東秩父の道の駅が、今までの街道沿いから、紙すきの里に移動しました。
新しい道の駅はきれいで新鮮です。

野菜などの地場産業を支える販売所の後ろに、ウッドチップ舗装をさせていただきました。

何気ない地面ですが、間伐材を使用して森の有効活用を図り、アスファルトで覆ってしまわずに温度調整つができる高性能舗装です。

自然素材だけで固める手法は、古くて新しい路盤づくりを実現しています。
どこかしら懐かしさを感じていただければ嬉しいです。

P1090128