実況パワフルプロ野球2013(パワプロ2013) 攻略&パスワード&応援歌&裏技

実況パワフルプロ野球2013(パワプロ2013)のサクセスや試合の攻略、選手パスワード、応援歌掲載、裏技やデータの紹介、能力査定など。発売日までは最新情報をお届けします!

2013年10月

パワプロに球威システムをつけてほしい

パワプロに球威システムをつけてほしい

パワプロの投手能力は基本的にスタミナ、コントロール、変化量、特殊能力の4つです。

しかし、この査定方法だと球種が少なくスピードもさほどない成瀬投手などの査定が尾錠に難しいです。

いくらコントロールがいいとはいってもスピードがないので簡単に打ち崩すことができます。

なので、プロスピと同じように球威システムを導入してほしいと思います。

このシステムがあれば変化量だけでなく各球種の本当の力を査定することができます。

プロスピでは成瀬投手は非常に強力な投手です。

多様な投手を正確に査定するのには欠かせないシステムなので、ぜひぜひ導入を期待します。

大谷翔平(日ハム)の選手能力データ


大谷翔平(日ハム)の選手能力データ

投打の二刀流で話題になった大谷翔平選手。

高卒1年目ながら野手としても投手としても活躍しました。

高卒新人初の3勝&3ホームランという記録もマークしました。

来年は開幕投手も視野に入れ、投手に重点を置いて戦っていくようです。

そんな大谷能力を紹介したいと思います。

弾道:3
ミート:D53
パワー:C61
走力:C65
肩力:B77
守備力:E43
エラー回避:E45
守備位置:投・外
特殊能力:初球○ レーザービーム

さすがに能力が強すぎる感も否めませんが、期待も込めてということでしょう。

この能力ならスタメンで使っても問題なさそうですね。

ものすごく成長するでしょうし、大事に育てていきましょう!

ドラフトで話題になった松井裕樹、森友哉、大瀬良大地らの能力査定も今後していきたいと思います!

相手がパワフルでも完封できるピッチング攻略法!

相手がパワフルでも完封できるピッチング攻略法!


相手のレベルがパワフルだと長打を連発されて試合にならないという声をよく聞きます。

しかし、配球に気を付ければそう簡単に打たれません。

注意する点は

・球威の弱い球はストライクゾーンに投げ込まない
・2球以上同じ球種を続けない

の2点です。非常に大事なポイントです。

球威の弱い球をストライクゾーンに投げてしまうと、軽々と打たれてしまいます。

しかし、ストライクからボールになるように投げ込めば空振りをとれる有効な球種になります。


また、打者は同じ球種が続くと慣れるので、スピードの違う球を使い分けてタイミングをうまく外していきましょう。


2ストライク追い込んだ後は高めか低めに少し外れるストレートかストライクからボールに落ちるボールを投げ込むと空振りをとれる確率が高くなります。

頭を使って配球を考えればパワフルの巨人でも完封できるはずです!

弱いチームをCS進出させるには!?

弱いチームをCS進出させるには!?

ペナントレースモードがパワプロの醍醐味と言っても過言ではありません。

強いチームでやるのも面白いですが、ベイスターズやオリックスのような弱いチームをCSに進出させて日本位置を狙うのも非常に面白いと思います。

しかし、やはり弱いチームで勝つにはテクニックと頭脳が必要です。

144試合戦う中で一番大事なのはローテーションの組み方です。

すべての試合で勝つことを目指すのではなく、勝率5割5分を目指しましょう。

そうすればCSに進出することができるので、日本一になれる可能性も出てきます。


相手エースVS自チーム6番手
相手2番手VS自チーム5番手
     ・
     ・
     ・
相手6番手VS自チームエース

となるようにローテーションを組んでください。

相手エースや2番手が登板する試合では勝つのが難しくなりますが、ほかの試合では勝てる確率がグッと上がります。

セ・リーグであれば巨人に対しては裏ローテを当てるというのもありです。

とにかく、勝てる試合を確実に勝っていくことを念頭に置いてペナントを戦っていきましょう!

応援歌があると試合が一気に楽しくなる!

応援歌があると試合が一気に楽しくなる!

プロ野球の試合中に流れている応援歌は非常にかっこいいものが多く、応援歌を聞くだけでテンションが上がる人も多いはずです。

それがゲームの試合中にも流れたら絶対楽しさが増すと思いませんか?

パワプロ音楽感

こちらのサイトにはほぼ全選手の応援歌のパスワードが掲載されています。

パスワードを打ち込むだけで選手に応援歌を設定することができるようになります。

チャンステーマもあるので、チャンスの時はテンションが最高潮になるはずです!

ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ