今、全国各地で景観の破壊や改変が急速に進行し、大きな社会問題になっています。

3月企画は、景観と環境問題に詳しい川村晃生氏を講師に、下記の要項で行います。

どうぞ、ご参加ください。

日 時  3月21日(月)14時〜

会 場  
甲府市朝気 山梨平和ミュージアム

講 師  川村晃生氏
(慶応義塾大学名誉教授)

   演題  景観のちからとは何か

  <講師プロフィール> 1946年山梨県生まれ 慶応義塾大学文学部卒 慶応大学教授を経

               て、2012年退任  日本文学・環境人文学専攻 

               現在、リニア・市民ネット代表 全国自然保護連合代表 

        著書・共著に『日本文学から「自然」を読む』 『失われた日本の景観ー「まほろばの

                国」の終焉』など。