世には玉石混交の健康系、医療系の
ビジネスというのがあるなぁと日々思います。

がんビジネスもその一つ。
(ほかにもアトピービジネス、不妊ビジネスと
言われているものも溢れていますよね)

抗がん剤は怖い、放射線は怖い・・・
だからやめた方が良い・・・とか。

西洋医学のがん治療は免疫力を落とし、
がん細胞を活性化させる・・・など。

そして、
がんの種類、悪性度など考慮にも入れず、
西洋医学のがん治療すべてを否定します。

がん患者さんやそのご家族は
そのような周囲からの反応や圧力に
戸惑った経験が多かれ少なかれあると思います。

様々なの治療法やケアを
皆さんもちろん良かれと思って
教えてくださいますが、
渦中にある当人やご家族は
非常に混乱する場合も少なくありません。

私自身もある友人から、
同じことを言われた経験があります。

「他に治療法があるんじゃない、もっと考えて!
小さな子どもに可愛そうだよ。
私だったら他の方法でがんを克服するかも」
・・・と。

色々と心配してくれるのはありがたいけれど、
私たちの選択を親として失格のような
とても良くないことのように
言われたのは非常にショックでした。

その時私が思ったことは以下のようなことです。

そりゃ私たちだってそうしたい。
他に方法があるんだったらそうしたい。
西洋医学の治療は怖い部分も確かに多い。

でも、そんなことを安易に言う人たちは
息子の命や未来に責任をもってくれるんだろうか?

本当に息子のことを考えてくれているんだろうか?

自分自身や自分の子どもが同じ立場に立った時、
そういう選択を迷わずするのだろうか。

出来ることは何でもしたい、助かりたい、
そんな人たちの心の隙間に入るような
ことはしないでほしい。

私たちはこの治療を選ぶ前に
やれるだけのことはやった。

でも、それだけではどうにもならなかった。

だから西洋医学の力も借りて
息子を助けてやりたい、
それは悪いことじゃない。

たくさん調べて、選んで、
納得のいく病院と先生に巡り合ったから
大丈夫、大丈夫・・・。

・・・と言うことです。

世のがん治療を否定する方々がいうように、
すべての化学療法や放射線治療が全く効果がない…
という訳では決してないと私は思っています。

例えば、脳腫瘍の一つ『ジャミノーマ(胚腫)』、
放射線と化学療法で消えてしまう腫瘍で、
予後や生存率も非常に良いです。

脳腫瘍にとって大きな負担、
予後を左右することもある開頭手術の必要はありません。

また、昨今の癌治療では、
癌のタイプによって効果があまりなく、
患者、患児にとって負担の大きい治療は
敢えて行わない医療機関も多いです。

ただ、病院、医師の知識によって
その判断が違う場合もあってそこは大きな問題です。
(有名、大きな病院でもそうだったりすることも)

私自身、小児脳腫瘍の患児の保護者の方と
お話することも多いのですが、
この腫瘍にこの治療は必要ないのでは・・・、
と首を傾げる治療を当たり前にようにやっている
病院がないわけではありません。

そこが非常に難しいところです。

ただ、西洋医学のがん治療≒すべて悪
と安易に考えて思考を止めるのは
やはり危険だと私は思っています。

まずは、セカンドオピニオン、サードオピニオンを。
そして、患者会に相談。

ただ緊急の場合、
上記のような相談をする余裕もなく、
最初に運ばれた、罹った病院の診断に
従わざる負えない場合も多いし、
それは仕方ありません。

しかし、落ち着いたら、
やはり同じように調べてください。

そして、
あの時そうしていれば…という後悔をできるだけ
しないことが重要だと思っています。

やれることはやった…、
この治療法で納得している…と。

その上で、
西洋医学のがん治療を積極的には
受けないということであれば、
それはそれで良いと思います。

パクスは「がんを治す、消す」なんて
ことを安易には決して言わないことにしています。
(もちろん、そう心では願っていますが)

悪性度が高く、決定的な治療法がなく、
年齢が若ければ若いほど、
悲しいけれど、がんの進行は非常に早いです。
(東洋医学でも難しい症例です)

西洋医学も悪と否定しません。

不安や恐怖の中にある患者さんの心の隙間に入って、
患者を集めるようなことも絶対にしません。

その上で、
女性と子どものがん患者さんの現在、未来のための
最大限のサポートを提供したいと思っています。

また、やはり難しい疾患は様々な方面の専門家が
関わりながら互いにないものを
補充して治療していくのが良いと考えます。

西洋医学とともに、
漢方医学、鍼灸医学などの東洋医学、
薬膳・マクロビオティックなどの食事療法、
アロマセラピー・・・など、
無理のない範囲で様々なことを
活用しながらの総合的ケアをお勧めします。

パクスのがんケアについてはこちらをご参照ください。





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
【パクス・テルレーナ治療室横浜本院】
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

【パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院(現在、休院中)】
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。