2018年09月19日

ダメ出しのパワー

先週末は「治療コンサル」でした。



最後のトライアルはダメ出しの連続に。


「押す」というこの単純な動作一つ、良しあしがあるわけ。
どんなに力を込めても、方向が悪いと相手への影響は半減します。
指を痛め、労力は数倍。


指と肩甲骨を一線にできないと力は入らないようになっています。

よく丹田をイメージしてなんていいますが、
しないよりはしたほうがいいレベル。
私は採用していません。



ベッドの高さや、体重移動。


押すよりも離すことで循環や圧力逃がしはできています。
それもわからず押すのでは、本当に治療しているのかと、、、


厳しいね。
3000万円プレーヤーでもダメ出しを食らう。

現実触られればぐうの音も出ないのだから仕方がない。
けど、出来る全ては手ほどきした。

次回会うのが楽しみだ。


治療コンサルの感想を書いていただいた。
参考になる意見だと思うので、ぜひ読んでみてほしい。
圧倒的勉強量があっての意見だからね。


http://blog.livedoor.jp/norizaru1023/




明日は休診日だが、チームミーテイング。
スタッフセミナーの予行演習です。
まずは、スタッフ全員のトレーニングからです。
明日のために今日は時間がない。






pcc at 19:54|PermalinkComments(0)

2018年09月18日

解毒のパワー

セミナー感想**********************************************

■初めてセミナーに参加させていただいて
今日からでも始められることがたくさんあり、
自分のマインド1つで患者さんからの印象が大きく変わってしまうので
患者さんを迎える前にます、深呼吸して自分を落ちつけてから入ります。

■花谷先生のお話はすごくわかりやすいです。
今日は初めて参加させていただいて知ることがたくさんありました。

■情のお話が当てはまるスタッフが多いので刺さる部分が多かったです。

**************************************************************


昨晩は久しぶりに妻との大ゲンカ。



毎年7月の経営合宿では夫婦関係、家族関係の講義すらします。

それは治療院経営者にとって、とても大切なことだから。
朝、嫁さんとケンカをすれば予約はキャンセルに変わります。


治療中に意識は、嫁のことばかり。
患者さんに意識は飛びません。
最低の治療しかできないでしょう。


合宿でいつも言うのは『ケンカしろ』


まぁ誰もケンカをしたい人はいないでしょう。
けど、夫婦でいればあるタイミングで積もりに積もったものが
沸点を超えるタイミングが必ず来るわけ。


それを10回無関心すると離婚となるわけです。


いい子ちゃん。
自分が我慢すればいい。


我慢なんてできないのにね。


大事なことを書くよ。



『ケンカをしない為に結婚しているのではない』



今の日本では3組に1組は離婚する。
ケンカするたびに「あーもー離婚してやる」と私も思います。



ただ、ケンカをしない為に結婚したのではないということ。


なんだか本末転倒でしょ。



僕は怒らないから。
僕は女性が怖いから。



だから、女は君を男として信用していない。



いい、、秘密を書くと「女性はケンカすることで男を試しています」
女性はそんなことないって100パーセント言いますけどね。



男が男であるかのテストがケンカなのです。
これは女性ホルモンが時々する本能的仕掛けなの。
(これ読んで、嫁さんが鼻で笑うことを恐る恐る期待していますが、、、)

基礎教養としてこの本を読むように、スタッフセミナーでもオススメします。
https://amzn.to/2xnKOTW







お互いが「その方がいいだろう」と思いながら
夫婦の意見が感情の累積と共にズレていく。



実は9/30のスーパースタッフセミナーの第2章では、
男論女論がテーマでした。(ほぼ完成済み)

奥様達が来場するし、奥様達に知ってもらおうかと、
男のトリセツと自営業者のトリセツ。



治療院経営者にとって解読すべきは女心のトリセツ。
それは過去PCCセミナーでもよく扱ってきた。

治療院経営の顧客は女性です。
そして男性院長。
まぁ当会は男ばかりなのでね。

今回のスタッフセミナーでは男女比が5:5。
奇跡的でしょ。
合コンできる。



ただ、今回のケンカで、急遽内容を変えようと思った。
全面差し替え。


もっと深いレベルで感じてもらおうかと。
なぜパートナーと上手くいかないのか、その原因を。


きっと奥様を派遣した院長には良いことが起こるでしょう。
きっと独身組にも良い縁が訪れるだろう。


経営者は孤独なのです。
だから、その傍に誰かがいるべきなのです。
そしてその傍にいる女性には、頼りになる男性がいるべきなのです。


新しい原稿を作ろう。
周囲の愛を感じると、男は俄然働くのです。
それは家族から、スタッフから、顧客からの愛を感じた時です。



追伸、、、今朝、子供たちも含め、朝4人で事の話をしました。
まだ一時は相手の言葉に敏感だと思うが、一応解毒処理完了。


『毒×毒=解毒』

家族もまた一緒に成長学習仲間である。




追伸、、来年3月の経営セミナーもこの内容を治療院経営者向けに行いますね。

pcc at 11:35|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

実験場のパワー

セミナー感想********************************************

■とにかく圧倒的なネタの数々でした。
知らないこと、あっと思わせる事ばかりでしたが、
1つ1つ現場に落とし込んでいきます。

■こんな洞察は初めての経験でした。

***********************************************************

今年のセミナーはあと治療家塾のみです。
10/20、11/17、12/15
http://www.e-pcc.jp/jyuku.html

***********************************************************



本日は治療コンサル。


2回目の参加の彼です。
一人治療院で3000万クラスまで来ると求める基準が変わります。
自由診療で3000万円は「あがり」のラインです。


よく1億円を一院で、なんて話はあるけど、治療スタッフは何人?
って聞きたくなります。

その院はいいけど、そのスタッフが卒業して開業したらどうなるは
考えていないよね。

人を雇うなら、そこを考えないとなって私は思います。
まぁ個人院と多店舗院ではコンセプトが違うからね。

私にはできないというだけです。



埼玉でも名門野球部では、全国各地からエース級を獲得して、
3軍まで作って埋もれる選手多数なんてザラにある話。
それも相手チームを強くしないために、大量獲得するのだとか、、、


弟子を雇ったなら、自分の院は実験場にしなきゃ。





今週ウツの患者さんが2名来院。

二人に言った言葉は「すぐには治しませんから」。


1名はおばちゃん。
もう慢性化した不安と躁鬱。

この性格は変わらない。

「すぐに治さないから」と言ったら大興奮で「早く治してください」って。

仮にすぐ治したら、また反動で病気になるくせに。
これでも治せるのかって。


ダイエットと一緒で早く治したらリバウンドが来るだけ。
だって、本当は治りたくないからね。


被害妄想ですから、いったん悪人になって責任を擦り付けられようかと。



もう一人は学生女子。
毎日頭痛薬飲んでいるとな。
ふと尋ねると部活の人間関係で、一時学校に行っていなかったとか。

これも、合流までに大きな勇気がいるからね。
ゆっくり焦らず、特に親が連れてきているからね。
親にこそ、ゆっくり治しますからと。



二人は昨日も来て、学生さんはほぼ頭痛は完治。
やはり酸欠症状。
あとは髪を切ったらスッキリするよとアドバイス。

今週末に切るという。

そして近く新人戦があり、その部のエースでもあるとな。

昨日「今まで取れなかったボールが取れるようになった」というので
勝負時がすぐ来たと判断。


そこでよい成績が出たら、合流に向かわせようと。
あとはショートカットの彼女をチームみんなで褒めればあがり。




おばさんの方はダメだね。

「治ったら何がしたいですか?」これがないからね。
老人性のウツは絶望感を感じます。

「まずは落ち着いてさ」って言えば
「はい、落ち着きました。早く治して」だって。

大笑いですが本人は必死なのでしょうね。
これでは治すスタートに立てないけどね。





通信レポートの12/1号では、このように心因性患者対応に
ついてCD収録編集してあります。

是非参考にしてみてくださいね。




pcc at 08:10|PermalinkComments(0)

2018年09月14日

基準のパワー

セミナー感想**********************************

■「どうせ○○するなら○○にしよう」と考えるだけで
自然とやり切るモードになるなと感じます。

■依存のコントロールの話がとても面白く、早速明日から実験します。


***************************************************




11/24-25の経営計画会が満席になりました。


これから申し込む方はキャンセル待ちとなります。
ホテルの部屋確保次第ですが、今年は人数が多く
できてあと1-2名です。



次回のセミナは10月から12月までの治療家塾です。
来年より「治療院経営勉強会」と改名します。
このセミナーのみ一般申し込み可能となり、
他の全セミナーは会員のみに限定していきます。




昨日は事務所でスタッフセミナーの読み込み。
1に練習、2に練習。
新セミナーだけは、毎回練習をして、時間の見積もりを立てます。




セミナーで難しいのは時間配分かもしれません。
このセミナーではワークがいくつもあるのでね。
改めて修正がたくさん出ました。
来週木曜日にスタッフとのブリーフィングをして完成。



自営業者の妻とは
自営業者になるとは
社会性とは
目標を掲げるとは
プレゼンとは
我慢とは
モテるには
男対策とは
女対策とは
院長対策、上司対策、部下対策
夫婦仲良しとは



実は院長が聞くとよいことばかり、、、、
それをスタッフに聞かせることで反射利益を得ることでしょう。



すべては基準を変えることだけです。



だから

pcc at 14:13|PermalinkComments(0)

2018年09月12日

変わらないパワー








今日はある一人の男向けに、今度のスタッフセミナーの内容に
絡めてブログを書こう。




今度のセミナーの最初に語るのは「人は変わらない」ってこと。


何かをすれば人も人生も変わるのか?



私は変わらないを支持しています。
それは何人かの弟子を得てそう思った結論です。
現実地元に戻れば自分の決断の結果になる。



性格なんてその家の父母でしか出来上がらないと。



私も超激しいお師匠に16歳で出会い28年間、
先生のもとにいた。

今は処々私の力不足でその場にいないが、、、

今もって私以上に先生から指導を受け敬愛している弟子もいないだろう。
師弟の愛情など薄っぺらいものだが、今ある立場はその先生からの
バトンタッチであり、それを汚していないつもりだ。

そして、次のバトンタッチも私以上にしている弟子はいないだろう。



どんなに鍛えたつもりでも、その場限りでは学んだとは言えない。
学んだ結果は、ちゃんと数字と現象で出るから。

波はある。

調子の良いとき、悪い時。
けど、結果は結果。

師匠から離れた時からが本当の努力であり実力。



経営者の仕事は決断です。

成功するためには我慢が必要です。
キラキラ好きなことだけやっていては、その壁にすらたどり着かない。

月10万円稼ぐ副業ならキラキラでもいいけどね。




「楽しいこと」。


ディズニーに行けば楽しい。
けど、本当のディズニーの楽しさとは何だろう。
セミナーではそれを紹介しよう。


裏にある我慢。
これを超えた時、人は態度が変わる。
その態度が基準を超えた時。
本当に楽しいことの意味が変わるのだ。


毎日10時間机に向かっている。

これを楽しいと思えるか。
これを苦痛と思うか。
これを幸せと思えるかなのだ。



だから、目標であり、
だから、基準越え。

視座の高さごとにある、楽しいの基準。



人は変わらない、変わるのは基準なのだ。



低い基準で自己満足していても、結局楽しくないのです。
人の基準が高まれば、そこに安住できないから。
跳び箱も7段飛べたら、次は8段に挑戦するものです。


セミナーでは心技体。
すべてで鍛え上げます。



院長経営者とは何をしている人か?
院長経営者の仕事はどれほどのものか?


配偶者に見せつけましょう。
スタッフに見せつけましょう。


きっとセミナーから帰って来た時、院長はそのスタッフが
もっと可愛いと思えることでしょう。




チームバランスはセミナー成功、受講生ハッピーを基準にしていないのです。
業界を相手にしているのです。
それを理解できる人も一人や二人は出るでしょう。



昨晩も男子スタッフ連れて飲みましたが、
いつの時代も俺流の一生懸命を彼らに提供しようと思う。
いつの時代もトップの一生懸命しか伝わらないし、
俺の人も性格も変わらないから。





pcc at 08:13|PermalinkComments(0)

2018年09月11日

不一致のパワー

セミナー感想*********************************************

■毎回、気付きと、復習の連続です。やれること、やること、
忘れていること、参加の度に確認です。

■3回目の受講ですが、同じ内容でも違う角度から説明して頂いて、
より理解が深まった。
あと、習った内容でも忘れていたことも多くあったので、
しっかり復習して自然に使えるようになりたい。

**************************************************************


スーパースタッフ育成セミナー満席になりました。
参加者は楽しみにしていてくださいね。




圏外に飛んだ治療院のサイトも、だんだん戻ってきた。
httpsの導入し立証されつつあるな。

この辺りはインフラ。
お金で解決する場所です。


治療家がすべき場所は治療ベッド。
ネット環境整備は専門家に任せればいい。


10月の治療家塾で何か話ができればいいな。
ウーマンをやっている方はマストですよ。


ただサーバーによってはSSL化はできないのでね。
なんでそんなサーバーと契約したのか、自分を恨んでくださいね。
こちらではどうにもならないので。
目先の安さこそ、怖いですよ。
長期視点を持ってくださいね。




月刊治療院経営 特別版に書いた「ひーりんぐマガジン連載原稿」
を掲載します。

是非改めて読んでみてください。


「レスポンシブデザイン」と「SSL」は今必須インフラです。




柔整の自由診療化なんて言っておいて、ネット環境の不備では
今後戦えません。

ずっと保険診療で近所と口コミだけならいいけどね。
言っていることと、やっていることを一致しなきゃでしょ。
言動不一致が多い。


現実は、近所、口コミ、ネットの3方向で9割越えです。
バランス良く配置することこそです。
我執に囚われない経営環境作りを。







/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ひーりんぐマガジン2018.10.25号の連載原稿です。

< SSLを導入せよ >





ひーりんぐ連載原稿 61号

2018年8月Googleショック
2018年6月に医療広告ガイドラインといって
医療関係のホームページ広告に規制が入ったことに加え、
2018年8月にGoogle検索のアルゴリズムの大幅変更が重なり
ホームページ広告、Google検索順位に大幅な変動が起こりました。


特に美容健康産業のホームページは今までしっかりSEO対策を
していたところほど圏外になったり、
情報量のない20年前の自作ホームページが上位表示したり、
現在ネット業界は大混乱になっています。



今まで医療関係において広告規制はほとんどありませんでした。
それが一気に法整備となり、今回Googleもこの法規に基づいて
検索基準を用意したようです。


ただこの法律通りにホームページのすべての言葉を切り替えていくと
情報量が少なくなり、訴求性がなくなっていきます。


例えば、、、、


患者、診療、診断、問診、治療、治す、クリニック、
施術風景、治療実績、著名人、患者さんの口コミ体験談、使用前後の写真、
効用、代謝アップ、解消、美容関連用語、安全、最高、一番、最適、
マスコミ掲載、キャンペーン割引表記など、


どこのホームページでも書かれているような事柄、
患者さんが来院を決め手となる箇所がすべてNGまたはグレーゾーンになったのです。



誇大広告や過剰宣伝は規制されて当然ですが、
これからホームページをガイドラインに沿って修正していくにしても、
とてもやりにくい状況になっているのです。


旅館やレストランを選ぶのでさえ、顧客の口コミを重要視するのに、
それを表記やリンクすると違反になるわけです。


現実「医療機関ネットパトロール」という機関が厚生労働省、
日本消費者協会で設立されています。
今後は周囲を見ながら専門家の手によって、
言葉や写真のチェックを入れていく必要がありますし、


それ以外にもGoogle検索で上位になるには
セキュリティー機能を高めるSSL化などは急務となっています。


SSL化とはhttp:をhttps:にする作業で、
近年Googleが検索評価において最上位に挙げている項目の一つです。


また「レスポンシブデザイン」というのですが、
ホームページもスマホサイトページとPCサイトページの同時性がない
ものは今後に評価をしないとGoogleから通達されています。



多くの治療院経営者にとってホームページを取り扱うのは
面倒だと感じているかと思いますが、
いまやホームページなしで経営をしていくのは
名刺の持たない営業マンみたいなものです。


治療の良さをアピールするにしてもホームページも今後の取り扱いも不透明です。
ほぼすべての患者さんが口コミ紹介を受けた後に、
その治療院のホームページを見てから来院しています。


また私の治療院もそうですが、ホームページ閲覧はPCからではなく
スマホからの方が2倍以上に多くなっています。
8割スマホからになっています。



2020年にはスマホも現在10倍の速さになる5Gの時代を迎えます。

映画1本が5秒でタウンロードできるそうです。

どうせ治療院経営者をずっとやっていくなら、
ネット集客もたくさんあったほうが良いと思いませんか?



◆勝ち組のツボ  ホームページを時代に合わせて見直そう




**********************************************************
◎2018年8月のGoogleアルゴリズムパニック。
今すべきホームページ防衛法はこれだけ。
 SSL導入 早く気付いた人ほど有利に立てる。
直接メールでのお申込みをしてください。
http://pspa.jp/info_ssl/




◎ネットにもやっぱり強いPCC治療家塾に入会しようと思った方
http://www.e-pcc.jp/membercd.html



◎このタイミングで、やっぱり格安で良心的なウーマンモバイルで
ホームページをリニューアルしようと思った方
http://www.e-pcc.jp/wm/index.html



◎このタイミングで、やっぱりウーマンの戦略コースに切り替えて
制作後のアフターフォローをしっかりしておくべきだと思った方
http://pspa.jp/af/
**********************************************************


pcc at 12:21|PermalinkComments(0)

2018年09月10日

来年設計のパワー

セミナー感想******************************************

■内容が濃く深いので、目標設定しながら、
臨床現場に落とし込んでいくよう意識したいと思います。

■自分の言語化の能力の無さに改めて気付き、
治療練習に言語化の練習も組こもうと思いました。

***********************************************************


9/30(日)スーパースタッフ育成セミナー完売です。
当日は気を付けて来場ください。
また当日懇親会に参加して、当社スタッフとの交流をお持ちください。




久しぶりに土日に何もない週末を過ごしました。
意識的にだらけましたが、逆に体が重くなるね。



ホームページのSSL化。
思ったより事の重大さが解っていないようですね。

まぁ周囲がそうしてくれれば自分は助かるのですが、
石原さんの書籍にも「寝る子は起こすな理論」があったっけ。

ただ、直弟子、会員ぐらいは反応してね。
年内ベストですから。




ひーりんぐマガジン巻頭原稿も本日提出。
あーこれでスッキリしました。


「早朝原稿書き+診療の空き間校正+後日再校正」
これを今後のパターンにしよう。

今までは診療前の午前か診療後の午後に書いていましたが、
特に診療後の午後が機能しなくなっています。

来院数の増加とジムトレ時間の確保のため。
第一に体力。
そんなお年頃ね。



スタッフセミナーはほぼ完成しています。



次は来年出版書籍の設計図づくりと年内キャンペーンの用意。
ホテルでコモリングしよう。

本日ゲッターズ本が届く。
細木数子本も届いているので、これで来年設計です。



***********************************************************

◎2018年8月のGoogleアルゴリズムパニック。
今すべきホームページ防衛法はこれだけ。
 SSL導入 早く気付いた人ほど有利に立てる。
直接メールでのお申込みをしてください。
http://pspa.jp/info_ssl/



◎ネットにもやっぱり強いPCC治療家塾に入会しようと思った方
http://www.e-pcc.jp/membercd.html



◎このタイミングで、やっぱり格安で良心的なウーマンモバイルで
ホームページをリニューアルしようと思った方
http://www.e-pcc.jp/wm/index.html



◎このタイミングで、やっぱりウーマンの戦略コースに切り替えて
制作後のアフターフォローをしっかりしておくべきだと思った方
http://pspa.jp/af/


pcc at 11:51|PermalinkComments(0)

2018年09月08日

口コミ戦略のパワー

セミナー感想****************************************

■今回5回目以上の参加だと思いますが、初回3分治療して下さいと言われて、
何をすれば良いか分からなくなったのですが、
今回は3分あればこんなことが出来る、あんなことが出来ると思える自分でした。

■痛みのみに目を向けるのではなく、相手の感情に気を配ること、
そして、それが出来ていない自分に気付くことができました。

********************************************************

今朝からひーりんぐマガジンの巻頭原稿を書き上げました。



テーマは「患者口コミ戦略」について書いてくださいと。
校正をして提出したら、月刊治療院経営の特別版に、
それからブログにも掲載しましょうか。




書籍を書いたのは2012年。
もう絶版になっているからね、、、時代は早い。

近く電子書籍化になります。

https://amzn.to/2CEpsYi





その後何度も口コミテーマのセミナーはやってきました。
最後は7ビューティーでエステ向けに。
来年はもうやらないけどね。



昨日、月刊特別版でひーりんぐマガジンの連載原稿を発表しました。
「SSLを導入せよ」。

これも時代だね。
ネットからの情報提供をする時代だからね。


ぜひ読んでみてください。



スーパースタッフ育成セミナーもとうとう、あと1名のみです。
これ以上はキャンセル待ちになります。

<スーパースタッフ育成セミナー>
治療スタッフ、受付スタッフ、配偶者のためのセミナーです。
◆スーパースタッフ育成セミナー◆
http://www.e-pcc.jp/seminar.html#superstaff






**********************************************************
ひーりんぐマガジン2018.10.25号の連載原稿です。

< SSLを導入せよ >





ひーりんぐ連載原稿 61号

2018年8月Googleショック
2018年6月に医療広告ガイドラインといって
医療関係のホームページ広告に規制が入ったことに加え、
2018年8月にGoogle検索のアルゴリズムの大幅変更が重なり
ホームページ広告、Google検索順位に大幅な変動が起こりました。

特に美容健康産業のホームページは今までしっかりSEO対策を
していたところほど圏外になったり、
情報量のない20年前の自作ホームページが上位表示したり、
現在ネット業界は大混乱になっています。



今まで医療関係において広告規制はほとんどありませんでした。
それが一気に法整備となり、今回Googleもこの法規に基づいて
検索基準を用意したようです。


ただこの法律通りにホームページのすべての言葉を切り替えていくと
情報量が少なくなり、訴求性がなくなっていきます。


例えば、患者、診療、診断、問診、治療、治す、クリニック、
施術風景、治療実績、著名人、患者さんの口コミ体験談、使用前後の写真、
効用、代謝アップ、解消、美容関連用語、安全、最高、一番、最適、
マスコミ掲載、キャンペーン割引表記など、
どこのホームページでも書かれているような事柄、
患者さんが来院を決め手となる箇所がすべてNGまたはグレーゾーンになったのです。


誇大広告や過剰宣伝は規制されて当然ですが、
これからホームページをガイドラインに沿って修正していくにしても、
とてもやりにくい状況になっているのです。


旅館やレストランを選ぶのでさえ、顧客の口コミを重要視するのに、
それを表記やリンクすると違反になるわけです。
現実「医療機関ネットパトロール」という機関が厚生労働省、
日本消費者協会で設立されています。
今後は周囲を見ながら専門家の手によって、
言葉や写真のチェックを入れていく必要がありますし、

それ以外にもGoogle検索で上位になるには
セキュリティー機能を高めるSSL化などは急務となっています。


SSL化とはhttp:をhttps:にする作業で、
近年Googleが検索評価において最上位に挙げている項目の一つです。


また「レスポンシブデザイン」というのですが、
ホームページもスマホサイトページとPCサイトページの同時性がない
ものは今後に評価をしないとGoogleから通達されています。



多くの治療院経営者にとってホームページを取り扱うのは
面倒だと感じているかと思いますが、
いまやホームページなしで経営をしていくのは
名刺の持たない営業マンみたいなものです。


治療の良さをアピールするにしてもホームページも今後の取り扱いも不透明です。
ほぼすべての患者さんが口コミ紹介を受けた後に、
その治療院のホームページを見てから来院しています。


また私の治療院もそうですが、ホームページ閲覧はPCからではなく
スマホからの方が2倍以上に多くなっています。


2020年にはスマホも現在10倍の速さになる5Gの時代を迎えます。

映画1本が5秒でタウンロードできるそうです。

どうせ治療院経営者をずっとやっていくなら、
ネット集客もたくさんあったほうが良いと思いませんか?



◆勝ち組のツボ  ホームページを時代に合わせて見直そう


**********************************************************
◎2018年8月のGoogleアルゴリズムパニック。
今すべきホームページ防衛法はこれだけ。
 SSL導入 早く気付いた人ほど有利に立てる。
直接メールでのお申込みをしてください。
http://pspa.jp/info_ssl/

**********************************************************




**********************************************///
PCC治療家塾 入会申し込みはFAXで。
隔月で届く音源CDでモチベーション管理、特典多数。
http://www.e-pcc.jp/membercd.html

********************************************///





pcc at 08:11|PermalinkComments(0)

2018年09月07日

矢印のパワー

セミナー感想***************************************

■2回目ですが、まだまだ意識してできていないことが多いので
1つ1つ意識して、来年のセミナーでは、治療能力が上がるようにします。

■治療家として患者さんから求められているものは何か?
その答えのセミナー内容だったと思いました。

■患者心理の理解のために意識的に今日のテクニックを使い、
目的を持って治療していきたい。


*******************************************************

大きな地震がありました。


私が見ている研究者のものだと、まだこれからもありです。
特に北海道は本震ありのようです。



3.11の時がそうであったように、原発問題がなければ
必ずすぐどうにかなります。

まずは安否確認。
そのうえで患者さんフォローに自分の気持ちを切り替えることです。
(私なら今月中にニュースレターかハガキしていますね)

心の矢印が自分に向いているとき、人は弱くなります。
心の矢印が、相手に向かっているとき、人は強くなります。

人という文字のどちらに立つのか?



まずは自分の心を変えるのではなく、切り替えるのです。
それならスイッチだけです。





昨日は石原明先生のセミナーを受講。

久しぶりにお会いしましたが相変わらず元気でしたね。
石原ワールド炸裂でした。

最近セミナー受講をしていなかったので、改めて大事だなと感じました。
30歳ごろは、毎週池上先生のセミナーと毎月何かのセミナー受講をしていました。
年12本どころではなかったな。
趣味、セミナー巡り。
嫁さんと乳児を置いてそんな感じ。


治療系は池上先生以外はゼロでしたが、経営や心理学、自己啓発と
多岐にわたって、セミナー懇親会でいい先生がいると聞けば動いていた時代。



所詮勉強なんて20代、30代しかしません。
40代、50代になってもし続けられる人は1パーセントの世界なのです。


しかし、20代ではお金がないよね。
けど、40代では時間と体力気力がないのよ。


だからお金の使い方。
20代で遊んだ奴の負け。

生涯所得はおよそ2億円といいます。
70歳で残るかどうか。
それはその2億円の使い方配分の順番だけ。

最初に車や服に行った奴は残らない。
それだけの話。



最もリターンの大きな投資は自己投資。
自分の中に何を入れるのか?
稼げる男になればいいだけなのに。



予想通り、従業員自らエントリーは今もゼロ。(残席2)
会員非会員は問わずです。
専門学生もOKです。
これから社会人になる院長の学生息子もあり。(異分野可)

院長から「お前行ってこい、出してやるから」そう言われる可愛げがあれば、、、

私は昨年、外部の新人研修に二人の若手を出しましたが各7万円。
そのリターンは社内の朝礼挨拶の切り替えだけでペイしました。


今年は彼らに休診をして各25万円のセミナー投資です。
それ以上に彼らは頑張ってくれるからね。


スタッフ諸君は院長に可愛げと成果を提供していないから
「お前行ってこい」って言われていないんだよ。
ウチの院長は、、、はお門違い。




そんな可愛げの大切さと成果を出す方法を伝授します。

あと嫁さんに苦労している院長!!!!
あなたのために開催しているのですよ。

嫁さんにセミナーの価値を知ってもらいたい。
嫁さんに「なんでセミナーになんて出るの?」といわれている院長
嫁さんに「もっと早く帰ってこれないの」といわれる院長、
嫁さんを味方に付けた時、あなたの力は数倍になります。
その前に嫁さんを説得できるかですけどね。(笑)

<スーパースタッフ育成セミナー>
治療スタッフ、受付スタッフ、配偶者のためのセミナーです。
◆スーパースタッフ育成セミナー◆
http://www.e-pcc.jp/seminar.html#superstaff



**********************************************************
◎2018年8月のGoogleアルゴリズムパニック。
今すべきホームページ防衛法はこれだけ。
 SSL導入 早く気付いた人ほど有利に立てる。
直接メールでのお申込みをしてください。
http://pspa.jp/info_ssl/




◎ネットにもやっぱり強いPCC治療家塾に入会しようと思った方
http://www.e-pcc.jp/membercd.html



◎このタイミングで、やっぱり格安で良心的なウーマンモバイルで
ホームページをリニューアルしようと思った方
http://www.e-pcc.jp/wm/index.html



◎このタイミングで、やっぱりウーマンの戦略コースに切り替えて
制作後のアフターフォローをしっかりしておくべきだと思った方
http://pspa.jp/af/





pcc at 11:42|PermalinkComments(0)

2018年09月05日

構想のパワー

セミナー感想*******************************************

■昨年に引き続き2回目の参加になりますが、
忘れていることが多い事に気づきました。
一つの事でもずっと続けることを、明日からの治療に入れていきます。
まずは、YESセット20回

■パニックになるとWeight is under side,へそをつなげるなど
すべて忘れてとんでしまっていました。
これが現場で起こっている事なんだと実感しました。

■毎年講義内容が変わるので、楽しみです。

*********************************************************

関西地区への台風。
こちらもさすがに予約キャンセルが相次ぎました。



しかし、仕方がないものは仕方がない。
明日のために何ができるか。
それだけです。


そのための日ごろのTODOであり、治療院で暇な時間に行う65個シート。
これは今年経営セミナー参加した方は、お宝だったかと思います。

まずは掃除、整理整頓。
繁盛していない治療院はすべて埃だらけ。

四隅が汚いから繁盛しないのです。
本日もエアコンの掃除を指示。

気が付いていないのか、いつも指示があるまでやらない。
この夏大変お世話になったのに。

それがスタッフ視点なのです。



私は暇な時間「スーパースタッフ育成セミナー」の構想に。

高い基準をスタッフに提供します。

正直、伝えておきたいところだらけで一冊本が書けそうです。

しかし、時間がないので削る作業ばかり。
セミナー当日のランチも当会で用意することにしました。
この金額でランチ付きは本来ないのだが時間がない。

もともとこのセミナーで儲けるなんてない。

ランチを用意した分、参加者には懇親会に一人でも多く参加いただきたい。
(当然毎回セミナー懇親会で利益はない)

セミナー直後に、当社スタッフと触れてほしいのだ。
まずセミナーでは参加者全員が一つになるはずだ。
離れるのが寂しくなるぐらい。(笑)

その余韻を感じながらうまいビールを飲んでほしいね。
既に2/3は懇親会参加の予定だが、できる限り多くね。



テーマは「基準を変える」です。


セミナー後、翌日からののスタッフの態度に驚いてほしいね。
プラス筋肉痛も。(笑)

院長経営者以外は参加OK。奥様もOK。
会場を2倍にしたけど、スタッフのマンパワーが限界値なので、あと4席が限界。
最初で最後のセミナーです。9/15締切。

可愛いスタッフには旅させよ。

◆スーパースタッフ育成セミナー◆
http://www.e-pcc.jp/seminar.html#superstaff







やっとhttpsの有用性に気付いた方が増えてきたね。

「俺はネット集客に依存していないから、、、」
わかるわかる俺もそうでした。
ただこれはインフラなんだよね。

道のないところに、車も人も交通も生まれないのよ。

ひーりんぐマガジンの連載原稿にもこの件を書いた。
近く、月刊の特別版に転載します。
次のGoogle改定までに。

◆SSL申し込み◆
http://pspa.jp/info_ssl/








明日は数年ぶりに石原明先生のセミナーに受講。
年後半、どこかよさげなセミナーはないかと探したが、
結局15年前と同じでした。
日本経営合理化協会のセミナーも久しぶり、久しぶりに触れてこよう。






ウチの弟が本を出しました。
痩せて痛みが取れるそうだ。

陸上部の練習メニューが原型になっているね。
お義理でクリックを。
https://amzn.to/2NfrCSt





pcc at 17:58|PermalinkComments(0)