記録映画「苦干」に写された重慶爆撃

 戦時中の甲府空襲や東京大空襲のことは知っていても、1938年から
43年にかけて日本軍が行った重慶爆撃のことはほとんど知られていません。
 戦時下、重慶爆撃を撮影、2010年に発見された記録映画「苦干」やそれを
紹介した書籍が話題になり、改めて、日本の加害や無差別爆撃の連鎖に
注目が集まっています。3月講座では、記録映画「苦干」のブックレット
作成に関わった石島紀之さんにご講演頂き、参加者で深めたいと思います。
 ご参加ください。


   日 時  3月17日(日)午後2時〜
 会 場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム
 講 演  石島紀之さん(フェリス女学院大学名誉教授)
         記録映画「苦干」に写された重慶爆撃
            ー無差別爆撃の連鎖を考えるー



Fujiと沖縄を考える

 沖縄の本土復帰50年の2022年、北富士演習場など本土各地にあった米軍基地が
沖縄に移転・集約された戦後の歴史と基地をめぐる沖縄の現状と課題をリアルに
描いた山梨日日新聞の連載特集「Fujiと沖縄」が話題となり、石橋湛山記念早稲田
ジャーナリズム大賞など3賞を受賞しました。
 2月講座は、「Fujiと沖縄」に登場の立川善之助さん、島田 環さんを講師に
下記の要項で行います。ご参加下さい。


日 時  2月18日(日)午後2時〜

会 場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

  報告1 私の平和運動の原点・沖縄
      立川善之助さん(山梨県平和センター元代表)

    2 生活の中に軍事基地があることがもたらすもの  
      島田 環さん(にらいかない北杜会員)

立憲主義・日本国憲法の現状と課題

 戦後79年、日本国憲法公布78年の年を迎えました。
「新しい戦前」(内田樹・白井聡)とも言われる現在、
立憲主義・日本国憲法の現状と課題について深く学び、
考えることが求められているかと思います。
 1月講座は、弁護士の小野正毅さん、山梨大学の石塚迅さん
を講師に、下記の要綱で行います。お誘いあわせご参加ください。


日 時  1月21日(日)午後2時〜
会 場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

   テーマ 立憲主義・日本国憲法の現状と課題

 講演1 敵基地攻撃能力と日本国憲法  
     小野正毅さん(弁護士)

 講演2 リベラルデモクラシーと首相の説明責任
     石塚迅さん(山梨大学教授)

石橋湛山平和賞の発表

 山梨平和ミュージアムが、2023年7月〜10月に募集しました
第12回石橋湛山平和賞の選考結果を公表します。

 応募数 一般の部 21件 中高校生の部 183件
 
受賞者名  一般の部
   最優秀賞 南林 和さん  笛吹市 73歳
        貴方は50年前に亡くなった石橋湛山
        という政治家をご存知ですか

    優秀賞 大川勝男さん  神戸市 69歳
        本土復帰に懸けた奄美の非暴力抵抗主義
    奨励賞 中村佐吉さん(栃木・壬生町) 
        前田博人さん(甲府市)今津佑介さん(戸田市)

      中高校生の部
   最優秀賞 五味愛琳さん ソウル日本人中3年 
        「きっかけ」が世界を変える
    優秀賞 上田紗友美さん 若草中3年 
        微力だけど無力じゃない
    奨励賞 井上寧々さん(甲陵中)小林乃笑さん(都留2中)
       長坂有里さん(駿台甲府中)田代蒼さん(甲府一高)

 なお、表彰式は、12月23日(土)午後2時〜 山梨平和ミュージアムで行います。





第57回平和教育シンポジウム

 第57回平和教育シンポジウムを下記の要項で行います。教職員は
もとより、平和教育に関心を持つ多くの方々の参加を呼びかけます。

日 時  12月10日(日)午後2時〜

会 場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

テーマ  地域と世界をつなぐ平和教育を
   報告1 南アルプス市子どもの村中学校 
            教員・佐藤悠貴さんと中学生たち

       修学旅行における平和学習の取り組み

   報告2 市川知都理さん(南アルプス市立美術館)
       キッズ・ゲルニカ IN南アルプス市

   報告3 篠原真史さん(甲府市立南中学校)
       歴史社会学は戦争や差別をどう扱っているか





朝鮮人虐殺事件から100年…

 100年前の1923年9月1日の関東大震災は、日本の地震災害史上最大の被害をもたらしました。地震後、「朝鮮人が各地に放火」等の流言が広がり、軍隊、警察や自警団を中心とする民衆によって数千人の朝鮮人、数百人の中国人が虐殺されました。
 この虐殺事件について調査・研究を進めている田中正敏さんにご講演頂き、
参加者で深めたいと思います。ご参加ください。

日 時  11月19日(日)午後2時〜

会 場  甲府市朝気  山梨平和ミュージアム

講 演  田中正敏さん 
(専修大学文学部教授)
     
     朝鮮人虐
殺事件から100年、
            今、何を考えるべきか


    質疑・意見交換



語り継ぐ戦争体験・平和への思い

 10月講座では、「語り継ぐ戦争体験・平和への思い」をテーマに、戦後第2世代
(1950〜60年代生まれ)の有泉三起子さん、内藤幹夫さんより、下記の報告を頂き、
 参加者で深めたいと思います。ご参加ください。


日時 10月15日(日)午後2時〜

会場 甲府市朝気1−1−30 山梨平和ミュージアム

    語り継ぐ戦争体験・平和への思い

 報告1 有泉三起子さん(豊島区在住 新日本婦人の会)
      私の平和運動ー新婦人や地域女性史編纂メンバーと

   2 内藤幹夫さん(甲府市在住 山梨県原水爆被爆者
            の会事務局)   
      父から聞いた広島のこと、これから伝えたい平和
      への思い


企画展「石橋湛山と山梨」の見どころ

 今年は、山梨出身の石橋湛山(1884〜1973)の没後50年、来年は生誕140年に
あたります。それを記念し、現在、YPMでは、企画展「没後50年、石橋湛山と山梨」
を開催中です。9月講座では、企画展を担当した、浅川保さん、堀内寛雄さんより、
企画展の見どころについてお話頂き、石橋湛山と山梨について深めたいと思います。
見学も兼ねて、どうぞ、ご参加ください。


日時  9月17日(日)午後2時〜

会場  甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

内容  企画展「没後50年、石橋湛山と山梨」の見どころ

   報告1 浅川 保さん(YPM理事長)
       中学時代の湛山―石田三成論等ー

     2 堀内寛雄さん(元国会図書館憲政資料室)  
       早川徳次、中村星湖から湛山への手紙等

     質疑・意見交換


YPM8.15のつどい 藤原帰一氏講演会

 戦後78年の夏を迎えました。今年のYPM8.15のつどいでは、
国際政治学者で石橋湛山にも詳しい、藤原帰一さんを講師に迎え、
下記の要項で行います。お誘い合わせご参加下さい。


日 時  8月15日(火)午後2時〜

会 場  甲府市朝気 県男女共同参画推進センター

講 演  藤原帰一さん(東大名誉教授 国際政治学者)
       経済による平和ー石橋湛山と現代ー

     質疑・意見交換あり

     参加費 500円
   
    









企画展「石橋湛山と山梨」案内

 平和ミュージアムでは、現在、企画展「歿後50年、石橋湛山と
山梨」を開催しています。9月末まで。その内容は、1 山梨で生活し
育つ(年表)2 昌福寺と長遠寺での小学生時代 3 中学時代の湛山
 4 戦後の湛山と山梨 の4項目でパネル14枚。ほかに、望月日謙、
早川徳次、中村星湖から湛山宛ての手紙((国会図書館憲政資料室蔵)
展示。 別紙 新聞記事も参照ください。
I湛山企画展10
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: