石けん

2012年01月04日

アトピーの個人的なお話(その2)石けんについて

自分のアトピーの症状が改善した理由と思われるのが、ヴァセリンを使い始めたのに加えてもう1つあります。

入浴のときに使う石けんを、よく目にする一般的(?)な化粧石けんから無添加の純石けんに変えたということです。

自分が子供の頃、お風呂で体を洗うときに父親から「これで肌が丈夫になる」とか言われて健康タオルと化粧石けんやボディーソープのセットで一生懸命ゴシゴシ洗っていました。
のちのち、皮膚科の先生に言われたのですが、肌が弱い人は手のひらで洗うので充分だと思う、ほんとに。弱っている肌を更に傷めつける意味が解らない。手のひらで洗えば、あんな不自然なもので洗うよりは抵抗はまず少なくてすむでしょう。あまりに頑固な油汚れとかが皮膚についてない限りは問題なく落ちてくれている気がしています。しかも体を洗ったあとに、健康タオルだのスポンジとかをすすいで乾かすとかもやらなくていいのでめんどくさがりな自分には好都合(笑)
あと、あっつい風呂に入らされたりしてたけど僕が思うに皮膚の炎症をひどくさせるだけであんまりよくないと思います。かゆみは増すし、ひりひりするし。ま、熱い風呂が嫌いだっていうのもあるんだけど(^_^;)

とりあえず健康タオルの使用はやめるようになってからもアトピーはなかなかよくなりませんでした。個人的には化粧石けんのせいだと思ってます。純石けんに変えたらよくなったので。

純石けんに変えるまでは、風呂から上がるとタオルで体を拭いて、急いで塗り薬と保湿クリームを塗っていました。そうしないと、みるみるうちに肌がガサガサになったりつっぱったりですぐかゆくなるから。バリア機能も何もないです。アトピーって時点でセラミドが少ないから肌の保湿が満足に出来ない状態のところを、健康タオルや化粧石けんで更に悪化させていたようなものなので。

純石けん以外のものがよくないのは合成界面活性剤などの有害な化学物質が入っているという点です。今日現在(12/01/04)Wikipediaで『界面活性剤』について検索すると、合成界面活性剤が肌に害があるということについて否定するような文章が書き込まれていますが、自分はそうは思いません。会社に不利益なことが書かれたら書き換える人がいるとかいないとか言うし(あくまで個人の意見です)、情報の取捨選択や真偽の判断は人それぞれに。

純石けんに変えてからは入浴後の肌の不快感とかはなくなりました。ただ、純石けんや無添加と言えどもメーカーによって成分が違ったりするようなので使用前にはよく確認した方がいいみたいです。
僕は今は、パッケージがかわいいのとCMをよく目にするシャボン玉石けんを使っています。

出来たらシャンプーとリンスもシャボン玉石けんのに変えたいんだけど、値段がなあ…合成洗剤を毎日頭に振りかけてるなんてどう考えてもよくなさそう。抜け毛が増えても仕方ない気が。
合成界面活性剤って生活のあらゆる場面に浸透している感じで、なかなかそれから脱却するのは容易ではないようです。。特に自分のようなめんどくさがりな人は。

※今回の合成界面活性剤についての記事もあくまで僕個人の経験を踏まえての考えによるものです。違う意見の方も当然いらっしゃるかと思います。読んでくださった方はその点をご理解いただけるとありがたいと思います。

興味のある方はこちらの動画をご覧になってみてください。↓



paul_eek at 01:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック