April 09, 2006

もしかしたら特殊な聴き方?

以下のことは、直接的には、先日出た、月1体験グループのあと、ふと思ったこと。
ケビンのワークショップでやった、"Heart to Heart Listening"のワークも、伏線になってると思う。
自分のための忘備でしかないかもしれないが、書いておこうと思う。

相手の話しがどう自分に触れたかと区別して、
相手にとってどんな話しか、その相手のフェルトセンスを自分の内側で感じようと努めて聞く聴き方と、
相手の話しを聞いての連想を止めない(連想しつづける)ように聴く聴き方は、
ずいぶんと違うんじゃないかしらん。

返し方(応答の仕方)も、聴き方によって、異なってくるだろう。
返し方が違ってくれば、話しの進行もずいぶん違ってくるだろう。


"Heart to Heart Listening"は、私が理解したところでは、上述の区別はあえて行わない。
話し手の話しを聴いていて、(聴き手の)からだから出てきた言葉を、話し手に返す。

なので、話しは、インタラクティヴ・フォーカシング(上述の、区別して聴く聴き方の代表例)よりもいっそう、インタラクティヴに進行する。

話し手が話そうと思ったことから、逸れていくともいえるし、拡がるともいえる。
"からだから話す←→からだから返す" というやりとりなので、逸れるといっても、不本意な逸れ方ではない。
思いがけない発見が起こったりする。

pca_nana at 23:12│Comments(13)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote つれづれ | カウンセリング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Hikaru   April 09, 2006 23:43
4 >話し手の話しを聴いていて、(聴き手の)からだから出てきた言葉を、話し手に返す。
・・・なんか、ピン!きたような気がする。
2. Posted by Hikaru   April 09, 2006 23:44
5 nanaさん、ありがと!
3. Posted by 竹節   April 10, 2006 01:50
 私もひとこと。(^^)
 私がM川さんから教わったインタラクティヴ・フォーカシングは、まさしくその方法でした。一区切りしたら、返しますでしょ。で、話の内容を覚えようとしてはいけないと言われました。そのことに気を取られて、からだで感じられなくなるからと。実際やってみて、すごいと思いました。あ〜、「聴く」ってこういうことなんだって・・・。ズレが促進を促す感じ。ほんと、目からウロコ状態で、感激して帰ってきたんですよー。

> インタラクティヴ・フォーカシング(上述の、区別して聴く聴き方の代表例)

なので、これ、どういうことでしょうか?よく分からないのですが・・・。
4. Posted by nana   April 10, 2006 22:09
Hikaruさん、どもー。
なにかヒントになったようで(^^)。
どんなふうにかは、分からないけど。


竹節さん、こんばんは。
>M川さん
T子先生かな?竹節さんがおっしゃる通りと思います。

ただ、上述の区別はしますでしょ、インタラクティヴ・フォーカシングの枠組み(手順)では。

"Heart to Heart Listening"では、しないんですって。
自分が体験グループにいる時も、区別しようとしていない。
そのこと。

私にとって、
その区別する/しないの違いが、
それ以上の何かを含んでるような気がするの。
聴き方の機能が違う。
5. Posted by 竹節   April 11, 2006 10:46
はい、M川T子先生です。
不思議だったのは、意識の中では、先生、先生と思っていたのですが、セッション中、からだが感じたものを返していく時、呼び方が、必然的と思えるほど、「M川さん」になってしまったこと。

私が分かっていないような気がする。やばい!(^^;
ここの部分です。

>相手の話しがどう自分に触れたか

と、

>相手にとってどんな話しか、その相手のフェルトセンスを自分の内側で感じようと努めて聞く

聴いている時は、この二つを区別するということではないのでしょうか??
6. Posted by 竹節   April 11, 2006 10:49
続きです。

>相手の話しを聞いての連想を止めない(連想しつづける)ように聴く聴き方

これは、上の二つのことに集中している時、別の部分で同時に行われているのだろうか?意識していないですよね。

二重の共感の時、そこ(連想)から出てきたものを伝えているのか、もしくは、「この話が、その人にとってどういう意味だったのか。」を、その時、初めて連想するのか??

私は、後者でやっているような気がする。伝える前の沈黙の時間が、まさに「黄金の時間」でした。連想してるんだけど、同時に目の前の相手の方の体温を感じている。みたいな。

まちがってます?(イマイチ自信ない・・・)(^^;
7. Posted by nana   April 11, 2006 21:53
竹節さま

>聴いている時は、この二つを区別するということではないのでしょうか??
単純に捉えてこたえるなら、聴いている時も、伝え返す時も、二重の共感のところで話し手に伝える時も、その後も、ということになるけど、、、
そんな単純な「??」ではないですよね。
どんな疑問から出てきたことなのか、ちょっと捉えられないです。
それとも私の考えすぎかなあ。

>目の前の相手の方の体温を感じている。みたいな。
そんなあなたに、こちらの記事を♪
もしかしたら、もうお読みくださっているかもしれませんが(^^;。
http://blog.livedoor.jp/pca_nana/archives/10974988.html#comments
8. Posted by 竹節   April 12, 2006 20:10
>そんなあなたに、こちらの記事を♪

ありがとうございます。
な、なんてお返事したらよいのか・・・。(^^;
9. Posted by nana   April 12, 2006 21:59
竹節さま
>こちらの記事
と書きましたが、
正確には、こちらの記事のコメント欄を
ですので。
いっつも私の言葉が不足気味のような気がするので、念のため(^^;。
10. Posted by nana   April 13, 2006 21:46
なんだか心配性になってる>自分(w。
要するに、
>目の前の相手の方の体温を感じている
そうそう、だよねー、
肌触れ合ってるみたいにね
ってことです。
11. Posted by 竹節   April 14, 2006 06:56
あ、nanaさん、お返事遅れてすみません。掲示板の方で盛り上がって、つい。(^^; 
よろしかったらnanaさんもど〜ぞ!(って、自分の掲示板じゃないだろ!)

>いっつも私の言葉が不足気味のような気がするので、

いえいえ、そんなことはありませんです。
私が考え過ぎ(考え足らず?)なだけですので。すみません。

ちょっと考えてたのは、これがエロティックだとしたら、(そう感じたんですよね。私は異性とやったことないもので。)カウンセリングも、エロティックでないの??みたいな・・・。恋愛感情が湧く?こともあるよね、正直なところ。
んー、エロスをどういうニュアンスで使われたのかなあ・・・。

インタラクティヴ・・・は、平等感と尊敬の漂う深い交流ですよね。たしかに、恋のようなトキメキがあるような気がする。大事にしたいという気持ちが強く働く。
ん?M川さん、勘違いしないで下さいね〜。(爆)

12. Posted by nana   April 14, 2006 08:37
あ、nanaさん、お返事遅れてすみません。
> いえいえ。

> 掲示板の方で盛り上がって
こちらへ書き込みしてくださり、お気遣い、ありがとうございます。
杞憂だったようなので、よかった。

> カウンセリングも、エロティック
そうなんだと思う。
だから、恋愛の問題(problemの意味での)がついて回っちゃうんだろう。

> エロスをどういうニュアンスで
生=性のエネルギーというような意味で。

> 平等感と尊敬の漂う深い交流
あっ!これ、うまいなあ。
キャッチコピーに使ってもいい?(笑
13. Posted by nana   April 14, 2006 08:37
【業務上のご連絡】>to all
そろそろ、M川先生にします。
まだ自分の中で、個人名を、どのような場合明示し、どのような場合は明示を避けるか、線引きがはっきりしていないので、とりあえず、慎重な方でやらせていただきます。

今回は、どなたか分かった方がよいと思ったので、その時点(コメント3.4.5.)ではそのままにしました。
でも、ふたりの間で了解ができたらからもういいかなと思うので、遡って修正します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード