2005年01月28日

 新刊書店とBOOKOFF

新刊書店は在籍半年以下で、今いるところも、書店と呼ぶには、
お粗末すぎるし、もの申せる身分ではないんだけれども。

新刊書店とBOOKOFF。経営は全く異なると考える

新刊書店は、お客様はもちろん、取次(日販とかトーハンとか)と出版社との 関係もある。
やることは、出版社からくる営業や日々流れてくるFAX、世の評判、自分の感性などなどから、限られた棚で最大の効率で売上を取ることができる本をかき集め、陳列して手に持ってもらうことが目標となる。
対してBOOKOFF。
関係は一般のお客様のみ。出版社も何も関係ない。
とにかく本を出来る限り、お客様に売ってもらうこと。
そして、それを加工して、棚にぶち込むこと。

新刊書店において必要なのは、お客様に情報を提供することで、
お店に来た人たちに、「こういうおもしろいのがあるけど、ドッスカ?」
という、提案をしていくこと。
それをみてお客様が情報を得て「ここに来れば、何かおもしろいものがある」
と、思ってもらい、再び足を運んでもらう。というリピートの流れ。
おもしろい本を、書店員が無数の本の中からピックアップし、大きく展開。
つまんない本でも、POPや展開の仕方で、無理矢理売っちゃうというのも
よくある話。

BOOKOFFに必要なのは、とにかく商品をかき集めること。
一つでも多くのアイテムをお客様から買い取って、
一つでも多くのアイテムを店頭に並べて、
一つでも多くのアイテムをお客様に見てもらう。
商品の入荷はお客様頼みで不安定なため、本の商品力に頼ることは
出来ない。新刊書店ならば、売れ筋を並べればいいが、売れ筋が集まる
はずがない。だから、多くのアイテムを買い取り、それを見てもらうことで、
お客様に選んで買ってもらう。

BOOKOFFの経営思考に近づけば近づくほど、
その本の持つ商品力への期待はなくなる。
ハリーポッターも失楽園も変わらない。
とにかく、買い取って、安価で並べて買ってもらう。単純。

商材は同じなのだが、扱い方、考え方は逆といってもいい。

お客様のスタンスも違う。
新刊書店は、お客様は情報を受け取る側。書店側が情報発信する。
書店側が努力しなくては売れない。
BOOKOFFは、情報をもったお客様が来店し、商品を探す。
お客様が探さないと売れない。

じゃぁBOOKOFFは店側としては何もしなくていいのかというと、そうではなく
お客様が、がんばって探す気になるような、演出をしなくてはならない。
半額商品(プロパー)と100円商品の差。わかりやすい陳列、店内の雰囲気
そういったものから、思わずどーでもいい100円の本をレジに持ってこさせる
お手伝いをしなくてはならない。

要は、新刊書店とBOOKOFFは双方の売上の相関関係は薄く、
新刊書店は、そんなにおそれることないんでないの?といいたい。

出版社側にすれば、そーはいかないから、書店と一緒になって、
「BOOKOFF(・∀・)カエレ!」っていうのもわからないでもないし、
ここが問題の根元でもあるんだけど、とりあえず目先しか見えないので
今回はこのことはパス。

BOOKOFFは中古CDとかもやってるけど、CD屋から文句があんまりこないのは
この辺が、より明確になってるからだと思うんだけどなぁ。
HMVやタワレコはそのものがブランドだけど、
BOOKOFFのあのだせぇ買い物袋ぶら下げてたらかっちょわりぃもん。

とかなんとかいっても、それ以前の問題で立ち止まってる店舗を何とかする方が、先だと思うんすよ。

新刊書店なら、コミックとかは売れ筋並べとくだけでいいのに、余所より先に商品切らしたり、全巻そろってないのに補充が遅れてたり。
客注の対応いい加減で、商品届いてんのに、抜き漏れてたり。
尋ねられた本を探せない。探そうとしない。
雑誌のメンテがいい加減、先月号と今月号が並んでおいてあったり。 新刊書店なのに、古本屋より埃つもってるとか。
BOOKOFFなら、12月3月商品買い取るのはいいけど、ちっとも出すことが出来ずに、バックにBOOKOFFの箱じゃなくて、ミカン箱とかにそのまま詰めたまま、いつまでたっても、店頭に並ばない。
棚ががら空きで、適当に全く意図のない本が面陳されてる
買取の対応が遅かったり、適当で二度と持ってくる気がしねぇ。

もう、当たり前のこともできねぇで売上あげるつもりもないなら、
さっさと新刊書店はウェブ書店やコンビニに道を譲れ
BOOKOFFもやる気のねぇ加盟店は、出版業界の寄生虫呼ばわりされても、しょうがねぇからつぶれろよ。新刊書店にぶらさがってんじゃぁない
まっとうな会社は生き残って欲しいし、生き残るべきだし
そうでないなら淘汰されるべきだ。けども、現実にはそうもいかず、守りに入って、お客様にがんばらせて生き残っちゃう企業も あるんだよなぁ。田舎だけか。こんなに競争もなく殿様商売してられるのは。
(05.2.22 ちょっといじった。)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/patrasche/13228296
この記事へのトラックバック
練馬高野台bookoffで単行本どれでも500円均一セールを(今日から3日間)や
テニスの王子様勝利学&科学の目で見たテニスレッスン【縺紜怨皹log】at 2005年01月30日 10:00
二セラス力ルblog: 新刊書店とBOOKOFF新刊書店とブックオフの違いについて考察してらっしゃいます。一部引用。お客様のスタンスも違う。新刊書店は、お客様は情報を受け取る側。書店側が情報発信する。書店側が努力しなくては売れない。BOOKOFFは、情報をもったお客様が来店
「おまえらやる気出せ!」と怒る人【負け組根性】at 2005年01月31日 09:51
いろいろ考えさせられる文章 >新刊書店において必要なのは、お客様に情報を提供することで、 お店に来た人たちに、「こういうおもしろいのがあるけど、ドッスカ?」 という、提案をしていくこと。 >BOOKOFFに必要なのは、とにかく商品をかき集めること。 この辺、一
[漫画][社会]新刊書店とBOOKOFF【ruwonism〜ぼくのせつな〜】at 2005年02月01日 11:26
共産党は書店の未来をどうするの?
(きょうの赤旗)商調法で大型書店出店ストップ 上【悪魔の辞典+ 日本共産党・民主青年同盟(民青同盟)編】at 2005年07月27日 21:33