平成27年(2015)11月13日

【野菜の再生栽培】


窓辺の再生野菜0125 600


『再生野菜とは』
  
別名リボーン・ベジタブル(リボべジ)とも呼ばれており、本来なら捨てるはずの野菜をもう一度再生して利用することです。


ここからは少し蘊蓄を・・・

『野菜を再生するメカニズム』
  
野菜の成長点を活用した栽培方法です。
茎の最先端など植物が勢い良く成長する「成長点」を切断されると、野菜は生き残るために、必死になって脇芽にエネルギーを注ぎ何とか成長しようとする性質があります。
その性質を上手に利用すると、再生野菜を育てることが出来ます。

『水耕栽培による野菜の再生栽培法』

使用するのは「容器」と「水」だけ。
シンプルかつ簡単に誰でも何処でもできます。
 

[容器]   
  
ネギなどのように、根の部分が長いものは安定しやすいコップを。
ニンジンなどの、ヘタを使う場合はお皿を使います。
インテリアとして使うなら、透明なガラス容器を使うとオシャレです。



再生野菜0125小


[注意点]

  1.根元やヘタは余裕をもって。
    短すぎると失敗が多くなるそうです。
  2.水は入れすぎない。
    野菜が水に浸かり過ぎると、腐りやすくなるので、根元が水に浸る程度が良いそうです。
  3.水替えは頻繁に。
    毎日こまめに水を替え、野菜や容器のぬめりをしっかり取るようにします。
  4.カビが生えたり、腐敗臭がしたら、思い切って捨てましょう。
  5.芽が生え葉が伸びてきたら、土に植え替えましょう。
    長く収穫し、大きく育てるためです。


平成27(2015)年11月13日より・・・

野菜の再生実験を、『キャベツ』から開始しました!




最後までお読みいただき、有難うございます。
ブログランキングに参加中です。
ポチットしていただくと励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ