実況パワフルプロ野球2013(パワプロ2013) 攻略&パスワード&応援歌&裏技

実況パワフルプロ野球2013(パワプロ2013)のサクセスや試合の攻略、選手パスワード、応援歌掲載、裏技やデータの紹介、能力査定など。発売日までは最新情報をお届けします!

1点でも多くとる!走塁のコツ


1点でも多くとる!走塁のコツ

パワプロでも実際の野球でも走塁でもぎ取った1点が勝負を分けるということが多々あります。

なので、今回は走塁のコツを伝授していきます。


人間は走りながら直角に移動することができないので、あらかじめベース前を膨らみながら走ることでライムロスを減らします。

パワプロでもその技術が必要です。

やり方は簡単で、次の塁に行けるとわかったら早めに△ボタンを長押ししておくことでスムーズに膨らみながら次の塁に進んでくれます。

これをやるのとやらないのとではタイムが全然違うので、チャンスを広げることができます。

ドラフトで話題になった松井裕樹、森友哉、大瀬良大地らの能力査定も今後していきたいと思います!

対人戦で使えるトリックスチール


対人戦で使えるトリックスチール

ランナー1・3塁の時にランナー2・3塁にすることができたら、ゲッツーもなくなりますし、ワンヒットで2点入るので大きなチャンスになります。

しかし、盗塁などでチャンスを広げようとして失敗してしまうこともあります。

ここでお勧めなのが、トリックスチールです。

実際の試合でも巨人が実践したこともあります。


バッターがスクイズを空振りしたふりをします。
実際には1塁ランナーしか走っていないのですが、スクイズ失敗だと考えます。
そうすると相手プレイヤーは3塁ランナーが走ったと思うので、そっちを警戒します。
なので、盗塁が成功するわけです。

1試合に1回ほどしか使えないので、ここぞという場面で実践してみてください。

ロックオンは推奨しません


ロックオンは推奨しません

パワプロでは、ロックオンという機能があるのを皆さんも知っていると思います。

コンピューターが自動的にボールにカーソルを合わせてくれるシステムです。

しかし、これを行うと自分の実力というよりはコンピューターのおかげで打ててしまうので、面白さが半減してしまいます。

そして、1度ロックオンに慣れてしまうとなかなか解除した状態で打つことは難しくなってしまうので、やはり推奨しません。

なので、練習で球の速い投手を選んで何度もノーマルの状態で打ち続けることで、慣れていきましょう。

パワプロをさらに楽しむためにも、ノーマルを推奨します!

ドラフトで話題になった松井裕樹、森友哉、大瀬良大地らの能力査定も今後していきたいと思います!
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ