September 09, 2005

こんなのもフェルトセンス

以前、 気持ちにふれるだけがフォーカシングではないというエントリを書きました。

実例になりそうなものを見つけたので、引用させていただきます。
引用元は、茂木健一郎 クオリア日記 のSeptember 08, 2005付の記事individualityです。
ここの竹たちは、何か特別なものを
持っている。
 それが丹念な手入れのたまものであることは、
さらに下った凡庸な竹林と比較すれば判る。

 また一つ、言語化できない何かの感触が
宿題を残した。
この「何か特別なもの」「言語化できない何かの感触」。これって、フェルトセンスですよね。
そこに留まり、触れ続けるって、フォーカシングですよね。

おそらく茂木さんは、技法としてのフォーカシングを習ったことはないと思います。
習わなくても、たいがいの人は、随所随所で、自然にやっている。そこでは、現象としてのフォーカシングが起きている。

フォーカシングなんて、そんなもんです。
ただ、実感(フェルトセンス)から遠く離れてしまっている人や、現象としてのフォーカシングが自然とは起きにくい状況にある時には、技法としてのフォーカシングを学ぶことが役に立つ場合がある。

たとえば芸術家のスランプには、この後者の場合もあるんじゃないかしらん。

pca_nana at 20:04│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote フォーカシング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード