対人戦で使えるトリックスチール

ランナー1・3塁の時にランナー2・3塁にすることができたら、ゲッツーもなくなりますし、ワンヒットで2点入るので大きなチャンスになります。

しかし、盗塁などでチャンスを広げようとして失敗してしまうこともあります。

ここでお勧めなのが、トリックスチールです。

実際の試合でも巨人が実践したこともあります。


バッターがスクイズを空振りしたふりをします。
実際には1塁ランナーしか走っていないのですが、スクイズ失敗だと考えます。
そうすると相手プレイヤーは3塁ランナーが走ったと思うので、そっちを警戒します。
なので、盗塁が成功するわけです。

1試合に1回ほどしか使えないので、ここぞという場面で実践してみてください。