毎年、ウッドチップは春に注文が殺到します。
冬の伐木のための繁忙期が終わり、ホッとする間もなくまた繁忙期です。

小鹿野町にウッドチップをストックできる倉庫ができました。
なによりもウッドチップの品質を一定に保てるようになったことが最大のメリットです。

春は庭の手入れもしたくなるウッドチップ最適期。
ですがウッドチップの蓄水機能でヒートアイランドを改善する夏に、
もっと大きな需要が増えて、エネルギー消費が減ると、もっと嬉しいです。

今年こそ、ウッドチップで夏を涼しく乗り切ってみては?