2018年02月21日

超小型測色計のご紹介

IMG_6352
お客様でとても小さな測色計を拝見しました。
「CUBE(キューブ)」
手のひらサイズの測色計です。
ここまで技術が進んだことにとても驚きました。
スマートフォンと連動し、測定値はスマートフォンに表示されます。
機動性が高く、現場で現品の色調を調べるときにはとても重宝すると思います。
こちらのオンラインストアで購入できますが、CPは高いと思いました。

このような最新ツールはすぐに欲しくなってしまうのですが、色調のコンサルティング依頼はほとんど無いので見送りました。
  
Posted by pe_hirata at 12:23Comments(0) Clip to Evernote ツール | 現場管理

2018年02月18日

旭サナック(株)ユーザー技術教室のご紹介

旭サナック(株)様のユーザー技術教室のご紹介です。
今回はトヨタ自動車の新しい塗装ラインについてのご講演です。

「自動車塗装工程の課題と対応 〜CO2排出量削減に向けて〜」                
 崋動車塗装工程の概要と課題」
◆嵳得僂硲達錬嫁喀个鯊臧に削減する塗装ラインの開発」

トヨタ自動車株式会社
。唯單描生技部 塗装計画室  那須礼学 先生
■唯單描生技部 塗装技術統括室  林晃基 先生

「自動車塗装ラインへのハンド静電ガンの適応について」
〜これまでの変遷と今後のIoT化に向けて〜
旭サナック株式会社 営業技術部 伊藤貴仁 様

めったに公表されない内容だと思います。
どうぞお聞き逃し無く。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、群馬県太田市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、古巣の日立金属のOBと情報交換会です。  
Posted by pe_hirata at 18:10Comments(0) Clip to Evernote 塗装技術 | 学び

2018年02月15日

ゴミブツ対策実践セミナーのご案内

東京で開催されるゴミブツ対策実践セミナーをご案内いたします。

塗装・コーティング現場のゴミ・ブツ対策実践セミナー
〜塗装外観品質の最大の敵を「見える化」で撃退〜


主催  :R&D支援センター
開催日時:2018年02月27日(火)10:30〜16:30
開催場所:江東区産業会館 第2会議室
講師:
平田技術士事務所 代表 平田 政司
CEL(Clean Environment Lab) 代表 湯澤 智
費用:
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)

リンクの目次をご覧いただくと、内容がかなり豊富であることがおわかりいただけると思います。
前回大好評だった内容に加え、今回は具体的な現場の改善事例の写真をご覧いただく予定です。
今まで以上に、具体的な現場の改善ヒントをつかんでいただけると思います。
1名につき32,400円(税込、昼食・資料付き)となる講師割引申込書をご用意しております。
ご希望のお客様は、私のホームページからメールをお送りください。
折り返し、お送りいたします。

何もしなければ、何も変わりません。
私たちのこのセミナーの受講から、皆様の現場に大きな一歩が開けていくことをお約束いたします。  
Posted by pe_hirata at 22:12Comments(0) Clip to Evernote 講演 | 見える化

2018年02月13日

ちょっといい話

今日は兵庫に泊まっています。
今朝上越新幹線車内で喧嘩があり、非常停止ボタンが押されて10分停止してしまいました。
このため東海道新幹線ののぞみと新神戸からのこだまのつなぎができなくなり、お客様の到着が大幅に遅れることがわかりました。
加古川駅からタクシーに乗り込んで行き先を告げたところ、かなり荒い運転でした。
アクセルも踏み込んで、黄色信号も突っ込んでいきました。
ところが通常の半分程度で到着できたので、なんと13時2分前に着くことができました。
降りるときに運転手さんに13時前に到着できて助かりましたとお礼を言ったところ、「実はお客様が駅から走って乗り場に来られたのできっと13時までに行かなくてはならないだろうと思って急ぎました。」とのことでした。
運転中一言もしゃべらなかったのは、運転に集中されておられたことがこのときに分かりました。
お客様の雰囲気から何をしなくてはならないかを瞬時に判断して行動されるプロフェッショナルに私もとても感動しました。
私が経験した初めての神対応でした。
私もプロのコンサルタントとして、気配りを深めていきたいと思います。

あすは兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、愛知県瀬戸市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、東京ビックサイトの表面技術要素展に行った後、東京工業塗装協同組合の会合に出席します。  
Posted by pe_hirata at 22:58Comments(0) Clip to Evernote ビジネス | 人とのつながり

2018年02月07日

羽の無い攪拌機の動画

羽の無い攪拌機の製造メーカーであるアクアテックスさんのホームページに、撹拌の動きが分かる動画がたくさんアップされています。
これを見ると高粘度のものもコーナーまでよく撹拌されていることが分かります。
アクアテックスさんの攪拌機はメニューも多く、それぞれの現場にフィットする攪拌機を選ぶことができるところが強みだと思いました。
私の廻りでも導入が増えています。
塗料缶の大きさや粘度や顔料沈降でお悩みのお客様は、ご相談されると良いと思いました。

降雪で交通網が乱れていますが、今週は埼玉ウイークなので助かりました。  
Posted by pe_hirata at 12:03Comments(0) Clip to Evernote ツール | 見える化

2018年02月04日

モノと人の動線の見える化

昨年秋から製造現場では繁忙が始まっていますが、年明けからその忙しさはさらに大きくなっています。
心を亡くすと書いて忙しいとなりますので、しっかりと現場を観て生産につなげていきましょう。
そうした中、忙しいあまりにモノと人の動線がこんがらがる状況が出始めているのを目にするときがあります。

モノと人の動線は、ショートカットでなるべく短くしましょう。
モノを運んだり、工具を探したりする行為は、お金を産みません。
この機会に現場を俯瞰して、モノと人の動線の見直しをおこなうことをおすすめいたします。
毎日、毎時間のことですから、結果はすぐに出るところもいいですね。

あす月曜日は、埼玉県美里町で5Sコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、埼玉県川越市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 17:11Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | 現場管理

2018年01月29日

メルマガ配信予定です。

第10回のメルマガを近々配信予定です。

今回はとても面白い塗装ブースの気流の可視化モデルの動画です。
ブースをスパッと縦に輪切りにしたモデルなので、渦や乱流の様子がよく分かります。

ご興味がお有りのお客様は、こちらから登録ください。
無料です。
  
Posted by pe_hirata at 19:01Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | ツール

2018年01月24日

バンドー化学の落下塵可視化ツールのご紹介

落下塵の可視化、数値化ツールはいろいろなメーカーが開発、販売しています。
私もガラスプレートの上に落下、付着した50μm以上の異物を動画撮影し、画像解析で時系列で数値化、グラフ化する付着塵ロガーを現場に投入しております。

そのような中で、今日はバンドー化学さんの落下塵可視化ツールをご紹介いたします。

クリーンルームなどの落下塵の可視化を実現した異物検査ツール「BANDO DEC-20™」



20μmレベルの異物の検出が可能とあります。
お値段の表示がありませんが、私のお客様はすでに導入検討されておられコストパフォーマンスは良いとのことでした。
小型軽量という点も魅力的だと思いました。

明日から大阪へ移動し、金曜日は大阪府工業協会で講演です。  
Posted by pe_hirata at 17:17Comments(0) Clip to Evernote ツール | 見える化

2018年01月14日

日本塗装技術協会講演会のご紹介

本日は、日本塗装技術協会様の講演会をご紹介いたします。

テーマ「自動車塗装に見るものつくりのチカラ 〜提案から実現へ〜」
開催日: 平成30年2月16日(金)10:30〜16:50 
会場:  日本ペイントホールディングス(株) 東京事業所 センタービル Aホール


今回は自動車塗装技術のなかでも意匠に関する内容が多く選定されています。
昨年のモーターショーで書かせていただいた通り、今後の自動車と自動車部品は意匠競争が一段と激しくなるように感じております。
自動車の意匠技術の発表はかなり少ないので、この機会をお見逃し無く。
(と、書きましたが、2月は稼働日が少ないため私自身聴講は無理でした。残念です。)

あす月曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
火曜日は、兵庫県加西市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、自宅で経理とデータ解析。
金曜日は、埼玉県本庄市でゴミブツコンサルティング。
土曜日は、次男の結婚式です。
2年続けて長男次男が結婚しました。
  
Posted by pe_hirata at 18:21Comments(0) Clip to Evernote 学び | 塗装技術

2018年01月07日

カトウ光研さんの可視化事例のご紹介

今年もよろしくお願いいたします。

私はカトウ光研(株)のグリーンレーザーシート光源を保有しています。
ここぞという時の現場の浮遊ゴミの可視化に対して、とても大きな戦力になっています。

今年も私は製造工程の不具合原因の可視化、見える化に注力いたしますが、カトウ光研さんのサイトにとても良い可視化事例が紹介されていました。

「微粒子可視化システムによる清浄環境評価」

これを見ると、現場でどのような管理をしていかなくてはならないかがよく分かります。
今年こそ「モグラ叩き」から脱却して、不具合原因を可視化し、効果が出る対策につなげていきましょう。

あすは成人の日ですが、関東はお天気が悪そうです。
火曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、岐阜県関市でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 16:56Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | 現場管理

2017年12月25日

不良対策で生産能力アップ

今月は東北、北陸、関西、東海を廻りましたが、どちらの地域も繁忙を極めていることが実感できました。
生産が追いつかず、30日まで続けるお客様もあります。
そのような繁忙の中でも、いや繁忙だからこそ、1個でも納品につなげたいとのことで私のお客様はどちらも不良対策を進めておられます。
不良対策をおこなえば、良品数が上がり納期問題が緩和できます。
設備投資もほとんど無しで、即効で能力が上がります。
いままで不良対策は手つかずだった会社も、この機会に年明けから取り込むことをおすすめいたします。

今年は27日水曜日に京都を訪問して仕事を終了します。
冬休みのメンテナンスで非定常作業となりますが、どうぞ安全にご留意ください。  
Posted by pe_hirata at 11:18Comments(0) Clip to Evernote ものづくり | 塗装不良率

2017年12月20日

製造ラインが止まるリスク

現在製造現場は繁忙を極めており、ラインの停止は許されない状況になってきました。
そのような背景の中でライン停止の3大リスクは、
\瀏の突発停止
火災
インフルエンザの集団感染
であると私は考えます。

これらのリスクは日々の管理で防げますが、往々にして生産がタイトなときに発生します。
なかでも設備の突発停止は、事前に兆候が出ていたケースが多いです。
その卑近な事例が、のぞみの台車の亀裂事故です。
異音や異臭が確認されていたにもかかわらず、3時間も走行が続きました。

製造現場の設備故障でも、事前に異音がしたとか、数日前に故障が起きたがすぐに直ったのでそのまま稼働を続けたケースもありました。
搬送のハンチングやポンプや排気ファンの異音や過負荷もその事前兆候です。
またその情報が担当だけで止まっていたという残念な場合もありました。

ラインを止めることができない今こそ、リスクの洗い出しと対応策の検討と事前準備をおこないましょう。  
Posted by pe_hirata at 21:59Comments(0) Clip to Evernote 現場管理 | 安全

2017年12月17日

大阪府工業協会のゴミブツセミナーのご案内

大阪府工業協会主催のセミナーがホームページに掲載されました。
「見える化」で進める、塗装・コーティングの工程改善
「見える化」で進める、塗装・コーティングの工程改善目次
この大阪講演は、私のビジネスパートナーの湯澤コンサルタントとのジョイントセミナーです。
現在パワポを作成中ですが、前回のジョイントセミナーからさらにパワーアップしています。
しかもお金のかからない見える化ツールの項目も従来よりかなり充実しています。

開催日  2018年1月26日(金)
開催時間 午前10時 〜 午後5時
開催場所  大阪府工業協会 研修室
申込締切日 2018/01/24
会員価格   25,920円
非会員価格 31,320円

今のところ関西での講演予定はこれだけです。
西日本の皆様は、どうぞお見逃し無く。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、兵庫県加西市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、愛知県瀬戸市でゴミブツコンサルティングです。
  
Posted by pe_hirata at 20:56Comments(0) Clip to Evernote 講演 | 現場管理

2017年12月13日

火の用心

寒さが一段と厳しくなっています。
私が住んでいる埼玉県熊谷市は、冬は北風が強く、湿度も低下します。
最近の熊谷気象台データを見ると、昨日と今日は最低湿度が14%を示していました。
そのような中で、最近、塗装工程の火災も発生しています。

私がサラリーマン時代にレシプロ静電塗装ブースで火を出したのは冬場のプライマーブースでした。
原因は治具の通電不良と膜厚アップ条件、それと冬場のプライマーということで低沸点シンナーという条件が重なったことにありました。
幸い給気フィルターには引火しなかったので大事には至りませんでした。

火災の三要素は、「点火源」、「可燃物」、「酸素の供給」ですので、それらが重ならないようにすれば火災は発生しません。
私の場合もそうでしたが、ブースで火災が発生したら、非常停止ボタンでブースの給排気を止めます。
一般には非常停止ボタンとインターロックを取っているはずですが、私のお客様にお聞きするとあまりインターロックはされていないようでした。
しかし火災発生時には慌ててしまいますので、手動でブースを止めることは難しいと思います。

またブース内の一斗缶などがアースされていないことや、蓋もされていないケースがとても多く見受けられます。
シンナー蒸気は缶に溜まっていますので、これに静電気のスパークが走ると引火します。

また構成員全員、消火器の訓練が必要です。
初めての人は腰が退けて、まず消せません。一歩前進が必要です。
期限切れの消火器を集めて、1年に1回、消火訓練をおこなうことをおすすめします。

火災が発生してラインが焼失してしまったらお客様に多大なご迷惑をおかけするだけで無く、お客様が手当てした転注はまず戻ってきません。
日頃の火災予防措置で、お客様に対して品質保証と同じレベルの安全保障をおこないましょう。

あすは富山高岡ですが、この冬一番の寒波なので日帰りできるか心配です。  
Posted by pe_hirata at 20:41Comments(0) Clip to Evernote 安全 | 静電気

2017年12月10日

WebやSNSを使ったビジネスマーケティングの書籍のご紹介

私のWebマーケティングのコンサルティングをしていただいている(株)カティサークの押切社長様が監修された本が出版されました。
「激わかる! ビジネスで使える Web・SNS入門」実業之日本社
ネットの他、すでに都内の本屋さんでも平積みされており購入ができます。
Webを使った情報発信と集客はすでに当たり前の世の中となっており、中小企業や個人事業主でも避けて通ることはできません。
しかし私もそうでしたが、最初は敷居が高くどこから手を付けて良いかわかりません。
そのような問題を解決してくれるのが、この「ビジネスで使える Web・SNS入門」です。
YouTube、Facebook、インスタグラム(私も投稿しています。)、ライン(タイムラインやっています。)Twitterなどのアプローチの仕方をステップ毎に解説しています。
実は本書に私のブログが紹介されています。(109ページ)
10年以上に渡ってビジネスブログを投稿している事例は少ないとのことで、ご紹介いただきました。

本書を手にとっていただき、本書が皆様のビジネスのお役に立つことを期待いたします。

あす月曜日は、先週開催したセミナーの資料のブラッシュアップと経理。
火曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、埼玉県川越市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、富山県新湊市でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 16:24Comments(0) Clip to Evernote ビジネス | マーケティング

2017年12月03日

いわて塗装技術研究会の講演

金曜日は盛岡で「いわて塗装技術研究会」様主催の講演会でした。
こちらの研究会での講演は、2009年、2011年に続き、今回で3回目です。
IMG_5949

盛岡駅にお昼に到着すると、小雪がぱらついていました。
今回も塗装工程のゴミ、ちり、ほこり、異物対策のお話しですが、3回目ともなると同じ話はできないので誰でもトライできる調査、対策内容を実例を交えてお話しいたしました。
IMG_5948

今回は約70名の皆様に聴講いただき、講演のあとの懇親会でも皆様と楽しいひとときを過ごさせていただきました。
土曜日に都合があったため始発のはやぶさに乗ろうとしたところ、普通、グリーンとも満席だったので初めてグランクラスに乗って帰りました。
IMG_5953

東北の皆様の真剣な眼がとても印象に残りました。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、埼玉県小川町でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、東京で技術情報協会様主催のゴミブツ講演です。  
Posted by pe_hirata at 20:09Comments(0) Clip to Evernote 講演 | 人とのつながり

2017年11月26日

スプレーワークの見える化技術

塗装スプレー作業は、なかなか教えるのが難しい技能領域です。
私は昔ゴルフにトライしたことがありますが、打ちっ放しに行ってもどこが悪いのか分かりませんでした。
そこで短期間レッスンを受けたこともありますが、先生の説明があたまでは分かっても身体に落ちず、結局あきらめてしまった経験があります。

私は私のビジネスパートナーの湯澤コンサルタントと、現在様々な見える化技術を構築しつつあります。
その中で本日はスプレーワークの見える化技術をご紹介いたします。
これは先月メルマガでご紹介したところ反響が大きかったため、ブログでもご紹介することにしました。


スプレーワークの三大要素は、「面直」、「運行スピード一定」、「吹付け距離一定」です。
これらの要素を分かりやすく見える化するため、ガンをトレーサーとしてガンの軌跡をトラッキングしました。
すると、ガンと被塗物との距離がばらついたり、運行の軌跡がうねったり、被塗物に対してガンが面直になっていない様子が誰でも分かるようになりました。


さらに湯澤コンサルタントは、ガンから塗料が出ている時間や、ガンと被塗物とのガン角度、さらには運行スピードの自動計算されました。


同じモノを塗っているのにガンから吐出している時間が長いということは、スプレーカットが無いかあるいは短いので、その分無駄な塗料が吐出されており、コストアップになっています。

この映像解析はモーションキャプチャーのカテゴリーにはいると思いますが、専用設備を必要とせずデジカメの動画映像をソフトで画像解析しています。
またさらにこの解析を人の動線解析や手の動作解析につなげていく方向で検討を進めています。

これらの動作解析は、60秒1万円でお受けいたします。
(お客様で撮影いただき、データを宅ファイル便でお送りいただく場合。)

ご希望の方は、詳細は湯澤コンサルタントにお問い合わせください

明日月曜日は、セミナーの資料作成。
火曜日は、兵庫県加西市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、月末の経理と請求書作成。
金曜日は、岩手県盛岡市でいわて塗装技術研究会で講演です。
12月の予定がほぼ確定しましたが、非常にタイトになりました。
風邪になっても休めない状態なので、気を引き締めて今年を乗り切りたいと思います。
  
Posted by pe_hirata at 16:40Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | 現場管理

2017年11月21日

塗装に厳しい季節がやってきました。

寒い季節がやってきました。
関東は北風が強まり、日々湿度が低下しています。
朝晩と昼間の気温差が大きいため塗料の希釈条件に苦労され、タレが増えている現場も見受けられます。
またゴミ不良も増加傾向にある現場もあります。

同時に静電気が発生しやすい季節になりましたので、塗料やシンナー缶の蓋とアースを確実におこないましょう。
湿度に敏感な私の手も少し割れてきました。
もう少しで金属に触るとビリッとくると思います。
毎年何件か塗装現場の火災を耳にします。
日々の注意で事故を未然に防ぎましょう。

月曜日は埼玉県美里町、本日火曜日は本庄市でゴミブツコンサルティングでした。
水曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
金曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 18:50Comments(0) Clip to Evernote 自然 | 静電気

2017年11月11日

ゴミ異物セミナーのご案内

年末年始に予定されている私の講演会についてご案内いたします。

1)いわて塗装技術研究会
12月1日(金)14:00〜16:00 盛岡 ホテルルイズ盛岡  会員のみ

2)技術情報協会
12月8日(金)10:30〜16:30 東京五反田 技術情報協会 8F セミナールーム 
聴講料 50,000円
聴講料が2割引となる講師割引申込書がありますので、ご希望の方は私のホームページから「講師割引申込書希望」と記載しメールをお送りください。

3)大阪府工業協会
2018年1月26日(金) まだパンフレットはできておりません。

4)R&D支援センター
2月27日(火)10:30〜16:30 江東区産業会館 第2会議室
聴講料 49,980円
私と湯澤コンサルタントとのコラボセミナーです。

製造工程のゴミほこり異物不良は、何もしなければ減りません。
永久に製造コストを圧迫し続けます。
セミナーへの参加が、大きな改善の第一歩になります。
小さなステップから改善に踏み出していきましょう。  
Posted by pe_hirata at 17:55Comments(0) Clip to Evernote 講演 | 現場管理

2017年10月31日

TOKYO MOTOR SHOW 2017 (No.3)

東京モーターショーはこんどの日曜日までです。
週末は天気が良さそうなので、かなり混むはずですから、平日に行ける人は平日が良いと思います。
特に金曜日は雨模様なので、狙い目かもしれません。
IMG_5795
マツダのブースは匠塗のソウルレッドクリスタルメタリックが前面に押し出されていました。
IMG_5798
こちらのグレーも匠塗です。
ハイライトとシェードの差がとても大きく見えます。

私が考える次のメタリックですが、蒸着アルミフレークのメタリックの上にカラークリヤーを塗装し、さらにその上からトップクリヤーをダブルコートする方向があると思います。
かなりとんがった意匠になると思います。
IMG_5799
IMG_5800
IMG_5801
写真に写っている伊藤さんが開発した、薄肉軽量化SCUBA(R)鋳造ホイールです。
私も伊藤さんも日立金属の退職者ですが、図々しくアンケートをして記念品をいただきました。
私はまだ7,000株も持っているので、もっと株価上昇して欲しいです。
IMG_5806
IMG_5805
スバルもつや消しボディでした。
おそらくホイールもつや消しです。
外傷樹脂部品もサイドミラーもホイールもつや消しと色調との組み合わせの時代が来ると思います。
IMG_5813
IMG_5811
IMG_5816
IMG_5814
IMG_5815

海外メーカーの外装部品は、つや消しが当たり前のように思いました。

今回のモーターショーは前回より突っ込んだデザインが多くなったように感じます。
突っ込んだという表現が適切かどうかですが、海外メディアの報道では色気を出していると表現しているようです。
電動化と全自動運転技術は表に出ないので、デザインでより差別化する必要があるのかもしれません。
CO2排出抑制も必要になり、塗装技術は難しい局面を迎えるような感じがしました。
  
Posted by pe_hirata at 19:00Comments(0) Clip to Evernote 学び | ものづくり

2017年10月29日

TOKYO MOTOR SHOW 2017 (No.2)

東京モーターショーの続きです。
私のブログでは主に塗装技術やデザインの方向に視点を当てています。
IMG_5776
IMG_5777
どこの海外メーカーだったか記録するのを忘れていましたが、ボディに凸状のアクセントを入れています。
プレスでおこなうのは大変ですから、シールを貼り付けた後塗装しているのではないかと思いました。
IMG_5779
IMG_5782
IMG_5783
IMG_5784
海外メーカーはつや消しボディが当たり前のように出品されていました。
ホイールのつや消しも増えていくように感じました。
IMG_5788
IMG_5790
IMG_5791
IMG_5792
IMG_5794
IMG_5793
ホイールのつや消しは掃除が大変だと思いますが、塗装技術上の対策が取れているのかどうかは分かりませんでした。

引き続きます。

水曜日に久々のメルマガを発信します。
今回はスプレー作業員のガン軌跡をトラッキング映像解析技術で見える化した事例をご紹介いたします。
事前にご契約いただいているお客様にご覧いただいたところ、とても好評価をいただいております。
ご興味がおありでしたら、私のホームページから登録ください。
ほとんどの方が驚かれると思います。
どうぞ、ご期待ください。  
Posted by pe_hirata at 14:45Comments(0) Clip to Evernote 学び | ものづくり

2017年10月28日

TOKYO MOTOR SHOW 2017

昨日は古巣の日立金属の同僚で、現在(株)工場経営研究所代表取締役の伊藤哉さんと東京モーターショーへ行ってきました。
昨日は一般公開の前のプレビューデーだったので、比較的人が少なく快適な見学ができました。
IMG_5749
IMG_5750
IMG_5752
シトロエンのC3です。
屋根やサイドミラーなどのパーツにインパクトのある塗色を配色しています。
このようなおしゃれな演出は、もっと広がっていくように思いました。
IMG_5754
IMG_5755
トヨタの「Fine-Comfort Ride」です。
エスティマの将来の方向性を示唆しているという報道もありました。
この自動車は燃料電池車です。
私が驚いたのはホイールです。やはりインホイールモーターでした。
世界中のアルミホイールメーカーは、この領域の研究開発が必須だと思いました。
IMG_5756
こちらはAIとの融合を目指す「YUI」です。
ネットや外部情報との繋がりだけで無く、運転車とのつながりを提案しています。
IMG_5759
IMG_5757
IMG_5758
いつかは「クラウン」。
私は当分乗れそうにありません。
ホイールはスパッタリングでした。

驚いたのがこちらの車です。
「Tj CRUISER」
IMG_5760
IMG_5761
なんとバックドアにシボが入っています。
デザイン的にかなりの冒険だと思いました。
同様に、この「GR HV SPORTS」は、全面つや消し塗装です。
IMG_5763
IMG_5771
IMG_5764
今回のモーターショーでは他社も含めつや消し塗装のボディが増えていましたので、量産化は秒読み状態だと思いました。
塗装技術者の皆様、これは本当に性根を入れて開発、生産に取りかかる必要があると思います。
ツヤの均一性や塗装装置の課題だけでなく、ディーラーにおいても補修塗装泣かせ、あるいはユーザーにおける汚れの付着や洗車による艶増しなど難しい課題があると思います。
IMG_5769
なつかしいダイハツのミゼット
IMG_5767
IMG_5768
どのブースでもちょこっとアクセントを入れている車が多かったです。
私もかっこいいと思いましたが、製造の難易度は高くなっています。

今回のモーターショーは安全と環境、具体的には自動運転と電気自動車がメインテーマになると思いますが、どちらも一般の人に見せづらいテーマだと思います。
というのは、いずれも走ってみて初めてわかるからです。
インフォメーションもなぜか少なく、停止している車だと内容をつかむのがなかなか難しかったです。
あすも引き続き、ご紹介いたします。
あしたの日曜日は台風なので空いているでしょうね。
  
Posted by pe_hirata at 18:41Comments(0) Clip to Evernote 学び | ものづくり

2017年10月22日

日本塗装機械工業会第18回技術シンポジウム

金曜日は東京品川で日本塗装機械工業会主催の第18回技術シンポジウムを聴講してきました。
テーマは、「分かりやすい塗装の自動化、環境対策、技術革新の最新情報」です。
今回も、どれもワクワクする内容で、とても面白かったです。

難しい技術もその原理を分かりやすく詳細にご説明いただけたので、世界の塗装技術の方向が理解できました。
今すぐには中小企業には取り入れることが難しくても将来の方向性を頭に入れて経営するのではまったく異なると思います。

一方、すぐに取り入れることができそうな熱ロス対策やVベルトの伝達ロス対策や、様々なハンドガンの紹介もあり、これらはどこの塗装現場でも検討の価値が大いにあると思いました。

少なくとも私たちは、歩みを止めたら次は無いと言えると感じました。
そのためには、最新の技術情報の入手が必須です。

今回東京では130名の大入り満員でした。
同じ内容で11月14日(火)に大阪で開催されます。
関西の皆様だけでなく、東京の講演を聞き逃された皆様は新幹線を使ってでも聴講の価値はあると思います。
まだ席の余裕はあるようですので、聴講をおすすめいたします。

あす朝関東は台風直撃ですが兵庫に移動し、加西市でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、愛知県瀬戸市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、自宅でデータ解析。
金曜日は、待ちに待った東京モーターショーに行ってきます。  
Posted by pe_hirata at 18:34Comments(0) Clip to Evernote 学び | 塗装技術

2017年10月15日

大日本塗料(株)那須工場見学会

先週金曜日は、日本工業塗装協同組合連合会東日本ジュニア会でおこなわれた大日本塗料(株)那須工場様の見学会に参加させていただきました。
今回は東京、神奈川、長野、埼玉から22名の皆様が見学されました。
溶剤塗料の製造工程の、仕込み、分散、溶解、調色、調整、充填の工程が平面と高さを使って最短の動線で結ばれ、かなり生産性の高い工場であることがよく分かりました。
また大きな製造設備にも関わらず搬送の自動化が進んでおり、工程やそれぞれの棟の配置も含めてモノや人の動線がとてもよく検討された工場であると感じました。
最も印象深かったのは、それぞれの製造設備の下の床面にゴミや埃が溜まっていなかったことです。
工場が広く、設備も複雑なので、維持する工夫をされておられるのだろうと思いました。
時間が短い中、技術講演もふたつお聞かせくださり、とても密度の濃い時間を過ごさせていただきました。
見学会終了後、大宮に戻り、皆さんと懇親会でさらに親交を深めました。
今回の見学会は埼玉工業塗装協同組合ジュニア会が中心になり企画されたそうです。
ジュニア会はとても敷居が低く、様々な楽しい集いが開催されますので、塗装専業会社の次を担う若手経営者の皆様は参加をおすすめいたします。
ご興味がお有りの方がいらっしゃいましたら、私にご連絡ください。
ご紹介いたします。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、自宅でデータ解析。
金曜日は、日本塗装機械工業会様のセミナーを聴講させていただきます。  
Posted by pe_hirata at 18:23Comments(0) Clip to Evernote 学び | 人とのつながり

2017年10月09日

見えないモノを見える化する

一般にコンサルタントは自分の知見や経験値を現場に当てはめて改善していきますが、私の場合は現場の「見える化」が先行します。
それは、答えは現場にあるからです。
製造現場の場合、全く同じ製造現場はありません。
したがって知見や経験則が当てはまらない事が実に多い。
一方、塗装不良は現場で起きている訳ですから、現場で起きている現象を可視化すればそのメカニズムが分かります。

現在コンサルティングで活用している主な可視化装置は、
1)グリーンレーザーシート光源による浮遊ゴミの可視化
カトウ光研(株)製の100V電源の装置とリチウムイオン電池駆動のハンディ装置の2タイプを現場で使い分けしています。

2)オムロン粗粒子パーティクルセンサ
ポイントの粗粒子数だけで無く、データロガーをラインに通して工程毎の粗粒子数をライン長手工法の時系列でグラフ化することで、どこの工程が最も悪いかが分かります。

3)付着塵ロガー
ガラスプレートの上に落下、あるいは付着したした50μm以上の粗粒子をビデオカメラで動画撮影し、その動画を画像解析することで時系列の付着ゴミの数を計測、グラフ化します。
オムロンセンサと同様にラインに通すことで、どの工程の落下、付着塵が最も多いかが分かります。
オムロンセンサの吸引口に捉えられない落下塵は、このガラスプレートで検出することができます。
この装置は、世界で唯一です。

4)気流可視化装置
これは身近な家庭用装置を使うことで、目には見えない気流を簡単に可視化しています。
2つのタイプの装置を現場に応じて使い分けしています。

5)気流とパーティクルの軌跡解析
ある特殊なソフトウエアを使うことで、パーティクルの挙動をパソコン画面の動画で可視化しています。
このソフトウエアの延長線上で、スプレーマンのガンをトレーサーとしてガンさばきの軌跡解析をやっています。
ガンの軌跡を線でトラッキングして可視化すると、うまい下手やどこを直せば良いかがはっきりわかります。
スプレーマンは自分の姿を見ることはできないため、出来ていなくても出来ていると勘違いしていることがあります。
またこの解析は、指導者と訓練生の動画映像を同時にふたつパソコン画面に並べて軌跡解析するという離れ技もできます。
なおこの解析は現在のところ私のお客様には無料でご提供しておりますが、解析を外部委託しているため将来的には有料化の予定です。
この解析も、わたしの知りうる範囲では、世界で唯一です。

6)HIDとLED光源
浮遊ゴミや付着ゴミの判断に使っています。

7)振動ロガーと電流ロガー
上吊り搬送装置の振動が目に見える場合は容易に悪さ加減が判断できますが、それでは遅すぎます。
振動ロガーと電流ロガーを使うことで、搬送の微妙な振動を可視化することができます。
この振動ロガーも世界で唯一です。

8)デジタルマイクロスコープ
ゴミブツ不良を目視だけで判断することはできません。
拡大し、また断面を観察することで、ある程度原因をつかむことができます。

他にも風速計やダストサンプラーなど様々な可視化、数値化装置がありますが、ゼロベースからこれらの装置を使って現場を見える化するのはたいへんな事です。
私のサラリーマン経験からしても、上司の承認は取れないと思います。
また年収数百万以上の技術コンサルタントは数パーセントしかいないので、自前で購入できるコンサルタントはそんなにはいません。
ひとつ願望がありますが、おそらくドイツやイタリアには私のような塗装工程のゴミブツコンサルタントがいると思いますので、いつか集まって装置の見せ相子ができたらいいなと思っています。

あす火曜日は、ぼうこう癌の定期検査。術後の経過は順調ですが、PSAが4.3という異常値を示したため先生にあす相談します。
水曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、埼玉県小川町でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、埼玉工業塗装協同組合若手経営者懇親会で那須の再日本塗料様の工場見学会に参加します。
確定拠出年金から12月で年金徴収が終わる旨の連絡がきました。
来年から年金や子供の扶養控除がなくなるので大変なことになりそうです。  
Posted by pe_hirata at 21:12Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | ツール

2017年10月04日

中秋の名月

今日の熊谷は午前中曇りでしたが、午後から晴れて、今晩は雲がまったくありません。
せっかくなのでカメラの性能確認をやってみました。
DSC03247
SONY RX-10
DSC03247(3)
35mm換算で600mm望遠プラスデジタルズームです。f/4、1/2500、ISO800
PA040002
OLYMPUS OM-D E-M1 供300mm F4.0+MC14テレコンバーター
PA040002(3)
35mm換算で840mm望遠です。f/14、1/250、ISO1000
撮影条件が異なるので一概には言えませんが、OM-Dの方が感度が高い割にはトリミング時の荒れが少ないように思います。
でもこの秋のタカの渡りの撮影にはかなり苦しかったです。
もうすぐ冬鳥がやってきますので、活躍してもらいます。

月曜日は埼玉県美里町でゴミブツコンサルティングでした。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティングでした。
今日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティングでした。
あす木曜日は、埼玉県本庄市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、自宅でパーティクルセンサのデータ解析です。  
Posted by pe_hirata at 20:36Comments(0) Clip to Evernote 自然 | ツール

2017年09月27日

ものつくり大学の学生達

IMG_5629
ものつくり大学の集中講義が終わりました。
ものつくり大学はその名の通り製造の技術技能を学ぶことに特化したとてもユニークな大学です。
IMG_5632
添付写真の通り、製造に必要な技術技能をカリキュラムに取り込んでいます。
ここが工学系や理学系の大学と異なる点です。
教授も実務に精通した企業の技術者であられた方が多く、手で汚してやってみるという姿勢がキャンパスに溢れています。
最初の写真のオブジェや渡り廊下など学生達が作ったものがたくさんあります。
今年も例年通り学生達もハキハキしており、皆様の企業で採用されると必ずお役に立てることを保証いたします。
IMG_5631
IMG_5633
IMG_5627
ぜひ来年の求人活動のひとつにいれていただきたく、よろしくお願いいたします。  
Posted by pe_hirata at 18:53Comments(0) Clip to Evernote 人とのつながり | ものづくり

2017年09月24日

搬送ラインの振動の見える化

吊り下げラインは搬送の負荷が増えるとハンガーの振動が大きくなります。
ハンガーを目で見れば分かりますが、管理のためには数値化する必要があります。
私は駆動モーターの電流値をロギングしたり、振動センサーをハンガーにぶら下げて数値化しています。
こうすることで経時のライン変化が記録として残ります。
一般に搬送の管理は官能的になっていますが、これからのライン管理は数値化が必須だと思います。
もちろんチェンが切れてから対応するなど、問題外です。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、富山県新湊市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、ものつくり大学で塗装技術授業。
木曜日は、兵庫県加西市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 21:50Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | 現場管理

2017年09月21日

お弁当への異物混入

学校給食のお弁当に異物が混入している問題が連日報道されています。
驚いたことに、業者も行政も原因が分からないとのことです。
ところが弁当工場の映像をみると、突っ込み所が何カ所かありました。
私は食品関係のコンサルタントではありませんが、異物混入というカテゴリーでは私の専門領域と同じです。
問題になっている異物は目に見える大きさですので、目に見えないゴミと戦っているフィルムや塗装工程の皆さんの方が遙かに厳しい対応を取っています。
したがって今回の問題を解決するには専門技術を持った技術者の投入が必要だということです。
弁当に異物が混入していることは事実なので、異物がご飯の上に乗っかっているのか、あるいは中に埋まり込んでいたのかを確認するだけで、混入工程が推定できます。
混入工程が推定できたら、HIDライトやレーザーやダストサンプラーを使ってその工程を観察すれば痕跡は必ず見つかります。
極端な話し、白い紙をあちこちに置いておくだけでもわかります。

経験の無い人が「見える化」ツールも使わずに、現場をただ観察しただけでは何も分かりません。

混入頻度も少なくないので、異物混入対策の経験を持った方が現場を観察すれば、膨大な不具合箇所が見つかるはずです。
私の経験で言えば、不具合箇所は一つ二つでは無いはずです。
自分達だけでやるのではなく、専門知識と経験を持った人材を投入して問題解決のスピードを上げることが必要だと思いました。  
Posted by pe_hirata at 11:01Comments(0) Clip to Evernote コンサルティング | 見える化

2017年09月20日

日本パウダーコーティング協同組合粉体塗装研究会のセミナーのご紹介

今日は、日本パウダーコーティング協同組合粉体塗装研究会のセミナーのご紹介です。

日時:10月17日(火)13:15〜16:30
場所:東京大井町きゅりあん 5階第2講習室
講演内容:
1. 粉体塗料、粉体塗装に関する世界の最新情報
2. 粉体塗装関連特許速報
3.静電気に起因した災害事例と防止対策 (独)労働安全衛生総合研究所 崔 光石 様
4.粉体塗装基礎講座3回目(粉体塗装)
「静電粉体塗装における集塵装置」
「静電粉体塗装の応用」
「静電粉体塗装システムの安全性とトラブルシューティング」
ホソカワミクロンワグナー蝓‥亙奸[ 様
5.粉体塗料用フッ素樹脂について(仮題)旭硝子蝓<憩 俊 様
参加費:15,000円

参加申し込みは、メールまたはファックスで日本パウダーコーティング協同組合へお願いします。
なお9月20日現在、本セミナーの内容はホームページには掲載されておりません。

本日ものつくり大学で1回目の塗装技術授業でした。
私の担当教授は製造学科の学部長ですが、実は粉体塗装の実技を授業に取り入れたいと考え学部長に相談してみました。
なるべくお金を掛けずにやってきましたが、講座開催から10年以上経ちましたので提案してみました。
昨年はバーチャルの装置を提案してみましたが、不採用でした。
来週も相談してみたいと思います。  
Posted by pe_hirata at 21:33Comments(0) Clip to Evernote 学び | 粉体塗装

2017年09月18日

塗装技術の授業

今年も今週から大学で非常勤講師の塗装の授業が始まります。
11年も続いていますので、最初の学生はもう会社の中堅になっていると思います。
私の授業は金属の腐食のメカニズムの解説から始まり、塗料と塗装装置の解説のあと、ガンを用いた実技演習をおこなっています。
私の授業の目的は、塗装技術の面白さを教えることに重きを置いています。
というのは、社会に出て実際に塗装を担当する機会はほとんどないと思います。
ですので頭の隅に塗装の目次を覚えていてもらえば、そこから自分の力で塗装の世界にはいっていくことができると考えるからです。
毎年少しずつ内容を改良していますが、来年は少量粉体塗装の実技も取り入れることができないか大学に相談してみたいと思っています。
安全面に配慮しながら少しずつ手を汚す方向へ動かしていきたいと思います。

先週土曜日は社会に出て最初に入社したプレコート鋼板の大洋製鋼(現 日鉄住金鋼板)の同期入社の皆様と30年ぶりに懇親会でお会いしました。
やはり同期っていいですね。
今日の月曜日は、近くの山の峠でタカの渡りを観察してきましたが、古巣の日立金属の大先輩と偶然お会いすることができました。
台風一過の快晴でしたので100名ぐらい集まっていました。
P9180032(2)

午後からカープ阪神戦をテレビで観戦。
無事2連覇達成できました。
今年は昨年以上に選手の皆さんはきつかったと思います。
あす火曜日は、埼玉県本庄市でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、ものつくり大学で塗装の授業
木曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング
金曜日は、旭サナック(株)様のユーザー技術教室に参加します。  
Posted by pe_hirata at 22:59Comments(0) Clip to Evernote 人とのつながり | 塗装技術

2017年09月10日

東京モーターショー2017

2年に1回の東京モーターショーが来月開催されます。

第45回東京モーターショー2017
開催日: 2017年(平成29年)10月27日(金)〜11月5日(日)
会場 : 東京ビッグサイト

東京モーターショーは、自動車技術の将来動向を知るうえだけで無く、最新の塗装技術の学びとしても極めて重要です。
前回はつや消しやカラークリヤーや部分塗装がありましたが、今年はどんな技術に会えるでしょうか。
27日はプレビューデーといって、一般公開の前日のチケットが発売されています。
毎回、人気車種のブースはほとんど見ることができなかったので、私はプレビューデーのチケットを確保いたしました。
来週の大学の講義でも見学を勧めたいと思います。

あす月曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、川越で午前と午後の2社コンサルティング。
木曜日は、京都府宇治市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、大阪でゴミブツコンサルティングです。
今年は金曜日熊本で開催の日本工業塗装協同組合連合会の全国大会に参加できませんでした。
申し訳ございません。  
Posted by pe_hirata at 19:06Comments(0) Clip to Evernote 学び | 塗装技術

2017年09月03日

日本塗装機械工業会の講演会のご紹介

今年も日本塗装機械工業会の講演会が開催されます。

「分かりやすい塗装の自動化、環境対策、技術革新の最新情報」
主催 : 日本塗装機械工業会
日時と会場 :
東京 10月20日(金)日本ペイント東京事業所
大阪 11月14日(火)新大阪丸ビル別館
時間はどちらも10時開催、17時終了

講演要旨は、こちらを参照ください。

例年、日本塗装技術協会講演会と日程が重なっていましたが、今年は別々でしたので参加したいと思います。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツと暑熱対策コンサルティング
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング
木曜日は、古巣の日立金属でゴミブツコンサルティング
金曜日は、自宅で技術報告書の作成と、ものつくり大学の塗装技術テキストのブラッシュアップです。  
Posted by pe_hirata at 15:46Comments(0) Clip to Evernote 学び | 塗装技術

2017年08月22日

10月からの「しごとの基礎英語」

最近英語ネタを書かなくなりましたが、日々勉強は続けています。
従来通り、ECCのWebレッスンと、NHK「しごとの基礎英語」の音読です。
「しごとの基礎英語」は、シーズン4の再放送を見ています。
半年前の再放送ですから、今回はテキストをなるべく見ないでミニドラマの出演者になったつもりでその会話の中にはいれるかを試しています。

今回のシーズン4で終わりとのアナウンスがあったので、まったく無くなってしまうと思っていたのですが、10月から内容をゴロッと変えてシーズン5の放送が始まることが分かりました。
先週、そのプレ放送があったのですが、今度はインバウンド、つまり外国人旅行客などの対応がテーマのようです。
オリンピックを念頭に置いているのでは思います。
シーズン4はシーズン1に比べるとかなり難しくなっていますが、今回のシーズン5はシチュエーション、背景が違うのでとても面白そうでした。
9月末にテキストを購入したいと思います。

英語の勉強を初めて5年ぐらい経つと思いますが、おかげさまで外国人恐怖症はまったく無くなりましたのでまずまずの成果です。
駅のホームなどで話しかけてくれオーラが強すぎるようで逆に外国人が目線を離しているので、シーズン5を勉強して気軽に話しかけたいと思います。  
Posted by pe_hirata at 10:56Comments(0) Clip to Evernote 人とのつながり | 学び

2017年08月20日

日本塗装技術協会講演会のご紹介

日本塗装技術協会の講演会が開催されます。
今回は錆について詳細なご講演があります。
「錆との闘い〜防錆技術の基礎と将来動向」
日時:平成29年10月27日(金) 10:20〜16:45
会場:日本ペイントホールディングス株式会社 東京事業所 センタービルAホール
環境、素材、前処理、塗料などに関する詳細な防錆技術が学べます。
特にクロムフリー前処理の導入を考えておられる場合は聞き逃せないと思います。

9月の「塗装入門講座」と合わせて聴講されると万全だと思います。

あす月曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
水曜日は、埼玉県嵐山町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、兵庫県加西市でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、兵庫県高砂市でゴミブツコンサルティングです。  
Posted by pe_hirata at 18:12Comments(0) Clip to Evernote 学び | 塗装技術

2017年08月17日

旭サナック(株)ユーザー技術教室のご紹介

今年の関東のお盆休みは連日雨で、子供達はかわいそうです。
夏休みに一日もエアコンを掛けなかったのは、私の記憶にはありません。
ダムの貯水量をネットで見てみましたが、心配していた渇水も解消していました。

今日は旭サナックさんのユーザー技術教室のご紹介です。
今回は、私のコンサルティングのお客様である戸産業(株)の戸社長様がご講演されます。

「ベトナムへの工場進出と新たな取り組み」
 屮戰肇淵爐任諒澗療描と人財教育」戸産業株式会社 代表取締役 戸寿人 様
◆崗嘆丱轡好謄爐悗療描と塗装現場に最適な消火システムについて」
ヤマトプロテック株式会社 中央研究所所長 吉川昭光 様 東京営業2部部長 松永剛 様
ベトナムは人材的にもマーケットとしても極めて有望です。
私は9月22日の秋葉原で聴講させていただきます。  
Posted by pe_hirata at 14:34Comments(0) Clip to Evernote 学び | 現場管理

2017年08月11日

調色Pポット用ポリ袋

昨日は事務所の書類の大掃除をしました。
大量に捨てて、スッキリしました。
パンフレットを整理する中で、現場ですぐに役立つ調色Pポット用のポリ袋を思い出しましたのでご紹介いたします。
旭化学工業株式会社製「調色Pポット用のポリ袋」
ランニングコストも下がり、廃却の嵩もかなり小さくできます。

連休中は英語の勉強とクリーン技術の分厚い専門書の読み込みをしたいと思います。  
Posted by pe_hirata at 12:29Comments(0) Clip to Evernote 現場管理 | ツール

2017年08月09日

熱中症にご注意ください。

台風が過ぎて関東は猛暑になっています。
塗装現場の周辺では40℃以上になっている職場が多くなってきています。
私のお客様の範囲だけでもすでに2社で熱中症になられた方がいらっしゃり、昨年は1名もいらっしゃらなかったので今年はペースが早いように感じています。
対策としては冷気を保って熱気を排出することになりますが、具体的には現場各所の温度湿度測定と気流観察、ならびにサーモビジョン観察のデータを元にエネルギーロスの少ない対策を講じることになると思います。
長期休暇中もエアコン漬けでは休み明けのコンディションが苦しくなります。
また連休前のメンテナンス作業の際の熱中症にも十二分にご注意ください。

私はあすから20日まで連休にはいります。
皆様も体調や安全に注意してお過ごしください。  
Posted by pe_hirata at 10:58Comments(0) Clip to Evernote 現場管理 | 安全

2017年07月30日

塗装ラインの計測技術

塗装工程は不良率が温度、湿度など天候に左右されやすいという弱みがあります。
ゴミブツ不良だけで無く、塗料の流動特性や溶剤の蒸発も大きく影響を受けてしまいます。
しかしラインを俯瞰してみると計測が不十分であることに気づきます。
温度湿度だけで無く、吐出圧や霧化圧をデータベースに取り込んでいる会社はほとんど見かけません。
温度湿度、工程間や給排気の差圧、給気やブース風速、塗装装置の圧力と塗料流量、外気温度湿度風速、工場内差圧、雰囲気のパーティクル数、駆動や前処理ポンプのモーターの電流値など既存の技術でも測定できる項目は少なくありません。
コスト的に課題は大きいと思いますが、将来の塗装ラインの構築には重要だと思います。

あす月曜日は、古巣の日立金属でゴミブツコンサルティング。
火曜日は、福井県でゴミブツコンサルティング。
水曜日は、静岡でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、埼玉県小川町でゴミブツコンサルティング。
金曜日は、群馬県伊勢崎市でゴミブツコンサルティングです。
日曜日は、長男の結婚式。  
Posted by pe_hirata at 19:15Comments(0) Clip to Evernote 見える化 | 現場管理

2017年07月18日

ラインを育てる

先日のブログで、今年で教育費が終わることを書きました。
子供達は無事私たち夫婦の元から巣立っていきましたが、製造ラインも同じ事が言えると思います。
目配せやケアもせず、動かしっぱなしではラインは突然だだをこねます。
そうなると復帰するのにも大きなお金がかかってしまいます。
普段からしっかり見てやって、こつこつラインの小改善をしていき大切に育てていけば、ラインは立派に育ち大きな利益を生んでくれます。
生産に追われケアをする時間が無いという声も聞きますが、逆に言うと普段から継続的改善を繰り返して生産性を上げることでラインを止める時間を作る発想も大切です。
私のお客様で、平日にラインを止めてメンテナンス時間を作っている会社が数社あります。

不良が多くて生産の追われ、メンテナンスができないのでしたら、まずは不良対策に着手しましょう。
私の7月28日のセミナーもご参考ください。
講師割引申込書もご用意しておりますので、お気軽にメールでお問い合わせください。

今日は3ヶ月に一回のぼうこうガン診断でした。
様々な検査指標で追跡していますが、まったく異常なしとのことでした。
ぼうこう以外にもチェックを強化するため、人間ドックの予約もしました。
あす水曜日は、埼玉県美里町でゴミブツコンサルティング。
木曜日は、埼玉県朝霞市で5Sコンサルティング。
金曜日は、京都府宇治市でゴミブツコンサルティング。
土曜日は、日本鋳造協会で塗装技術をレクチャーします。  
Posted by pe_hirata at 18:13Comments(1) Clip to Evernote 現場管理 | 塗装不良率