんにフィードバッ

弱視のMさんは10年ほど前に盲学校を卒業しましたが、現在作業所に通っています。読み書きが少し苦手なので私たちが学習のお手伝いをしています。今日は、言葉のフラッシュカードを使って文字を早く読む練習をしました。

さわる絵本と算盤の学習

西宮の小学生2年生のYちゃん、点字がかなり読めるようになってきました。今日は点字付きの「さわる絵本」を読みました。この「さわる絵本」のシリーズは、「点字付き絵本の出版と普及を考える会」の人たちが、<目に見えない人と見える人が一緒に絵本を楽しめるようになるこ

先日、5月20日に総会を開催しました。27年度の活動の総括と28年度の活動計画を話し合いました。意見交換会や弱視疑似体験会などのイベントを今年も計画しています。皆様のお力添えをよろしくお願い致します。

盲学校の運動会に行ってきました。

4月29日に、以前勤めていた神戸市立盲学校の運動会に行ってきました。盲学校の運動会は、幼稚部から高等部、専攻科まで幅一人年齢の生徒さんたちがチームワークよく楽しんでいました。

保護者の方達との意見交換会を開きました

 ひょうごボランタリープラザで2月に実施した意見交換会には、幼稚園児から盲学校卒業生のお母様方13人が参加してくださいました。それぞれお子様への思いや成長の過程での経験談をお聞かせいただき、大変意義のある会になりました。このような会を今後も続けてほしいとの意

「見えない見えにくいを知ろう!体験会」を開きました

3月12日、10時半から15時半まで、クリスタルビル5階の生活創造センターにて視覚障がいの子供たちの見え方を理解するための体験会を行いました。弱視体験コーナーではシミュレーションレンズを使って、弱視、視野狭窄、白内障などでどう見えるかを体験しました。点字体験コー

弱視の方の学習支援をしています。

神戸駅前のクリスタルビル5階、神戸生活創造センターのブースをお借りして弱視の方に音声入力や漢字学習、電卓の使い方などの学習支援を行っています。

点字学習の支援をしています

週に一度、西宮のYちゃんの家に伺って点字学習の支援をしています。昨年8月からスタートしたのですが、Yちゃんはがんばって50音をマスターし、読めるようになりました。点字板にも興味が出てきて少し打つようになりました。お母さんも拍手してくださいました.

↑このページのトップヘ