2016年06月19日

メディア報道の違和感

最近、ツイッターを主に情報発信のツールとしていて

あまりブログが更新できていないのですが

ちょっと思うところがありまして

久しぶりにブログを書いてみます。

発端は今日のヤフーニュースに

書いてあったAKB総選挙の記事です。

司会の方がタレントさんに投げかけた

質問が良くなくて

タレントさんが苛立って会を壊した

というような内容でした。

こういう内容の報道をたまに見るのですが

本当にそうか?

と思うことが多いので

今回も動画で見てみました。

確かにタレントさんは美しい言葉で

お礼を述べていますが

目の動きや表情から

ちょっと盛っているなと悔しさみたいな

ものは感じられます。

でも司会者から投げかけられた質問に

タレントさんは少し強めに敏感に反応しましたが

それが苛立ちという感じには見えませんでした。

もちろん悔しさがベースにあるのは見えますから

そこと苛立ちを結びつけやすいのですが

そんなに簡単なものではないかなと。

ましては司会者の質問はそうした

気持ちを本人に投げかけて気づかせた質問で

私は見事だと逆に思いました。

私の感じたものが正しいか間違っているかは

わかりませんが

どうも最近の報道は浅い。特に感情部分を

浮き彫りにするところは短絡的な傾向が

あり、ちょっと言葉通りに受け入れにくいなと

自分で感じながら評価したいなと思います。

以前も謝罪会見にきたある女性タレントが

口角を一瞬上げたのを

「笑み」と捕らえて「不謹慎」と報道されたことが

あります。

あれは「笑み」ではなく、極度の緊張感からくる

もので、不謹慎な笑いではありません。

そうした、表情の変化を

特に男性は鈍感に表層的にとらえる傾向があるので

なんとももう少しならないかな〜

と感じるのでした。

pawpawporo at 10:19|PermalinkComments(0)

2016年04月22日

プリンスの訃報

米ミュージシャンのプリンスが亡くなりました。

インフルエンザをこじらせて

亡くなったそうですが

インフルエンザとはプリンスらしからぬ

亡くなり方に驚いています。

プリンスの音楽は十代の毎日を彩ってくれ

豊かな毎日を与えてくれました。


当時、仲の良かった友人がプリンスを聞いていて

私は最初その風貌から

「ゴキブリの親玉みたいで嫌だ」と

言って拒絶していましたが

好意を寄せる同級生がプリンスを聞いていたので

熱心に聴くようになり

いつしかその魅力にハマってしまいました。

その友人は自分は

「やっとわかってくれたか」と言っていましたが

ははは、実はそうじゃないのだよ…

と思っていたのでした。


来日コンサートも行きましたし

アルバムを何枚も持っていました。


子供のころからありとあらゆる楽器を弾きこなし

不思議な歌詞を使いこなし

あふれる音楽か底なしの天才だっと思います。


なんとなくさみしくて

心の中に雨がしとしと降っているようですが


私も創作を頑張ろうと思います。

思い出が詰まった

この紫の雨が降る中を歩いて

pawpawporo at 08:01|PermalinkComments(0)

2016年04月21日

バラエテイ番組の自粛について

同じ日本で大変な思いをしている人

がいるときに、

バラエテイを自粛するべきか、

普段と変わらなくやるべきか?

という問題ですが、

私は被災者の人たちのことを考慮しつつ

内容を変えたり、表現を注意して、

やるべきなのかな?と思います。

ホリエモンが言うように

賞金を寄付する方が建設的かな。

批判されることをおそれず、

被災された方の不快にならないように、

元気づけられるように、

強いポリシーを持って

やるべきかなと思います。

とはいえTwitterやブログひとつにしても、

くだらないことを言って、

被災した方が不快に

思うんじゃないかと悩みます。

pawpawporo at 08:13|PermalinkComments(0)

2016年04月18日

地震の被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます

熊本・阿蘇を震源とした地震の

被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

数年前に阿蘇に行ったときには

大きな台風の被害によって

多くの幹線道路が通行止めになっていて

本当に地元の方は苦労されていました。

続く災害、本当につらいと思います。

これ以上、被害が広がらないことを祈り

避難されている方々に平穏な日々が一日でも早く戻ることを

心より願っております。

pawpawporo at 16:53|PermalinkComments(0)

2016年04月11日

オリンピックロゴの決め方

オリンピックロゴの再公募

最終候補が決まったらしい。

この作品をどれか優れているか、

どれが好きかという視点で考えると、

かなりの問題が生じる。

なぜなら、デザインと嗜好との間には

個人差が強く、相関関係が取れない。

要は人によって良いと思うものが差があり、

みんなが好ましいと考えるデザインには、

基本的にたどり着かない

(一定の法則があるので、

もちろん例外はあります)

こうしたデザインを決めるときは

オリンピックのテーマに沿い、

ロゴを通して、今大会に

何を感じてもらいたいか、

どんなイメージを獲得したいかを

決める必要がある。

すると獲得したいテーマ、

イメージと得たいデザインは、

嗜好よりもはるかに相関関係を得やすい。

テーマがより強く伝わるし

日本人が外国人にロゴの

コンセプトも説明できるようになる。


デザインは好みで決めてはいけないのだ。

だから最終候補作品からロゴを

ひとつ選んでではなく、

今回のテーマはこうだから、

それにもっともふさわしいロゴは

どれかを問うべきだ。

なにしろこうした開かれた

決め方は歓迎したいです。

pawpawporo at 02:38|PermalinkComments(0)

2016年04月09日

バドミントンの裏カジノ問題

バドミントンの選手が

違法カジノ店での賭博行為を

していたという問題の対応にやや

疑問を感じている。


野球選手の野球賭博というのは

参加者が当事者になり得るし、

公正なスポーツの実施という部分で

問題があるだろう。

そしてそのお金が反社会的な組織に

流れていく可能性があるというのは

問題であろう。

ところが

今回のバドミントン選手が

裏カジノで賭博をしていたので

選手生命を断たれるというのは

ちょっと厳しすぎないかと思う。

ましてや

「若者の未来を潰す可能性のあるのがギャンブル」

みたいな意見もあり

それはまた話が違うだろうと思うのです。


そもそもなんで裏カジノが悪いかという

説明がないから、

まるでギャンブル(賭事)が

悪いかのような思考にもなっている。

何しろ人はイメージでものを判断しすきだ。


裏カジノが悪いのは、

法律では認めてられない違法行為であり、

その資金が悪い人の手に渡り

悪いことに使われる可能性が高い、

さらに人によっては依存性を生み、

人生が崩壊してしまう

可能性があるからでしょう。

賭博が悪いというなら、

テレビ番組の「ごちになります」だって、

厳密には賭博にあたる可能性だってある。

テレビ番組は楽しく見るけど、

この選手たちは抹殺せよみたいな

空気はなんか嫌だなと思います。


pawpawporo at 13:06|PermalinkComments(0)

2016年03月18日

最近、私たちはものを考えなくなっている

人の心理の移り変わりをチェックしていると

どうも最近、私たちはものを深く考えないで

判断しているのではないかと

そんな疑問をもってくきます。


これは便利なツールが手元にあることと

無縁ではないでしょう。

ネットの口コミを見て

映画やレストランを決めたり

どこの旅館に泊まるかを簡単に決めたりする

傾向が強いですよね。


今回のショーンさんの学歴詐称の話も

それに近いのかなと思いました。

嘘はいけませんが

悪質でなければ

たいした話ではないと思っています。

その人の中身がちゃんとしているなら

多少のビジネス上の演出だと理解しています。


私はショーンさんが何者でもどんな経歴でも

どんな外見でも

言っている内容がコメンテーターとして

よいと思っていたから

聞いて納得していました。


優れた経歴の人は人の中身まで優れている

何か発言をするとその内容まで

優れていると考える傾向があります。

これをハロー効果と言います。

ハローとは後光のことです。

こうした心理効果が最近は

強く働く傾向があると感じています。


他人がそう感じるなら

バックグラウンドが優秀だからと

安易な判断でものを決めすぎると

私たちはそれがくせになり

ものを深く考えなくなってしまいます。


ものの本質をもっと見て判断できるように

私も考えていこうと感じました。


「よし、もうクックパッドは見ないぞ」

違う違う

pawpawporo at 06:43|PermalinkComments(0)

2016年03月16日

『GINZA(ギンザ)』の特集記事

ファッション誌『GINZA(ギンザ)』(マガジンハウス)

の今月の特集は「色」。

ポーポー・ポロダクションは

誌面の色彩心理のパートを協力しています。

コート、セーター、クツなどの

アイテムをチョイスしたときに

何色をチョイスしたかで、どんな心理が

心の奥に隠されているかを

まとめています。

同じ色でもアイテムが違うとどう違うのか?

複数の色が重なるコーディネイトの

色彩心理など

ちょつと普通では見られない

面白い心理にもふれていますので

ぜひ見てください。

IMG_1101

IMG_1102



pawpawporo at 14:17|PermalinkComments(0)
Profile
Recent Comments