イサベルです、ごきげんよう。

ナイト修行、今回の舞台は流砂迷宮 カッターズクライでございます。
昨日の午前中のカルン修行に続いて、午後も頑張ってしまいました。

カッターズクライと申しますと、最初の詩人の頃は「山羊離れる、竜近づく」の呪文を覚えたところ。
そして、白修行では、ミュルミドン・プリンセスのところでマラソンしたり、ジャイアントトンネルワームの汚泥を必死でエスナしたところですねー。

頑張った記憶があるから、きっと地理さえわかればここは出来る!

なので、動画チェックは省略して詩人で制限解除でダンジョンの中を探検です。
ぐるぐる回るからよくわかんない、って思ってたんですけど、ちゃんと見てみれば一本道ですね。
最初の部屋も敵を倒せば流砂が出てくるし、ドーナッツの部屋は左手の法則で進めば大丈夫。

いつもダンジョンの中の地理がよくわからないと思っていたけど、もしかして割と簡単?

ってことに気付いたけど、迷子になったら恥ずかしいから、これからも予習は怠りなく頑張ろうっと。

さて、ナイトでの周回の方はさほど問題なく終わりました。
一回ヒラさんが死んじゃったけど

ミュルミドンのところは、ヒラさんがマラソンはじめたらプリンセスを全力で倒せばいいし、しないなーって思ったらマーシャル→プリンセスの順に倒せば大丈夫ですね。

あと、キマイラで死人が何回も出るとヒラさんのMPが大変だな〜って感じ。

そんなことを、思いつつ、ナイトのレベルは41に♪

ffxiv_20170907_174208


これで、カッターズクライの修行は終わりなので、装備を一新して、SSを撮ってみました。
固いタンクになるためには、常にHQに身を包んで戦うのであります。

もう、カッターズクライは卒業したよ〜ってグリちゃんに報告したら、片手剣を2本作ってくれました。

ffxiv_20170907_210538


旦那さん(女キャラだけど!)お手製の剣はまだ装備できないんですけど、1本目はLV43で装備できるやつなので、次なるダンジョン、ストーンヴィジルでの修行を頑張りたいなと思います。

それでは、またね〜♪