カウンセリング

November 01, 2011

(情報)村山正治先生による神田橋條治著『技を育む』の書評

村山正治先生による神田橋條治著『技を育む』の書評のブログ版がアップされています。
こちらの記事です。
   ↑ クリックすると当該記事が開きます。

pca_nana at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

October 28, 2011

■開催告知■ 1/21,22(土,日)セラピスト・フォーカシングWS

援助する相手の方のこと、職場のこと、仕事全般にまつわる気持ち etc.
セラピスト・フォーカシングの方法を用いて、
日頃感じていることをゆっくり振り返ってみませんか?

セラピスト・フォーカシングでは、担当しているクライエントさんや生徒、患者さん、利用者さんとお会いする中で援助者自身が感じているさまざまな気持ちについて、フォーカシングの感じ方を用いて丁寧に注意を向けゆっくり吟味していきます。

それは、スーパーヴィジョンや指導と違い、自分が感じていることを自分のペースで感じとり大切にする時間であり、 自分自身のこころのケアになります。同時に、援助する相手を理解し、仕事をしていく上で必要な自己理解を深め、今後の関わり方を考える機会でもあります。感情労働による燃え尽きを防ぐ方法として、注目されています。

■吉良安之著『セラピスト・フォーカシングー臨床体験を吟味し心理療法に活かす』岩崎学術出版社、2010年11月刊

〜*〜
「はじめてのフォーカシング」特別企画
『セラピスト・フォーカシング』著者
吉良安之氏による
対人援助職のための
「セラピスト・フォーカシング」
ワークショップ

本ワークショップでは、講義、デモンストレーション、実習、質疑、シェアリングを通じて、セラピスト・フォーカシングを体験しやり方を学びます。
フォーカシングをご存じなくても、ご参加いただけます。

臨床心理士、養護教諭、医師、看護師、福祉職、介護職、相談員、教師等、対人援助職の方、またはその実習経験がある大学院生・大学生のご参加をお待ちしております。
(日本臨床心理士資格認定協会承認研修機会として申請予定です)

【日時】2012年1月21日(土)13時半〜18時
         22日(日)10時〜16時半
 ※2日ともご参加ください

【会場】大正大学 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
(お申込なさった方に詳しいご案内をいたします)

【講師】
吉良安之先生
(「セラピスト・フォーカシング法」開発者、九州大学教授、TFI認定フォーカシング・コーディネーター)
高橋寛子先生
(神奈川大学非常勤講師、TFI認定フォーカシング・プロフェッショナル)

【参加費】22,000円
(学生・日本フォーカシング協会メンバー20,000円)
【定員】30名
★対人援助業務の実務経験ないしは実習経験をお持ちの方にご参加いただけます。

<申込方法>
メールに、お名前、連絡先(なるべくパソコン用メールアドレス)と「セラピスト・フォーカシングWS参加希望」と書いて、focusing.trs@gmail.com までお送りください。
ご連絡いただきましたら、詳しいお申込方法についてご案内いたします。

【主催】フォーカシング・トレーナーズ
(TFI認定フォーカシング・プロフェッショナル有志)
 世話人:茂木直子・堀尾直美
 *TFI は、米国にあるThe Focusing Institute(フォーカシング研究所)の略称です。

※案内ちらしは、こちらからダウンロードできます。

pca_nana at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

October 27, 2011

専門家は必要か

ひとに起きる治療的変化は、相手がセラピストだから起きるのではない。
ひとが自分自身に関わる、その関わり方で起きるのだ。
自分自身への治療的関わり方とそれを助ける聴き方を学べば、誰もがお互いに助け合うことができる。
それがジェンドリンが『フォーカシング』を書いた意図。
必ずしも専門家が要る訳ではない。
(Myツイートから)

pca_nana at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

October 16, 2011

(WS情報)11/5・6(土・日)インタラクティブ・フォーカシング



話の奥の微妙で複雑な気持ちまで、確実に共感的に聴く聴き方が学べます。
深い傾聴を身につけたい方、カウンセラー、セラピスト、コーチほか医療福祉教育現場で働く対人援助職の方にお勧めします。

詳しくは、上記リンク先をご覧ください(下線部をクリック)。
世界的な第一人者から学ぶチャンス!年に一度の開催です。
お申込はお早めに。どうぞお見逃しなく♪

pca_nana at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 16, 2011

(WS情報)マーガレット・ワーナー1日WS@福岡2011年9月5日(月)

日本心理臨床学会大会に招待されて講演を行うマーガレット・ワーナーの1日ワークショップが大会翌日9月5日(月)に福岡で開催されるそうです。
MakiさんのブログPerson-Centred Counselling in Japanの記事マーガレット・ワーナー先生のWSで知りました。
まだお申込可能とのことです。
貴重な機会です。開催まで間がないですが、やりくりのつく方は是非お見逃しなく!続きを読む

pca_nana at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

February 15, 2011

(WS情報)吉良安之氏によるセラピスト・フォーカシングWS@東京2011年3月26,27日(土,日)

開催取りやめになりました
2011年3月17日記

2011年3月26日(土)13時半〜18時と27日(日)10時〜16時半の日程で、セラピスト・フォーカシング法の開発者吉良安之先生(九州大学教授)による「対人援助職のためのセラピスト・フォーカシング」ワークショップが、東京・西巣鴨の大正大学で開催されます。


セラピスト・フォーカシング法は、セラピストだけでなく広く対人援助に携わる方に有益な方法で、仕事をする上で自分が感じているさまざまな気持ちをフォーカシングの感じ方を用いて吟味していきます。
スーパーヴィジョンや指導と違い、自分が感じていることを大切にし、自分のペースで見ていくことができます。
それは、自分のこころのケアになり、かつ、実践に活きる気づきが得られるでしょう。

詳しくは、上記案内ページをご覧ください。

フォーカシングをまだご存じない方には、フォーカシングとセラピスト・フォーカシングを同時に知ることができるチャンスかも!?

吉良先生のご著書についての記事は、こちら(←クリック)にあります。

pca_nana at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 15, 2010

これから開催されるフォーカシング関連の講演会、講座、セミナー、ワークショップ、研修会

★9月10日(金)関西大学臨床心理専門職大学院で、
中井吉英関西大学客員教授(心療内科医)の講演会
が開催されます。
講演「身と心身医学:からだの声・こころの声」
に続いて、
同大学院の池見陽教授との対談
「聴身・触心:からだに聴いて こころに触れる」
があります。
詳細はこちら(←クリック)。

日本フォーカシング協会協賛ワークショップ情報のページが、8/12付で更新されています。
◆日精研フォーカシングセミナー
 ベーシックコース 9月コース
◆大阪フォーカシング研究会
 第7回リスニング勉強会
◆10/3(日)東京開催
 第5回「はじめてのフォーカシング」1日ワークショップ
◆10/9-11名古屋地区
 宿泊フォーカシング・ワークショップ
◆日精研10/23,24
 インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップ
◆日精研フォーカシングセミナー
 11/14 オープンルーム
詳しいことは、こちら(←クリック)からどうぞ。

PCA乗鞍2010のフォーカシングの部に、1名空きが出たそうです。
フォーカシング担当スタッフは、福盛英明さんと森川友子さんです。
申込の方はお早めに♪
Person-Centred Counselling in Japan)のこちらの記事からの情報です)

pca_nana at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

April 29, 2010

「対人援助職のためのセラピスト・フォーカシング」ワークショップ@東京2010年5月29,30日(土午後,日)

2010年5月末に東京で開催される「セラピスト・フォーカシング法」(吉良安之)を使って、職業上の様々な体験を振り返るワークショップのご紹介です。スーパーヴィジョンやケースカンファランス、先輩や仲間内での相談とは違う、振り返り、検討ができます。担当している方のことに限らず、職場の人間関係や仕事に対する気持ちを整理するのにも、効果的なやり方です。

対人援助職は、感情労働と言われます。どうにもならないモヤモヤを抱えたり、理屈では割り切れないむずかしさがあったり、自分自身が疲弊したり、、、。 よりよく仕事する、活力を取り戻す、自分自身をいたわるために、「セラピスト・フォーカシング法」を学んでみませんか?

日時
2010年5月29日(土)13時半〜18時
      30日(日)10時〜16時半
 両日ともご参加のこと
講師
吉良安之先生
(「セラピスト・フォーカシング法」開発者
 九州大学教授
 フォーカシング研究所認定
  フォーカシング・コーディネーター)
高橋寛子先生
(神奈川大学非常勤講師
 フォーカシング研究所認定
  フォーカシング・トレーナー)
場所
大正大学巣鴨校舎(東京都豊島区西巣鴨)
定員 30名
参加費 22,000円
(学生・日本フォーカシング協会会員
20,000円)
対象
対人援助職の方、又はその実習経験がある大学院生・大学生
(対人援助職:臨床心理士, 教師, 養護教諭, 医師, 看護師, 福祉職, 介護職, 相談員など)
フォーカシングをご存じなくても参加できます。
*日本臨床心理士資格認定協会承認研修機会として申請予定


pca_nana at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

April 13, 2010

日精研フォーカシング・ベーシックコース@東京2010年5月2~4日(日~火)

定員に達したそうです。
これに伴い、記事のタイトルから、(まだ空きあり)を外しました。2010年4月28日追記
==
2010年5月2日(日)〜4日(火)に開催される、東京の日本・精神技術研究所主催のフォーカシングセミナー・ベーシックコース、まだ申込可能だそうです。


フォーカシングで身につけるカウンセリングの基本今回のメイン講師は、『フォーカシングで身につけるカウンセリングの基本: クライエント中心療法を本当に役立てるために』の著者である近田輝行さんです。

<開催要項>
主催者:(株)日本・精神技術研究所
開催日時:2010年5月2日(日)〜4日(火 祝日)
     3日間とも9:30〜17:00
開催場所:日精研研修室(地下鉄九段下駅徒歩6分)
      東京都千代田区九段南2−3−27
      あや九段ビル2階
講師:近田輝行先生(東京女子大学教授、フォーカシング研究所コーディネーター)他
定員:15名(10名以上で開催)
*原則として、事前に日精研フォーカシング個別指導を受けていること
参加費:39,900円
 (日本フォーカシング協会メンバー38,000円)

お申込方法ほか詳しいことは、ここをクリック

昨年同時期に、同じく近田輝行さんがメイン講師で行ったベーシックコースの体験記が、こちら(←クリックすると開きます)にあります。

日精研のベーシックコースは、セルプヘルプとして自分でフォーカシングができるようになるよう、プログラムが組まれています。また、フォーカシングのリスニングの初歩も学びます。

連休のど真ん中ですが、ちょうど日精研周辺は、緑のきれいな時期です。
近田さんがベーシック講師をなさるのは年1回なので、次は来年です。
ロジャーズやジェンドリンの理論とフォーカシングを分かりやすく解説してくださいます。
どうぞお見逃しなく♪

pca_nana at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

January 21, 2010

インタラクティブ・フォーカシング レベル2 ワークショップ@東京2010年4/17(土)・18(日)

2010年2月4日追記
 定員に達し、申込を締め切ったとのことです。


インタラクティヴ・フォーカシングの初歩的な学びを修めた方を対象に、フル・セッションまで教えるワークショップが、2010年4月、東京で開催されます。
インタラクティブ・フォーカシング
ワークショップ

「ベーシックコース・レベル2」
【日程】2010年4月17日(土)〜18日(日)
    両日とも10時〜16時
【会場】調布市文化会館 たづくり 学習室
    (東京都調布市小島町2-33-1
     京王線調布駅徒歩3分)
【講師】前田満寿美・伊藤三枝子
(両名とも、インタラクティブ・フォーカシング・マスターティーチャー、TFI認定フォーカシング・トレーナー、臨床心理士)
【申込資格】インタラクティブ・フォーカシングの2日間以上のワークショップ(講師は問いません)の参加経験があり、リスニング・スキルを向上させたい方を歓迎します。
(全期間参加のこと)
【定員】10名程度
【参加費】一般:20,000円/日本フォーカシング協会メンバー:19,000円
【主催】
 インタラクティブ・フォーカシング学習会
講師は、インタラクティヴ・フォーカシングの開発者であるジャネット・クラインの元に通いながら、体験と学びを深めてこられたお二人です。前田満寿美さんは、『インタラクティヴ・フォーカシング・セラピー』の訳者でもあります。

まだフルセッションのご体験のない方、ぜひこの機会にその醍醐味を♪すでに学びのある方も、よい復習の機会、確認の機会になると思います。

申込方法ほか詳しいことは、こちら(←クリックすると開きます)をご覧ください(日本フォーカシング協会サイト上の案内ページです)。

*インタラクティヴ・フォーカシングってなんぞや?と思った方は、拙ブログのこちらを、どうぞ。
*まだ、初歩的な学びのない方は、日精研インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップ(10月開催)や、インタラクティブ・フォーカシング コラボ ワークショップ(6月開催予定、公開されたらこちらでもお知らせします)などで、学ぶことができます。また、日精研では、インタラクティブ・フォーカシングの個別指導を受けることができます。

pca_nana at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

January 13, 2010

(まだ空きあり)日精研フォーカシング・ベーシックコース@東京2010年2月12~14日(金~日)

まだ空きがあるそうなので、ご紹介します。

日時:2010年2月12日(金)〜14日(日)
    3日間とも9:30〜17:00
場所:日精研研修室
   (地下鉄九段下駅徒歩6分)
定員:15名
参加費:39.900円
中心となる講師は、『やさしいフォーカシング』他たくさんのフォーカシングの本の訳者であり、『セラピストのためのフォーカシング入門』の著者、暖かいリスニング/ガイディングと明快な教え方に定評のある、大正大学の日笠摩子先生です。

日精研のベーシックコースは、年3回の開催なので、関心をお持ちの方は、どうぞお見逃しなく♪
ベーシックコースでご自分のフォーカシングとリスニング初歩ができるようになったあとは、アドバンスコース、アドバンス継続コースと、リスニング/ガイディングの学びを深めていけるので、お勧めです。

申込方法ほか詳しくは、こちら(←クリックすると開きます)の日精研の案内ページをご覧ください。

※当ブログのこちらの記事にも紹介があります。

pca_nana at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

December 26, 2009

(開催情報)シリーズ講座「パーソンセンタード・セラピー(PCT)とフォーカシング指向心理療法(FOT)の最新の理論と実践」@東京2010年1月・2月

来年1月下旬からはじまるパーソンセンタード・セラピーとフォーカシング指向療法に関する講座全5回のご紹介です。

講師:末武康弘先生(法政大学大学院)
日時:第1回 1月21日(木) 19:00~21:00
      「PCTとFOTの最近の動向」
   第2回 1月28日(木) 19:00~21:00
      「PCTの理論的発展」
   第3回 2月 4日(木) 19:00~21:00
      「FOTの理論的発展」
   第4回 2月18日(木) 19:00~21:00
      「PCTの方法の拡充と実践」
   第5回 2月25日(木) 19:00~21:00
      「FOTの方法の拡充と実践」
会場:
 東京インスティテュート・オブ・サイコセラピー
  (東京都豊島区南池袋)池袋駅東口徒歩1分
定員:15名(最小開講人数8名)
受講料:20,000円(全5回)
最近、ロジャーズのクライアント中心療法を受け継ぐパーソンセンタード・セラピー(person-centered therapy: PCT)はヨーロッパを中心に目ざましい発展を見せています。またジェンドリンらによるフォーカシング指向心理療法(focusing-oriented therapy: FOT)は、2009年11月に第1回の国際会議が開かれるなど、新しい動向を生み出しつつあります。この講座では、こうしたPCAおよびFOTの最新の理論を共有し、私たちのカウンセリングや心理療法の実践に生かすための講義、体験実習、ディスカッションを行います。

講師の末武先生は、今年相次いで出版された『フォーカシングの原点と臨床的展開』『ジェンドリン哲学入門: フォーカシングの根底にあるもの』の編・著者でいらっしゃいます。これらの本は、『パーソンセンタード・アプローチの最前線』とともに、今回の講座の参考文献になっています。きっとディープでエキサイティングな時間になるでしょう。

申込方法ほか詳しくは、主催の東京インスティテュート・オブ・サイコセラピー講座案内(←クリックすると開きます)をご覧ください。申込の締め切りは、2010年1月19日(火)です。

#あ"あ"あ"、行きたい。行きたいが、2月の夜は都合が付きにくいんだなあ。うーん。

pca_nana at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

(開催情報)日精研フォーカシングセミナー・ベーシックコース@東京2010年2月12-14日(金-日)

来年2月に開催される、初心者向けセミナーのご紹介です。
3日間で自分で自分のフォーカシングを進められるようになることと、フォーカシングのリスニング初歩を学ぶことをねらいとしたセミナーです。

毎年ゴールデンウィークと9月に同様のセミナーがありますが、それらより定員が少なく、15名です。なので、ゆったりできると思います。
参加者15名+トレーナー3名の全体グループか、5名ずつにトレーナーがひとりずつ入った小グループで、実習を重ねながら学んでいきます。

今回の講師は、『やさしいフォーカシング』や『フォーカシング指向心理療法』などフォーカシングのたくさんの本の訳者であり、『セラピストのためのフォーカシング入門 』の著者、日笠摩子先生です。

日時:2010年2月12〜14日(金〜日)9:30〜17:00
会場:日精研研修室(東京都千代田区九段南)
参加費:39,900円(税込)

詳しくは、日精研サイト当該案内ページ(←クリックすると開きます)をご覧ください。

pca_nana at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

December 22, 2009

(もう終わっちゃったんだけど)ジェンドリン@The Evolution of Psychotherapy Conference 2009

EPC2009ミルトン・H・エリクソン財団(Milton H. Erickson Foundation)主催のThe Evolution of Psychotherapy Conference 2009(Anaheim, California Dec. 9-13)で、ジェンドリンは、3時間のワークショップを2つしました。Gendlin@EPC2009ひとつはフォーカシングで、もうひとつは夢のフォーカシングです。
Focusing
Dr. Gendlin will work with volunteers from the audience to show how to find “Focusing.” The physically felt body sense of a problem is at first unclear and gradually opens and becomes clear. There will be discussion and demonstrations to show how Focusing is used in the context of psychotherapy.
Educational Objectives
1) To describe how to find “Focusing.”
2) Given a case, describe how someone can access a bodily sense of a problem.

Processing Dreams with Focusing
In this experiential workshop, volunteers will be asked to describe a dream in detail and then to work on it with Dr. Gendlin. It is not necessary to tell everything; private space and silent meditation are essential. The use of Focusing will be demonstrated.
Educational Objectives
1) To describe the use of Focusing in processing dreams.
2) To describe how Focusing advances the effectiveness of therapeutic work.
たしか12月25日がお誕生日だから、今月で83才。西海岸まで飛んでいったんだねー。お元気な証拠!
実際、参加した方がご覧になったフォーカシングのWSのデモ、素晴らしかった!そうです(又聞きです)。
上記パンフ画像の現物pdfファイルは、こちら。ジェンドリンのみならず、基調講演者もワークショップのプレゼンターも、そうそうたるメンバーです!!!
あああ、事前に知ってれば・・・???

pca_nana at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

November 23, 2009

第三回 21世紀統合医療フォーラム「一人称のからだと関係性」@関西大学2009年12月5・6日(土・日)

2009年12月5・6日(土・日)、関西大学千里山キャンパス第一学舎で、が、開催されます。
(詳細は、上記リンクをクリック。)

参加費無料(懇親会は3,000円)、定員80名です。
これまでの対話を踏まえ、改めて一人称のからだ(※)とは何かを明確にし、欧米で生まれたソマティクス・ボディワークが日本で果たす役割について議論していきます。また、摂食障害の治療を中心に、一人称のからだと関係性についての議論を通じて、心身医療の現場で一人称のからだの実践がどのような役割を果たせるかも探ってていきたいと思います。
※:「一人称のからだ」の探究= :動きや感覚、呼吸などを通し、自らの心身を内側から探るアプローチの総称。西洋では、Somaticsと呼ばれる。

シンポジウムや臨床セッション、研究セッションの他に、色々なワークショップもあります。
フォーカシングは、池見陽先生です。

*もうすぐ12月ですね。久しぶりに、[フォーカシング 講座 OR 研修会 OR ワークショップ OR セミナー]でGoogle検索して、見つけました。
開催期日まで2週間、まだ定員に達したというお知らせは出ていませんが、定員少なめな上に参加費無料なので、すぐに満員になるかもしれません。
申込み・お問い合わせ先も、上記リンク先からどうぞ。

pca_nana at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

September 28, 2009

レスリー・グリーンバーグ博士のエモーション・フォーカスト・セラピー・ワークショップ@東京2010年5月8,9日(土,日)

2010年5月、『感情に働きかける面接技法』の著者レスリー・グリーンバーグ博士によるワークショップが、東京(仙台も検討中)で開催されます。
心理療法統合を考える会主催
レスリー・グリーンバーグ先生
Dr. Leslie Greenberg
エモーション・フォーカスト
セラピー ワークショップ

(↑クリックすると、
『感情に働きかける面接技法』の訳者
岩壁茂先生研究室サイトにある
案内ページが開きます。)

エモーション・フォーカスト・セラピーは、クライエント中心療法の共感的関係を基礎とし、ゲシュタルト療法などの積極的介入を取り入れクライエントの感情的変容を促進する統合アプローチで、効果研究の実証的支持をえたエビデンスアプローチとしても知られています。

・グリーンバーグらの過程-体験アプローチ(Process experiential approach)についての解説が、『パーソンセンタード・アプローチの最前線』の第4章 体験的パーソンセンタード・セラピーに載っています(pp.90-95)。
・当ブログ内関連記事のリストが、こちら(←クリック)にあります。

pca_nana at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

September 22, 2009

9月新刊『心理療法がうまくいくための工夫』

心理療法がうまくいくための工夫乾吉佑・宮田敬一編『心理療法がうまくいくための工夫』2009年9月, 金剛出版
★さまざまな理論的立場に立つ著者たちが,技法や技法を越えて共有できる『うまくいくための工夫』を模索
★各療法の歴史や特徴を踏まえつつ,最前線の現場にいる臨床家が実例にもとづいて披露する「工夫」の数々
・精神分析的心理療法
・ユンギアン・サイコセラピー
・ロゴセラピー
・パーソン中心療法
・フォーカシング指向心理療法
・認知行動療法
・人生哲学感情心理療法
・グループセラピー
・家族療法
・ブリーフセラピー
・イメージ療法
・催眠療法
・臨床動作法
・TAゲシュタルト療法
・統合的心理療法
フォーカシング指向心理療法(FOP)についての著者は、日笠摩子先生です。
FOPにおける基本的な考え方、工夫としての、体験的傾聴:クライアントに教えてもらうやり方面接でのフォーカシング教示の使い方クライアントへの提案の仕方:二段階教示、その実例が、コンパクト(15ページ足らず、というか元々そういう分量指定と書き方のフォーマットがあったそうな)にまとめられており、フォーカシング指向心理療法がどんなものかを知るのにも有用でしょう。

パーソン中心療法(来談者中心療法、クライエント中心療法、パーソンセンタードセラピー)では、岡村達也先生・小林孝雄先生が、心理的接触を持ち難いクライエントに対する技法と居方としてのプリセラピーと、事例におけるリフレクション(反射)についての新たな推考を述べておられます。
こちらも、15ページ足らずですが、読みでがあります。特に、後半のリフレクションにおいてなにが起きているのかについてのアプダクション(仮説形成、仮説的推論)には、霧が晴れるような×刺激的で頭が忙しくなる思いがしています。
ぜひぜひお読みください。

グループセラピーの章では、高良聖先生が、言語を中心にした洞察を目指すグループについて書いておられます。
(読むのは、これからです。)

詳しくは、金剛出版サイト内にあるこの書籍のページ(ここをクリック)をご覧ください。詳しい目次(各療法の著者)があります。まえがきやあとがきも読めます。

pca_nana at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

September 15, 2009

インタラクティブ・フォーカシング・ワークショップ@東京2009年10/17(土)・18(日)

来月、東京で開催される、インタラクティヴ・フォーカシングのワークショップのご紹介です。

インタラクティブ・フォーカシングは「インタラクティブ・リスニング」とも言われ、聴く力(リスニング)を飛躍的に向上させるための強力なトレーニング法でもあります。 自分自身の内面を深く理解すると同時に、相手の内面にも「共感」できる力を人と人との相互作用の中で身につけていくための、とても有効な手法です。
また、カウンセリング(セラピー)の上でも、有効な手法です。『解決指向フォーカシング療法』の推薦文で長谷川啓三先生が
カップルとのインタラクティヴ・フォーカシングに期待させるものを感じる
と書いておられます。

お話しなさる方の言葉以上のもの、その背後にある複雑で微妙な、まだ言葉にならないお気持ちや感覚にまで耳を傾ける聴き方が学べます。


【日時】2009 年10 月17 日(土)〜18 日(日)
    2日間とも 10:00〜17:00
    (全期間参加のこと)

【会場】日精研研修室(地下鉄九段下駅徒歩6 分)
    東京都千代田区九段南2-3-27
    あや九段ビル2 階

【講師】前田満寿美さん、伊藤三枝子さん
(いずれもTFI認定フォーカシング・トレーナー、
 インタラクティブ・フォーカシング
              ・ティーチャー)

【定員】18 名(8 名以上で開催)

【参加費】26.250 円(消費税込)
(日本フォーカシング協会メンバーは、
         25,000円(消費税込)
 お申込時に、その旨お申し出ください。)

【問合せ・申込先】
 日精研心理臨床・教育事業部
 TEL03-3234-2965(月〜土/9:30〜19:00)
 ・日精研サイト内案内ページ→ここをクリック
〜*〜

InteractiveFT講師のお一人、前田満寿美さんは、インタラクティヴ・フォーカシングの開発者ジャネット・クラインの本の訳者です。また、講師はお二人とも、ジャネット・クラインの元で、インタラクティヴ・フォーカシングの研鑽を積まれています。
全国規模で考えても、インタラクティヴ・フォーカシングのオープンなワークショップ(セミナー、講座、研修会)は、年に数回も開催されていないでしょう。
貴重な機会をどうぞお見逃しなく♪

対人援助のお仕事に就いておられる方、日常のコミュニケーションを実りあるものになさりたい方、「一歩進んだ深い傾聴」を身につけたいとお考えの方に、お勧めです。

インタラクティヴ・フォーカシングの手順(枠組み)をお知りになりたい方は、こちらの記事(←クリックすると開きます)にございます。

pca_nana at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

September 02, 2009

フォーカシング・セミナー2件@関西2009年10月〜

池見陽先生のHPワークショップ情報に、2009年10月から開講するフォーカシング・セミナーがふたつ掲載されています。

ひとつは、原則毎月第2(火)18時半〜21時の10回シリーズで、10/13〜来年7月まで開催の、(社)日本産業カウンセラー協会関西支部シニア・コース講座会員研修振替講座 フォーカシング・セミナー(←クリックすると開きます、もしくはダウンロード/pdfファイル)で、場所はエルおおさかです。非会員も受講可です。

もうひとつは、原則隔週(木)19時〜21時の10回シリーズで、10/1〜来年2月まで開催の、関西人間関係研究センター特別コースフォーカシング・セミナー(←クリックすると開きます)です。

どちらも満員とのお知らせは出ていないので、まだ申込可能だと思います。
関心をお持ちの方は、お見逃しなく♪

pca_nana at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 30, 2009

現代のクライエント中心療法(CCT)・パーソンセンタードアプローチ(PCA)入門講座@東京2009年10月

明治安田こころの2009後期PCA2009年10月に東京・高田馬場で開講されるCCT・PCAの入門講座(4回シリーズ)のご紹介です。
明治安田心の健康財団
研修事業・講座
2009年度後期夜間講座


現代のクライエント中心療法(CCT)
・パーソンセンタードアプローチ(PCA)
入門講座

本講座は現代の視点からPCAグループの理論と実践を見直そうとする試みである。
ロジャーズに発するCCT・PCT・PCAは「古風な」どころか、むしろ現代においてこそ、独自の意義を有しており、今後の新たな展開が期待されるところである。
本講座ではPCAを概観しつつその変遷や展開について考える。今までPCAに馴染みのなかった方々にも理解していただけるよう、そして既にPCAを実践している方々には共に考えていただけるよう内容を工夫したい。

第1回 2009年10月9日(金)18時半〜20時
「クライエント中心療法再考」
 講師:飯長喜一郎 日本女子大学教授

第2回 2009年10月16日(金)18時半〜20時
「PCAグループの展開
     ―はじめに個人ありき」
 講師:村山正治 九州大学名誉教授

第3回 2009年10月23日(金)18時半〜20時
「フォーカシング指向心理療法」
 講師:日笠摩子 大正大学教授

第4回 2009年10月30日(金)18時半〜20時
「世界のPCAの動向と
    日本独自の発展の方向性」
 講師:中田行重 関西大学大学院教授

定員:45名 受講料:8,000円(4回分)

関心をお持ちの方は、こちらの明治安田こころの健康財団2009年度後期夜間講座一覧(←クリックすると開きます)のページをご覧ください。

pca_nana at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 21, 2009

初心者向けフォーカシング3日間コース@東京2009年9/20-22

ブログ左サイド リンク集にもある、
日本精神・技術研究所
日精研フォーカシングセミナー・ベーシックコース 9月コースは、まだ定員まで余裕があるそうです。

日程:2009年9月20日(日)~21日(火) の3日間
時間:各日9:30~17:00
会場:日精研研修室 東京都千代田区
    (地下鉄九段下駅徒歩6分)
参加費:39,900円(税込)

3日間で、自分で自分のフォーカシングを進められるように、誰かがフォーカシングをする時に助けとなるリスニングができるように設定されたコースです。
講師は、いずれもThe Focusing Institute認定フォーカシングトレーナーです。

このベーシックコースの今年の5月コースに参加した、日精研のスタッフさんが、体験談を書いています。参考になるかもしれないと思い、ご紹介します→ここをクリック

申込方法ほか、ベーシックコース 9月コースの詳しいことは、こちら(←クリック)をご覧ください。

pca_nana at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 18, 2009

セラピスト・フォーカシング研修会@福岡2009年9月13日(日)〜

2009年9月から2010年2月まで月1回の6回コースで、セラピスト・フォーカシングの研修会が開かれます。開催地は、福岡です。
セラピスト・フォーカシングとは、セラピストの臨床面接におけるさまざまな体験にまつわる「感じ」について、フォーカシングを用いてゆっくりと味わい確かめていくことで、自分の気持を整理する方法です。
「セラピスト・フォーカシング研修会」概要
主催 九州大学こころとそだちの相談室
講師 吉良安之先生(九州大学大学院教授)
日程※全6回1コース
 第1回:2009年9月13日(日)
  10:00〜16:00(12:00〜13:00昼休み)
 第2回:10月 4日(日)10:00〜13:30
 第3回:11月 1日(日)10:00〜13:30
 第4回:12月23日(水/祝)10:00〜13:30
 第5回:1月10日(日)10:00〜13:30
 第6回: 2月7日(日)10:00〜13:30
参加要件 心理臨床経験または心理臨床実習経験があり、守秘義務を有する方。心理臨床を学んでいる大学院生の参加も可。
参加料金(全6回1コース)
 一般24,000円 学生20,000円
定員 最大15名(登録制)
内容や会場、参加申込方法ほか詳細は、こちら(←ここをクリック)のページに載っている当該研修会のパンフレット(pdfファイル)をご覧ください。

#もう今年度で3回目の開催なんですね!
 知らなかった〜orz
 きっとお役に立つと思います♪
 どうぞお見逃しなく。

pca_nana at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

August 13, 2009

【再掲】ご参加可能:第3回「はじめてのフォーカシング」1日WS@東京2009年9月6日

まだまだ、ご参加可能です。お考え中の方、ぜひ、どうぞ♪
初投:July 19, 2009
まだご存じない方にフォーカシングをご紹介し体験していただけるよう企画された、ワークショップのご紹介です。
本格的にフォーカシングを学ぶ前のお試しとして参加しやすいよう、日程的にも参加費的にも軽く、そして、希望なさる方それぞれが、短い時間でもガイドとの1対1のフォーカシングを体験できるよう、企画しています。
関心はあるけど、、、という方、これを機会に体験してみませんか?
講 師日笠摩子先生(大正大学教授)
日 時
2009年9月6日 (日) 10:00〜16:30
場 所:大正大学巣鴨校舎
http://www.tais.ac.jp/access/map.html
内 容:(予定)
からだで感じるとは?
『心の小鳥』気持ちを表現することの意味
ガイドされてのフォーカシング体験
お互いのフォーカシングの聴き手になる体験
定 員:30名予定
参加費:7,500円
(日本フォーカシング協会メンバーと学生
               7,000円)
主催・講師補助
フォーカシング・トレーナーズ
(The Focusing Institute認定
 フォーカシング・トレーナー有志)
申込方法など詳細は、ここをクリック。
どうぞお見逃しなく♪

pca_nana at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

July 12, 2009

【申込お急ぎください】2009年8/1,2日(土,日)子どもとフォーカシングワークショップ(In 神戸)

日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページに掲載されている、
日程:2009年8月1日(土)12:30
    〜2日(日)12:00
場所:神戸インスティテュート
についてですが、申込締め切りは7/15だそうです。
なので、お申込、お急ぎください。
長年、こどもとおとなとフォーカシングについて考え、実践を深めてこられた方がによる、貴重なワークショップです。
どうぞお見逃しなく。
お問い合せ、詳細は、こちらです。

pca_nana at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

July 04, 2009

【会員でなくても参加可能】人間性心理学会大会@多摩2009年8月28-30日(金-日)

2009年8月28日(金)〜30日(日)、法政大学多摩キャンパスで、が開催されます。

学会員でなくても、参加可能です。
予約参加の締め切りは、2009年7月17日(金)(それまでに参加費納入)です。
海外からの招聘特別講演や多彩な講師陣によるワークショップもあります。

どうぞ大会HPをご覧ください。<ここをクリック>

pca_nana at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

May 31, 2009

【まだお申込可能】6月13,14日(土,日)インタラクディブ・フォーカシングWS@東京


日時:2009年6月13日(土)・14日(日)
   両日とも10:00〜17:00
場所:東京・千代田区内
このワークショップは、ジャネット・クライン著インタラクティヴ・フォーカシング・セラピー(誠信書房刊)の日本語訳に携わった諸富祥彦、前田満寿美、宮川照子の3人が、「ぜひインタラクティヴ・フォーカシングの魅力と威力を直接伝えたい」 と希望したことから生まれ、今回が4回目の開催となります。
インタラクティブ・フォーカシングは、馴染みのない方も多いかと思いますが、C・R・ロジャーズの中核条件―無条件の肯定的関心、共感的理解、一致―を体得する最も強力なトレーニングと言われています。
全体での活動場面と小さなグループに分かれての場面とを織り交ぜて、講師それぞれの持ち味が生かされるような、そして参加者の皆さんが、楽しみながら学んでいただけるような2日間になるように願っています。
是非、この機会にインタラクティブ・フォーカシングを体験なさってください。
講師陣も現在のインタラクティブ・フォーカシングのリーダー的な方々ばかりで、またとない機会と言えます。
インタラクティヴ・フォーカシングのワークショップは、全国でも数が少なく貴重な機会です。
インタラウティヴ・フォーカシングは、このブログでもご紹介したバラ・ジェイソンの『解決指向フォーカシング療法』でも、取り上げられています。
事務局さんに問い合わせたところ、まだご参加可能とのこと。
どうぞお見逃しなく♪お申込はお早めに!

申込先など詳細は、日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページのこちら(←クリックすると開きます)に掲載されています。

pca_nana at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

May 19, 2009

訃報:プラゥティが亡くなりました

『プリセラピー』の著者ゲリー・プラゥティ(Garry F. Prouty)が、5月17日、亡くなられました。72才でした。

Makiさんのブログのこちらの記事で知り、驚きました。
ここ数年、心臓を患われていらしたのですね。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

pca_nana at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

February 25, 2009

『解決指向フォーカシング療法』の詳しい目次

どんなことが書かれているかの参考になると思うので、『解決指向フォーカシング療法』の詳しい目次をご紹介します。

推薦:長谷川啓三           3
謝辞                 5
献呈                 7
はじめに               8
第1章 なぜこれを、なぜ今       15
第2章 知っていると便利なこと
   ―本書を自由に旅するための地図
19
第3章 2つの流派の考え方       22
 解決アプローチ           26
 フォーカシング・アプローチ     27
第4章 フォーカシング入門講座:やり方 31
第5章 2つのアプローチの類似性と
            両立可能性
  45
 考え方と態度            46
 肯定的なものへの指向        47
 第一の介入:問題の例外       48
  ◆統合ポイント
第6章 2つのアプローチの違い     54
第7章 誰がそれを言ったのか
   ―部分との取り組み
       61
第8章 批判家             65
 批判家との取り組み方        71
  フォーカシング・アプローチ
  解決アプローチ
第9章 心理教育            79
  ◆統合ポイント
第10章 2つのアプローチはどう違い、
           どう補いあうか
82
 変化                82
  ◇スーザンのケース
 傾聴/質問             86
  ◇スーザンのケース:再び
 言葉づかい             93
 ほかに誰が関わっているか      96
  ◆統合ポイント
 対話                99
  ◇ビクターのケース、
  ◇ボブのケース、
  ◆統合ポイント
第11章 合同面接:相互的にかかわる技 109
 インタラクティブ・フォーカシング
            ・プロセス 111
 境界:守られながらつながること  113
 うまくいく相互作用の基本ルール  121
 相互作用的な傾聴         122
 危険と不快の違い         125
 カップルとのインタラクティブ・フォー
  カシング・プロセス(コーチつき)  129
 カップルとのインタラクティブ・フォー
  カシング・プロセス(コーチなし)  133
第12章 目標 138
 第二の介入:初回面接課題の定石  140
  ◆統合ポイント
 目標を立てるか立てないか、
       欠点はどこにあるのか 142
 十字路 143
  ◇ドーリーのケース
 第三の介入:スケーリング     145
  ◇ドーリーのケース(続き)、
  ◇マーティのケース、
  ◆統合ポイント
第13章 感じるべきか、感じざるべきか、
           それが問題だ
 151
 さらなる十字路 153
  ◆統合ポイント
 自然に浮かんでくることをする   155
 感情
 :セラピストとクライエントの関係 160
第14章 体験的療法とブリーフセラピーを
             統合する
 163
  ◇カイルのケース、
  ◇ビッキーのケース、
  ◇マイクのケース、
  ◇メリッサのケース
 追跡:体験的心理療法家のために  195
 第四の介入
     :ミラクル・クエスチョン
 197
  ◇エレンのケース、
  ◇チャーリーのケース
 ミラクル・クエスチョンの
           体験的応用  204
  ◇アニータのケース
 グループにおける
      ミラクル・クエスチョン 210
 解決スタイルのフォーカシング   212
第15章 まとめとふりかえり      215
 両方を統合する          216
 統合されたセラピスト
 :最後にひとこと、臨床家のために 216
第16章 でも、この点はどうなのですか?
    ―SOPTについてよくある質問
 220
訳者あとがき:日笠摩子       233
文献                238
索引                243

目次の頁数を追うと分かるように、各章毎のボリュームは、まちまちです。また、レイアウトが凝っていて、さまざまに見出しがついています。(原著がそうなのです。編集さん泣かせだったかも。)
それらも、前の記事でご紹介したように、道具箱として、必要なだけをなるべく使いやすくというバラの工夫なのでしょう。16章には、読者が抱きそうな疑問に対する答えも、載っています。
章立てや体裁から、読みにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それにめげず、どうぞどこからでも読んでみてください。
マニュアルちっくなので、簡単でたいしたことないと思われたら、残念。
日常の臨床に活きるエッセンスがつまった本だと思います。
特にやっぱり、私のお勧めは第11章!

(ああ、でも簡単と思われるのは、OKかも。なんたって、道具箱。使うのにかなりの習得過程が必要な道具じゃね。
そして、使い勝手のよい道具も、その働きを支える「なにか」がいるだろうと思います。バラは、態度、態度、態度って書いてます。行間を(も)読み取る必要がありそう。)

pca_nana at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

February 18, 2009

『解決指向フォーカシング療法』発刊!

こちらの記事でご紹介していた、バラ・ジェイソン博士(Bala Jaison, Ph.D.)"Integrating Experiential and Brief Therapy: How To Do Deep Therapy - Briefly and How To Do Brief Therapy - Deeply: A Guide for Therapists, Counselors and Clients (Second Edition)", 2007/01/08 の邦訳書が、2009年2月20日、金剛出版から発刊されます。

『解決指向フォーカシング療法』

バラ・ジェイソン著/日笠摩子監訳
/久羽康・堀尾直美・酒井茂樹・橋本薫訳
『解決指向フォーカシング療法:
深いセラピーを短く∙短いセラピーを深く』
「フォーカシング」と「ブリーフセラピー」という2つの技法を統合した解決指向フォーカシング療法(SOFT)を紹介した一冊で,時代が求める,短く,そして深いセラピーを事例逐語記録をふんだんに盛り込んで解説しています。
 自分と対話し〈今ここ〉を大事にする「フォーカシング指向心理療法」に,変化を提示し未来へ向かわせる「解決指向アプローチ」を統合するこの方法は,問題を病理化するよりも解決に焦点を当て,体験をより重視するもので,多くのクライエントに有用なものになっています。読み込むうちにセラピストにとって実用的な「道具」となっていくでしょう。
 2つのセラピーに興味を持っている方はもちろん,日々の実践の幅を広げたい臨床家にとっても読み応えのある内容となっています。

著者のバラ・ジェイソン博士は、体験的療法(たとえば、フォーカシング。グリーンバーグらのEFTもここに入ります。)を学んだ後、SFA(ソリューション・フォーカスト・アプローチ (解決志向アプローチ))の訓練も受けた方です。
執筆にあたって、臨床家にとって使いやすく道具箱のような本にしたかったと書いています。

私は、第11章 合同面接: 相互的にかかわる技の「境界:守られながらつながること」という節が、かなり参考になりました。単にバウンダリー(境界)がしっかりしているとか、ないとかいうのではなく、バラはいくつかの概念を提案していて、それが、境界がどうなっているのか、観たり、考えたり、整理するのに役立っています。

フォーカシングになじみのない解決志向(ソリューション・フォーカスト・アプローチ (SFA) )の実践家、SFAになじみのないフォーカシング指向の実践家にも、分かりやすい内容で、面接へのヒントが沢山あるかと思います。
もちろん、心理療法の統合、感情・情緒を扱うやり方、未来志向、クライアントと技法のマッチングに関心をお持ちの方に、ぜひ手にとっていただきたい本です。
フォーカシングについて解説する章や、インタラクティヴ・フォーカシングについて書かれた章もあります。SFAのちょっとした入門書にもなっています。

金剛出版のページ(上記、書名をクリック)では、長谷川啓三先生による推薦や、監訳者によるあとがきも読めます。章のみですが、目次もあります。また、バラ・ジェイソン博士による出版記念ワークショップ(2009年5月17日(日)@東京)の案内も、載っています。
ぜひ、ご覧ください。

個人的には、長谷川先生が推薦で、この本ではじめてインタラクティヴ・フォーカシングを知った、カップルとのインタラクティヴ・フォーカシングに期待させるものを感じると書いておられるのが、嬉しかったなあ。

追記:詳しい目次についてはここをクリック

pca_nana at 22:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ベーシック・エンカウンター・グループ@東京・青梅2009年3月27-30日

2009年3月27日(金)午後〜30日(月)12:00、東京・青梅で開催される、宿泊型ベーシック・エンカウンター・グループのご紹介です。

御岳神社の宿坊でイギリスからファシリテーターを招いてエンカウンター・グループを開催いたします。
国外からファシリテーターを招いて行われるエンカウンター・グループは珍しく、日本人同士では気がつかないいろいろな違いや、自分自身との出会いの良い機会となるのではないかと思っています。
臨床心理士、看護師、産業カウンセラー、ソーシャル・ワーカー、保育士、教員、企業の人事職など人と関わることの多い仕事の方々、あるいは、学生、院生、主婦など自己成長や多文化コミュにケーシンなどに興味のある方々などの参加を歓迎します。

ファシリテーターは、イギリス・ストラスクライド大学学生カウンセラー、PCAカウセラー資格コースチューターのテリー・デイリーさん、清水幹夫法政大学教授、三國牧子さんです。

関心をお持ちの方、上記リンク先へGo!

pca_nana at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
フォーカシングを     やってみたい方はgo !
WSやセミナー等の情報
日本フォーカシング協会ワークショップ情報のページが参考になります。
こちらで、時折WS関係の情報提供をしています。
(上記リンク(下線部分)をクリックすると、そのページが開きます)
~*~ ご挨拶 ~*~
クリック↑願います。
tangineの由来は   
こちらですm(_._)m。
2004年11月7日より
ブログ管理人 nana

【カメラじゃないよ】
フォーカシングってなに?
きっかけ
&
神田橋條治先生書評


page view
合計je-pu-pu 無料カウンタ
今日je-pu-pu 無料カウンタ 昨日je-pu-pu 無料カウンタ
当ブログ内記事検索
月毎の記事
コメント
トラックバックについて
★フォーカシングについての
足跡帳のスレッドあり(*^^*)
お気軽にどうぞ♪
† tangine † BBS
(† tangine † の
掲示板です。)
このブログのQRコード
QRコード