久々のPCネタです。

僕は、Google Chromeをブラウザとして愛用しています。
拡張機能もあるのに、軽い!そして、余計なツールバーとか一切なし!
もう言うことなしのブラウザですね。

ですが、そんなGoogle Chromeが使えないという悲劇が・・・。
それは、昨年の8月頃だったでしょうか。
我が家にあるVista機でなぜかGoogle Chromeが使えない問題が発生。
具体的には、タイトル名は表示されるのだが、ページは真っ白で何も表示されない状態。
インターネット接続は問題なし。その証拠に、Firefoxなどでは問題なく動作する。では、原因は何なのか・・・。
色々と探っていくうちに、sslページは表示できることが判明!
https://www.google.com/
例えば上記のサイトなんかは表示できます。
その後、Google Chromeがインストールされている、「chrome.exe」を別の名前(『googlechrome.exe』など)に変更すると、正常に表示できることが分かった。
でも、アップデートがかかる度に元に戻されてしまい、不便。。。。。 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

これが昨日までの話。
なんと、今日その解決策を見つけてしまったのだ!
検索でヒットしたこのサイトです。 たぶん、昨年もこのサイトを見つけたんだろうけど、実行しなかったんだと思います。
結論は「i-フィルターをアンインストール!!」
僕は、自分でインストールした覚えがなかったので、違うと思っていたのですが、このパソコン(VGN-FW73JGB)には「i-フィルター」がプリインストールされていたんです。SONY、使ってる人を困らせるソフトを入れてどうするwww

ということで、無事にGoogle Chromeが使えるようになった!
同じような問題でお困りの方。ぜひ、やってみてください。