September 18, 2006

『パーソン・センタード・セラピー』

『パーソン・センタード・セラピー:フォーカシング指向の観点から』、発刊されました。
パーソン・センタード・セラピー 著者:キャンベル・パートン
訳者:日笠摩子
原書:Campbell Purton "Person-Centred Therapy: The Focusing-Oriented Approach" Palgrave Macmillan, 2004

PCAおよびフォーカシング指向心理療法に関心のある方には、強くお勧めします(^^)。

三条件(受容、共感、自己一致)についての議論も、書かれています。

心理療法の効果研究における共通要因に関連した項や、実証的研究についても、書かれています。

当ブログで紹介した、レスリー・グリーンバーグらの、体験-過程療法 Process Experiential Psychotherapy(この本での訳は、プロセス体験的心理療法) についても、項があります。

=訳者あとがきより引用=

パーソン・センタード・セラピーの歴史と現在を俯瞰することができ,その中にジェンドリンの思索と実践を位置づけることができた(略)

ジェンドリンの幅広い哲学の明晰な紹介が含まれている(略)

フォーカシング自体の紹介も簡にして要ですし,フォーカシング指向療法についても,最新の情報も踏まえつつバランスよく記述されています。(略)


 このような本書は,先にも書いたように,広く心理臨床を学ぶ学生さんに読んでいただきたいですし,すでにフォーカシングやフォーカシング指向心理療法を学び実践している方が,その歴史的理論的背景を知るためにも読んでいただきたいと思います。

 しかし,何よりも,本書を読んでいただきたいのは,今までパーソン・センタード・アプローチに親しみそれを基本に仕事をしてこられた方たちです。特に第2章「パーソン・センタード・セラピーの欠陥点」を,パーソン・センタードを基盤にする方たちがどのように理解されるのか,私としてはお話を伺ってみたいと興味津々です。そこから議論が進み,そこからジェンドリンやフォーカシング指向心理療法への関心が拡がることも期待しています。

 さらに,パーソン・センタードやフォーカシング指向の観点や立場は,特定の指向というよりも,どのような療法にも共通する基盤となるものです。そういう意味で,広く心理臨床に関わる方に関心を持ってもらえたらと願っています。
=引用おわり=
上記金剛出版サイトに、訳者あとがきのほぼ全文が、掲載されています。……(後略) となっていますが、略されているのは、謝辞の部分。

キャンベル・パートンについては、また改めて。

pca_nana at 22:34│Comments(4)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 本など | カウンセリング

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【サクッと】最近買ってみたよさげな本【サクッと】  [ 心理学の本(仮題) ]   October 04, 2006 22:59
「うつ」ってことで,もう,人生投げたい,なんて思っているときがあったりするわけで

この記事へのコメント

1. Posted by nana   October 04, 2006 00:10
psy-pubさんのブログ、
心理学の本(仮題)
http://blog.goo.ne.jp/psy-pub
の、この↓記事の中で、この本が取り上げられています。
http://blog.goo.ne.jp/psy-pub/e/ff13036a894454330f97b8ba8b6d5e9c
2. Posted by nana   October 14, 2006 20:05
そうそう、この本の原著、池見先生が推薦図書に挙げておられます。こちら↓。
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~ikemi/AkiraIkemi/Akira%20Ikemi/For%20Students.html
3. Posted by nana   October 19, 2006 23:07
心理学の本(仮題)
http://blog.goo.ne.jp/psy-pub/
のpsy-pubさんが、
コメント1でご紹介した記事とは別に、新たにこの本の記事を、書いていらっしゃいます。こちら↓です。
http://blog.goo.ne.jp/psy-pub/e/73fbe1d1ad4aa5cda3af4bfb42f616da
是非、ご一読を。

#ハルキはさぁー、むかしわけありだったおとこがすきだったのよねー。
とうふずきのはなしとかきいてさー。
いまでもとうふのねだん、きにしちゃうのよねー。
もうちょっときのきいたこといえない?なんて、いわれたっけなー。(とおいめ)
4. Posted by nana   October 21, 2006 00:14
(もいっちょ)
#やれやれ をみると、あっハルキ♪っておもっちゃう。
そんなわけで、さいぱぶさんのぶんしょうのなかに、ななてきにはおやくそくのやれやれが、ちゃーんとあるのをみて、うれしくなっっちゃったんだー。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード