ひろしま散歩。

広島市在住のいい歳したおじさんが、のらりくらりしながら情報を発信しています!

ツバメ観察日記2011年

今年二度目の雛 子育てと巣立ち

我が家のつばめ(コシアカツバメ)が今日、巣立ちました。

昨日から、仲間のつばめ10羽ぐらいが何回も巣の近くを大きく鳴きながら旋回し巣の目の前を横切ったりして、すっかりおおきくなった雛へ飛ぶように促しているようでした。

今日朝も外から賑やかな泣き声がしてたのですが、しばらくしてから外を見てみると多くのコシアカツバメが小雨の降る中、電線にとまってました。

IMG_4715

既に巣には雛がいないようでした。

今年も巣立ちの瞬間を見ることは出来ませんでした。(いつかはビデオに収めたいです!)

IMG_4702

雛もやっと巣から飛び出し飛べるようになったみたいですが、エサはまだ自分で取れないようで、また巣に戻ってエサをもらっている姿がを夕方に見かけました。

昨日ビデオ撮影した雛へエサであるバッタを親鳥が与える様子をYoutubeへアップしていますのでよろしかったらどうぞご覧下さい。



ちょっと古い話ですが、去年にコシアカツバメの巣作りから巣立ちまでの様子を撮影し編集したビデオがビデオの月刊誌“ビデオSALON”の1月号の読者投稿ビデオコーナーで掲載されました。

月刊誌に掲載された映像はホームページで鑑賞できるようになっていて、

ホームページ『2011年 1月号 ビデオパーク | ビデオSALON.Web』
アドレス: http://www.genkosha.com/vs/video_park/entry/2011_1.html

の中ほどに私の『つばめの子育て日記』(5分55秒)があります。

興味のある方はどうぞこちらもご覧下さい!


にほんブログ村に参加しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

今年二度目の雛 ツバメ

我が家のつばめの現状報告です。

今年2回目のつばめ(コシアカツバメ)の雛が元気に育っています。

P1030907_2

今回の雛は2羽、確認できました。

今回もですが、コシアカツバメの雛はかなり警戒心が強く、人影がみえたらすぐすり鉢状の巣の奥に引っ込んでしまいます。

雛がそんな感じですから、親つばめたちも雛への餌やりの為に戻ってきても巣の近くに人がいると“キーキー”と鳴きながら上空を旋回して人が去るまで巣に入りません。

今日、巣の撮影をじっくり3時間ほど試みました。もちろん物陰の隙間からですが、夏場の撮影は堪えます。汗たらたらです。

せっせと雛への餌を運ぶ姿はいいつもても大変そうだなと感心します。

P1030873_2

蛾やコオロギ?のような小さな餌を運ぶだけでも大変なのに、バッタのように大きな餌も運んでます。

バッタを食べる雛も器用に丸ごと飲み込んでます。

食べ損ねたのか、うまく口渡し出来なかったのか、巣の真下にコオロギの屍骸が落ちてました。


バッタを食べる雛の様子を連続写真でご覧下さい。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

P1030925
P1030943
P1030945
P1030952
P1030953
P1030954
P1030957
P1030963

最近野良猫がうろつき、巣を見上げている姿を見かけて心配ですが…、

雛たち、今回も元気に育て巣立ってください!

今年もツバメが巣立ちました。

ツバメが我が家で子育てをするようになって今年で4年目を迎えました。

今年の訪問はいつもより早く5月の終わり頃には既に姿を見せていました。

巣は去年作ったままで、外から見る限りはきれいな状態でしたが、2週間ぐらいは巣の入り口辺りを補強するかかのように新しく泥などが付け加えられていました。

6月中頃になると、巣の奥からかすかに泣き声が聞こえ始めたので、雛が生まれたようです。

しかし、コシアカツバメは巣の奥に入り込んでしまい、顔をなかなか出してくれないので、この点が不満です。

しばらくすると、かなり大きくなった雛がひょっこり巣穴から顔を覗かせることが増えて、その時撮った写真がこれです。

P1030723_2

今回は、雛は1羽のようでした。

6月下旬には巣立ちも終わり、今は巣にはツバメがいないようですが、繁殖の時期は秋口までですので、またツバメの子育てが始まるかもしれません。
プロフィール

つねまん

よかったらクリックお願いします


広島ブログ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: