2014年12月

戦時下の奉安殿と教育を考える

 戦後70年の節目の年を迎えました。第3次安倍政権の下、新たな戦前とも思われる動きが進められる中、下記のテーマで1月企画を企画しました。国内だけでなく、アジア各地の奉安殿も調査、戦時下の奉安殿と教育の関わりに詳しい志村欣一氏を講師に下記の要領で行います。
 お誘い合わせご参加下さい。

と き  1月18日(日)午後2時〜

ところ  山梨平和ミュージアム

内 容  戦時下の奉安殿と教育を考える

   講 演  志村欣一さん  
山梨学院大学元教授

         幻の奉安殿をめぐる旅
   
     朗 読  進藤俱子さん  
県立文学館解説員

         リンデンの葉、散り逝きて


奉安殿



  奉安殿とは  戦前の日本の学校で、天皇と皇后の写真(御真影)と教育勅語を納めていた建物。各学校では、火災等から御真影と教育勅語を守ることが第1義的に義務づけられていた。

石橋湛山平和賞入賞者

今年行われた第3回石橋湛山平和賞の入賞者を発表します。

応募数  一般の部  30人  中・高校生の部  273人

入賞者  一般の部

    最優秀賞 川越良明氏  町田忠治と石橋湛山ー『東洋経済新
                    報』での足跡をたどって

      優秀賞 古屋良仁氏  日中米露平和友好条約の締結は現
                     実的な選択肢

      佳 作 木村誠氏  佐生綾子氏  向山直佑氏

       中高校生の部

    最優秀賞  佐々木久典君(法政大中高)第1次世界大戦開戦
            100年の今、石橋湛山から学ぶべきこと

      優秀賞  堀内健匠君(甲陵中) 平和への信念

      佳 作   寺島未歩さん(甲陵中) 秋山銀河君(増穂中)

            遠藤健太君(鰍澤中) 小口友里さん(山梨英和中)

          小森結祐菜さん(都留2中) 神取茜音さん(甲府一高) 

          山口貴恵さん(甲府昭和高)
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ