1/22発売予定の
究極のギター運指トレーニング
/リットーミュージック

収録されている185本の全譜例に対応した動画をアップしました。

究極のギター運指トレーニング対応全譜例動画再生リスト

ところで本書には、練習することについてのスタンス、機材環境
またテクニックについての考察をいくつか取り上げています。
ここではそれをいくつか抜粋して紹介してみたいと思います。

♦♦♦♦収録コラム一覧♦♦♦♦
◎練習時の機材環境について 20
◎練習時のリズムのガイドについて 34
◎過度の繰り返し練習がもたらす危険性 61
◎トレーニングの功罪 64
◎テクニックの功罪 68


今回は「はじめに」から抜粋したものをアップします。
    ↓

 普段からデイリー・トレーニングに励むギタリストの中で、人差指→中指→薬指→小指というような一定のパターンばかり練習しちゃっている人は多いと思います。またいくらスケールを地道に練習していても、それが山なり谷なりの同じパターンばかりだと、実際のアドリブでもそういう指の動きのフレーズしか出てきません。

 <中略>

 本書はどのページから始めても構いません。しかしできれば、練習したら譜例に印を付けていき、しらみつぶしに弾いていくと達成度も確認できるし効果的でしょう。全ての譜例に印が付いて、さらに2〜3週くらいすれば、たいていのフレーズは指のもつれなく弾けるようになっていると思います。
 エレキ・ギターの世界は、楽器全般からみるとかなり独特です。指のバタ付きが原因でたどたどしく弾いちゃった演奏が個性として評価されたり、逆にスムーズに弾き過ぎていてつまんないと罵倒されたりとか。本書では、練習不足とか弾き方のまずさに由来する偶発的なインパクトなどではなく、本来内面的に表現したかった音なりフレーズが、ストレス無く表現できるスキルを身に付けることを最終目標に掲げています。そのためのツールとして本書を役立ててもらえれば幸いです。