6年ぶりの投稿

2020年01月14日

バンドやってたんだよなあ

ビートルズが好きになったのがきっかけで大学生(途中でやめてしまったが)の頃にギターを始めた。

その頃はまだジョン派だったんだけど、大学で知り合ったハードロック好きの人といろいろ話をするうちに「ポール・マッカートニーのリッケンバッカーのベース」っていうキーワード?を何度か聞かされてそれからようやくポールのベースを意識して聴き込むようになった。

それからベースに興味をもって弾きたいと思うようになって最初はヤフオクで落札した入門用の安いベースから使い始めた。

放置されてたのかネックが順反りしまくりで、非常に弾きにくくかなりの握力を要しながらしかしお金もなかったので我慢しながら必死に弾いてた。おまけにピックアップのマイクが貧弱で音が小さかったなあ。

その後にちょっとお金が貯まってまたヤフオクだったかな、で手に入れたのがグレコのリッケンバッカーのコピーのベースだった。
さすがに本物を買う余裕も覚悟もなかったので。

これは弦高は高すぎずテンションも弱いので非常に弾きやすい。けどペグのうち1つがぐらぐらしてたので山口県に住んでた頃に宇部市にあった2nd sectionっていうお店でGOTOHペグにかえてもらった。いい店主さんだったのに閉店されたみたいで残念だ。

その後にそのお店で初めて新品で購入したベースがレフトハンドのイグニションベース。
オクターブ調整もしてくださった。

このとき右利きから左利きに転向したのだが、結構な勇気が要った。

左利きに転向したのは以前ギターをかなり力を入れて弾いてたせいか右手首にガングリオンが出来たことがあったから。ポールへの憧れもあったのでそれを機会にお箸を左手で使うことから始めて徐々に左手を主に使う生活に慣らして行った。

バンド活動は趣味の域だけど20代の頃から途切れ途切れにやっていた。
2016年にイグニションベースを買った時に久々にバンド活動をしていた。

その年末に楽器店のサイトで4003Sのレフトハンドの新品を見つけて「この機会を逃したら損する」と思って思いきってとうとう本物のリッケンバッカーを購入してしまった。
どこかのサイトでリッケンバッカーの左利き用は受注生産だから流通がもともと少ないと記載があったから。

本当はレフトハンドの4001Sのリバースヘッドがほしかったけどそんなの所有者が手放すのをいつになるか判らず待ち続けるしかないし。

リッケンバッカーは個体差があるって聞くし、現物を見ずに買うのはこれも結構な賭けだったけどいい状態のものが買えてよかった。

2016年から1年ちょっとやってたバンドが今のところ最後。

最初上手くいってたんだけど、自分がその頃働いてた会社の上司が冬頃に変わって土日に休みをほとんどもらえないようになってからスケジュールがメンバーの人と合わなくなり練習の頻度が減ることになりたぶんそれがきっかけで人間関係が上手くいかなくなりやめてしまった。

みんないい方だったのに本当に申し訳ない。
メンバーの人達は主に80年代以降の洋楽・邦楽ロックが好きでビートルズにはほぼ興味がないのに無理を言ってビートルズのカバーをやらせてくれた。

歌を歌うのは下手だけど好きだから、やらせてもらった曲の中のBand On The Runはいい経験になった。ギターボーカルの方の奥さんがキーボードだったんだけどとても技術のある方で再現力がすごくてとてもありがたかった。

またバンド出来るなら今度はビートルズをやるって限定しないとだめだ。じゃないとストレスだ。

PA0_0245


_20200114_062657


_20191104_031309




paul_eek at 07:18│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 雑記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
6年ぶりの投稿