早速ですが、みなさん!

スライドのサイズって、意識してますか?


え、してない?


ご安心ください、それが普通です♡


しかし・・・・

①プロジェクターでスクリーンに投影する場合

②液晶モニターに映し出す場合

③A4用紙に印刷する場合


これらを全て、同じスライドサイズにして・・・


良いわけがなかろう~(ノ`Д´)ノ


スライドサイズは、目的に合ったサイズを選択したほうがよいのです。



というわけで、以下のように設定しましょう。

①プロジェクターでスクリーンに投影する場合⇒スライドサイズ「4:3」

②液晶モニターに映し出す場合⇒スライドサイズ「16:9」

※参考
①の場合でも、「16:9」は可能。しかし、古いタイプのプロジェクターだと、上手く投影されない場合があるので、注意が必要。
②の場合でも、「4:3」は可能。しかし、縦幅にサイズが合わさるため、横幅(左右)に余白ができ、縮小されてしまう。


そして、③の場合・・・

A4用紙に印刷することを前提として作成する提案書などでも、

「4:3」で作成している人が、大半。。。

それはちょっと、もったいない!


実際にプリント範囲を見てみましょう。

グレー部分が、スライドサイズ「4:3」の印刷範囲です。

A4用紙に印刷すると、上下左右に、

こんなに余白ができてしまうんです。


これじゃ、せっかくレイアウトを意識してスライドデザインしても、

プリントアウトした時点で、台無しでしょ?

え、やってた? 

それは残念だったね~~~

図4
というわけで、スライドサイズの設定方法をご紹介します。


↓↓↓ 「デザイン」のタブ⇒スライドのサイズ⇒ユーザー設定のスライドサイズ

図1


↓↓↓ 「A4」を選択

図2


↓↓↓ A4のスライド設定だと、印刷範囲は、こんな感じ~~

図5
まあ、悪くないけど・・・

でも、、、まだ、上下左右の余白が気にならない???

「いや、いいんじゃない?」という、粗いタイプの人は、そのままでよいと思います♡


もっと、ギリギリまで!!!

という、追い詰まりたいタイプの方には、、、

手入力で設定する方法があります。

それが、こちら↓↓↓

図3

スライドのサイズ指定を「ユーザー設定」として、幅:29.7cm、高さ:21cmと手入力。

すると、印刷範囲はこうなりま~す★

図6
並べて比較すると、その差は歴然!

比較



手入力でここまでギリギリにできるので、

「29.7×21」のユーザー設定を、ぜひ活用してみてください!


あ、最後に、重要なこと。

スライドサイズを作成途中で変更すると、

レイアウトが激しくぶっ壊れて、修正に相当な労力を要するので、

最初に設定したら、変更するのはやめましょう!



さっそく、試してみて!

じゃあ、またね~♪