JazzとPopsの融合? Jazzって聞いた事はあるけど、よく知らない・・・

誰から教わったか今はもう定かではありませんが、女性Jazz VocalならElla FitzgeraldとSarah Voughanを聴くように言われた私は早速レコード店へ赴き、最初に手にしたElla In Berlin Mack The KnifeとSarah Voughan With Cliford Brownを即決で購入し、一目散に帰宅して、まず、Ellaから聞いてみたのでした。

ライヴ盤とわかる拍手の音と、リズムセクションのイントロに乗って、何度も何度もThank you!と繰り返す女性の声。このひとが、Ella?

歌はいきなり始まりました。フュージョン系のヴォーカルとは明らかに違う。もっと軽快で、リズミカルで、フェイクも、フェイクというより、別のメロディ聞いてるみたい。このあとSarahを聴いて、この軽妙さはElla独特のもので、決してJazz Vocalの特徴ではないことを知るのですが、Jazz初体験の私は、これこそJazzなのだと信じ込んで、自分の中にあるものと共通する何かを感じ、完全にEllaの歌うJazzのとりことなったのでした。

たった1フレーズの中に、様々な声を織り混ぜ、表現の限りを尽くすElla.その時まで聞いた中で、最も優れたVocalist. このアルバムの後半で繰り広げられる彼女のスキャットは、カルチャーショックとしか言いようのない感動を与えてくれました。

聴きながら、私自身すっかりJazz Vocalist気分。

偶然選んだ1枚が、彼女のアルバムの最高作であったことに、わたしとJazzの縁を感じずにいられません。

by Patti.