パクス徒然日記

横浜、岡山(分院)にある女性と子どもの鍼灸治療室、
パクス・テルレーナ治療室と患者さまを結ぶ徒然日記。
本院副院長・湯浅がゆったり、のんびり綴ります。。。

がん治療と鍼灸治療

国際小児がんデー in パクス

IMG_0675

パクスで開催する、国際小児がんデーのイベントのお知らせです。

2・15 国際小児がんデーイベント in パクス 
・・・小児がんのこと、知ってください・・・
(2月末日まで開催)


☆草間京子さんミニ個展 in パクス
当院は、「女性と子どものための小児がん治療」
にも力を入れています。

当院のホームページにある、
がん治療についてのページに挿絵は、
イラストレーターの草間京子(くさまきょうこ)さん
に描いて頂きました。

草間さん自身もお子さんの白血病治療を支え、
共に闘ったお母さんでもあります。

現在、お子さんは治療を終えて小学校に通われています。
副院長・湯浅の大事な闘病ママ友であり、友人の一人です。

その草間さんのパクスのサイトに寄せてくださった絵を
各施術室や受付など院内に展示しています。
実際に闘病を支えた者だからこその描写がたくさんあります。


☆『ぼくと小児がん』パネル展示
〜小児がんサバイバーからのメッセージ
パクスが、がん治療を取り入れるきっかけになった、
小さな人が、小児がん支援のレモネードスタンドを
昨年末に開催しました。

その際に本人が作った冊子を
施術室前の廊下に展示しています。
ご自由にご覧ください。
(本人が展示を希望しました)


☆ゴールドリボンツリーを飾ろう!
ゴールドリボン🎗は小児がんのシンボルマークです。
世界中どこでも、このシンボルマークは同じですが、
あまり知られていません。

2月15日は、国際小児がんデーに合わせて
パクスの受付スペースに、
ゴールドリボンツリーを設置しました。

ゴールドリボンをツリーにかけて
一緒にツリーを作りませんか?
お気軽にご参加ください。

※このゴールドリボンツリー作りは、
みんなのレモネードの会」イベントで、
パクスも賛同し、開催しています。

※小児がん普及チャリティー缶バッジも
受付にて販売予定です。

※上記はパクスに来院される患者様対象のイベントです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

2月15日は「国際小児がんの日」

こずママこどもとママ
(画:草間京子)

バレンタインデーの次の日、
2月15日は「国際小児がんの日」です。

現在日本では年間に約2000人の子どもが
新たに小児がんと診断されます。
(子どもの人口の10,000に対して1名の頻度)

小児がんは子どもの一番の病死原因です。

最も頻度が高いのが白血病(約40%)、
次いで脳腫瘍(19%)、リンパ腫(10%)、
神経芽腫(8%)・・・などとなっています。

大人のがんに多い、
肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなどは
子どもにはほとんど見られません。

小児がんの治療や診断の進歩は飛躍的に発展して、
現在の長期生存率は約70%となっています。
(30年前は約30%)

生存率が上昇したとはいえ、
まだ治療法が確立されていない小児がんもあり、
命を落としている子どもたちが
年間500人ほどになるというのも事実です。

小児がんの治療は、数か月〜年単位の治療です。
そして、癌の完治は基本的に治療終了後5年。

治癒への道のりは遠いものです。

その5年が過ぎても心からの安心はできず、
不安を抱える日々は終わることはありません。

小児の治療の場合、
手術、化学療法、放射線治療による
晩期合併症などの症状と向き合わねば
ならない子どもたちもたくさんいます。

また、治癒、完治と言う言葉の前に、
絶対的な治療もなく「命の期限」を
告げられる子どもたちもいます。

大切な大切な小さな子どもを
看取らななければならない親もいます。

この世に生を受けたら、
みんなみんな元気に大きくなってほしい・・・。

けれど、どうしても、
それが叶わないこともあります。

けれど、私はいつもそう願って祈っています。
みんなみんな元気に大きくなりますように。

パクスグループの理念にもあるように、
目の前の患者様の健康に
鍼灸師として全力で取り組むと共に、
その健康が保たれるための社会とはどうあるべきか。

当治療院は、
そのために自分達が自分達の歩幅で出来ることは何かを
考えて歩んでいきたいと思っています。

このブログを通して、小児がんのこと、
小児脳腫瘍、そして、大人のがんのことを
少しでも多くの方に知って頂ければ幸いです。

鍼灸治療(小児はり)も小児がんを含む
癌治療全般のケアやフォローアップに有効です。
(参照カテゴリー:女性と子どものためのがん治療サポート)

開業以来、10年以上の間、
がん患者様のサポートをパクスは行っています。
何でもお気軽にご相談ください。

追記:
・福島の子どもたちに多発している甲状腺がんは
上記に記したように主要な小児がんには入っていません。

実際に小児がん病棟で過ごした経験からしても、
甲状腺がんの子どもには一度も会いませんでした。
その殆どが白血病か脳腫瘍です。

甲状腺がんは、非常に稀な疾患ですが、
増加している・・・ということは、
被曝との関連は当然あると私は思っています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院(現在、休院中)
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

東洋医学的な婦人科系の良性腫瘍ケアと注意事項

__


当治療室には、
不妊、重い月経痛、PMS、逆子、更年期障害など
婦人科系のお悩みで来室される方が多くいらっしゃいます。

そして、婦人科系のお悩みを抱えた方の中には、
子宮筋腫、卵巣嚢腫などの
婦人科系の良性腫瘍を抱えた方も少なくありません。

東洋医学的に見れば、これらの腫瘍が原因で
子宮や卵巣の機能が低下することによって
婦人科系のトラブルが起こっている場合もあります。

また、腫瘍自体が次第に大きくなり、
手術をなるべく避けたいということで
腫瘍の成長を抑えるために、
受診される方もいらっしゃいます。

東洋医学では、
婦人科系腫瘍に限らず、腫瘍全般は、
身体の中の巡り(気・血・津液の巡り)が悪くなり、
滞りに不要なものが集まって腫瘍になる
と考えます。

婦人科系の場合は、
子宮や卵巣内にその滞りが起きて、
子宮筋腫や卵巣嚢腫などの
腫瘍になってしまうのです。

その滞る原因は人によって違い、
精神的ストレス、冷え、体力低下など様々です。

鍼灸治療はこの“滞り”の原因を突き止め、
一人ひとりに必要な治療を行っています。

そして、鍼灸治療と同時に
重要なのが養生指導(セルフケア)です。

個々の患者様にあったアドバイスを行い、
「滞りができる原因」にもなる
生活習慣(食生活も含む)の乱れも
徐々に直して頂きます。

この生活習慣の乱れを正さない限り、
鍼灸治療をして元気になったとしても
また元に戻ってしまいますから、
生活の改善はとても重要な作業となります。

そして、非常に重要なことが一つ。

良性であれ、
やはり腫瘍は腫瘍ということです。

このような方は、東洋医学的に考えれば、
体質的に腫瘍ができやすい
身体であるとも考えられます。

ですから、体力や免疫力が落ちたり、
過度なストレスがかかったとき、
悪性の腫瘍ができる可能性があると言えます。

何人かそのような患者様を診てきました。

ですから、今のうちから
食生活の乱れを正し、
朝夜逆転するような不規則な生活を送らず、
適度な運動をしてストレスを解消しておいてください。

そうすることで、体質は改善し、
未然に色々なことを防ぐことができるのです。

「良性腫瘍があるから絶対に悪性のものが出来る」
ということではなく、
その可能性・傾向があるから、
未然に予防を心掛ける必要があるというお話でした。

追記:
ここでは婦人科腫瘍を取り上げましたが、
その他の良性腫瘍も同様に考えてください。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
【パクス・テルレーナ治療室横浜本院】
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

【パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院(現在、休院中)】
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

化学療法と爪

無菌病棟より愛をこめて
加納 朋子
文藝春秋
2012-03


子どもと近くの公民館によく本を借り行きます。
息子は絵本を私は小説とかを。

そこでふと目に留まって読んだ本がこれ。

小説家の加納朋子さんが
実際に闘った急性白血病の闘病記です。

「ああ、わかるわかる」
と思いながら読み進めていくなかで、
ある記述が目に留まりました。

加納さんの爪が抗がん剤で
弱くボロボロになったという話です。

息子もずっと爪がすごく薄くて、
小指なんてあるかないかという感じでした。

爪を切るのが難しくて。

その薄さは例えると桜貝のような感じでしょうか。

小さいからかなぁ・・・と全く抗がん剤との関係まで
考えが及びませんでしたが、この本を読んで、
「これって治療の影響だったんだ!」
と気付いた次第です。

治療が始まると、
桜の花が散るように、
あっという間に抜け落ちてしまう髪の毛に
気を取られ過ぎてしまって、
まゆ毛やまつ毛、そして鼻毛など
身体の毛が薄くなっていることにさえ、
暫くの間気付かなかったぐらいですから…。

主治医からも爪に関しては、
特段何も言われなかったので
爪のことまで考えが及びませんでした(反省)。

薄かった爪は、
治療終了後1年半弱ぐらいでやっと丈夫になりました。

治療後、時間が経過しても
治療の影響があるんだと思った次第です。

現在治療中、治療後の方も、
爪が薄く弱くなっていても時間が経過すれば元に戻ります。
(不安ですけどね・・・。戻ります)

新陳代謝を高めていく・・・、
毛髪や爪を復元するエネルギーを補う・・・
という意味では、
鍼灸治療や酸素カプセルのケアもオススメです。
パクスのがん治療についてはこちらをご参照ください。

がん治療の脱毛対策ケアはこちらをご覧ください。





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
【パクス・テルレーナ治療室横浜本院】
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

【パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院(現在、休院中)】
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

がん治療とがんビジネス

世には玉石混交の健康系、医療系の
ビジネスというのがあるなぁと日々思います。

がんビジネスもその一つ。
(ほかにもアトピービジネス、不妊ビジネスと
言われているものも溢れていますよね)

抗がん剤は怖い、放射線は怖い・・・
だからやめた方が良い・・・とか。

西洋医学のがん治療は免疫力を落とし、
がん細胞を活性化させる・・・など。

そして、
がんの種類、悪性度など考慮にも入れず、
西洋医学のがん治療すべてを否定します。

がん患者さんやそのご家族は
そのような周囲からの反応や圧力に
戸惑った経験が多かれ少なかれあると思います。

様々なの治療法やケアを
皆さんもちろん良かれと思って
教えてくださいますが、
渦中にある当人やご家族は
非常に混乱する場合も少なくありません。

私自身もある友人から、
同じことを言われた経験があります。

「他に治療法があるんじゃない、もっと考えて!
小さな子どもに可愛そうだよ。
私だったら他の方法でがんを克服するかも」
・・・と。

色々と心配してくれるのはありがたいけれど、
私たちの選択を親として失格のような
とても良くないことのように
言われたのは非常にショックでした。

その時私が思ったことは以下のようなことです。

そりゃ私たちだってそうしたい。
他に方法があるんだったらそうしたい。
西洋医学の治療は怖い部分も確かに多い。

でも、そんなことを安易に言う人たちは
息子の命や未来に責任をもってくれるんだろうか?

本当に息子のことを考えてくれているんだろうか?

自分自身や自分の子どもが同じ立場に立った時、
そういう選択を迷わずするのだろうか。

出来ることは何でもしたい、助かりたい、
そんな人たちの心の隙間に入るような
ことはしないでほしい。

私たちはこの治療を選ぶ前に
やれるだけのことはやった。

でも、それだけではどうにもならなかった。

だから西洋医学の力も借りて
息子を助けてやりたい、
それは悪いことじゃない。

たくさん調べて、選んで、
納得のいく病院と先生に巡り合ったから
大丈夫、大丈夫・・・。

・・・と言うことです。

世のがん治療を否定する方々がいうように、
すべての化学療法や放射線治療が全く効果がない…
という訳では決してないと私は思っています。

例えば、脳腫瘍の一つ『ジャミノーマ(胚腫)』、
放射線と化学療法で消えてしまう腫瘍で、
予後や生存率も非常に良いです。

脳腫瘍にとって大きな負担、
予後を左右することもある開頭手術の必要はありません。

また、昨今の癌治療では、
癌のタイプによって効果があまりなく、
患者、患児にとって負担の大きい治療は
敢えて行わない医療機関も多いです。

ただ、病院、医師の知識によって
その判断が違う場合もあってそこは大きな問題です。
(有名、大きな病院でもそうだったりすることも)

私自身、小児脳腫瘍の患児の保護者の方と
お話することも多いのですが、
この腫瘍にこの治療は必要ないのでは・・・、
と首を傾げる治療を当たり前にようにやっている
病院がないわけではありません。

そこが非常に難しいところです。

ただ、西洋医学のがん治療≒すべて悪
と安易に考えて思考を止めるのは
やはり危険だと私は思っています。

まずは、セカンドオピニオン、サードオピニオンを。
そして、患者会に相談。

ただ緊急の場合、
上記のような相談をする余裕もなく、
最初に運ばれた、罹った病院の診断に
従わざる負えない場合も多いし、
それは仕方ありません。

しかし、落ち着いたら、
やはり同じように調べてください。

そして、
あの時そうしていれば…という後悔をできるだけ
しないことが重要だと思っています。

やれることはやった…、
この治療法で納得している…と。

その上で、
西洋医学のがん治療を積極的には
受けないということであれば、
それはそれで良いと思います。

パクスは「がんを治す、消す」なんて
ことを安易には決して言わないことにしています。
(もちろん、そう心では願っていますが)

悪性度が高く、決定的な治療法がなく、
年齢が若ければ若いほど、
悲しいけれど、がんの進行は非常に早いです。
(東洋医学でも難しい症例です)

西洋医学も悪と否定しません。

不安や恐怖の中にある患者さんの心の隙間に入って、
患者を集めるようなことも絶対にしません。

その上で、
女性と子どものがん患者さんの現在、未来のための
最大限のサポートを提供したいと思っています。

また、やはり難しい疾患は様々な方面の専門家が
関わりながら互いにないものを
補充して治療していくのが良いと考えます。

西洋医学とともに、
漢方医学、鍼灸医学などの東洋医学、
薬膳・マクロビオティックなどの食事療法、
アロマセラピー・・・など、
無理のない範囲で様々なことを
活用しながらの総合的ケアをお勧めします。

パクスのがんケアについてはこちらをご参照ください。





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
【パクス・テルレーナ治療室横浜本院】
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

【パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院(現在、休院中)】
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

鍼灸と東洋医学で風邪予防のケアを

立春を迎えて暦の上では春ですが、
まだまだ寒い季節です。

日中は暖かいのに夜には気温がぐっと落ちたり、
シトシトと寒い雨が降ったり、
風邪をひきやすい季節です。

鍼灸治療にも風邪の治療はあります。
風邪を症状、段階別に東洋医学的に診て、
適切な治療を行っていきます。

しかし、何より大事なのは
風邪にかからないような身体を作っていくことです。
免疫力をあげていくことが重要なのです。

規則正しい生活、和食中心のヘルシーな食事、
食べ過ぎ、飲み過ぎに注意、適度な運動、
ストレスを溜め込まない・・・など、
皆さんがイメージする健康的な生活を
送ることで免疫力は高まってきます。

また、「あ、なんだか風邪ひきそう・・・」と
思ったらすぐに対処してあげることも重要です。

寒気や軽いのどの痛みを感じたら、
くしゃみや鼻水が少し出たら、
なるべく早めに(できればすぐに)、身体を温めたり、
うがいをしたりすることは大事です。

温かいハーブティーや番茶などで身体を温めてあげたり、
首元や手先、足元などを温めてあげると、
寒気や痛みがいつの間にか引いてきます。

鍼灸治療自体でも風邪予防の治療はあります。

良く風邪を引きやすいタイプの方は、
衛気(えき)という身体の免疫・防御機能が
上手く働いていないと考えます。

衛気が足りなかったり、上手く廻らず、
外から来る外邪(がいじゃ・感染症のようなもの)
を跳ね返すことができないのです。

ですから、衛気を増やしたり、巡りを良くする
治療を行うことで、衛気の機能を回復させて、
身体の免疫機能を高めていきます。

喘息や中耳炎、慢性鼻炎なども
風邪を予防することで発症を防ぐことができます。

がん治療中の方も感染症予防はとても重要です。

風邪を引きやすい方、予防したい方は
ご自身でのケアと鍼灸を上手く利用して
免疫機能を高めてみてください。

大人の方も、小児の方も宜しければ・・・。

次回は花粉症の治療と予防について書く予定です。
少しずつ症状が出始めている方が診られますので。


関連ブログ:
東洋医学で冷え&風邪予防
東洋医学的インフルエンザ対策

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

何でそうなる?

障害者は「感動ポルノ」として健常者に消費される–難病を患うコメディアンが語った、”本当の障害”とは

ツイッターを通してこのような記事を見つけました。
ある意味過激なタイトルですが、
ふんふん、わかるわかると言って読ませてもらいました。

私も同じような体験があったからです。

息子が病気になって、
色々な場で息子への理解を得るために
彼の病気のことを「カミングアウト」しました。

彼の現在の状態を理解してもらって、
理解、サポートしてくれる人が
一人でも多く現れることで息子自身が
過ごしやすくなるのではないかと思ったからです。

そんな時、時に言われた言葉に、
??と思うことがありました。

「頑張ったねぇ。勇気をもらいました」
「普通に生活できていることありがたさ、
健康のありがたさが分かりました」
「今の健康な自分や健康な子どもに感謝しないと
いけないと思いました」

その方たちは全く悪気もないし、
素直にそう思われたのでしょう。

私自身も息子の病の体験を通して、
もちろん色々な学びがありましたから。

ただ、もう一方で思ったことは、
「私の息子は、あなたを感動させたり、
何かを学んでもらうために病気になったんじゃない」
ということです。

あの、毎夏放送される募金を集めるテレビを見ていても、
「健康」な人からの何だか上から目線の取り上げ方に、
やはり同じような不快な気分になってしまいます。

病や障がいに対する理解や知識を持ってもらう
ためには良いことなのかもしれませんが、
もう少し伝え方があるだろうと思うのです。

小児がんだけでなく、大人のがんの方、
難病を抱えた方、障がいのある方、
同じような経験をなさった方も多くいらっしゃると思います。

そして、不妊に悩まれている方も同じかもしれません。

「あなたの頑張りを見て、すんなり子どもが
できたことに感謝しないとと思いました」
「子どもがいるありがたさを実感しました」
何てこと言われたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

病になった人に、苦しんでいる人に、
「もっと大変な人もいるんだから、頑張らないと」
なんて励ましも同じですよね。


困ったもんです・・・。

人の苦しみは比較されるものではありません。
それに、誰かの苦悩と比べて
自分の状況に感謝するのも私は違うと思います。

パクスは鍼灸で病の治療を行う場ですが、
こういったストレスや不満を吐き出してもらう場にも
なれればと思っています。

それも治療の一つです。
話すだけで楽になることもありますから。

共に共有しましょう。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

“芸能人”のがん報道に思う

以前、『“芸能人”の不妊報道に思う
というブログを書きましたが、
今回はがん報道について。

がん治療終了後に、すぐに元気に復活・・・
という報道が良くされていますよね。

もちろん、がんの種類によって治療方法、
闘病期間は違ってきます。

ただ、このような報道によって
がんというものが身近にない多くの方にとって
「がんは治療が終わればもう元気」
「よかったよかった」
という印象を与えてしまうのも事実です。

もちろん、同じがんの種類で闘病中の方、
告知を受けたばかりの方にとっては
「元気に生きている」ということは
何よりの励みにもなります。

ただ、やはり治療が進むにつれて、
皆さん思われることは
「がんはそんな簡単な病気ではない」
ということです。

無事に治療が終了し、
良い方向に向かったとしても
退院後の社会復帰は大人も子どもも
多くの苦労や苦悩があります。

それについては『がん患者さんの退院後のケア
というブログをご覧になってください。

もう少し先を見た深い報道や情報発信をして
もらえないかと思う今日この頃です。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

女性と子どものためのがん治療サポート

こずママこどもとママ

画:草間京子

パクス本院の総合サイトに
新しいページができあがりました。

女性と子どものための
がん治療サポートについてのページです。

鍼灸治療、東洋医学を通して
がんと闘い向き合う女性と子どもたち、
そしてそのご家族をケアするプログラムです。

パクスでは開院以来、東洋医学的な視点から
がん患者様の治療にあたっていました。

このページを通して、
より多くの方のサポートができれば幸いです。

このページの絵は、
イラストレーターの草間京子(くさまきょうこ)さんに
描いて頂きました。

草間さん自身もお子さんの白血病治療を支え、
共に闘ったお母さんでもあります。

お子さんは治療を終えて小学校に通われています。

私の大事な闘病ママ友であり、友人の一人です。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
女性と子どものためのがん治療サポート
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

花火に想う

__


先日、横浜開港祭の花火大会に行ってきました。

身体の中から響いてくる花火の音と
輝く大きな花火を見ながら
みんなでワイワイと騒いで楽しかったです。

花火を見るといつも思うことがあります。

それはがん治療をしている大人、
子どもたちのことです。

がん治療、とりわけ化学療法(抗がん剤治療)は
分裂が活発な細胞に対して
攻撃にしていくので、癌細胞だけでなく
正常な細胞に対しても攻撃します。

血液細胞もその一つです。

非常に簡単に説明すると・・・。

血小板の数値が低くなれば、
出血しやすくなります。

白血球の数値が低くなれば、
感染しやすくなります。

赤血球の数値が低くなれば、
貧血になり息苦しく怠くなります。

正常な細胞まで影響を受けるの・・・・と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
次の抗がん剤治療までには
正常は細胞はやがて修復されていきます。

その数値が極端に下がった場合は、
輸血や薬剤によって数値を回復させます。

ただ、回復すると言ってもやはり
「健康な人」と比べてその数値は低いので、
人込みなど人の多い場所には行けません。

感染症をもらったり、けがをして出血したり
ということがあるからです。
それらが命の危険に直結することもあります。

状態が安定している場合、
次の抗がん剤クールまで一時退院したり、
外出したり出来ますが、
人の多い場所、街中など出かけられる訳もなく。。。

花火大会は絶対に行けない場所。

綺麗な花火を見る度に、
手のひらにのるくらいの小さな花火や
ビルや山の間から見える花火の切れ端、
花火のどんどんという音だけを
病院の中から、自宅から、
楽しんでいる人たちのことを思います。

小さな子どもから大人まで、
今日もがんと闘っている人たちがいます。

パクス・テルレーナ治療室は
女性と子どものがん治療を
東洋医学の立場からサポートしています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

鍼灸で手術痕のケア

大きな手術による手術痕に悩まれている方は
結構いらっしゃいます。

その傷痕のケアに鍼灸が良い
ということはあまり知られていません。

手術痕の周囲を特殊な刺さない鍼で
軽く刺激を与える治療を行うことで、
痕があまり目立たなくなるほど改善します。

「今まで悩んでいたのに、こんなに良くなるなんて」
と多くの方がビックリされます。

傷痕、手術痕などでお悩みの方は、
是非鍼灸を試してみてください。

当院の患者様の中でも、
お困りの方がいらっしゃれば
お気軽にお知らせ、ご相談ください。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

「特別養子縁組」という選択

私の知人が特別養子縁組にて
新しい小さな家族を迎えました。

不妊治療を続けている方や
がん治療を受けられた方の中には、
このような形で「子どもを迎える」という
選択もあることをご存知の方も多いかと思います。

知人の場合は、パートナーのがん治療により
妊娠を望むことが厳しい状況になり、
不妊治療も含め色々と試行錯誤して
がん治療終了後に民間のサポート団体にて
登録を行いました。

その後、小さな家族を迎えることができ、
そのご夫婦は本当に幸せそうです。
(もちろん、お子さんも)

ご夫婦の生きる力にもなっています。

様々な選択で子どもを迎える・・・、
不妊治療や女性のがん治療を
サポートする治療院として、
このような選択について、
もう少し詳しく学んでみたいと思っています。

追記:
パクス本院のある横浜市には、
「フレンドホーム」といって児童養護施設等で
生活している子どもたちで、
親や親族の面会・外泊の少ない子ども達を
夏休み、お正月など迎え入れる里親制度もあります。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室横浜本院
総合案内サイト女性のための不妊治療案内
アロマ&美容鍼灸ルーム
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

パクス・テルレーナ治療室 岡山井原分院
総合案内サイト 女性のための不妊治療案内
岡山県井原市井原町224−3
(岡山 倉敷 笠岡 福山)

女性と小児のための鍼灸専門治療室。
不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
美容アンチエイジングのために美容鍼灸、美顔鍼、
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

がん患者さん(小児がんも)の退院後のケア

がん(小児がん)という病は、
治療が終了したら、退院したら、
元気になった!良かったよかった!これで終わり!
というものではありません。

その後何年も経過観察もありますし、
再発の不安や
小児の場合は晩期合併症の不安も付きまといます。

長期入院や治療(手術・抗がん剤・放射線治療)で
落ちてしまった体力や気力の回復には
数か月から数年かかる場合だってあります。

長期に休んでいた学校や職場への復帰は
嬉しい反面、
患者さんご自身もご家族も大きな不安を
抱えながらの再出発となります。

社会復帰をする中で、
周囲の理解を得る必要もあり、
学校、職場、社会、地域などで、
辛い治療のことや病気のことを
ご家族や本人がカミングアウトしたり、
説明しなければならない場面も出てきます。

手術などで後遺症が出た場合は、
以前とは違う生活になり、
その新たな生活を築き、慣れるための
苦悩や困難も生まれます。

旅立った闘病仲間、
まだ厳しい闘病を続ける仲間を
思うと切なく、また、不安にもなり、
自らの退院や回復を
手放しで喜べないこともあります。

がんの宣告から、入院、治療、そして退院後と、
ご本人、ご家族の闘いや不安は
その形や質を変えて続いていきます。

そんながん治療後の現場にも
鍼灸治療は非常にお役にたてると思います。

鍼灸治療はがん治療後の体力回復、
身体の機能回復、心の安定にも
とても有効な治療法です。

ゆったりとくつろぎながら治療を受けることで
日々のストレスからも解放され
心も身体も楽に元気になっていきます。

再発予防、晩期合併症の予防、軽減にも有効です。

また、患者さんを支えるご家族も
退院後疲れがどっと出ることがあります。

そんな時は鍼灸治療で元気になってください。

ご家族が元気で笑顔でいることが、
患者さんの何よりの支えにもなり、
回復にも繋がりますから。

追記:
ご友人や職場・学校の方々など、
がん患者さんやご家族の周囲の方は、
「もう元気だね!」
「これから楽しいことたくさんあるよ!」
と励ます前に、まずは
「本当に頑張ったね。本当にお疲れ様」
「ゆっくり元気になってね」
とゆったりと見守ってくださるような
言葉をかけてあげてください。

当事者の方々の苦悩は,
退院したことですべてが解決する訳ではありませんから。

ゆっくり、じっくりと時間をかけて、
元の生活、新たな生活を築く必要があるのです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

共に生きよう 小児がん横浜宣言

2012年12月、小児がんネットワークMNプロジェクトが中心となり、
全国小児がん経験者大会が開催されました。

小児がんを経験した人は全国に約5万人いるとも言われています。

それらの方々がお互いに交流したり、
小児がん治療に関して考え、社会に発信するために集結しました。
初めての画期的な試みです。

共に生きよう 小児がん横浜宣言」は
その大会でそれぞれの声を集めたたものです。

小児がんについて重要なことが色々と書かれています。

小児がんのこと、小児がん治療の問題など
とても大切なことが記されています。
小児がんのことをもっと知ることができます。


【がん治療などについて書いた
パクスブログカテゴリー】
がん治療と鍼灸治療
がん治療のための情報etc

追記:
収束しない福島第一原発の汚染により、
小さな子どもたちの放射能被曝による健康被害がでないよう
当治療室では東洋医学の観点からのケア
などをブログサイトなどにも随時記しています。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

小児がん啓蒙カードの設置と配布

__

__

あなたは小児がんについて知っていますか?

現在日本では年間に約2000人の子どもが
新たに小児がんと診断されます。
(子どもの人口の10,000に対して1名の頻度)

小児がんは子どもの一番の病死原因です。

最も頻度が高いのが白血病(約40%)、
次いで脳腫瘍(19%)、リンパ腫(10%)、
神経芽腫(8%)・・・などとなっています。

大人のがんに多い、
肺がん、胃がん、大腸がん、乳がんなどは
子どもにはほとんど見られません。

小児がんの治療や診断の進歩は飛躍的に発展して、
現在の長期生存率は約70%となっています。
(30年前は約30%)

生存率が上昇したとはいえ、
まだ治療法が確立されていない小児がんもあり、
命を落としている子どもたちが
年間500人ほどになるというのも事実です。


上記のような現状にある
小児がんについてもっと知ってもらうために、
小児がんの早期発見を促すために、
国際小児がん親の会連盟と国際小児がん学会が
企画した小児がんの啓蒙カードがあります。

日本では「がんの子どもを守る会」が
2月15日の国際小児がんの日前後の
2月〜3月にこのカードの配布、啓発に努めています。

当治療室でもこの趣旨に賛同して、
キッズルーム(プレイルーム)、受付などに
カードを掲示・配布しています。

興味のある方はご自由にお持ち帰りください。

参考文献:
こどものがん がんとどう向き合うか
財団法人 がん研究復興財団

がん治療などについて書いた
パクスブログカテゴリー:
がん治療と鍼灸治療
がん治療のための情報etc

その他:
収束しない福島第一原発の汚染により、
小さな子どもたちの放射能被曝による
健康被害がでないように、
当治療室では東洋医学の観点からのケア
などをブログサイトなどにも随時記しています。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

もう一つのがん治療〜家族のサポート治療

__

がん治療の中で重要な治療が一つあります。
それはご家族への治療です。

がん患者さん本人の精神的、肉体的な
ストレスは大きいのは当然です。

それと同時に、がん患者さんを支える
身近なご家族のストレスも大きなものです。

それぞれの症状によって異なりますが、
例えば、日々のお世話や介護・・・など、
がん患者さんだけではなくご家族の日常も
大きな変化があります。

そして、病と闘う大切な人のことを思うと
今までに味わったことのない大きな不安や
とても切ない気持ちにもなります。

時にご家族と患者さん、お互いのストレスが溜まり、
大きくぶつかってしまうことだってあります。
そうすると、お互いとても辛い気持ちになります。

このご家族の日々の疲れやストレスを
鍼灸治療で随時ケアすることで、
ご家族は少し余裕を持って患者さんと接することができ、
患者さんとご家族の関係が円滑なものとなります。

そして、患者さんはより良い環境でリラックスして
治療や症状に向き合うことができます。

がん患者さんが、
より良い方向に向かうためにできることの一つ。
それはご家族のケアです。

がん患者さんのご家族の方も
どうぞできる範囲で、時には
鍼灸治療をお受けになってください。

西洋医学のがん治療では、
ご家族の精神的なサポートはできても、
身体のサポートはできません。

心身一如。
心と身体は一つのもので、分けることはできません。
東洋医学では心と身体は繋がっていると考えます。

身体が楽になれば心にも余裕が生まれ、
心が楽になれば身体にも余裕が生まれます。

鍼灸治療だからこそできる、
がん治療のサポート治療です。

追記:
がん治療に限らず、
その他ご家族や身近な方の闘病を支えている方々も
どうぞご自身のケアのために鍼灸治療をおすすめします。

ご自身のケアは、
大切な人のケアにも繋がります。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

最初の治療は、良く調べ考えて。

何かの病や症状に悩み医療機関にかかるとき、
それが命を左右する病や
慢性化するものであればあるほど、
最初にどこで治療を受けるか、
診断してもらうかはとても重要なことです。

その判断で予後が大きく変わることも少なくありません。

大きな病院だから、
ネットやテレビでやっていたから、
家や職場から近いから、
女性(あるいは男性)の先生が良いから、
・・・などの理由で医療機関(鍼灸院)を選んでいませんか?

上記の理由で安心して治療を受けられたからといって、
病の診断を的確にしてくれ、
適切な治療が受けられることは別問題です。

どのような先生が在籍しているのか、、
どのようなことに専門的な知識やキャリアを持っているのか、
(鍼灸師でいえば東洋医学、鍼灸の知識や技術の奥深さ)
その医療機関の体制や設備は整っているのか、
先生たちはネットワークをきちんと持っているのか、
その評判はネットなどマスコミではなく、
医療関係者からのものはどうなのか、
・・・など、色々と調べてから治療を受ける方が良いと思います。

ネットやマスコミで話題であっても、
医療関係者(鍼灸師)から見ると首を傾げたくなる
医療機関(鍼灸院)や医師(鍼灸師)も少なくありません。

とはいっても、なかなか分かりずらいものです。
ですが、とても重要なことです。

慎重に、色々な情報を集めてみてください。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

がん治療の脱毛対策グッズ

がん治療の放射線・化学療法の際、
副作用の一つである脱毛。

放射線療法では放射線を照射する部位に、
抗がん剤では頭部を中心に全身の毛の脱毛が、
治療を始めて約2週間前後に始まります。

抗がん剤は分裂が活発な細胞に作用するため、
がん細胞だけではなく正常な細胞も攻撃します。

毛髪の根元にある「毛母細胞」は、
細胞分裂が非常に活発なためその影響を受けて
脱毛してしまうのです。

放射線ではがん細胞が細胞分裂ができないように
細胞のDNAを攻撃することで、
がん細胞だけではなく正常な細胞も攻撃します。

ですから照射された部位が頭部であれば、
その影響を受けて頭部の脱毛は起こります。

正常な細胞まで影響を受けるの・・・・と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
脱毛は基本的には一時的な症状で、
(もちろんその程度には個人差もあり)
正常は細胞はやがて修復されるので
基本的には治療が終了して数ヶ月で生えてきます。


長々と脱毛について記しましたが、
問題はその脱毛が起こった際の対処法。

今回は小児の対処法について記したいと思います。
(大人の方でも参考になると思います)

脱毛した毛髪が身体についてかゆがったり、
短い髪の毛や手術で髪の毛を剃った後の脱毛は
髪がとても短く掃除するのも、
身体からとってあげるのも大変です。

また、通常の帽子やキャップだと
布に大量に短い髪の毛がついて
掃除するのも大変な時もあります。

そんなときは、
チューブの包帯を使って帽子を作り
かぶせてあげると
衣服の着脱の際の脱毛も防げ、
脱毛が多いときは使い捨てにすれば
髪の毛の処理も楽です。

おすすめのチューブ包帯は
アトピーの子どもたちが良く使っている
チュビファーストです。

皮膚に優しくフィット感があり、
通気性、保湿性にも優れています。

抜け落ちた毛の対処に困っている方は
是非お試しください。

無題


追記:
脱毛後のケア、育毛の促進にも鍼灸治療は有効だと思います。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

小児がんと鍼灸治療

写真9

ここにいると死は『身近なもの』で、
それは小さな子どもたちでも『身近なもの』となる。

けれど、みんなみんな元気に大きくなって欲しい。

小児がん治療の現場で
東洋医学がサポートできることはたくさんあると思う。
私にできることが何かあるはずだと思う。

化学療法、放射線療法の副作用の軽減、
治療中の精神的ストレスの軽減、術後の体力回復促進、
再発予防、晩期合併症の予防・軽減・・・、
そして、治療を支えるご家族の心身疲労の改善など、
鍼灸治療、東洋医学が援助できる分野はたくさんあると思う。

これからの鍼灸師人生で学び実践していきたい道だ。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

晩期合併症と鍼灸

晩期合併症”という言葉をご存知ですか?

化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療など
小児癌の治療を受けた子どもたちが
後々に生じるかもしれない症状です。

学習障がい、発達障がい、不妊、二次癌の発症などがあります。

もちろん、すべての子どもたちに“絶対”に出るものではなく、
治療した年齢、治療の内容、個人差などがあります。

まずは病を治すこと、命を一番に考えることが重要で、
この晩期合併症を恐れ過ぎて治療を受けないのは
私は基本的には得策ではないと考えます。

そのために「辛く厳しい」選択をしなければならない場合もあります。

もちろん、その選択の前に、
セカンド、サードオピニオンを聞いて
それぞれの子どもたちの現在、将来にとって
一番良い治療は何かを考え模索することは何より大事です。


私はこの晩期合併症の予防に
鍼灸治療などの東洋医学が有効ではないかと考えています。

東洋医学的な考えのもと、
それぞれの子どもたちの成長を見守りながら、
継続・長期的に成長や発達を助ける治療を続けて、
養生指導などを行うことで、
それぞれの子どもたちの成長促進、
症状の軽減、二次癌の予防など
手助けすることができるのではないかと考えるのです。

もちろん、再発予防にも鍼灸は有効です。

すぐにどうこうなる治療ではありませんが、
入院前、可能であれば入院・治療中、
そして、退院後に速やかに継続的、長期的に
治療を行うことで、東洋医学的な理論から
フォローできることはたくさんあると思います。

西洋医学のフォローアップとともに、
東洋医学を実践する立場から
小児癌と闘い共に生きる子どもたちやそのご家族に
支援できることはたくさんある気がするのです。

今、その学びをしています。
皆様に還元できる日が必ず来ると思っています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

子どもたちから学ぶこと

東洋医学の世界では、病を治しやすい順番は、
動物、子ども、大人だと言われることがある。

これは本当だと思う。

病に伴う各種ストレスを
どう感じ受け取るかということが重要になってくる。
ストレスが大きければ身体へのダメージも大きい。

幼い子どもは本当に強いと思う。

大人であれば、恐怖と絶望感で大騒ぎになるような病ですら
自らのものとして受け入れて進んでいく。

治そうと思い、進んでいく。

もちろん、子どもなりの葛藤や不安もあるだろうけれど、
その凛とした潔さは大人とは比べ物にならない。

そこが、大人と比較して子どもの病が治しやすい所以なんだろう。

大人は余計なことを考え疲労して、身体も心も疲れてしまう。
これでは治るものも治らない。

また、周囲の大人のストレスや子どもへの過干渉が、
子どもの病に悪影響を与えていることも多々ある。

子どもは周囲の大人からのストレス、
特に母親や父親など自分が信頼する大人からの
悪影響を受けやすいからだ。

これでは、子どもたちは治るものも治らない。

だから、時に子どもの病は
周囲の大人たちの心身の不安定を
治さないと治らない場合も少なくない。

病を通して子どもたちから学ぶことは大きい。

追記:
子どもは大人ほど精神構造が複雑ではない
という考えもあるけれど、
勝手に複雑にしているのは大人の方なのかもしれない。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。

今更ながらに思うこと

東洋医学と西洋医学。
それぞれに良さ、欠点がある。

それぞれのないものを補い、より良い医療を目指す。

そんな協力関係がより進めば
患者さんたちはもっともっと楽になるだろう。

その人の命や人生に関わる医療であれば尚更そう思う。
人のための医療には垣根など必要ない。

ずっと思ってきたことだけれど、今改めてそう思う。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

パクス・テルレーナ治療室
横浜市西区平沼1-38-3 横浜エム・エスビル8F

横浜市の横浜駅、みなとみらい近く(横浜市西区)にある
女性と小児のための鍼灸専門治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調全般、更年期など
様々な婦人科症状からその他様々な女性の心身トラブルや
子どもの様々なお悩みに幅広く対応しています。
パクス・テルレーナ
治療室
無題

パクス・テルレーナ治療室

横浜駅東口より徒歩7分。女性と子どものための鍼灸治療室。

不妊症、逆子、前置胎盤、産前産後の不調、更年期などの婦人科症状からその他様々な女性の心身不調や子どもの様々な不調に対応。岡山分院も開設。

Twitter & Facebook
Categories
Archives
記事検索
ahakishianpo2
  • ライブドアブログ