PCダイバーズのダイビング日記

マクタン島のパシフィック・セブ・リゾート内にあるPCダイバーズの日々の出来事が載っています。PCダイバーズ公式HPを観たい方は下記をクリックして下さい。

  • PCダイバーズホームページ
  • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました

    cebucovid090821
    上記はセブ市のコロナ陽性者グラフ(9月8日時点)です。因みにラプラプ市も同じような形です。日本のグラフにも似たようにみえます。とても不思議です。8日から規制緩和といっても何が緩和されたかよくわかりません。前回もかきましたが、厳しい規制はセブ州ではずっと実施されておりません。安食堂はアクリル板も手洗いもなく、大声でしゃべって手づかみで食べてます。フィリピン人は大声でしゃべるのが好きですから、止めろというのは無理ですね。

    ところでワクチン接種。「フィリピン在住の日本人を対象とした新型コロナワクチン接種のご案内」というメールが、日本大使館から届きました。日本で承認されたワクチンだけということなので早速申込みました。これで来年は通常に近い形で帰国出来るかと期待しております。フィリピンのワクチン接種会場の様子をレポートする予定です。

    さて桟橋ダイビング。ダルマカレイのビデオをフェイスブックに上げたところ友人から結構な反響がありました。
    ダイバーだったらそれほど珍しい映像ではないですよね。でもノンダイバーの方には珍しかったようです。

    いつものウミガメもいました。

    P9050950
    P9050954

    ミッツ

    ロックダウンしてないのに陽性者減る

    lapu2covid082621
    上記の表はラプラプ市のコロナ陽性者数(8月26日現在)です。ラプラプ市はこれと言った厳格な制限なしなのに減るとはどうしたことでしょうか。マクタン、セブはマニラ首都圏より常に1ヶ月先行する傾向にあります。1か月後、厳格な制限をしているマニラ首都圏データと比較してみたいと考えております。因みにどこの国でも2か月前後で必ずピークがくると専門家は指摘しているようです。但し、理由は不明。

    さて桟橋のウミガメですが、また逃がしてしまいました。まあウミガメなんてモアルボアルにいけば腐るほどいるのでむきになる必要もないような気もしますが、ここは都市部近郊、国際空港のあるところですから重みが違います。
    P8220899
    私は大昔フイルムカメラを使ってました。こういうショットは連射機能、大量撮りができる今なら造作もないことですが、20世紀の頃は、なのしろ高価なマクロレンズ装着、36枚撮りでしたからね。シャッターチャンス(今では死語?)を待って逃げられ、うまく撮ったと思っても現像したらピンボケとか…大変でした。

    ミッツ

    桟橋にマダラトビエイ現る!

    8月15日、桟橋ファンダイブのお客様がマダラトビエイを撮ったということなので写真貰いました。
    IMG_3396

    私は残念ながらアドヴァンスド講習中、その上にコンピューター電池切れアクシデントが重なり観れませんでした。ヒルトゥガンで見る奴ですね。横幅1.5Mはあるかと思います。今回はウミガメはいませんでした。でも桟橋でウミガメとかエイを狙えるとは規制以前では考えられなかったことです。

    餌付けにもトライしております。

    P8150780
    N様はこの日に50本完了でマスタースクーバダイバーに、S様はアドヴァンスドを修了になりました。おめでとうございます。

    ミッツ
    ギャラリー
    • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました
    • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました
    • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました
    • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました
    • セブ市、ラプラプ市共に規制緩和されました
    • ロックダウンしてないのに陽性者減る
    • ロックダウンしてないのに陽性者減る
    • ロックダウンしてないのに陽性者減る
    • 桟橋にマダラトビエイ現る!