秩父の小鹿野倉庫で、ウッドチップの梱包と発送作業を行いました。
今年の作業場はこおろぎがたくさん。

このウッドチップは防虫剤さえ使っていないので、好んで遊びに来ます。

昼過ぎから夕立があって、新着のウッドチップを濡れない様に避難させてから、
3時間後、完全にやんでからウッドチップ梱包を再開しました。

暑い一日だったのですが、夕立のおかげで涼しくなりました。
降り始めはお湯のようでしたが、やはり自然の力は偉大です。
水冷式、よく出来ていると思います。