August 20, 2007

(仮題)動きについて、もしくは、揺れていること、あるいは、よく見ると、、、

ひと月ほど前、某所につぎのようなことを書いた。

『子どもがいる』と判断が変わる。
全く変わらないというのも変だし、
「子どもがいるから」となんでも変わってしまうのも変だし、
どっちかじゃなくて、
その時々考えたり、やりとりしたり、動いたりする中から、方向が出てくる、それが第三の道になる。
いつも諦めるでも、いつも行くでもなく、また、諦めるか、行くか、どこかに正しい答えがあるのでもなくて。


今日思ったのは、、、


ある出来事が起きて、そのことを受け止めなくっちゃ、でも受け止め切れない、そんな状態をこれじゃだめだと思ったり、足踏みしている感に焦ったりするけど、その間で右往左往していること自体、受け止めているということなんだね。
理屈っぽく言い直せば、受け止め切れないという受け止め方をしているんだ。


これから先どうしていこう、自分はどうしたいのか分からなくなった、そんな地点にいると、行き詰まり感が出てくるけど、実は動いているんだね、気持ちの上で探しているもん。
ただ気持ちだけでじーっとして揺れが収まり方向が定まることもあるけれど、もっと揺れるようにしてみる、とにかく動く、それも必要。

~:~

上述の、ふたつめのことは、ひとつめのことについて、インタラクティヴ・フォーカシングで話していて、言葉になったこと。
話した後は、垢が落ちたようなさっぱり感があって、すごい発見をしたような気がするだけれど、ちょっと経ってみれば、たいしたことない、当たり前のこと。

それだから、その中身には、意味がない。

誰かには、意味を生み出す働きをする可能性がある。

また、それには、「際(エッジ)」がある。


#(追)記事投稿した後、「言葉が生きるのは/死んだ言葉」という連想が沸いた。もうすでに、なんだそんなことかなんだけど、惜しいので、改めて軌跡として残しておこうかな。

pca_nana at 23:56│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote つれづれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Nini   August 21, 2007 00:06
本当にそうですね。
悩みも葛藤もない人生はありえない、悩みをなくす事が治療の目的ではない、と先生も言ってた。
自分の悩みに気付かないより気付いた方が一歩進んでいるんですね。つらいけど。
2. Posted by ぽっき   August 21, 2007 00:24
5 昨日(既知)と明日(未知)の接点に現在(いまここ)があるということですね。既知だけなら何も悩まない(ただ繰り返すだけのロボット)。未知だけなら何も気づけない(まだ生まれていない世界)。realizeしつつあるものがあればこそ、心は揺れる。

3. Posted by ぽっき   August 21, 2007 00:30
言葉にしたとき、言葉は役目を終える。

4. Posted by nana   August 23, 2007 00:44
>Niniさん、ぽっきさん
おひさしぶりです。コメント、ありがとうございます。

>Niniさん
生きるってことには、悩んだり、葛藤したりすることが、あらかじめ含まれている。
つらさも、さらに一歩進もうとしているからこそなんだろうねえ。

>ぽっきさん
一度既知になっても、役目を終えても、覚えているには、繰り返し見いだす必要があるような。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード