2004年07月01日

インターネットをもっと楽しみましょう。

インターネットでいろいろと見てみようということで、ホームページにはいろいろな見方があるというあたりをやってみたいとおもっています。
●ではまずどうしましょうか?
◆インターネットを見る時はどのソフトを立ち上げるのか覚えてますか?インターネットイクスプローラでしたね。デスクトップ上の青いEマークのアイコンをダブルクリックします。
●すると、Yahoo(ヤフー)のホームページにアクセスできるわけですね。
◆そうですね、島田さんのパソコンはヤフーのページが最初に出てくるように指定してありますから。
誰か芸能人の人で写真を見てみたい人いますか?そういうこともインターネットでできるんですよ。
●そうなんですか。検索できちゃうということなんですね。
◆ヤフーに新しい検索機能が加わったんです。画像検索といいます。
04b543a1.gif
●文字ではなくて、画像の検索ができるということなんですか。
◆前やったのは好きな単語を入れて、自分の見たいホームページを探すというのをやりましたね。今日は好きな画像をインターネットの中で検索しようとおもいます。


pctool at 18:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)新着情報 

画像検索

●文字ではなくて、画像の検索ができるということなんですか。
◆前やったのは好きな単語を入れて、自分の見たいホームページを探すというのをやりましたね。今日は好きな画像をインターネットの中で検索しようとおもいます。
●じゃあ誰にしようかな・・スマップの香取慎吾くん。
◆そしたら、ここの検索の窓、いつも文字を入れるところと同じところです。ここに名前を入れてください。香取慎吾。字を間違えないようにね。
で、この窓に字をきちんと入れて、そのあと検索ボタンの隣を見てください。「画像」というボタンができたんですよ。
●こんなボタンあったんですね〜いつもすぐ検索ボタンを押していたので気がつかなかった。
◆この機能ができるようになってまだ1ヶ月ぐらいなんですよ。この緑色の画像ボタンをクリックしてみましょう。


pctool at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

画像検索の結果

●♪お!ほんとに画像がたくさん出てきましたね。香取慎吾さんの顔写真だけではなくて、いろいろな画像がありますけれど・・・雑誌の表紙だったり、慎吾さんの顔写真だったり、大河ドラマのワンシーンも出てますね。
◆画像に香取慎吾という言葉がひっかけてあるものがどんどんでてくるんですよ。香取慎吾さんが出ている番組の画像なんかもでてくるんです。たまに見当違いの画像もでてきますけどね。
たくさん画像が出てきましたが、どの慎吾ちゃんがいいですか?
●じゃあ、いちばん顔がどアップになっているやつがいいかな・・
◆じゃあこれにしてみましょうか。これをクリックしてみます。・・・はいこんな感じで慎吾ちゃんの写真の画像がでてきます。で、その下に「この画像のあるページを表示」というボタンがありますね。ここをクリックしてみると・・・これは、携帯サイトですかね。そこにこの写真が出ているということですね。
この写真を見るだけではつまらない、という場合は・・・
●え、見るほかに何かできるんですか?


pctool at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

画像の取り込み

◆まず、取り込みたい画像の上にマウスポインターを当てます。ここからは特殊な処理方法なんですが、ここでマウスの右ボタンをクリックします。右ボタンって押したことありますか?
●ない・・ですね。
◆いつも使っている人差し指ではなくて、中指で右側のボタンをクリックします。右クリックボタンといわれているんですけど・・画像の上でですよ。そうするといろいろなメニューが出てくるでしょう?
●出てきましたね。

46633150.jpg
◆このメニューの中で、「名前をつけて画像を保存」という項目を選んでクリック、通常のクリック、人差し指で左クリックします。
そうしたら、こういう風に「画像をどこに保存しますか?」と聞いてくる画面が出てきます。
●ほおーいろいろありますね。「最近使ったファイル」とか「デスクトップ」とか・・
いろんな言葉が出てきましたけど・・
◆その中で、パソコンの中では画像は通常「マイドキュメント」フォルダの中の「マイピクチャ」というところに保存します。「ピクチャ」ってどういう意味かわかりますか・
●絵ですよね。
◆ピクチャは写真、ですよね。だから「マイピクチャ」は自分の写真入れというわけです。いま取り込もうとしている画像のファイル名は自分のわかりやすい名前に変更して保存した方がいいです。あとで探しやすいですから。
今は慎吾ちゃんの写真なんで、「香取慎吾」という風に入れておきます。こうやってファイル名をつけたら、となりの「保存」というボタンをクリックします。そうすると、何をやったかわからないような感じに思えますが、このパソコンの中にこの写真がしまわれたことになります。
●・・ピンときませんよね・・
◆このインターネット上にある香取慎吾さんの写真が、島田さんのパソコンの中に入っていったと、そんな感じですよね。

pctool at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

いろいろ利用してみましょう。

●じゃあ、どうやって見ればいいんですか?
◆ワードとかペイントでお絵かきをしているときなどに、ちょっとこの慎吾ちゃんの写真を使いたい、そんなときがありますよね。あと友だちにこの写真をメールの添付で送るということもできます。
そうしたら、一番簡単なワードでやってみましょう。スタートボタンからワードを起動してください。
●・・・ワードの画面が出てきました。
◆ワードの文章を作っていて、ここらへんにさっきとった信吾ちゃんの顔写真がほしいなというときはですね、ワードのメニューバーに「挿入」というボタンがありますね。
●メニューバー・・一番上の段ですね。
◆そうです。「編集」とか「表示」とか「書式」とか書いてあるところです。そこの「挿入」をクリックしますと、今入れたいのは写真なんで、「図」というところへ行ってください。図をポイントすると、またメニューが開きます。そこの「ファイルから」というところをクリックします。
●あ、さっきと同じ画面が・・・
◆そうですね、今はたまたま「マイピクチャ」が開いてますけれど、その中でさっき取り込んだ写真を探してみてください。
●ありましたね。
◆その写真をクリックして指定してやって、ここに「挿入」というボタンがあるでしょう。これを押していただくと・・・・・
●わ、ワードの画面に香取慎吾さんが出てきました!
これ大きさも変えられるんですか?
◆ええ。大きさはドラッグしてやることで変更することができます。
これにタイトルなんかをつけるときに、ワードでは飾り文字をいろいろと作ることができるんですよ。「ワードアート」というのを使うんですけど、また今度ゆっくりやりましょうね。たとえばこんな風にして・・・
●簡単にできちゃうんですねーこれを利用したら、ファンの人がよく持っているうちわなんて作れそうですね。
◆そうですね、うちわも簡単にできますよね。
●でも、こういうアイドルの写真を勝手に持ってきていいものなんですか?
◆実はインターネット上の文章、画像には必ず著作権というものがあるんですよ。ですからうちわをつくるといっても、個人で楽しむ分にはまあ問題は少ないと思うんですけど、もちろんそれを売買してはいけません。また、画像などを勝手に自分のホームページにのせたり、会社なんかのちらしに使ったりするのはかなりヤバイですね。
●ほんとに簡単でしたね。
◆簡単ですからどんどんやってみてください。


pctool at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年05月20日

インターネットってなに?

●さて、今日はスタジオを飛び出して、婦中町のショッピングセンター、パピにあるPCTOOLの教室にお邪魔しています。
◆インターネットを楽しんでみようということで、今日はわざわざ教室に来ていただいたんですよ。
●そうですね。今週からいよいよインターネットですね!
◆島田さんのインターネットでどんなホームページを見てますか?
●まず、会社のシティFMのホームページ、それから好きなアーティストのホームページ、あとわからないことがあったら入力して調べたり・・たまにですけどね。
◆そうですか。インターネットを事典代わりというか、何か調べたいことがあって使われる方が結構多いんですけれども、ほかにもいろいろな使い方、楽しみ方があるんですよ。それを見ていきたいなと思っています。
その前に、インターネットってどうやってつながっているのかご存知ですか?
●どうやって??? う〜ん・・・線でつながっている。
◆そもそも「インターネットって何?」と聞かれたら・・・
●・・答えられませんねー
◆模範解答としては、「世界中につながったパソコンとパソコンのネットワーク網」みたいな言い方がよくされます。
パソコンの中のデータで、みんなに見せたいデータと見せたくないデータがありますね。それをうまく切り分けて、パソコン同士をつなげることができるようになったんです。そして世界中のパソコンがつながっている状態になりました。
このパソコンはまず、電話回線につながっています。電話回線を通して、当然NTTを経由して、その次にプロバイダというところを経由します。
●新しい言葉が出てきましたね。「プロバイダ」
◆プロバイダというのは何をしているところかというと、インターネットの入り口にいて、「あなたはつないであげる」「あなたはつないであげない」みたいなことをしています。映画館の切符切りのお兄さんみたいな役目をしているんです。このプロバイダを通して初めてインターネットに接続ができるんです。
●プロバイダっていくつもあるんですか?
◆日本には今300から400ぐらい業者があるといわれています。
●そんなにあるんですか。
◆小さいところは富山のローカルなところから、日本全国をカバーしている大手プロバイダまでいろいろあります。
●どうやって選べばいいんですか?
◆どこのプロバイダがいいかとよく聞かれるんですよ。これは・・・う〜ん、場合によるんですけれどもね。
たとえば、全国をいろいろと転勤する可能性がある人は全国エリアのプロバイダを選んだほうがいいかもしれませんね。幾分料金は高めなんですけどね。転勤の可能性はなくて、ずっと富山にいるだろうという人は地元のプロバイダを使うのがいいんじゃないですかと僕は思ってますけど。
で、インターネットの接続の回線にもいろいろとあるんですよ。
●選ぶことがいっぱいあるんですね。富山県婦負郡婦中町

pctool at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)基本操作 

接続回線の種類

◆NTTの回線を使う場合、パソコンのモデムという機械を通してインターネットに使う方法がまずあります。それからISDNって聞いたことありますか?一昔前にはやった接続方法なんですけれども。
●言葉だけは・・
◆今主流になっているのはADSLというやり方です。ここの教室もADSLというかたちでインターネットにつながっています。最近よく宣伝しているYAHOO BBというのもADSL方式です。それ以外に、ケーブルテレビで接続するという方法もあります。
こうやって、接続の回線を選んで、プロバイダを選んで、そうして初めてインターネットの接続の設定をパソコンでするわけなんです。ADSLだとほとんど設定をしなくても、パソコンに線をつなげればインターネットに接続するという状況になってきていますね。

pctool at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)基本操作 

インターネットエクスプローラを起動しよう

d7bdc3a4.gif◆はじめましょうか。最初の画面、デスクトップに「インターネット・エキスプローラ」と書いてあるアイコンがありますね。これです。これはインターネットを見るためのソフトなんですよ。
●はい。ちょうど画面の左側の列にありますね。・・これはeという文字に輪がかかったようなマークですね。
◆それをダブルクリックしてみてください。
●はい・・・・YAHOO JAPANという画面が出てきましたね。
◆最初に開くページのことを「ホームページ」っていうんですよ。

pctool at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

ホームページ(Yahoo)

5bc33c4b.gif●はい・・・・YAHOO JAPANという画面が出てきましたね。
◆最初に開くページのことを「ホームページ」っていうんですよ。
●これからどうしましょうか?
◆今日は、えーと、とりあえず、天気予報を見てみましょうか。インターネットで天気予報を見たことがありますか?
●見たことないです。
◆YAHOOのサービスの中でも天気予報が見られます。YAHOOのページでは、上から順番に「買う」とか「知る」とか「楽しむ」「調べる」「暮らす」「集まる」という風にして、YAHOOのサービスがグループ分けされています。
で、「天気予報」というと「知りたいこと」なんで、「知る」という項目のなかに「天気」という文字がありますね、ここをクリックしてください。
●「知る」のなかに、「ニュース」「天気」「スポーツ」「ファイナンス」とありますが、その中の「天気」をクリックですね・・・はい。カチッという音がしました。
◆新しいページが開きましたね。その中で、自分が知りたい場所を選びます。
富山の明日の天気を見てみましょうね。「北陸」の中の「富山」をクリックしてみてください。
●はい。「富山」をクリックですね。
◆そうしたら、新しいページがまた開きます。そこで、富山県が「東部」と「西部」に分かれているので、じゃ富山市ですから「東部地方」をクリックしてみましょうか。
●・・はい・・・でてきましたね。明日の天気。
◆一週間先まででてきますよ。
●簡単でしたね。ボタンを3回ぐらいクリックしただけでした。
◆インターネットの便利なところは、知りたい情報が、知りたい場所にいつでも必ずあるということなんですよ。でも、インターネットの中の情報というのはたくさんあります。たくさんある情報の中から自分の知りたいことを一番知ることができるページはどこなのかなと自分でいろいろとあたっていけばいいんですよね。
●来週はどうしましょうか?
◆もうすこしYAHOOのサービスを見てみましょう。時刻を見てみるとか、東京に遊びに行きたいときにはどうするかとか、そんなところからYAHOOのいろいろなページをのぞいてみましょう。

pctool at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年05月13日

パソコンとの付き合い方?

◆先週、キーボードの入力の練習をちょっとしましたけれども、どうですか?
●ちゃんと家でやってますよ、ブラインドタッチの練習!
◆ブラインドタッチができるようになると、体が勝手に動いちゃうようになるんですよ。たとえば、アルファベットのA、というと左手の小指が・・
●あ!今、反応しました!はい
◆そうですか〜よかった、よかった。
体が勝手に反応するようになったら、頭で思ったことをそのまま打てるようになるんですよ。そうするとかなり楽になります。楽になるまでちょっと頑張ってみてください。
このあたりのことを、ITリテラシーって呼ぶこともあるんです。
●ちょっと難しい言葉が出てきましたね・・
◆リテラシーっていうのは、どっちかというと「読み書きそろばん」みたいな感じかな。最低限おさえておかなければいけないところ、みたいに使われてます。
●パソコンの基礎、ということですか?
◆そうですね。このへんがちゃんとできるようになって、次のステップに進める、そんな感じでしょうか。
●今までやってきた、マウス操作、キーボード操作もリテラシーということですか?
◆そうです。僕の教室にこられるかたでも、上は83歳という方もいらっしゃるんですけれど、そういう高齢のかたでも、キーボードマスターをやっていると結構なスピードで打てるようになるんですよ。だから、うちの教室では、下は5歳から上は83までみなさんブラインドタッチで頑張ってやられてますよ。
●訓練すれば誰にでもできるようになることなんですね。
◆ええ、キーボードに関しては慣れだけなんで、絶対できるようになりますから。だまされたとおもってやってみてください。
キーボードやマウスの練習というのは、どちらかというとめんどうですよね。これにも関連して、パソコンってどういうものなのかというお話を今日はできればいいとおもってるんですが。


pctool at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

まだまだ必要なキーボード

●パソコンとはどういうものなのか・・
◆イメージの問題なんですけれども。家電とはちょっと違うよという話を前にしましたよね。テレビはテレビであって、スイッチを入れればつくし、洗濯機のスイッチを押せば洗濯機は動きます。でもそれ以上のことはできないんです。
●そうですね・・洗濯機でテレビは見られませんよね。
◆家電製品というのは単機能なんですよ。洗濯なら洗濯をするという機能しかついていない。
でもパソコンというのはハードウェアの上に、ソフトウェアというのが乗っかっていて、そのソフトウェアというのがいろいろなことをできるようにしてくれているんですよ。
ですから、パソコンで文字を入力することができるとか、映画を見ることができるとか、インターネットにつながるとか、お絵かきができるとか、その辺はみんなソフトウェアが処理してくれているんですよ。
ですから、スイッチポン!ですべてのことをやってくれるわけじゃないんですけれども、ソフトウェアが手助けしてくれて、いろいろなことができるものなんですね。
たとえば、音声入力って聞いたことありますか?
●音声入力・・・?
◆SFの世界なんかでよくあるじゃないですか。「おい、コンピューター!」って言ったら「はいっ!」って返事するような・・コンピュータが人間の音声を認識して、それに対して答えを出しているという機能です。
●打たずに、そのまましゃべったことを入力するということですね。
◆そんな風になれば便利ですよね。キーボードの入力練習をしていると、「もうそろそろ、音声入力なんかができるようになるんでしょう?」なんていう生徒さんもいらっしゃいます。
●そうですねーすごく便利ですね!
◆ごめんなさいね、でもパソコンはまだまだそこまで高機能にはなっていないんですよ。なぜかというと、どうしても人の声というのはあいまいな部分がたくさんあって、それをパソコンはまだまだ処理しきれないみたいなんです。
ですから、音声入力の認識率は、雑誌や新聞の文章をアナウンサーが読んで、90%といわれています。
90%ととはいっても、反対に考えると、10文字に1文字は間違っている、ということなんですよね。
●ああ!・・・そう考えると・・・それでは文章が成り立ちませんよね。
◆で、まちがいを何で直すかといったら、結局キーボードで直すしかない、というわけです。
●二度手間、ですね。
◆そう。ですから、音声入力がちゃんとできるようになるのは、20年ぐらい先じゃないでしょうか。僕はそう思いますけど。
●20年後ですか〜!じゃ、今はブラインドタッチを練習しておいたほうがいいということですね。
◆そうです。急がばまわれ、でキーボードの練習をするしかない、というのが今のパソコンの現状なんですよ。


pctool at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パソコンが得意なこと、苦手なこと

パソコンっていろいろなことができて、すごい!といわれるんですけれども、まだまだ発展途上の機械なんです。
最終的なゴールは、やはり人間の脳みそなんですよ。それに向かって一生懸命進化しつつあるんです。
さっき言いました、「あいまいな部分」これが認識できるようになったら、パソコンはかなり人間の頭脳に近づいているということなんですけどね。
計算をするとかそういう部分は今のパソコンはすごく得意なんですけれども、「大体こんなところかな」「だいたいこんなところかな」というかんじがパソコンにとって一番苦手な分野なんです。
ですから、「だいたいこんな感じかな」というようなニュアンスを伝える部分を人間がやって、単純な部分、「計算しろ」「印刷しろ」とか「表示しろ」という部分をパソコンに任せるというのが一番楽しいパソコンとの付き合い方じゃないんでしょうか。
パソコンに「文章を考えろ!」と命令したって考えられないんですよね。文章を考えるのは人間が考えて、単純な作業をパソコンがする、「計算しろ」「印刷するとか」「絵を入れる」とかそのあたりはパソコンに任せておいて、人間はクリエイティブなところ、あいまいな部分をちゃんと埋める作業をすることができれば、パソコンとは楽しく付き合えるんじゃないかなと思いますよ。
●そうですね。もしうまくつきあえれば、強力なタッグですよね。
◆簡単な単純作業をどうパソコンにやらせるかというのは、技術的な話なんで、そういうことは本を読むとか、ほかの人に聞くとかすればいいんですけれども、ここではそれとは別に、「こんなことをやったら楽しいよ」みたいな話ができればと思っています。
●では、具体的には?
◆パソコンの一番楽しい部分、インターネットの話をしましょうか。
●来週からはいよいよ、インターネットですか!
◆いろいろと楽しいホームページがありますからね。

pctool at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年05月06日

ブラインドタッチをやってみよう!

◆前回お話しましたように、パソコンをやっていく上でネックになることが2つあるんですね。まずマウスの操作でしたね。今日は2つ目のネックであるキーボード操作をやってみようかと思います。
●キーボード操作・・これはどうやって力をつけていけばいいんでしょうか?
◆入力の方法は次回お話しすることにして、まず、ブラインドタッチができるようになればいいなと思っているんですよ。
●ブラインドタッチって何ですか?
◆キーボードを見ないでパチパチと打っていくようなところをテレビなんかで見ませんか?
●あれをブラインドタッチっていうんですか。
◆やったことあります?
●できないです!やろうと思ってもできないですよね。やっぱり手元を見ないと・・
◆そうですね。どうしてもこのブラインドタッチというのは敷居が高い、みたいに思われているところがあるんですよね。
●大分時間がかかるんじゃないんですか?
◆そう思われているみたいなんですが、実はやり方さえわかっていれば、そう時間がかかることじゃないんですよ。
●そうなんですか。
◆私たちの教室に通われている高齢の方でも結構ブラインドタッチをマスターされた方はいるんですよ。
●えーすごい!うらやましいです。

pctool at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

ホームポジション

◆で、今日はそのやり方なんかを一緒にやってみようかな、と思っています。
まずですね。指を固定の場所に置く、これをホームポジションっていうんですけれども、まずこれをやってみましょうか。
ひとさし指を一本ずつ出していただけますか。で、ゆっくり指をキーボードの上に置いてみてください。
ホームポジション
●・・えーとどのあたりに置けばいいんでしょうか??
◆FとJのキーです。わかりますか?
●はい。ちょうど真ん中あたり、真ん中からひとつボタンを置いたところにあるんですね。
◆で、FとJのキーを見てみると、何か書いてありませんか?しるしがついてませんか?ほかのキーと違うようなところがありますよね・・
●ちっちゃなでっぱりがありますね。
◆突起がついているんですよ。それが人差し指の場所だよと教えてくれているんです。
じゃあ、今度は小指をピンと立ててみてください。
●キツネみたいな形になりましたね。
◆右手の小指はセミコロン(;)の場所に置いてください。左はAです。で、のこりの中指と薬指をその間にゆっくりと置いていってください。S、D、K、Lと。どうですか?
これをホームポジションといいます。ちょっと脇をしめたほうがいいかな。
目的のキーを押したら、またこのホームポジションに戻ってくる、押してはまた戻る、というように練習していきます。
キーボード

pctool at 14:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

キーボードマスター

・・・さて、キーボード操作を練習するソフトウェイアをもう入れてあるんですよ。
●あ、そうなんですか。
◆メーカー品のパソコンであればたいがい入っているんですけれども。このパソコンの場合は「キーボードマスター」というソフトウェアが入っています。それを動かしてみましょう。
●はい。
◆左下の「スタートボタン」をクリックしてください。
●いつもどおり、左下のスタートというボタンを押すんですね。
◆で、「すべてのプログラム」と行きましょう。その中で、「キーボードマスター」というのを探してください。
●・・はい・・・
◆これですね。これをクリックしてみてください。
ちょっと音が派手なんですけどね。ほら・・タイプライターみたいな音がするでしょう。
●出てきました。キーボードマスター
キーボードマスター初期画面
◆黒い箱をクリックしてください。じゃあ、ブラインドタッチの練習にすぐ行ってみましょう。
●画面に「ブラインドタッチの練習」「ブラインドタッチのしくみ」「ローマ字の学習」という項目がでてきましたが、一番上の「ブラインドタッチの練習」をクリックするんですね。
◆ええ。で、一番上の「ローマ字入力編」というのを選んでクリックしてください。これはROUND1、2,3・・という具合に分かれています。
●すごいですね。格闘技みたい。
◆ROUND1はさきほどのホームポジションの、つまりキーボードの真ん中の段だけの練習です。これを覚えてから、ROUND2で上の段、ROUND3で下の段という順序で進んでいきます。
実はですね、このソフトを頑張ってやると、ブラインドタッチをマスターするのに、一週間かからないと思いますよ。
●え!?一週間かからずにブラインドタッチができるようになるんですか・・・
◆はい、絶対にできます。
●それは一日に何時間ぐらいやるんですか?
◆一時間ぐらいでいいとおもいますよ。
●一時間!でいいんですか。じゃあ7時間以内にマスターできるということですか。
◆ええ、まちがいなくブラインドタッチができるようになります。だまされたと思ってブラインドタッチの練習をしてみてください。
●はい!じゃあわたしはまず・・
◆ROUND1から行きましょうか。  指をまずホームポジションに置いて・・
●はい。人差し指がFとJですね。
◆画面に文字がでてきますから、その文字を押してください。
●出てきた文字を押せばよいんですね。F、J、F、J・・・
◆あ、いいですね。リズミカルですよ。
キーボードマスター
●F、G、F・・・あ、間違えた・・・・・大変ですね・・・・・
終わりました。・・終わったらタイムが出ましたね。
◆2分19秒、けっこう速いですよ。
キーボードマスター結果
●速いんですかこれが?
◆初めてにしては速いですよ。リズムがいいですよね。
●ありがとうございます。
◆こんな感じでまずROUND1でホームポジションを覚えて、ROUND2,3で上段と下段を覚えていくと、アルファベットが楽に入力できるようになります。
●これ、楽しいですね。ゲーム感覚でできますね。
◆打ち込むのにかかった時間が表示されますから、前回よりも速い時間になるように頑張って練習してください。そうしたら、本当に1週間ぐらいでできるようになりますから。
●じゃあ一週間頑張ってみたいと思います。大切なのはやはり、ホームポジションですか?


pctool at 13:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)新着情報 

まとめ

◆そうですね。ホームポジションを覚えること、それから、一番大切なのは、自分の指を見ないということなんですよ。どこだっけと顔が動いている間はだめなんです。
実はキーボードを打つときは、最初は左脳で触っているんですよ。「左手薬指動け」みたいな感じで命令を出しているんです。それが慣れてくると、すーっと右脳に処理が変わるんです。自転車に乗るときと同じなんです。
自転車も乗りたてのころは、「右に倒れそうだから左にハンドルを切って・・」という風に動かしているじゃないですか。それがふと気がつくと、何も考えなくても乗れるようになっている。そんな感じなんです。
●なるほど。左脳から右脳に移動する。それまでは、一週間ちょっと頑張るということですね。
◆一回できるようになっちゃうと、その後はずっと大丈夫ですからね。これもまた自転車に乗るのと同じなんです。
●はい。じゃあ早くブラインドタッチができるようになるように頑張りたいと思います。

pctool at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年04月29日

パソコンの楽しさを知る上でのネックになるもの

●さて、先週はセットアップが終わったところで・・
◆そうですね、島田さんのパソコンも何とか使えるようになったんですけれども、えーとね、これからパソコンを楽しもうという時にですね、ネックがあるんですよ。大きく分けると二つ。
●ネックですか・・
◆そうなんですよ。まずですね、「マウスの操作がうまくいかない」ということなんです。そして次は「キーボード」というネックがくるんですよね。
●うーん、私もいつも文章を打つのに・・
◆指一本打法ですか?
●指一本打法です!面白い言葉が出てきますね。

pctool at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

ペイント(お絵かきソフト)を動かしてみよう

◆今日は、マウスのネックをとりたいなと思っています。で、今パソコンが立ち上がっているんですけれども・・
●ええ。スタジオにパソコンを持ってまいりました。アイコ's パソコンです!
◆これで、マウスがどう動いたかということを自分で見たいと思うんですよ。
そしたらですね、島田さん、ここのスタートボタンをクリックしていただけますか。
●はい。えーと左下の・・・
◆そうですね。「スタート」と書いてあるボタンをクリックです。
●はい。
◆で、これはウィンドウズXPの機械なんで、「すべてのプログラム」と書いてある所をですね・・ここです。
●これをクリック?
◆クリックじゃないんです。マウスの矢印が行くだけ−これを「ポイント」って言うんですけれど・・
●矢印が行くだけで、今、開きましたね。
◆そうです。行くだけでいいんですね。クリックはしなくていいんですよ。マウスが行くだけで。
そうしましたらね、「アクセサリ」という所があります。
●いろいろとありますけれども、そのなかでも「アクセサリ」・・・
真ん中あたりにありました。
◆アクセサリというところへマウスを進めますと、ポイントした状態で青くなってますよね。そうするとまた隣に・・
●あ、また開きましたね。「電卓」「ワードパッド」いろいろありますね。
◆そうですね。そこに「ペイント」というところがあるんで、ここで初めてクリックです。人差し指でカチッとおしてみてください。ペイント起動

●マウスの左のほうのボタンを押すんですね。・・さあ何が出てくるんでしょうか・・
お!


pctool at 13:32|PermalinkComments(1)TrackBack(0)新着情報 

ペイントの使い方

ペイント画面
◆これが「ペイント」というソフトです。ペイントはウィンドウズの機械であれば必ずついているんで、誰でも楽しむことができます。
●真っ白な画面が出てきましたね。
◆マウスの矢印はどんな形をしてますか?
●あれ!鉛筆の形に変わってますね。
◆そうなんですよ。今、手に鉛筆を持っているんだというイメージを持ってください。
●はい。「わたしはマウスを持っているのではなくて、鉛筆を持っている。」
◆で、鉛筆を持っているつもりになって、マウスを人差し指で押しながら、ちょっと動かしてみてください。右でも左でもいいですよ。引っ張ってみてください。
●あ!黒い線が出てきました。
◆そう、そう。鉛筆で描いてるみたいでしょ。
で、人差し指をマウスから離して動かすと、線はつかないですよね。マウスの左のボタンを押している間だけ、黒い線がつくんです。
じゃ、次行きます。マルを描いてみましょうか。
●マルですか?!・・・じゃあ気合を入れて・・・・・・よいしょ・・・すごいへんてこな丸になりましたね〜
◆人によって描く丸が違うんですよね。画面いっぱいに大きな丸を描く人もいれば、島田さんみたいに、かわいい丸を描いたり・・控えめなんですね、性格が。
●(笑)わかりました?
◆(笑)じゃあもうちょっと丸を描いてみましょうか。
●じゃあ、今度はちょっと大きめな丸を・・
◆ちゃんと丸になるかなぁ〜
●なりません!
◆こうやって描いてみると、マウスが動いたあとが見えるじゃないですか。マウスを自分の思い通りに動かせるようになるためにこれをやるんですよね。
じゃあ、もうひとつチャレンジです。自分の名前をひらがなで書いてみてください。
●はい。まず島田の「し」
◆あ、だんだんうまくなってるじゃないですか。
●〜これは私が5歳のときの字ですね。きっと。
◆鉛筆を初めて持った時ってきっとこんな字を書いていたんだと思いますよ。
・・・あ、いい感じですね。
●「しまだ」と書きました。「あいこ」の「あ」が難しいですね〜
◆マウスの動きを止めてから指を離すくせをつけてくださいね。このあたり、「はね」みたいになってるじゃないですか。これは動いている最中に、まだマウスを押しているっていうことなんですよ。じゃあ今度は漢字で書いてみましょうか。
●名前をですか?画数が・・多くなりますね・・まず島田の「島」・・・・・「田」・・・・・・今度は愛するの「愛」を・・・
◆画数多いから愛せないかな?(笑)そんなことないか。
●いびつな愛になるかも・・
◆はい、じゃあこの字をホームページ上でも見れるようにしときましょうね。興味のある人は誰でも見られるように。
島田さんペイント



















●え、これアップされちゃうんですか?ちょっとひどいなぁ〜お粗末な字になりましたけれど・・はい、書き終わりました。
◆こういう風にするとですね、自分がどうマウスを動かしているかがわかりますよね。ウィンドウズを操作する場合には、自分の思ったところで思ったようにマウスを動かすということがどうしても必要になってきます。
このペイントというソフトは本来はお絵かきのソフトなんですよ。お絵かきの方もやってみましょうか。


pctool at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

ペイントでいろいろやってみよう

●左のほうの欄にはいろいろとありますね。虫眼鏡や筆や・・
◆そうなんですよ。これが島田さんの机の上だと思ってください。机の左側に鉛筆が置いてあったり、筆がおいてあったりするわけです。・・これはエアスプレーなんですよ。ちょっと使ってみましょうか。
エアスプレーのボタンを押していただいて、何色がいいですか?色は下のカラーパレットから選びます。
●赤
◆情熱の赤を押して、そしてマウスを押しながら動かしてみてください。シューッと・・いう感じで。
●・・・・あ、なんかクレヨンで描いたみたいな・・
◆そうですね。速く動かすとまだらな感じになります。そうそう、ゆっくり動かすと濃いのが入ります。
ペイントはさわっていればだんだんと使えるようになってくるソフトウェアなんで、また頑張って使ってみてください。マウスの練習というつもりで使ってくださいね。
●そうですね。直線とか丸をもうちょっと練習しなくては・・
来週は何をしますか?
◆来週はキーボードのほうも頑張ってやってみましょうか。
●はい。キーボードで。わかりました。


pctool at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年04月22日

新しいパソコンを買っちゃいました!

●さて、買ってきました!
◆買ってきちゃったんですね!
●はい。今、このスタジオにもって来ました。
◆これ、どうやって持って来ました?車で、ですか?
●はい、ふつうに運んでまいりました。
◆もしかして、このパソコン、助手席に座ってませんでした?
●はい。
◆シートベルトはしてましたか?
●いえ、そのまま・・・・
◆パソコンを運ぶときに、ひとつ注意なんですけれども、助手席に大事に乗せるのはよいんですけれども、急ブレーキをかけたりすると、飛んで行っちゃいますよね。パソコンを、特にノートパソコンを車で持ち歩くときには、実は助手席の下ぐらいがベストなんですよ。事故
●新品だから大切に、身近に置いておこうと思ったんですけれども・・裏目に出ちゃいましたか。大丈夫かな?

pctool at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

箱を開けてみましょう

4dc6bcc1.jpg◆(笑)大丈夫でしょう。じゃあまず、箱をあけてみましょうか。箱をあけるときの注意なんですけれども、箱をいったんあけてしまいますと、そこからメーカーの保証が発生してしまいます。自分のものになった、ということです。で、もう返品はきかないですから、そのあたりに注意しながら箱をあけてほしいんですけれども、箱をあけてまず、何をしますかね?
●・・・えーと、ちゃんと入っているかなとか・・
◆最近はどのメーカーでもけっこう親切で、中にはこういったものが入っていますという書類がついています。それを見ていただいて、付属品・・最近はほとんど漏れはないんですけれども、昔なんかはよく、CD-ROMが一枚入っていなかったとか、コードが一本ついていなかったとか、そういうようなこともありましたから、確認しながら見ていきましょう。


pctool at 09:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)新着情報 

中身のチェックをしましょう。

6e517cad.jpg●はい。じゃあ、まずは箱の中身をチェック。
◆コードとか、CD-ROMとかちゃんと入っているかを確認してください。
●・・・次はどうしましょうか?
◆えーと、すぐにパソコンの電源なんかを入れないでくださいね。あせらないで。
どのメーカーのパソコンでも、最初に何をするか、というような書類がついてくるんですよ。「最初に読む本」とかそういったタイトルがついていますから、それをちょっと探してみましょう。
●はい。・・あ、ありました。・・・!  分厚いですね〜
◆分厚くてとっつきにくいかもしれないですけど、ひととおり目だけは通していただきたいんですよ。今日みたいに、誰か横についていて見ているというような状況ならいいんですけれども。メーカーによって、最初にしてくださいということが違うことがありますから注意してくださいね。
●本に目を通すんですね。
◆このパソコンは、最初にバッテリー、つまりパソコンの電池を装着しなきゃいけないタイプみたいですね。まず、バッテリーを取り付けます。
本を読みながらやりましょうね。・・・その次には「電源を入れてくれ」、とありますね。電源を入れるんですけれども、その時に、マウスとかの付属品ををつけたくなっちゃいますよね。
●ええ。わたしが思い描いているようなパソコンになってほしいですからね。

pctool at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

セットアップをしましょう。

d009ee7f.jpg◆でも、最初は電源を入れるだけにしておいてください。マウスとかはつけないでくださいね。コンセントにさして、パソコンの電源を入れます。
で、初めてですから、そこでしばらくの間、ウィンドウズの設定をしなきゃいけないんですよ。
●設定ですか・・
◆このパソコンをこれから使う、という最初の簡単な設定なんですけどね。しばらく待っていますと、その画面が出てきますからちょっと待っててくださいね。・・・・あ、立ち上がりましたね。
●出てきましたね。
◆メッセージがでてきます。読まなくてもまあ、大概は問題はないんですけれども・・とりあえず、次へ、次へ、と押していってください。
●はい。・・・・・・一応、これで完了かな、と思うんですけれども。
◆今、完了、ということで押しちゃいますと、一回電源が切れちゃいます。
●あ、そうなんですか。
◆ええ。いきなり電源が切れたからといってあわてないでくださいね。一回電源が切れて、また自動的に立ち上がってきますから。これを「再起動」といいます。
●再起動っていうんですか。
◆それと、この次々と出てくる設定の画面を「ウィザード」っていうんですけれども、これを走らせているときの注意なんですけれども、これをやっている最中に電源が落ちてしまうと、ちょっと大変なことになってしまうんでこれには注意してくださいね。バッテリーを装着したからといって、コンセントにさしていない状態で使うようなことはしないでください。
●はい。これで再起動して完了ですか。
◆ええ、再起動してまた画面が立ち上がってくると完了なんですけれども、最初に読む本をもう少し読んでみましょうか。「最初にこのプログラムを動かしてください」とか「最初にこういったことをしてください」とか書いてあるところはないですかね。
●・・・ありました。
◆このパソコンですと、このプログラムを走らせるみたいですね。結構ここからがまた長かったりするんですよ。
●まだ長いんですか・・
◆このパソコンは、自分で機械の中をチェックしに行っているみたいですね。で、中身をチェックして、保証書に日付を書いてくれというようなメッセージが途中に出てくることもあります。
●じゃあ、よく画面を見ていなきゃ・・
◆そうですね。画面というよりは、最初にこれをやってくださいというところを説明書でしっかり見ておいてください。説明書を読まないでバラバラとあけちゃうようなタイプの人もよくいますよね。
●あ、私はそのタイプです。カンでやっちゃう・・
◆メーカーによって指示がけっこう違いますから、本は熟読することをお勧めします。
2台目、3台目のパソコンで慣れているという人が、説明書を読まないで勝手にやってしまって、大変なことになっちゃった、ということもあります。
●何事も最初が肝心、ですね。

pctool at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

セットアップ

bda21d55.jpg◆・・・・あ、これでもう使えるようになりましたね。
●これで、私のパソコンになった!という感じがしますね!
◆保証書とかはなくさないようにきちんととっておいてくださいね。
●はいわかりました。今日やったことは・・・セットアップ、っていうんですか。
◆ええ。
●セットアップもしましたし、来週からは・・?
◆そうですね。簡単なお絵かきとかでマウスを使う練習をやってみましょうか。

pctool at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年04月15日

●今週はどんなお話をしていただけますか?

◆今日は、今までの流れとはちょっと違うんですが、ウィルスの話をしたいと思っているんですよ。最近、この4月ぐらいから、またパソコンのウィルスが流行ってしまっているので、ウィルスの基礎知識、一般常識についてお話をさせていただきたいんです。

pctool at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

そもそもウイルスって何ですか?

ウイルス
●そういえば、富山シティFMのパソコンにも大量の英語のメール、内容がよくわからないメールが届いているんですけれども、これはウィルスなんですか?
◆英文のメールが全部ウィルスというわけではないんですが、ウィルスの可能性は高いですよね。
で、そもそも、ウィルスとは何?ということなんですけれども、えーと、結局、ウィルスというのは、プログラムなんですよ。
●プログラム??
◆まあ誰か、ウィルスを好きで作る人がおるんですよねー。で、悪さをするプログラム、つまりウィルスを作っちゃって、世界中にばらまいて、喜んでいる、そういう人たちがいるんです。
●ウィルスを作っている人たちの楽しみは、ばらまくことなんですか?
◆そうみたいですね。自分はこんなプログラムを作れたぞ、みたいな感じでうれしくて、それが世界中に広まるのが喜びだ、という、まあそういう変な人たちがいるんですよ。
●ウィルスというのはパソコンにどんな影響を与えるんですか?
◆被害が大きいものから小さいものまで、種類はいろいろとあるんですけれども、昔はけっこう被害が甚大なウィルスが多かったんです。たとえば、ウィルスに感染して何日かしたらパソコンが全く動かなくなってしまうとか・・・
●怖いですね!
◆・・画面上に変な文字が現れるとかね。まあ被害がはっきりと目に見えるというか、そういう被害の大きなウィルスが多かったんですよ。


pctool at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

最近はどんなウイルスが多いんですか?

●今はどうなんですか?
◆最近のウィルスは、ウィルスに感染しても症状がほとんどない、表に出てこないというタイプのものが多いんですよ。
●症状が出ないんですか?
◆ええ。ウィルスを作っている人たちというのは、世界中に自分の作ったウィルスが広まるとうれしいんですよね。で、自分のパソコンがウィルスに感染しているという症状があからさまにでると、誰もがウィルスを駆除しようとするじゃないですか。
(そうなることを避けてか)最近のウィルスは症状としては軽いものが多いんです。パソコンの中でウィルスは自分が増殖していくために、いろいろな悪さは水面下でしてはいるんですが、人の目に見えたりとか、パソコンがうまく作動しなくて困るというようなことはないんですよ。
●へえー
◆だからよけいに厄介なんです。自分のパソコンがウィルスに感染していることに気づかないで、そのままパソコンを使っていると、知らないうちに今度は自分がウィルスをばらまく張本人になってしまうんです。被害者が、知らない間に加害者になってしまっているんです。鬼にタッチされたその人が鬼になる、という鬼ごっこみたいなもんです。
●それはイヤですね〜タチが悪いですね。
◆そうなんですよ。だから最近のウィルスは症状は軽いけれど、タチは悪いんです。


pctool at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

●そういったやっかいなウィルスにどうやって対抗していけばいいんでしょうか?

アップデート
◆そうですねーパソコンのウィルスは、風邪のウィルスと同じだと考えてみればいいと思うんですよ。島田さんは、冬場に「風邪が流行っているよ」と聞いたらどうします?
●まずですね、うがいと手洗い!・・あとマスクしますね。
◆その前に、美味しいものを一杯食べて、たっぷり寝てというのはないですか?
●ああ、それは常にしている(笑)
◆(笑)えーとね、美味しいものを食べてとか、いつも体力作りに心がけてとか、そういったことはパソコンにも当てはまるんですよ。
●パソコンにも基礎体力みたいなものがあるんですか。
◆そうなんです。今のウィンドウズのパソコンであれば、【ウィンドウズのアップデート】というのができるんですよ。
●アップデート・・・・
◆OSがWINDOWS MEやWINDOWS 98のパソコンであれば、スタートボタンを押せば、上の方に「ウィンドウズアップデート」という項目が見つかります。WINDOWS XPの場合は、『すべてのプログラム』の中に「ウィンドウズアップデート」という項目があるんですよ。
これはどういうものかというと、自分のパソコンの中に入っているOSのプログラムと、マイクロソフトのOSの最新のプログラムとの差を調べてくれて、自分のものが古ければ、新しいものを入れてくれるというものなんですよ。
●・・「更新」・・・というやつですか?
◆そうです。これはマイクロソフト社が無料でやっているサービスです。これがパソコンの基礎体力作りですよね。これをまずすること。


pctool at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

風邪の菌に出会わなくする?

レイアウト
あとですね、子供の頃よく言われませんでしたか?風邪が流行っているので、映画館とか駅前とか、人ごみの中には行かないようにって。
●ええ
◆パソコンの場合もそうなんですよ。人ごみに行かないっていうのは、E-メールとかインターネットを一切するな、という意味ではないですよ。
E-メールの設定なんですけど、これを「プレビューをしない」という設定にしておくということなんです。
●???
◆通常は、(マイクロソフト社の)アウトルックエキスプレスというメールソフトを使ってE-メールをなさっている方が多いと思います。アウトルックエキスプレスの画面の下の方に、メールの本文が出てくる部分があります。この部分を表示させない、という設定にしておくということが「プレビューをしない」ということで、これはとても大切なことなんですよ。
●でも、それ(プレビュー)はメールが見やすいようにということであるわけでしょう?
◆ええ、プレビューがあるとメールが見やすいんです。でも画面にメールがでてしまうとと、そこでウィルスのプログラムが自動実行されてしまう危険性があるんですよ。
ですから、ちょっと面倒ではあるんですけれども、画面にはメールの件名と差出人だけを表示するようにしておいて、必要なメールはダブルクリックをして開いて見る、というようにした方がいいんです。
●その設定は簡単にできるんですか?
◆簡単です。
アウトルックエキスプレスのメニューバー・・・・上の方の「ファイル」とか「編集」とか書いてあるところなんですけれども、そこの「編集」というところをクリックして、「レイアウト」をさらにクリックすると、そこに「プレビューする」という項目が見つかります。そこのチェックをクリックしてはずせばプレビューウィンドーが消えますから、できればそうしてほしいんですね。
ウィルスにであう可能性を低くする、ということで「プレビューしない」、ということを是非しておいてください。
●それが、「人ごみを避ける」ということなんですね。
◆ええ。ウィルスに出会う危険性を減らすということなんです。


pctool at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

予防注射!

予防注射
◆その次に、予防注射。インフルエンザの季節とか、予防接種を受けたことあるでしょう?同じようにパソコンにも「アンチウィルスソフト」というものがあるんですよ。
●アンチ・・・
◆ウィルスに抵抗する、という意味なんです。トレンドマイクロ社の「ウィルスバスターとかノートン・アンチウィルスとかマカフィーMacAfeeなんてのもありますね。よくあるものではこの3種類かな。どれでもかまわないんです。どれかひとつを自分のパソコンに入れておくことが必要です。・・・2つ入れるとケンカしちゃうんで、1種類だけ。
●そのソフトをパソコンに入れておけば、ウィルスと闘ってくれる、ということですか?ウィルスを探してくれるのかな?
◆単に「入れておけば」あとはよし、というわけではないんですよ。入れた上で、アンチウィルスソフトの情報をいつでも最新のものにしておくことが、ものすごく大切になってきます。
「指名手配犯」の顔写真のポスターなんかが街に貼ってありますよね。あれと同じです。こういう顔を見たら、それはウィルスだよと、そういう風は手配書みたいなものを、いつも最新のものにしておかなければいけないんです。
●古い犯人を追っていてもしょうがないですものね。
◆ほとんど全員逮捕されているにもかかわらず、赤茶けてぼろぼろになっても人相書きが貼ってあったりすることがありますよね。そういった人相書きしかパソコンに入っていないとしたら、昨日悪いことをした犯人がパソコンの中に侵入してきたとしても、わからないということになりますからね。
ですから、ウィルスの人相書きを最新のものにしておく、ということが必要なんです。
これは「定義ファイルの更新」と呼ばれたりもしています。それぞれのアンチウィルスソフトのマニュアルで確認しておいてください。
●これも大事な予防法のひとつなんですね。


pctool at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ウイルス対策 

最後に

◆この3つです。

★体力をつけておくということで「ウィンドウズ・アップデート」
★ウィルスになるべく出会わないようにするということで「プレビューをしない」設定にする
★アンチウィルスソフトを入れて、いつでも定義ファイルを最新のものにしておく

結構めんどうですね。

特にウイルスは休みの時期にはやるんですよ。
おかしなものですね。
そろそろゴールデンウイークなんで、また新しいものがはやりそうですね。
ウイルス対策ソフトの会社が休みに入る時期にまた注意ですね。

この辺のウイルス対策ですが、インターネット社会の基礎みたいなものなんですよ。
基本をきちんと守って、パソコン、インターネットを楽しんでいただきたいですね。




pctool at 14:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ウイルス対策 

2004年04月08日

●今日は、「パソコンを買おう」というところなんですけれども・・

◆島田さんはパソコンをいつも使っていますか?
●会社ではちょこちょこ使うんですけれども、実は・・家には持っていないんです。
◆そうですか。やはり自分の機械を持って自分で操作するっていうのが上達する一番のコツですよね。
●はい、わかっていてもなかなか・・。電気屋さんへ行っても、ほしいなあとは思っても、どれを買えばいいかなあとか、使いこなせるかなあと考えると、なかなか手が伸びないんですよね。
◆パソコンをほしいなと思った時に、考えなければいけないことはたくさんあるんですよ。まずですね、オペレーティング・システムですけど、この言葉を聞いたことありますか?

pctool at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

●オペレーティング・システム・・・・・どういったものなんでしょうか?

◆OSといってですね、パソコンを操作する基本的なソフトウェアのことなんですけれども、そのOSを選ばなきゃいけないんですよ。
●OSをまず選ぶ・・・
◆ええ。で、マッキントッシュとかマックって聞いたことありますか?
●はい。
◆見ると可愛いですよね。女性の方なんか、好きだ〜とよく言われるんですけれども、そのマッキントッシュという機械とあと、ウィンドウズという機械と。だいたい大きく分けて2種類あるんです。
僕も教室なんかで「どれがいいかねえ」とよく聞かれるんですけれども、人とファイルをやりとりしたいという場合は、やはりシェアが高いウィンドウズの方が苦労は少ないですよとお話しています。かわいいんだけれどもマッキントッシュよりはウィンドウズの方が便利ですよとお勧めはしています。
マッキントッシュからウィンドウズにデータを持っていったりすることはできないことはないんですけれども、ちょっと苦労を伴いますから、まあ、最初はウィンドウズからやり始めるのが一番じゃないでしょうかね。

pctool at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

どこで買うのが良いんですか?

OSの選択の次にくるのが、電気屋さんで買うのか、それとも通販で買うのか・・ということ。これも選択肢なんですよ。電気屋さんでは、大手のもの、NECとか富士通、SONYなんかのパソコンを売っているんですけれども、最近流行ってきたのが通販なんですよね。通信販売です。DELって聞いたことありますか?
●ああ、聞いたことあります。・・価格が安い?
◆そうです。通販をしているメーカーには、DELLとかヒューレット・パッカード、あとエプソンなんかがあります。通信販売のほうがやはり値段は安いんですよ。でも、値段の安さだけで買ってしまうと、あとがちょっと大変です。箱だけしか来ないんで、いろいろなソフトウェアは自分でいれていかなきゃならないんですよ。
●そうなんですか。
◆島田さんの場合は、最初は量販店、電気屋さんで買うのがいいんじゃないでしょうか。
●電気屋さんがいいんですね。


pctool at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

いろいろあるパソコンのスタイル

家にパソコンを置きっぱなしにして使うのか、それとも外に持ち出しても使いたいのかで選ぶパソコンの格好も変わってきます。通常は、家に置きっぱなしの場合は、「デスクトップ」といわれるパソコン、据え置き型のやつですね。それにするのか、それとも「ノート型(ノートブック型)」のパソコンにするかということなんです。
これはその人次第なんですけれども、島田さんの場合なんかは、会社でもご自宅でも使われたりということになるんでしょうね。
●でも、会社には会社のパソコンがあるので、あまり持ち運ぶことはないと思うんです。
◆そうですか。あ、ノート型かデスクトップにするかという場合、もうひとつ考慮に入れなければならないのは、壊れたりトラブルが起こったときにどうするのかということなんです。デスクトップのパソコンの場合は、持ち運びが難しいので、誰かに来てもらってみてもらうということになります。ノートパソコンの場合は、家から持ち出して見てもらうことが簡単にできます。
●はあ・・
◆ノート型のパソコンの方がデスクトップよりも若干割高になるんですけれどもね。でもどちらかというと、島田さんはノートの方がいいんじゃないかなという気がしますね。
●なるほど・・大分しぼられてきましたね。


pctool at 06:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

メーカーはどうやって選ぶんですか?

◆あと、どこのメーカーのパソコンにするのかということなんですけれども。
●すごく迷いますよね。
◆そうですね。デザインだとか、ついてくるソフトウェアの種類の違いなどで選んでいただいて問題ないと思うんですよ。例えばパソコンで年賀状を作りたいなと思ったら、年賀状作成ソフトがおまけで入っているものを選べばいいんじゃないでしょうか。
●おまけに入っているんですか。
◆ええ。おまけにいろいろなソフトウェアがついてくるんですよ。家計簿ソフトとかちらし作成ソフトとか。そういうおまけでついてくるソフトの種類でパソコンを選ぶというのもひとつの方法です。


pctool at 05:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

ほかに注意することはあるんですか?

●いろいろと、(難しい専門用語が)あるじゃないですか。何キロバイトとか・・ああいうのを聞いていると、なかなか、う〜ん、わからない!と思ってしまいます・・・
◆そうですよね。パソコンの機械の性能については、今ここでお話するのも難しいので・・・電気屋さんに相談していただければいいんじゃないかなと思います。パソコンの処理能力とか、データの収容能力なんかは最初からはわかりにくいですからね。パソコンでどういったことをやりたいのかということを、電気屋さんに伝えて相談すればいいと思います。自分の話をじっくりと聞いてくれる店員さんを見つける、というのもパソコンを買う場合のコツのひとつですね。
話のしやすい店員さんを一人見つけて、その人に何でも相談すればいいんですよ。あとで困った時とか、何かを買い足したい場合にもね。
やはり、パソコンに関しては、先輩、というかパソコンに詳しい人に聞くのが一番です。他にもパソコン教室の先生とか、近所のパソコンに詳しい人とか・・・何かあったときに頼れる人を作っておくということは大切です。
●わかりました。・・・それから、価格のことなんですけれども・・・安いものではないですよね。パソコンって。
◆確かに安いものじゃないので、パソコンを買う時には、自分の予算を決めておく必要があります。ノートパソコンだとだいたい15万円から20万円ぐらいを見ていただければ大丈夫だと思いますけれど。
●わかりました。私も電気屋さんに足を運んでみたいと思います。
◆お店の店員さんと、ぶっちゃけて、いろいろと腹を割って話をしてみるというのが早道かと思います。
●わたしぜんぜんパソコンのことを知らないんですということも話せばいいんですよね。
◆電気屋さんの人柄を見て、この人よさそうだなーとおもったら、信頼するというのが一番だと思いますよ。

●今日はパソコンの買い方についてお話を伺いました。来週は?
◆そうですね。島田さんがパソコンを買ってこられるのだったら、いっしょにあけてパソコンの設定などをしてみましょうか。
●お願いします!


pctool at 04:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新着情報 

2004年04月01日

●「パソコンを楽しもう」今日は初回ということで、簡単な自己紹介をお願いいたします。

f9d96c68.jpg◆自己紹介を含みまして、私たちの活動の紹介もさせていただきたいと思います。
この『パソコンを楽しもう』という表題なんですけれど、パソコンというと、難しいものだとか、さわったら壊れそうというイメージがありますよね。僕もサラリーマンやってた頃は、パソコンを会社の仕事でさわっていて、社内の方にいろいろと使い方の説明などをしていたんです。で、やはり皆さん、いやいやというか、おっかなびっくりだったんですよね。僕の中でも、パソコンは仕事の一部ではあったんですが、僕の暮らしの一部ではなかったんです。
で、ある時に無料のパソコン体験講習のようなものを手伝わせていただく機会がありまして、その時に講習に来られた方たちは、お勤めの方ではなくて、お年よりの方の受講が多かったんです。
そういう方たちは、別に明日までにエクセルの資料を作らなくてもいいわけです。報告書を明日までにあげなければいかんというわけでもない。「こんなことできたら面白そう」という感じで教室に通ってこられるわけです。すごく楽しそうで、元気一杯にやっていらっしゃる姿に接して、こういうことがパソコン本来の可能性なのかなと気づかされたんです。
その時は計12時間の講習だったんですが、12時間では本当に使えるというところまではいかないですよね。で、講習にかかわっていた人たちの間で、講習後のサポートのような体制を作れないかなーというような話になっていったんです。
その時に集まっていたメンバーがもとになって、最初は会社を作ろうかななんて話にもなったんですが、やはりやりたいのは「楽しくパソコンを使ってもらいたい」ということだったので、NPO法人格をとったんです。
そのうち、こっちの活動の方が面白くなったので、会社も辞めちゃって、今では県内、東は朝日町から西は氷見、福光まで、パソコンの講習をやっています。
その中で、僕が一番年が上だったからというわけでもないんですが、一応、NPO法人PCTOOLの代表理事をしています。


pctool at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

●そこまで能登さんを駆り立てるパソコンの魅力というのはどこなんでしょうね。

e486cb57.jpg◆パソコンというのは、可能性だらけなんですよ。
たとえば、テレビだったらテレビを見ることしかしないし、洗濯機でパンを焼く人はいないですよね。この冷蔵庫は食器も洗えるということはないです。つまり、家電といわれているものは単機能だったんです。何かの機能を果たすためだけの機械だったんです。
僕の場合も昔はパソコンといえば、ゲーム専用機でした。
でもパソコンでは本当にいろんなことができるんですよ・・・インターネットとかね。その可能性に気づいたら、本当に楽しくなってしまいました。で、自分が楽しいことって、人にも教えたいじゃないですか。わくわくした気持ちを人に伝えたくなる。そうしているうちに、やみつきになってしまったという感じです。

pctool at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

●能登さんが初めてパソコンに触れたのはおいくつぐらいの時なんですか?

◆高校生の終わり頃かな。パソコンで簡単なゲームができるよと友人に教えてもらって、ゲームといっても今と違って白黒の画面で、モノが動く程度の簡単なものだったんですけどね。

pctool at 15:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

●私自身あまりパソコンを駆使できないんで、このコーナーはこれからとても楽しみです。

◆パソコンの選び方とか、パソコンでどんなことができるかなとか、そういったことをひとずつ話していきたいです。聞いているうちにワクワクしてきて、パソコンをさわらずにはいられない・・なんて具合になっていったらいいなーと思っています。

pctool at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

●初歩の初歩からお願いします。ラジオの前のみなさんからも、ご意見やご質問をどしどしいただけたらと思っています。

◆そうですね。専門的な質問ではなくて、どういう風にパソコンを使っていったら面白いかな-とか、パソコンとどんな風につきあっていったらいいかねーとか、そういったご質問をどんどんしていただけたらと思います。
●来週から本格的なお話が始まりますけど・・・
◆まあ、本格的にというよりか、ちょっとさわってみたら面白かったなとかそんなような話を積み重ねていければと思っています。
●よろしくお願いいたします。私はホントに初心者ですけど・・・
◆会社の仕事でやらされてパソコンが嫌いになっている人よりは、逆にパソコンを全くさわったことがない人のほうが、楽しさを見つけやすいんですよ。
●これからこのコーナーも可能性が無限大、という気がしますね。
◆簡単な話から初めて、徐々にレベルを上げていって、難しい話もしていきたいと思っています。いっしょに楽しんでやっていきましょう。
●質問ご意見はメールでお受けいたします。
宛先は info@city-fm.co.jp です。
来週はパソコンの買い方についてうかがいます。

pctool at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)