ドッグラン用のウッドチップは、手作業で破片を除去します。
様々な網を使ったり、除去をする仕組みを考えましたが、
長い破片のウッドチップを除去して、満足いく結果を得たことはありません。

結局は人間の目と手でウッドチップの除去を作業するしかありません。
機械ではそこまでの精度は得られないのです。

一つ一つに人の手がかかるということは、
ウッドチップの販売価格に反映することを意味します。
それでも、人の手にこだわる決断をしました。

安心して使えるウッドチップの制作に全力を注ぎます。

KC4I0101