000119

菊池-森バッテリー
 
000267
000146000006
000176



2回までは互いの投手がピンチを作りながらも無失点
1回表2メヒア三振
1回裏1柳田三振



試合が動いたのは3回裏

柳田の2点タイムリー3ベースでホークスが2点先取
3回裏1柳田2点タイムリー3ベース (4)
3回裏1柳田2点タイムリー3ベース (1)
3回裏1柳田2点タイムリー3ベース (2)
3回裏1柳田2点タイムリー3ベース (3)



3回以降は再び0がスコアボードに並ぶ
5回表1栗山三振
6回裏終了 (1)
6回裏終了 (2)



7回表

メヒアの2試合連続ホームランで1点を返す
7回表1メヒアHR (3)
7回表1メヒアHR (1)
※gif


7回表1メヒアHR (1)
7回表1メヒアHR (2)

西武メヒア29号!おかわり並ぶトップタイ
西武エルネスト・メヒア内野手(28)が本塁打王争いリーグトップの西武中村に並ぶ29号ソロを放った。2点を追う7回無死、ソフトバンク先発飯田の真ん中高め136キロ直球を左翼席に運んだ。2戦連発弾に「これで1点差になったので、あと2イニング、勝ちに向かって戦い続けます」とコメントした。(日刊



菊池は7回8回も投げ、8回2失点
前回同様の粘りのピッチングで味方の援護を待つ
8回裏1菊池 (1)
8回裏1菊池 (2)
8回裏1菊池 (3)
8回裏1菊池 (4)



9回表

メヒアヒット
9回表2メヒアヒット (1)
9回表2メヒアヒット (2)

代打秋山ヒットで1塁2塁
9回表3 (4)
9回表3 (3)
9回表3 (2)

1アウト1塁2塁
今日まだヒットが無い森
9回表4森レフトフライ (1)

しかしここはサファテのコントロールされた直球に当てるのが精一杯
9回表4森レフトフライ (2)9回表4森レフトフライ (3)
9回表4森レフトフライ (4)

森本三振でゲームセット

試合終了 (1)
試合終了 (2)
試合終了 (3)

西武雄星8回2失点完投負け…四球悔やむ
西武が今季ソフトバンク戦で12敗目を喫し、4年連続のカード負け越しが決まった。先発菊池雄星投手(23)が8回6安打2失点で粘りの投球を見せたが“完投負け”。序盤に四球絡みで失った2点が最後まで重くのしかかった。「10連戦の真ん中で長い回を投げられたことは良かったけど、勝たないと意味がない。四球から点を取られたのは自分の責任。申し訳ない」と肩を落とし。(日刊

西武田辺監督代行、拙攻に「粘り足りない」
西武田辺徳雄監督代行(48)が序盤の拙攻を厳しく指摘した。1回、先頭栗山が中前打で出塁。2番渡辺にエンドランのサインを出したが投直併殺で先制機を逃した。「転がして、センターラインを外さないといけない。ハードラックでは済まない」と指摘。ヒアの29号ソロの1点だけにとどまった打線についても「打つほうが淡泊になったらきつい。三振するにしても内容が良くない。粘りが足りない」と奮起を促した。 (日刊



mehia

もどかしい試合。

順位など抜きにしてもホークスに負けるのはやっぱり悔しい。

しかし、菊池が精神的に成長しているように見えるのは嬉しいです。

森はまだリードで精一杯ですね。仕方ない。

koishi

小石も楽しみや。このチャンスを掴んでくれ!