生きる伝説 ポール・マッカートニー

ビートルズから現在に至るまで実に半世紀近くにわたりロック界をリードしてきたポール・マッカートニー。 今もなお、精力的に活動を続ける”レジェンド”がこの世にいるこの瞬間を大切にしたい...。

【翻訳掲載 その1】 ポール独占インタビュー on accessatlanta.com

PIEDPARKaccessatlanta.comに8月6日付で掲載されたポール・マッカートニー独占インタビューの全文訳を掲載します。(ポール公式サイトでも12日付NEWSで紹介されています。)
長いインタビューなので、複数回に分けて掲載します。

これは、地元マスコミが8月15日に行われたアトランタ(Piedmont park)でのライヴに先立ち独占インタビューを行ったものです。

----------------------------------------------

8月15日、ピードモント公園は、ポール・マッカートニーが“The Green Concert”で演奏するのを聞く5万人の人々で一杯になると見込まれている。ビートルズとして1965年に立ち寄って(訳者注:1965年8月18のAtlanta Stadiumでのライヴ)以来、アトランタでの最初の野外ライヴの準備に取りかかっていたポールに、AJC(訳者注:The Atlanta Journal-Constitution)が、コーチェラ(訳者注:2009年4月17日のCoachella Valley Music & Arts Festivalへ出演)やマイケル・ジャクソン、そしてポールを駆り立てるものについて尋ねた。
atlanta stadium
AJC:このたびのツアーでは、今回のライヴのみが慈善コンサートだと認識している。おそらく、他からもリクエストがあったであろうが、なぜ、“ピエドモント公園保護”だけに決めたのか?

ポール:僕のプロモーターのバリー・マーシャルが、いつも僕にいくつかのものを提案してくるんだ。そして、僕らがすることといったら、僕のスケジュールとそれらをふるいにかけるんだ。だから、今回のことは、僕が実行できることであったし、気に入ったことであったんだ。しばらくの間、アトランタで演奏していなかったし、そこで演奏するということを気に入ったんだ。それが実際の理由さ。もちろん、自然保護ということも大きかったよ。

AJC:管理局は、最近、いくつかの環境保護主義者によって反対されたパーキングデッキを建てた。こうしたことは幾分、偏狭的であるとも思われるが、ある人から見れば、議論の余地のあるものとみなされているものに、あなた自身が巻き込まれているのではないかという心配はないか?

ポール:うん、確かに。そうした見方は知らなかったが、そういうことも見方もあるだろうね。イングランドの外で起こっているこういった類のことを詳しく知ることは僕にとっては容易なことではないんだ。もしあなたが私の観点から見るのであれば、環境保護という名において、“美化”されたことかもしれない。私にとっては、こういった話を一棟のアパートに変えてしまうよりむしろ、こうしたことが起きるのを見ていたいほうだ。公園は最小化されている。彼らがやっていることはすばらしいことだと思うし、論議はアトランタの人々に委ねたいと思うんだ。

AJC:ビートルズが1965年にアトランタで演奏した際、私の友人ジュリアはアラバマ州のタスカルーサからバスに乗ってやってきたが、彼女は今でも曲目をすべて覚えている。私の世代の多くの人々の人生においてもっとも思い出に残るコンサートであることに加え、アトランタにとっても、地図上に街を載せる手助けとなったため、重要であった。当時のコンサートやその後、アトランタに戻って来た印象はどんなものか?

ポール:アメリカのどの街に関しても、魅惑的であったと述べるのは好きではないんだ。つまり、あなた方が見ているような見方で、僕たちは見ていない。つまり、どこに行こうとも、僕たちにとってはすべてビッグだし、魅惑的なんだ。さっき、あなたは、タスカルーサと言ったけど、僕にとってはすばらしい場所のように思えるんだ。そこは、大きいのか小さいのかわからないけど、すばらしく思えるんだ。

--- 続く (ここまで全体の40%)---


【参考情報】accessatlanta.com

【訃報】レス・ポールさん 94歳=米ギタリスト、エレキギター「レスポール」生みの親

lespaul ◇ポール・マッカートニーさんら愛用

 【ニューヨーク支局】AP通信によると、米国のギタリストで、多重録音の導入などでロック・ポップ音楽に大きな影響を残したレス・ポールさんが13日、ニューヨーク州の病院で肺炎による合併症で死去した。94歳だった。1952年にギブソン・ギター社と共同開発したエレキギター「レスポール」は、ジミー・ペイジさんやポール・マッカートニーさんら著名なロックミュージシャンに愛用され、今でも人気モデルとなっている。

 1915年、ウィスコンシン州生まれ。13歳ごろから拡声器を付けたギターを試作した。妻で歌手だったメリー・フォード(77年に53歳で死去)とデュオを組み、40年代末から50年代にかけて「世界は日の出を待っている」「モッキン・バード・ヒル」「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」などのヒット曲を出した。当時から複数の録音テープを駆使し、後のロック音楽制作で欠かせなくなった多重録音の先駆者となった。

 スイング感あふれる演奏で知られた。90歳になった05年、エリック・クラプトンさんやジェフ・ベックさんらとの新作アルバムを出し、うち2曲がグラミー賞を受賞。その後もニューヨークのジャズクラブで演奏を続け「生きたギター伝説」と呼ばれた。


【参考情報】毎日新聞

【来日公演決定】YOKO ONO PLASTIC ONO BAND

yokoono真夏のビッグニュースだ。
YOKO ONO PLASTIC ONO BANDが装いを新たに、11月に東京・大阪でライヴを行うことになった。

未だ精力衰えずの活躍ぶりを見せる76歳のヨーコが、どんなパフォーマンスを見せてくれるか。

アーティストとしてのヨーコの作品に多少なりとも触れたことがある方であれば、このステージを、芸術作品の延長上として捉えることができるであろうし、様々な期待を持つことであろう。演奏以外の部分も含めたトータルのパフォーマンスで、私達に21世紀の日本で何を伝えてくれるのであろうか。


〈BETWEEN MY HEAD AND THE SKYコンサート・ツアー〉
日程:11月18日(水)
会場:東京・東京国際フォーラムC
時間:open18:00 / start19:00
[問]ディスクガレージ 03-5436-9600

日程:11月24日(火)
会場:大阪・大阪芸術ホール
時間:open18:00 / start19:00
[問]キョードーチケットセンター 06-7732-8888

出演:オノ・ヨーコ、ショーン・レノン、本田ゆか、小山田圭吾、清水ひろたか、あらきゆうこ、他
※スペシャルゲストの予定あり

料金:全席指定 8,000円
※チケット一般発売は9月19日(土)〜

主催:CHIMERA MUSIC
企画制作:スリー・ディー(株)/(株)GPT
協力:(株)ブルース・インターアクションズ http://www.chimeramusic.jp/



【参考情報】CD Journal myspace

桑田真澄氏 WINGSFANだった?!

c0a1200d.jpgさすがにこの写真を見たときには、載せずにはいられない、と思ってしまいました。

彼は、「ひとつのスポーツ。ひとつの楽器。ひとつの語学(外国語)。これらがあれば世界とコミュニケーションできる」と述べています。

今回のチャレンジも含め、彼の考え方には共感できるものがありますね。

--------------------------------
1月28日付 スポーツ報知HPより

プロ野球巨人のエースとして活躍し、米大リーグ挑戦を経て昨年3月に現役を引退した桑田真澄氏(40)が28日、早稲田大大学院スポーツ科学研究科に合格したことを明らかにした。桑田氏は東京都内で「一生懸命勉強し、駄目ならしょうがないと思えるくらいまでやった。やっぱりうれしい。これからの方が大変なので、今まで以上に勉強に励みたい」と話した。

 桑田氏は、24日に同大学院でスポーツビジネスを学ぶ修士課程1年制コースの最終試験を受験していた。入学後はスポーツビジネスの実務能力の向上を目指す「トップスポーツマネジメントコース」を受講し、スポーツ分野の経営やマーケティングなどを学ぶ。評論家活動との割合は「9対1か8対2になる」と話し、今年は学業にほぼ専念する。

 将来的にはプロアマ協定などの課題を抱える球界の改革についても興味を示している。「野球界から幸せをいただいた。恩返しとして後輩が少しでもいい待遇を受けられるように勉強して、野球界に貢献したい」と話し、大学院での1年間を生かしたい考えを示した。

 桑田氏は1985年のドラフト会議で1位指名された巨人入りを表明する前には、早大への進学を希望していた。大阪・PL学園高時代にあこがれていた夢が20年あまりの時を経て実現した。


【参考情報】スポーツ報知

リンゴ・スター インタビュー掲載雑誌 (CD・原文付き)

106d2441.jpg8月6日発売の『CNN ENGLISH EXPRESS』(2008年9月号)にリンゴ・スターのインタビューが収録されています。CDで音声も収録されていますので、英語学習にも活用できるものと思います。


【参考情報】朝日出版社

ポール 豪華スター参加のカヴァーアルバムに参加か

c3f77442.bmp28日付英サン紙によると、ポール・マッカートニー、ブライアン・ウィルソン、ボブ・ディランらが参加するコンピレーション・アルバムが水面下で計画されている。

これは、戦争に巻き込まれた子供たちの支援活動を行っている慈善団体War Child(詳細はココをご参照)が計画しているものである。

アルバムは、新しいプロジェクトに関連づけられたものとなり、“究極のカヴァー集”と評されている。

まさにすばらしい企画で、1995年のアルバム“Help”(訳者注:War Childが企画したコンピレーション・アルバムでポール・マッカートニー、ポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーはThe Mojo Filters名義でアルバム最後に収録のCome Togetherを共演している。掲載画像はアルバムジャケット)を凌ぐ模様である。

ベックのような昨今のチャートをにぎわしているアーカイヴものに取り組んでいる一方で、今回参加予定の“音楽の巨匠”らは、最近のアーティストの作品をカヴァーする予定である。

以上がサン紙の報道であるが、War Childからは本件に関し、現時点では公式発表はされていない。


【参考情報】THE Sun ,War Child

キエフ・ライヴ セットリスト他

63c74ff6.jpgポール公式サイトの14日付NEWS欄に、キエフで行われたライヴのセットリストが掲載された。

ライヴは、キエフの現地時間で21:00(日本時間:15日(日)3:00)より行われ、全33曲が、35万人の前で披露された。また、同ライヴは、ウクライナ国内の主要5都市においても、大型スクリーンにより生中継された。

メイン会場となったIndependence Squareには、前ウクライナ大統領レオニード・クチマ、現グルジア大統領ミヘイル・サーカシヴィリらの姿もあった。

ポールは観客に、"Pryvit, druzi!" (ウクライナ語でこんにちは、友よ!). "Thank you for coming out in the rain tonight(今晩は、雨の中、来てくれてありがとう。)"、と挨拶した。

また、Back in the U.S.S.Rの演奏前には、”And now a little bit of history”(今、まさに歴史の瞬間だ。)と述べた。


<セットリスト>
Drive My Car
Jet
All My Loving
Only Mama Knows
Flaming Pie
Got To Get You Into My Life
Let Me Roll It
C Moon
My Love
Let Em In
The Long And Winding Road
Dance Tonight
Blackbird
Calico Skies
Follow The Sun
Mrs Vanderbilt
Elenor Rigby
Something
Good Day Sunshine
Penny Lane
Band On The Run
Birthday
Back In The USSR
I Got A Feeling
Live And Let Die
Let It Be
Hey Jude
A Day In The Life/Give Peace A Chance
Lady Madonna
Get Back
I Saw Her Standing There
Yesterday
Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band


【参考情報】paulmccartney.com, AFP, AP
Profile
nhk
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
yahoo
livedoor 天気
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
  • ライブドアブログ