February 05, 2006

自己一致について

自己一致についてupすると表明してはや2ヶ月。ずーっと、まだ書いていないことが、気がかりでありつづけた。
ふさわしいと思える書き方、記述の仕方をまさぐっていたように思う。
でも、それが見つからない。

> 「自己概念(構造?)と経験の一致」→自己一致と言われても、じゃあ、実際どうしたらいいんだ!
しゅう兄さんの臨床心理士的生活 受容・共感・自己一致 コメント欄
という問いかけにどう答えたらいいか、いったいどこからはじめればいいのか、変遷しているロジャーズの考えをどうまとめるのか、ロジャーズ以外の研究者-実践家がいろいろ言っているのをバランスよく提示するには、引用したい翻訳書は誤訳が多く(以下にある*)原書で確認できないままなのはまずいよなあ、、、。(爆。

でもまあ、論文を書くわけではないので(^^;、ともかくまずは、だれそれはこんなふうに言ってるよということで、引用します。(結局、はじめにこんなふうになると思うと言った通り(--;。)

近田は、カウンセラーの自己一致について次のように述べている。
 自己概念と経験が一致しているかどうかととらえるより、体験過程と象徴化(ことばやイメージなど)が一致しているかどうかととらえた方が、具体的になにをすればよいかが分かり、実際の役に立つでしょう。「自己概念と経験」が一致しているかいないかと問われても、私たちは照合のしようがありません。それはどちらもパーソナリティ理論のための構成概念だからです。構成概念は直接それを見たり、感じたりすることはできないので、意識の中で、いったい何と何を一致させたらいいのか分かりません。しかし、直接感じられるものと表現が一致しているかどうか、と問われれば、私たちは実際に確かめることができ、具体的に実行することもできるのです。
近田輝行 2002 フォーカシングで身につけるカウンセリングの基本:クライエント中心療法を本当に役立てるために p.41
次に、佐治守夫、岡村達也、保坂亨 カウンセリングを学ぶ:理論・体験・実習(1996)から。
ロジャーズによる純粋性(genuineness)の説明について、
カウンセラーが面接中に体験過程(experiencing)への照合(refer)作業をし続けることを意味すると考えられる。(p.42)
デイブ・メァーンズとブライアン・ソーンは、パーソンセンタード・カウンセリング(2000)* [Person-Centered Counselling in Action (1988)]で、
一致性とは、クライエントへのカウンセラーの外的な反応が、クライエントとの関係で抱いている内的な感情や感覚と一貫して調和しているときのカウンセラーの状態である。(p.98)
一致性が存在するためには、クライエントに対するカウンセラーの外的反応は、クライエントとの関係での内的な体験過程と一貫して調和している(p.106)
つづけて、
率直にいって、すべてのカウンセラーの感覚がカウンセリングの契約に適切というわけではないので、もっと完全な理解のためにわれわれは、そこにほのめかされているカウンセラーの体験過程の種類を詳しく探求しなければならない。(p.106)
そして、一致性のためのガイドラインを示し(pp.106-109)、カウンセラーは、どのように一致性を促進することができるか について論じている(pp.117-122)。


有名な自己構造と経験のベン図は、静的で固い印象を与える。
あれはどちらも、プロセスをある一点で切ったときの断面図のようなものだと思う。

それと、ロジャーズは、カウンセラーは自己一致しなさいと言っているわけではない(受容、共感もしかり)。実践をもとにして、クライエントに人格変容が起きるのは、三条件をクライエントが感じている時と考えられると言っている。そしてそれは、あくまで、実践から概念化したカウンセリングの核心についての仮説。とはいえ、クライエントに人格変容が起きるのは、三条件をクライエントが感じている時と考えられると言っている。
だからならば、どうしたらいいの!という思いは、ほんとにその通りだと思う。
だって、それについては、言っていないんだもの。
[より的確と思われる文章にするために修正:2007.5.26]

「体験過程(experiencing)への照合(refer)作業をし続けること」が自己一致だと理解して以来、あまり考えてこなかった。
あらためて文献にあたったり、考えたりする機会になりました<_._>。

現時点で自分の考えをまとめると、こんな感じかな。
自分自身にマインドフルな注意を向けて、認知したものをアクセプトしつつ、フェルトセンスに直接照合するということをカウンセラーが努め、適切に自己表明する(言葉にしたり、具体的に表現する)過程において、クライエントは、カウンセラーの自己一致を感じるかもしれない。
カウンセラーの内的作業は、単純化すると、自己共感。

【追記】ちなみに、メァーンズ&ソーンは、記事中に挙げた著作の 一致性のためのガイドライン の節で、次のように書いています。
要するに、カウンセリング・セッションの間カウンセラーが体験しているあらゆるつかの間の感覚に対する表現だと考えられないように、一致性の作業定義を限定することが必要である。われわれが’一致している’ことについて話すとき、クライエントに関連があって、比較的持続しているか顕著である反応を表現することをさしている。(p.108)
2006.2.5. 14:38 加筆


pca_nana at 02:54│Comments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote つれづれ | カウンセリング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しゅう   February 05, 2006 09:36
こんにちは。しゅうです。

いろいろな文献の引用、参考になりました。
その後、ロジェリアンじゃなくとも、いちおう勉強してみようと思い、何冊か私でも読めそうな本を読んでみたのですが、やはり難しいです・・・。

「体験過程(experiencing)への照合(refer)作業をし続けること」というのは感覚的にはわかるようになってきましたけどね・・・。

質問ですが、
>適切に実現化する(言葉にしたり、
>具体的に表現する)過程において
という部分ですが、これは「必ず表現しなければならない」ということを意味しているのですか?それとも「適切に」という言葉の中に「もし表現することが適切であれば」という意味が含まれているのでしょうか?私の理解では「もし必要なら、それを表現することもできる」ということでいいのかなと思っていましたが、どうなんでしょうか?ご教示いただければ幸いです。
2. Posted by nana@記事修正   February 05, 2006 13:28
記事のおしまいの2行に、修正を加えました。
[自己表明]は、元の文では[実現化]でした。
[カウンセラーの内的作業は、単純化すると、]は、[単純化すると、カウンセラーの]でした。

ps.>しゅうさま
コメント、ありがとうございます。気になっていたところを、先に修正しました。(まだこれでもぴったり来ないんだけど(w。)これから、お返事書きはじめますが、upするのは先になるかもしれません。<_._>。
3. Posted by nana   February 05, 2006 15:36
しゅうさま

こんなことが書いてある、こうなんじゃないかなあと、思うところを書きますね。

> 何冊か
どんなのを読まれたのだろう。
これは、入っていますか?
岡村達也1999 カウンセリングの条件:純粋性・受容・共感をめぐって(シリーズ「心理臨床セミナー」3)垣内出版

> 私の理解では「もし必要なら、それを表現することもできる」ということでいいのかな

【しゅうさんところの記事のコメント欄からの引用】
> >否定的な感情が生じたら、出来る限り誠実に、その否定的な感情をクライエントに伝える
> クライアントに伝えるのは、それが有用と判断される場合だけ

このあたりに焦点を置いて、書いてみます。
状況としては、分からない感じや例えばいらだちが募っている、なにか二人の間にいままでにはなかったひっかかりを感じている、そのような場合が、考えられるでしょうか。
(つづく)
4. Posted by nana   February 05, 2006 15:39
(つづき)
上に挙げた著作で岡村は、ロジャーズの論文「治療的人格変化の必要十分条件」のなかの、次の文章を引用しています。

 どの程度治療者はつつみかくすことなく自分の中にあるこの現実をクライアントに伝えるか、などという理解に苦しむ問題を検討することは、既存の常識からはずれているかもしれない。たしかに、治療者が自分の感情を表明したり、話し合って解消したりすることがねらいではない。ねらいの第一は、治療者は自分自身に関してクライアントをあざむいてはならない、ということである。治療者は、自分の感情がこれにつづく二つの条件の妨げになっているならば、ときにその感情のいくつかを(当のクライアントもしくは同僚・スーパーヴァイザーと)話し合って解決する必要があるかもしれない。(p.102)
【伊東・村山 監訳 ロジャーズ選集(上) では、p.271のなかほど以下のパラグラフです。】
(つづく)
5. Posted by nana   February 05, 2006 15:40
(つづき)
そして岡村は、カウンセラーの感情が、受容・共感の条件の妨げになっているまさにそのときに、というのがポイントだと書いています(p.104)。

受容と共感の条件を妨げる場合でも、同僚やスーパーヴァイザーと話し合う余裕があり、それで収まる場合もあるでしょう。
けれど、面接中緊迫した「いまここ」という時には、クライアントに表明していいし、した方がいい場合があるのではないでしょうか。
 
6. Posted by しゅう   February 06, 2006 12:42
>nanaさん

丁寧にお返事いただきありがとうございます。
おかげで、かなり頭の中が整理されてきたように思います。

>面接中緊迫した「いまここ」という時には、
>クライアントに表明していいし、
>した方がいい場合があるのではないでしょうか。

この部分ですが、ここは判断としてかなり難しいものが要求されるということになりますよね。このへんは、各臨床家の“勘”に任されているのか、あるいはかなり定型化されたものがあるのか、どうなのでしょう?もっとも臨床において、完全に客観的ということはないのでしょうけど、「いまここ」という時っていうのは、各自の感覚に依拠したものなのでしょうか?
お暇なときで結構ですので、ご意見お聞かせください。
7. Posted by nana   February 06, 2006 20:07
しゅうさん、
たたみかけてくるなあー。
いやあ、こっちも勉強中なんで(^^;。
とりあえず、掲示板に移りませんか?
右サイド下の方にある、† tangine † BBS です。
質問返し、書いときますね(^.-)☆。
8. Posted by 竹節さまへ nanaより m(_._)m   February 06, 2006 21:25
竹節さん、コメントありがとうございます。
クライエント中心から離れるベクトルが働いたところで、絶妙のコメントをいただきました<_._>。
でもね、でもね、、、
> なんとなく、書き込んじゃ
いやよぉ。
nanaが書いた、
> 掲示板に移りませんか
は、to all だったのよぉ。
分かりにくかったかもしれないね。ごめんね。
掲示板に移したからゆるしてね。

そういうわけで、そこんとこよろしく!> all
9. Posted by しゅうさん、ごめん nanaより   February 06, 2006 23:14
> たたみかけてくる
って書いて、ごめんなさい。
しゅうさん、ちゃんと
> お暇なときで結構ですので
って書いてくれてるのにね。
<_._>。
【掲示板に流れを移しましたが、管理者特権(笑)により書き込みました。どなたさまも掲示板へどうぞ<_._>。】
10. Posted by 「K」   August 31, 2006 15:16
5 こちらを、先にしっかり読ませていただくことが大事でした。
11. Posted by nana   August 31, 2006 19:47
「K」さん、はじめまして。
えっと、なんだろう、、、
検索かなにかで掲示板を先に読まれたとか?
ともあれ、ご訪問、書き込み、ども<_._>。
12. Posted by 「K」   September 01, 2006 12:55
5 そういえば、「今」の自分の「気持ち」を、いちばん「ぴったりした」ことばで
表現する練習をしたことがあります。
私の語彙が少ないので、先生からよく叱られました。
そういえば、私は国語が苦手でした。
13. Posted by nana   September 01, 2006 22:43
「K」さん、ども。
書き込みを読んでの、連想です。

フォーカシングを作文(や国語教育、キャリア開発などにも)に取り入れて、実践なさっていらっしゃる先生、おられるんですよ。
ここで、お名前をあげてよいか分からないので、それは、控えますけど(^_<)。

もし、「ぴったりした」ことばで表現できたら、「今」の気持ちが変化して、きりなくなっちゃうかも(^_<)。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード