March 06, 2006

フォーカシングを使った事例の逐語的報告

 こちらの自己一致についての記事の流れから、ロジャーズが転移について述べている論文をご紹介しました(こちら)。
 今日は、クライアントのセラピストに対する投影的同一視を、フォーカシング的に扱った逐語的記録のご紹介です。

 『フォーカシングの理論と実際』(村山正治・増井武士・池見陽・大田民雄ほか著 福村出版 1984)
第III部 臨床篇−臨床場面におけるフォーカシングの適用− 第9章 諸方法との組み合わせ 2 精神分析
に、増井武士先生が書いておられます(pp.123-124)。

#転移をフォーカシング的に扱ったとも言えるし、妄想-分裂ポジションにいるクライアントに対するフォーカシング的関わりとも言えると思う。
 
 ちなみにこの本、amazonのユーズドでは、¥14,800。(@o@)!!!(元値は、税込み¥3,150。)

pca_nana at 23:13│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote カウンセリング | 本など

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード